地方で家を買うならどこ?地方に移住するときのポイントも解説

家を買う

「地方に家を買って移住したいけど、どうすればいいかわからない」

こちらの記事では、地方に家を買うことを検討している人向けに、地方移住について解説していきます。

都会から地方に移住することは、事前に色々調べておかなければならず、クリアするハードルも多いです。

地方に家を買うことを検討している人は、この記事を読んで地方移住のリアルを知っていきましょう。

家がほしいとき最初にやることは何?家を買う時には計画性が大切
「家がほしいと漠然と思っているけど、最初にやることは一体何?」 こちらの記事では、家がほしいと思った人が最初にやるべきことをについて解説していきます。 また最初にやることだけでなく、家を買う時の手順もあわせて紹介していきます。 ...

地方で家を買う時のチェックポイント

まずは地方で家を買う時に、チェックしておくべきポイントを解説していきます。

下調べをせずに地方に家を買ってしまうと、大変なことになってしまうことがあるので注意しましょう。

周辺の住環境はしっかり確認しておく

地方で家を買う時のチェックポイント1つ目は、周辺の住環境をしっかり確認しておくことです。

徒歩5分圏内にコンビニがあることが都心では当たり前ですが、地方では住む場所によって環境がまったく違います。

コンビニやスーパーまで車がないと行けないエリアもありますし、お店の閉店時間も都心に比べるとかなり早いです。

また地方の場合地域でのイベントへの参加など、近所づきあいが残っている地域もあります。

事前に地域の人と交流できるのであれば、しっかりコミュニケーションをとったうえで、移住するようにしましょう。

自治体の取り組みを確認する

地方で家を買う時のチェックポイント2つ目は、自治体の取り組みを確認することです。

日本では人口減少が進んでおり、今後も都会と地方での人口格差が広がることが予想されています。

そのため現状では人口が多くても、今後は人口が減少して子供の数も少なくなる。

そんな状態の地方に移住すると、長い目で見るとマイナスです。

それを確かめるためには、地方自治体の取り組みを確認しましょう。

地方自治体が移住に積極的であれば、今後人口が減ることも少ないですし子供の数も維持できます。

地方自治体が人口を増やすためにどのような対策をしているのか確認すると、その地方の今後が見えてきますよ。

お試し移住をしてみる

地方は都会と違って、住民同士の交流が盛んです。

そんな中に溶け込めるのか不安であれば、一度お試し移住をしてみましょう。

地方自治体によっては自治体主導でお試し移住に取り組んでおり、お試し移住中に地域の人と交流する機会ももうけてくれます。

実際に移住してみると買い物など普段の生活状況もわかるので、移住したときのギャップも減らせますね。

まずはお試し移住をしてみて、移住してもやっていけるか確認しておきましょう。

地方で家を買う時におすすめの場所

「地方には移住したいけど、特に住みたい場所は決まっていない」
ここからはそんな人のために、地方で家を買うのにおすすめの場所を紹介していきます。

これから紹介する地方は移住者も多く、自治体も移住者を積極的に誘致しています。

東京からの移住者も多い長野県松本市

地方で家を買う時におすすめの場所1つ目は、長野県松本市です。

長野県は移住にかなり力を入れている件で、長野県全体でなんと396もの移住支援制度があります。

若者から年配者まで幅広い受け入れをしているので、それぞれの世代にあったセミナーを開催しているのも嬉しいポイントです。

転職支援もあるので、はじめて長野県に住む人でも安心ですね。

そんな長野県の中で、松本市はJR新宿駅から電車で2時間半ほどとアクセスも抜群。

おしゃれなカフェや風情のある街並みと自然が融合した都市なので、田舎すぎない地方に家を買いたい人にはぴったりです。

東京からの移住者も多い都市なので、移住で不安なことも解消できる可能性が高いですよ。

子育て支援を積極的にしている島根県邑南町

地方で家を買う時におすすめの場所2つ目は、島根県邑南町です。

島根県は鳥取県に次いで日本で2番目に人口が少ない件ですが、移住に力を入れている県でもあります。

そんな中で島根県邑南町は「日本一の子育て村」を目指していることを宣言しており、子育て支援を積極的にしています。

中学校卒業まで医療費は無料、第2子は保育料無料など手厚い支援を自治体が取り組んでいるので、夫婦で移住先を探している人にぴったりですね。

島根県邑南町には移住コーディネーターの人もいて、移住しやすい環境が整っています。

家族で移住して家を買うのであれば、子育て支援をしている都市に家を買うのも選択肢の一つですよ。

都心へのアクセスもいい福岡県糸島市

地方で家を買う時におすすめの場所3つ目は、福岡県糸島市です。

糸島市は福岡市内まで車で30分とアクセスのいい場所にありますが、海も見える抜群の立地。

そのため田舎のよさを味わいながら、少し行けば都心に行けるという点が魅力です。

さらに糸島市はイチゴのあまおうなど、農産物や海産物などさまざまな食材の生産地でもあります。

スーパーに行けば地元の新鮮な食材が手に入るので、料理が好きな人にとってはかなり嬉しい環境が整っていますね。

また糸島市は若くして移住して、起業している人がたくさんいる都市でもあります。

福岡市へのアクセスもよくいい環境で仕事ができるので、起業を考えている人は糸島市の話を聞いてみるのもいいですよ。

地方に家を買うときによくある質問

最後に地方に家を買うときによくある質問を紹介していきます。

Q.地方に仕事はありますか?

A. 地方によりますが求人はある地域が多いです。

近年インターネットの発展により、リモートワークやクラウドソーシングなどどこにいても働ける環境が整いつつあります。

また地方によっては、地域おこし協力隊で働く人を募集している地方も多いです。

地域おこし協力隊であれば未経験の職種でも求人があるので、まったくのゼロから仕事をはじめたいのであれば、求人を探してみてもいいでしょう。

Q.近所づきあいはありますか?

A. 田舎になればなるほど近所づきあいは多くなります。

地域に住んでいる人が強制参加のイベントがある地域などでは、イベントに参加しないとなかなか交流がはかれません。

ただし地方でも都市部であれば、地域の交流がなくなりつつあります。

そのため田舎に住みたいのであれば、まず近く都市部に移住して、その後希望の地域に移住するという方法もありますよ。

Q.地方に移住するときどこに相談すればいい?

A. 地方自治体が主催しているイベントや説明会に参加してみましょう。

まったく知らない地方に移住する場合、いきなり引っ越しをすると地域との連携がなかなかとれないことがあります。

そのため移住する前に、地方自治体が主催しているイベントや説明会に参加してみるといいでしょう。

移住の受け入れに積極的な地域であれば、さまざまなイベントを開催しています。

さらにその地方に家を買う予定なのであれば、自治体側としても来てほしい人なのでしっかり対応してくれます。

またその中で実際に地方に移住した人の話が聞ければベストですね。

実際に住んでみないとわからないことが多いので、経験者の話はぜひ参考にしてください。

地方で家を買う前にしっかり情報収集をしよう

ここまで地方に家を買いたい人に向けて、さまざまな情報を紹介していきました。

地方に家を買うということは移住のことも考えなければならないので、さまざまな情報を集めておかなければなりません。

しっかり情報収集をしたうえで、地方に家を買うことを考えてみましょう。