セディナカードローンの会員ページ(セディナビ)ログイン・活用方法を徹底解説!

セディナカードローン

クレジットカード会社として有名なセディナですが、キャッシング専用のカードも発行しています。

消費者金融と比べるとCMや広告での露出は少ないですが、三井住友フィナンシャルグループなので安心感はあります。

そんなセディナのカードローンと契約すると利用できるのが、セディナビという会員専用ページ。

セディナビではさまざまなことができるので、契約したのであればぜひ活用していきたいところです。

こちらの記事では、セディナビへのログイン方法から活用方法まで設定解説していきます。

セディナカードローン会員ページ(セディナビ)のログイン方法

まずはセディナカードローン会員ページへのログイン方法を解説していきます。

ユーザーID・パスワードがあればログイン可能

セディナカードローン会員ページへのログインは、ユーザーIDとパスワードがあれば可能。

ユーザーIDとパスワードは、カードローンの審査合格後メールで通知されるので、忘れないようにしておきましょう。

また毎月第3月曜日午前1時~6時は、定期メンテナンスのためログインができません。

定期メンテナンス以外に緊急メンテナンスがおこなわれることもあるので、注意しておきましょう。

専用アプリも用意されている

またセディナカードローン会員ページ(セディナビ)ですが、アプリも用意されています。

アプリはiPhone、Androidどちらも無料ダウンロード可能なので、スマートフォンを持っている人はダウンロードしておきましょう。

アプリでもできることは同じですが、一度ログインしてしまえば2度目は自動ログインができるようになるので、手間がかなり省けますよ。

セディナカードローン会員ページ(セディナビ)でできること

それではセディナカードローン会員ページ(セディナビ)では、どのようなことができるのでしょうか。

ここではよく利用する主な機能を紹介していきます。

キャッシング手続き

セディナカードローン会員ページでできること1つ目は、キャッシング手続きです。

セディナカードローンでキャッシング手続きを受けるためには

  • 指定の銀行口座に振り込みをしてもらう
  • ローンカードをATMに入れてキャッシングする

という2つの方法があります。

ローンカードをATMに入れてキャッシングをする場合

  • ATM利用手数料がかかる
  • 郵送で到着するまで数日かかる

というデメリットがあるので、できれば銀行口座に振り込んでもらう方がいいでしょう。

会員ページから振り込み手続きをすれば、平日15時までの手続きであれば即時振り込みをしてくれます。

また引き落とし用の口座を楽天銀行にしておけば、土日祝日も即時振り込み対応をしてくれるので、とても便利です。

ただし契約当日に振り込みを希望する場合、午前11時までに申し込みを完了させる必要があるのは注意しましょう。

利用状況の確認

セディナカードローン会員ページでできること2つ目は、利用状況の確認です。

カードローンを利用している人にとって、今いくらの借り入れがありいつ完済できるのかを知ることはとても大切なことです。

セディナカードローンは毎月3,000円からの返済で利用できるカードローンですが、毎月約定返済額分だけ返済していては、完済までかなり時間がかかってしまいます。

セディナカードローンは必ず口座振替による返済を求められるので、毎月口座振替分だけ支払えば支払い遅れになることはありません。

しかしそれでは返済に時間がかかるので、利用状況は常にチェックしてできるだけ早い完済を目指しましょう。

手数料はかかりますがATMから都度返済もできるので、活用することをオススメします。

ユーザー情報の確認・変更

セディナカードローン会員ページでできること3つ目は、ユーザー情報の確認・変更です。

カードローン申し込み時には、氏名・住所・勤務先といった情報を入力しますが、これらが変更になったときは速やかに情報を変更しなければなりません。

これはセディナカードローン規約内にも記載されており、住所変更等を怠った場合会員に通知なくカードの利用停止又は会員資格の停止ができるとしています。

参照:セディナカードローン規約第14条

そのため住所や勤務先が変更になった場合、会員ページにログインし速やかに情報を変更しましょう。

また勤務先が変更になった場合、あらためて審査がおこなわれる可能性があることは頭に入れておきましょう。

勤務先が変更になるということは返済能力にも関わってくるので、再審査がおこなわれる可能性があるということです。

セディナカードローンと契約したら会員ページにログインしよう

ここまでセディナカードローンの会員ページへのログイン方法と、活用方法について解説してきました。

カードローンと契約すると取り急ぎのお金が手に入るので、安心しますが完済しなければ意味がありません。

完済のためにも会員ページを活用し、できるだけ早めの完済を目指しましょう。