千葉銀行「ちばぎんカードローン」の金利はどれくらい?他の銀行カードローン金利と比較

千葉銀行カードローンの金利は、他社に比べると低いと感じることが多いでしょう。

低金利で借りられるカードローンは、利用する方にとってとても安心できますし、返済額を抑えられるメリットがあります。

ただ、契約する限度額が小さいと、高い金利で契約する場合があります。

契約する金利が低くなるように、限度額を増やす方針を考えたほうがいいかもしれません。

ここでは千葉銀行カードローンの金利について説明します。

千葉銀行カードローンの金利は?

千葉銀行カードローンの金利は1.7%~14.8%の間です。

限度額が800万円まで借りられるカードローンとしては、低金利で借りられるカードローンと言えるでしょう。

特に金利が2%を切っている金利というのは、なかなかカードローンでも見かけない数字です。

千葉銀行カードローンと契約し、一番小さい金利が適用されれば、返済する利息はかなり抑えられるでしょう。

ただ、金利を下げるためには限度額を増やさなければなりません。

高い限度額を作らなければ、低金利は実現しないのです。

基本的には借りる額が多ければ多いほど、低金利を狙えるものと考えておきましょう。

千葉銀行カードローンの金利が設定される仕組み

千葉銀行カードローンは、限度額の数字で金利を設定しています。

限度額の数字が高ければ高いほど、小さい金利が適用できるようにしているのです。

つまり限度額を上げれば上げるほど、低金利で借りられる可能性が高いのです。

逆に限度額が一番小さい数字に設定されると、一番高い14.8%の金利が設定されます。

あまり多くの借入ができない人は、千葉銀行カードローンの金利が14.8%と一番高い数字になり、利息が多く発生する可能性もあります。

低金利で借りたいと考えているなら、限度額を増やす方針を考えたほうがいいでしょう。

千葉銀行カードローンの金利を下げる方法

千葉銀行カードローンの金利を下げたいと考えているなら、以下の方法を採用するといいでしょう。

・限度額を高くする
・カードローンを利用し続けて信用を得る
・増額審査で引き下げを狙う

3つの方法を採用すれば、千葉銀行カードローンの金利を下げられる可能性があります。

低金利で契約したいと考えているなら、上記の方法を使ってみましょう。

なぜ低金利が実現できるのか説明します。

限度額を高くする

最初から希望する限度額を増やすなどして、千葉銀行カードローンの限度額を増やし、低金利で契約する方法を考えます。

限度額を増やせば、自然に金利は下げられるので、低金利で借りられる可能性高くなります。

ただ、新規申込だと限度額を高くしすぎて審査に落とされる場合もあります。

審査に落とされないように、ギリギリの限度額を狙うように心がけてください。

あまりにも高い数字を希望すると、審査に落とされてしまい、その後の千葉銀行カードローン審査にも落とされ続けてしまいます。

審査に落とされないよう、自分が契約できるギリギリの限度額を考えておきましょう。

カードローンを利用し続けて信用を得る

カードローンを利用し続けていると、千葉銀行カードローンの信用度が高くなります。

信用されるようになれば、金利が引き下げられる場合もあります。

信用できると判断していくと、カードローンを更新するタイミングで千葉銀行から案内が届きます。

案内には金利を引き下げるという方針が示されており、通常よりも低金利で契約できるようになります。

低金利で契約したいと考えている方は、千葉銀行カードローンを使い続けるといいかもしれません。

使い続けていると低金利だけでなく、増額しないかという案内が届く場合もあります。

増額審査で引き下げを狙う

増額審査を受けて金利の引き下げを狙う方法があります。

増額審査を通過して大きな限度額引き上げができれば、金利も限度額に合わせて修正されます。

限度額をかなり増やした結果、低金利で借りられる可能性が高くなるのです。

ただ、増額審査は非常に厳しいほか、千葉銀行カードローンを使い続けていないと増額できない場合が多いのです。

増額審査を通過したいと考えるなら、まずは限度額を引き上げられるような状況を作り上げたほうがいいでしょう。

特に収入や他社借入、千葉銀行カードローンの利用実績などを増やして、安心して増額できると思われるように心がけるのです。

千葉銀行カードローンの金利は他のカードローンよりも低い?

千葉銀行カードローンの金利が他社のカードローンよりも低いのか、実際に比較してみました。

カードローン名 金利
千葉銀行カードローン 1.7%~14.8%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
りそな銀行カードローン 3.5%~12.475%
アコム 3.0%~18.0%
アイフル 3.0%~18.0%

主要な銀行カードローンと消費者金融と千葉銀行カードローンを並べてみました。

金利の数字は三菱UFJ銀行と変わらない感じで、メガバンクと同じくらいの低金利を実現しています。

借りる額が小さい時の数字は、みずほ銀行やりそな銀行の方が小さいもの、借りる額が多ければ低金利を実現できる便利な商品です。
つまり大きな借入を希望するなら、千葉銀行カードローンを利用した方がいいのです。

ただ、少額の借入を希望するなら、三菱UFJ銀行を使ったり、りそな銀行と契約したほうがいいかもしれません。

もちろん少額の借入を希望するにしても、審査はかなり厳しくなってしまいます。

千葉銀行カードローンも同じですが、少額の借入を希望しても審査は厳しいものです。

かなり金利の差は生まれてしまいますが、すぐに借りたいなら消費者金融のアコムやアイフルの方がいいでしょう。

消費者金融の場合、審査が早くすぐに借入ができるメリットを持っています。

その反面、千葉銀行カードローンと比較して一番高い数字で3%以上、一番小さい金利でも1%以上の金利差があるので、支払う金利は増えてしまうでしょう。

千葉銀行カードローンの金利をまとめると

  • 千葉銀行カードローンの金利はメガバンク並に低い
  • 大きな借入ではメガバンク以上に低金利を実現できる場合もある
  • 消費者金融よりも圧倒的に金利が低い
  • ただ消費者金融より審査が厳しいので契約の難易度が高い

メガバンクよりも低金利で借りられる可能性のある千葉銀行カードローンは、高額な借入に適していると考えておきましょう。

ただ、千葉銀行カードローンよりも消費者金融の方が審査基準は甘いですし、借りるまでにかかる時間が短いメリットもあります。

消費者金融と千葉銀行カードローン、どちらが適しているかは借りる状況によって考えたほうがいいかもしれません。

千葉銀行カードローンの金利は低いので安心感がある

千葉銀行カードローンは低金利で借りられる便利なカードローンです。

メガバンクよりも低金利で借りられる可能性のある地方銀行のカードローンは、地方に住んでいる方にとって使いやすいでしょう。

契約できる範囲が制限されている以外、ほぼ大手と同じスペックが実現され、対象地域の方は借入の対象として選びやすい商品なのです。

しかも地方銀行はメガバンクよりも審査基準が甘くなっているケースがあり、審査を通過しやすいのです。

これだけ低金利で契約できるカードローンはなかなかないので、低金利で借りたい方はしっかり審査を受けてください。

最初の金利に不満があれば、増額審査や千葉銀行カードローンを利用し続けて金利を引き下げるといいでしょう。