北都銀行スピードカードローンNeoの審査は通りやすい?金利・返済・借入方法についても徹底解説

地方銀行カードローン

北都銀行は秋田県秋田市に本店を置く地方銀行です。

北都銀行が取り扱っているカードローンの中でも「スピードカードローンNeo」は融資の手続きがWEBで完結すること、また北都銀行の口座がなくても申し込みが可能であることから地元の幅広い層で人気があります。

今回は北都銀行スピードカードローンNeoのメリットやデメリット、審査基準や借入方法について紹介します。

北都銀行スピードカードローンNeo詳細情報(スペック表)

審査時間 融資まで3~4営業日
利用用途 原則自由(事業資金・投機資金等は除く)
契約期間 1年ごとの自動更新
限度額 10万円・20万円・30万円・40万円・50万円・70万円・100万円・150万円・200万円・250万円・300万円・350万円・400万円・450万円・500万円の15種類
保証会社 新生フィナンシャル株式会社

申し込み条件
・契約時の年齢が満20歳以上、70歳未満で本人または配偶者に安定した収入がある人(パート・アルバイト、専業主婦(夫)、年金受給者、学生も可)
・保証会社(新生フィナンシャル株式会社)の保証が受けられる人
必要書類
・本人確認書類(運転免許証、パスポート、健康保険証)
・所得確認資料(源泉徴収票、住民税決定通知書、課税証明書)※希望契約額が50万円を超える場合、上記の所得確認資料のうちいずれかを提出

北都銀行スピードカードローンNeoのメリット

  • WEB申し込みにすれば来店不要な上、北都銀行の口座を開設しなくても申し込みが可能
  • パートやアルバイト、専業主婦(夫)、学生でも借り入れが可能
  • 毎月の返済額が低めに設定されているので返済しやすい

WEB申し込みにすれば来店不要な上、北都銀行の口座を開設しなくても申し込みが可能

北都銀行スピードカードローンNeoはWEB申し込みにすれば原則として来店契約が不要な上、北都銀行の口座がなくても申し込みが可能です。

このため、忙しい社会人や銀行に直接借り入れに行くのは気がひける人に向いています。

北都銀行には、この他にマイカープランなどの「スーパーアシストローン」、限度額が1,000万円の「北都銀行カードローン1000」がありますが、この二つは来店契約と口座開設が必須です。

さらに口座の開設が必要な商品は、北都銀行の支店がある秋田県、山形県、宮城県のいずれかに居住もしくは勤務している人が対象なので、その他の県に住んでいる人にとっては利用しづらくなっています。

ただし、北都銀行スピードカードローンNeoの場合であっても北都銀行の口座を持っていると借入時や返済時に手数料がかからないので持っておくのに越したことはありません。

パートやアルバイト、専業主婦(夫)、学生でも借り入れが可能

北都銀行スピードカードローンNeoはパートやアルバイト、専業主婦(夫)、学生でも借り入れが可能です。

保証会社(新生フィナンシャル株式会社)の審査はありますが、安定した収入があり、かつ他社からの借り入れが多すぎなければ、希望契約額にもよりますが審査に通る可能性は十分にあります。

パート・アルバイト・専業主婦(夫)は上限50万円、年金受給者は上限20万円、学生は上限10万円という制限はありますが、こういった制限は逆に借り過ぎを未然に防いでいるといえます。

北都銀行スピードカードローンNeoは、アルバイトや専業主婦(夫)といった審査で不利になりやすい人が少額を借り入れたい時に大変便利なカードローンといえるでしょう。

毎月の返済額が低めに設定されているので返済しやすい

詳細は後述しますが、北都銀行スピードカードローンNeoは毎月の返済額がかなり低めに設定されています。

例えば10万円借りた場合、毎月の(最低)返済額は2千円なのでパートやアルバイト、専業主婦(夫)でも無理なく返済できます。

ただしローンカードを利用して繰り返し借り入れを行った場合、利息の返済に追われて元金部分がなかなか減らず、結果として返済がなかなか終わらないという悪循環が生じる可能性もあります。

借り入れは計画的に行い、お金に余裕があれば任意弁済を積極的に行って返済を進めましょう。

北都銀行スピードカードローンNeoのデメリット

  • 審査の際、勤務先に電話で在籍確認が行われる
  • 大手消費者金融に比べて使い勝手がいまいち
  • 北都銀行ATM以外の提携ATMは手数料がかかる

審査の際、勤務先に電話で在籍確認が行われる

北都銀行スピードカードローンNeoは審査の際、在籍確認のため審査担当者の個人名で勤務先に電話がかかってきます。

審査担当者が銀行名や目的を話すことはありませんが、そもそも会社名も名乗らずに個人宛で電話がかかってきた時点で勤務先には相当怪しまれます。

これは北都銀行だけでなく、銀行のカードローンを利用する場合はほぼどこの銀行も勤務先への電話連絡が必須とされているのでやむをえません。

大手消費者金融のなかには電話連絡なしで在籍確認が完了するところもあるので、もしどうしても勤務先に連絡しないで欲しい場合にはこのような貸金業者に借り入れを申し込みましょう(ただし本人確認書類の他、給与明細や健康保険証など勤務先の確認書類の提出が必要)。

大手消費者金融に比べると使い勝手がいまいち

北都銀行スピードカードローンNeoの場合、大手消費者金融のような無利息期間がなかったり、即日融資に対応していなかったりなど、使い勝手がいまいちであることも大きなデメリットです。

大手消費者金融の多くでは初めての契約に限り「キャッシング30日間無利息」サービスを行っていますが、北都銀行スピードカードローンNeoで10万円を借りて1カ月で返済する場合、約1,200円の利息がかかります(10万円×年利14.6%×30日÷365日)。

また前述したように銀行カードローンは審査が厳格化されたため即日融資が不可能になり、さらに金融機関の休業日である土日には振込融資にも対応していません。

休みの日に急にお金が必要になった場合には即日融資に対応している貸金業者の利用をおすすめします。

北都銀行ATM以外の提携ATMは手数料がかかる

北都銀行スピードカードローンNeoの最大のデメリットは、秋田県に住んでいる人以外にはおすすめできないことでしょう。

北都銀行のATMは秋田県内であれば各地に設置されていますが、県外には宮城県、山形県、東京都の3カ所にしか設置されていません。

提携ATMから追加借入や返済を行うこともできますが、ローンカードを利用する都度手数料が発生します。

北都銀行スピードカードローンNeoは秋田県近郊に住んでいる人で、かつ北都銀行を普段から利用している人には便利ですが、それ以外の人にはあまりメリットはありません。

北都銀行スピードカードローンNeoの審査基準は他社より甘い?

北都銀行スピードカードローンNeoでは新生フィナンシャル株式会社の審査を受けます。

新生フィナンシャル株式会社は2019年8月の時点で消費者金融「レイクALSA」のサービスと「新生カードローンレイク」などの信用保証業務を行っていますが、2018年3月末いっぱいで新規申し込み受付停止した「新生カードローンレイク」の新規の成約率は約30%と他の消費者金融に比べて厳しめでした(2019年4月のIR情報における成約率はアコム 44.4%、プロミス44.5%、アイフル 42.4%)。

北都銀行スピードカードローンNeoはパートやアルバイト、専業主婦(夫)、学生でも安定した収入があれば利用可能ですが、審査基準が緩やかになるかどうかは疑問の余地があります。

審査基準は会社によって異なりますが、安定した収入があるかどうか、他社からの借入金額が大きくないかが審査のポイントだといわれています。

安定した収入というのは、毎月決まった日に給料が入ることを指しており、パートやアルバイトを含みます。

ただし、現在の職場に短期間(1~3カ月)しか在籍していなかったり、転職の回数が多かったりした場合は借入希望金額によっては審査が通らないこともあります。

また銀行カードローンの場合、個人に対しての無担保融資はその人の年収の3分の1が限度と貸金業法で定めている総量規制の対象外ですが、過剰融資によるトラブルが増えて社会問題になったことから審査が厳しくなり、貸金業者と同じく年収の3分の1までしか貸さない、一定額(50万円程度)を超える借り入れには収入証明書を提出させる、というケースが増えています。

他社からの借り入れがない、もしくは少ないことも審査の大事なポイントです。

住宅ローンや自動車ローンも審査の対象になり、仮に他社からの借入額が大きく、返済も遅れがちという場合は審査通過は厳しいものになります。

北都銀行スピードカードローンNeoを申し込む際はこの二点を特に気を付けましょう。

北都銀行スピードカードローンNeoの金利は他社より高い?

北都銀行スピードカードローンNeoの金利は他社より高いのか、同業他社数社と比較してみましょう。

りそな銀行プレミアムカードローン 年3.50%~13.50%
ソニー銀行カードローン 年2.50%~13.80%
イオン銀行カードローン 年3.80%~13.80%
みずほ銀行カードローン 年2.00%~14.00%
三井住友銀行カードローン 年4.00%~14.50%
アコム 年3.00~18.00%
アイフル 年3.00~18.00%
秋田銀行カードローン 年5.80%~14.80%
北都銀行スピードカードローンNeo 年4.50%~14.60%

北都銀行スピードカードローンNeoと他社の金利を比べた場合、銀行カードローンの下限金利は年2.00%~4.00%、アコム、アイフルといった大手消費者金融は下限金利3.00%となっており、北都銀行スピードカードローンNeoの金利はかなり高いように思われます。

しかし適用される借入利率は借入限度額や利用実績によって異なり、初めての借入で下限金利が適用されることはほとんどありません。

一方、上限金利で比較すると北都銀行スピードカードローンNeoの金利年14.60%は銀行カードローンの金利のなかではやや平均的、大手消費者金融と比較した場合は低めです。

銀行または消費者金融から融資を受ける際は上限金利や毎月の返済金額、融資までのスピードなどをよく検討した上で申し込みましょう。

北都銀行スピードカードローンNeoの利息一覧

1万円 120円
5万円 600円
10万円 1200円
20万円 2400円
50万円 6000円
100万円 12000円
150万円 18000円
200万円 24000円
300万円 29589円
500万円 18493円

※利息の計算方法:借入金額×借入利率×30日÷365日
※借入利率
~200万円以下 14.60%
200万円超~300万円以下 12.00%
300万円超~400万円以下 6.00%
400万円超~500万円以下 4.50%

北都銀行スピードカードローンNeoは返済しやすい?

北都銀行スピードカードローンNeoの毎月の返済額(約定返済額)

前月末日の借入残高 毎月の返済額
2千円未満 利息金額と利用金額の合計額
2千円以上~10万円以下 2千円
10万円超~30万円以下 5千円
30万円超~50万円以下 1万円
50万円超~100万円以下 2万円

上記の表が示すように、北都銀行スピードカードローンNeoは毎月の約定返済額がかなり低めに設定されており、この点では返済しやすいといえます。

しかし、この返済方式は「借入金額スライドリボルビング方式」といって、借入残高が少なくなると毎月の返済額が少なくなる分、支払利息の合計金額が大きくなってしまいます。

そもそもリボルビング方式のように毎月の約定返済額が一定の場合、元金部分が高いとどうしても約定返済額における利息の割合が高くなり元金部分がなかなか減りません。

ようやく元金部分が減っても毎月の返済額そのものが少なくなるとまた利息の割合が高くなります。

もし資金に余裕があるなら、毎月の約定返済額が低めに設定されていても任意(繰り上げ)返済をして積極的に元金部分を減らしましょう。

返済方式

北都銀行スピードカードローンNeoでは約定返済と任意返済で返済方法が異なります。

  • 約定返済……北都銀行のATMまたは提携ATMからローンカードを利用して入金、または北都銀行の普通預金口座から自動引き落とし
  • 任意返済……北都銀行のATMまたは提携ATMからローンカードを利用して入金

「約定返済」とは毎月契約で決められた「約定返済日」に、契約で決められた「約定返済額」を返済することです。

北都銀行の場合、前月末の借入残高に応じて約定返済額が決定されます(例えば前月末の借入残高が2千円以上10万円以下の場合は2千円)。

北都銀行のATMを利用、または北都銀行の普通預金口座から自動引き落としであれば手数料はかかりませんが、北都銀行のATM以外の提携ATMでローンカードを利用すると手数料がかかります。

北都銀行のATMは秋田県内であれば秋田市内をはじめ各地にありますが、県外では仙台支店、酒田支店(山形県)、東京支店の3カ所しかありません。

提携ATMはセブン銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行などがあります。

一方、「任意返済」とは「約定返済」のほかに債務者の任意による返済のことです。

北都銀行の場合、前月末の借入残高に応じて約定返済額が変更され、借入残高が少なくなればなるほど返済額が低めになりますが、前述したように返済期間が伸びて利息分が増加するというデメリットがあります。

毎月の返済額以上に任意(繰り上げ)で返済することにより、余計な利息が発生せず早期に完済できます。

任意返済は北都銀行のATMまたは提携ATMからローンカードを利用して「任意返済」を選択し、任意の金額を入金することで実行できます。

返済日

北都銀行スピードカードローンNeoの返済日は原則として毎月10日です(返済日が金融機関の休業日にあたる場合は、翌営業日)。

指定口座には前日まで(返済日が月曜日の場合は前の週の金曜まで)に入金するようにしましょう。

返済日までに入金がなかった場合には、返済日の翌日から遅延損害金(年14.6%)※が発生するので注意が必要です。

返済が遅れそうになった場合はカードローンの担当者に必ず連絡を入れましょう。

前月末時点の借入残高に応じて決定される約定返済額(最低返済額)だけでも支払えれば遅延損害金が発生することはありません。

※借入残高×遅延損害利率(年)×遅延日数/365日

毎月の返済額

借入残高 返済額
1万円 2千円
5万円 2千円
10万円 5千円
20万円 5千円
50万円 1万円
100万円 2万円
150万円 3万円
200万円 4万円
300万円 5万円
500万円 5万円

限度額上限
※前月末の借入残高に応じて約定返済額が決定

北都銀行スピードカードローンNeoの借り入れ方法

融資を申し込む

WEB、電話(フリーダイヤル)、FAX、店頭申込のいずれかの方法で融資を申し込みます。

WEBで申し込みをした場合、申し込みから本契約まで全てパソコンまたはスマホから行えます(本人確認資料として運転免許証が必要)。

それ以外の方法で申し込みを行った場合は北都銀行の窓口に来店しなければなりません。

必要書類を提出する

WEBで申し込んだ場合、原則1営業日以内に仮審査の結果が電話で連絡されます。

結果が出る前に在籍確認のため勤務先に確認の電話がかかってくるので勤め先に知られたくない場合は注意しましょう。

その後、運転免許証の両面の写真(希望契約額が50万円を超える場合は所得確認資料も)をアップロードして提出します。

WEB以外の方法で申し込んだ場合は本人確認書類として運転免許証、パスポート、健康保険証のいずれか1点を本契約時に窓口で提出します。

指定口座へ振込融資

振込融資の依頼から最短で2営業日には指定口座へ融資額が振り込まれます。

以前は銀行のカードローンでも即日融資が可能でしたが、2018年以降銀行で融資の申し込みをすると反社会的組織と関係がないか警察庁のデータベースに照会するようになったため、即日融資が出来なくなりました。

ローンカードが郵送される

本契約後、1週間から10日程度でローンカードが送られてきます。

ローンカードがあれば北都銀行のATMまたは提携ATMでいつでも借り入れが可能です(限度額の範囲内)。

ただし提携ATMの場合は借り入れの際にも手数料がかかるので注意が必要です。

北都銀行スピードカードローンNeoへ申し込んだ人の口コミ

年齢30代 会社員

北都銀行のカードローンのことはインターネットで知りました。

口座を持っていなくても大丈夫とのことだったので早速申し込みましたが、審査時間がかなり長かったかな、と思います。

初めての時は急な出費が重なったために借り入れましたが、ローンカードが届いてからは給料日前でちょっとお金が足りない時などに利用しています。

消費者金融よりも金利が安いので助かりますね。

今後はもう少し限度額を増額できたら、と思います。

20代男性 アルバイト

携帯電話が壊れてしまい、買い替えのためにやむを得ず借り入れを申し込みました。

私自身、フリーターということもあり、審査が通るかどうか不安でしたが、担当の方が丁寧にカードローンについて詳しく教えてくれたので安心して申し込むことができました。

フリーターの私でも審査に通過できたのは、希望限度額が10万円と少額だったからだと思います。

無事に返済も終わりましたが、また何かあれば借り入れをお願いしたいです。

20代女性 派遣社員

友達と海外旅行に行くことになりましたが、その費用をどうしようか悩んでいたところ北都銀行のカードローンを知りました。

普段から北都銀行を利用しているのでこれだ!と思いましたが、派遣社員はローン審査で不利になってしまうことが多いので審査の結果が出るまで不安でした。

結果的には無事に借りることができ、非常に助かりました。

現在返済中ですが、北都銀行の口座を持っていると自動引き落としなので便利ですね。