筑邦銀行カードローンの審査は通りやすい?金利・返済・借入方法についても徹底解説

地方銀行カードローン

筑邦銀行カードローンは地方銀行のカードローンで、福岡県、佐賀県、大分県のいずれかの地域に住んでいる人におすすめのカードローンです

筑邦銀行には、筑邦銀行カードローンの他にミニカードローン、住まいるカードローンがありますが、その中でも来店不要でインターネットで融資までの手続きが完結するのは筑邦銀行カードローンのみです。

この記事では、筑邦銀行カードローンについて解説していきます。

筑邦銀行カードローン基本情報

筑邦銀行カードローンは以下の条件で貸し付けをおこなっています。

筑邦銀行カードローン
金利 3.90~13.95%
限度額 500万円
年齢 満20歳以上70歳未満
利用使途 自由(事業性資金を除く)
担保・保証人 不要
保証会社 エム・ユー信用保証株式会社

限度額は500万円で、筑邦銀行の他のカードローンと比較して最も高いです。

金利は住まいるカードローンは3.5~9.5%と最も安いですが、住宅ローン利用者向けのカードローンなので利用条件が厳しい問題があります。

また、最大金利13.95%は他の地方銀行のカードローンと比較しても非常に低い水準なので、汎用的に様々な人が利用できるメリットも考えれば優秀なカードローンといえます。

以上から筑邦銀行で最も利用しやすいカードローンは、スタンダードな筑邦銀行カードローンということになります。

筑邦銀行カードローン利用で必要な書類

筑邦銀行カードローンの利用で必要な書類は下記の2つです。

  • 本人確認書類
  • 所得確認書類

本人確認書類

カードローンの利用には必ず本人確認書類の提出が必要で、本人確認書類として認められる書類はカードローンごとに異なります。

筑邦銀行カードローンの本人確認書類として認められる書類は下記の2つが挙げられます。

  • 運転免許証
  • パスポート

地銀のカードローンでほぼ確実に認めてもらえる書類は運転免許証とパスポートで、筑邦銀行カードローンの公式サイトでもこの2つの書類のいずれかを用意するように書かれています。

もし、この2つの書類が手元になく、代替となる本人確認書類がある場合は筑邦銀行に本人確認書類として認められるか問い合わせるといいでしょう。

所得確認書類

融資希望金額が50万円を超える場合は必要になります。

給与所得者の場合は源泉徴収票、または公的な所得証明書類、自営業者の方は納税証明書または確定申告書が必要です。

もちろん、所得を証明できればよいので、上記の書類でなくても所得が証明できれば認められる可能性はあります。

他の地銀のカードローンでも融資希望金額が高ければ高いほど所得確認書類は必要となりますが、カードローンによって所得確認書類を提出する融資額は異なります。

筑邦銀行カードローンの審査の基準

筑邦銀行カードローンの審査の基準は下記の通りです。

  • 保証会社はエム・ユー信用保証株式会社
  • 審査はスコアリングシステムが用いられる
  • 安定した収入があることが条件

保証会社はエム・ユー信用保証株式会社

筑邦銀行カードローンの保証会社はエム・ユー信用保証株式会社であり、保証会社の保証が受けられることが融資の条件です。

勘違いしている人もいるかもしれませんが、審査は筑邦銀行がおこなうのではなく、保証会社がおこなうことになっています。

そのため、保証会社の審査に通ることが融資の条件になります。

保証会社は複数ある場合もありますが、筑邦銀行カードローンの保証会社はエム・ユー信用保証株式会社のみです。

つまり、過去に保証会社に対して金融事故を起こし、ブラックリストに載っている場合は審査を通過することができません。

信用情報機関の情報は時が経てば事故情報が削除されますが、金融機関ごとのブラックリストの情報は削除される保証がないので審査に通過する望みは薄いと言えます。

また、同じ銀行でも住まいるカードローンの保証会社はワイジェイカード株式会社なので、同じ銀行のカードローンでも保証会社が異なる場合があります。

審査はスコアリングシステムが用いられる

エム・ユー信用保証株式会社の審査にはスコアリングシステムが採用されています。

スコアリングシステムとは、融資希望者の返済能力を数値化し基準に届いているかどうか判断する審査方法です。

年齢、年収、勤続年数などの返済能力に直結する情報や、信用情報機関を解析した返済の延滞や、他社の借入れ情報などの信用情報を総合的に判断して返済能力を数値化します。

また、このスコアリングシステムはコンピューターによって自動で算出されるので、スコアが基準に満たなかった場合はすぐに審査落ちが確定します。

大手消費者金融機関が1時間以内の審査で即日融資が可能なのは、借入希望者の返済能力を短い時間で数値化できるスコアリングシステムがあるからです。

安定した収入があることが条件

安定した収入があることが条件ですが、正社員だけでなくパート・アルバイト、年金生活者への融資も可能であると明記されています。

安定した収入に明確な基準はありませんが、パート・アルバイトでも借りられることが明言されているカードローンは融資希望金額を大きな額に設定しなければ審査に通過しやすいです。

そのため、パート・アルバイトでも十分な収入を得ていて、勤続年数が長ければ信用情報に傷がない限り、確実に融資を受けられます。

筑邦銀行カードローンの借入金額

筑邦銀行カードローンは10万円~500万円であれば10万円単位で借入金額を指定できます。

パート・アルバイト・年金受給者で審査に通過したい場合はできる限り少ない金額を指定することで審査に通過しやすくなります。

限度額の希望を高く設定し過ぎると審査に落ちる可能性が高くなりますので、念のために多く借りることを考えずに必要な額を限度額に設定しましょう。

筑邦銀行カードローンの金利

筑邦銀行カードローンの金利は下記の表の通りになっています。

利用限度額 金利
100万円以下 13.95%
100万円超300万円以下 12.00%
300万円超500万円未満 8.50%
500万円 3.90%

基本的に限度額が少ない場合は最高金利での借り入れ、限度額が大きい場合は金利が安くなります。

正社員で安定した収入を持つ人は金利の軽減の恩恵を受けることもできますが、パート・アルバイトの場合は最高金利の13.95%を前提に考えるといいでしょう。

筑邦銀行カードローンで融資を受ける流れ

筑邦銀行カードローンで融資を受ける流れを簡単に説明すると次のようになります。

  1. 申込み
  2. 審査
  3. 審査結果の連絡
  4. 契約・カードの郵送
  5. カードをお受け取ったらATMから借り入れ
  6. 融資を受けるまでにかかる時間は2週間ほど

申し込み

インターネットからの申込みは筑邦銀行の口座を持っていることが条件で、条件を満たさない場合は来店する必要があります。

筑邦銀行の公式サイトから申込み可能で、このとき必要書類もWebから提出します。

審査

審査は2営業日ほどで、在籍確認もおこなわれます。

審査に時間がかかるのは保証会社に審査を任せているからです。

審査結果の連絡

審査結果の連絡が電話、またはメールでおこなわれます。

審査に通過していればそのまま正式な契約作業に移ります。

契約・カードの郵送

Webまたは店舗で正式に契約します。

また、カードが届く前でも初回は振り込み融資で対応してもらえます。

カードを受け取ると自由にATMを利用して借入れができるようになります。

カードをお受け取ったらATMから借り入れ

下記のATMから借り入れ可能です。

  • 筑邦銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM

対応している銀行ATMが3つしかないので、利用できるATMが近辺にあるか確認しておかないと借入れまたは返済が不便になります。

融資を受けるまでにかかる時間は2週間ほど

審査期間は2日間、その後、正式な契約まで2週間、最後にカードが届くまで合計4週間かかります。

初回の融資は振り込みで対応してもらえるので、融資を受けられるまで2週間ほどということになります。

自由にATMで借り入れや返済ができるまで1ヶ月近くかかるので、急ぎの場合は振り込み融資に頼る必要があるでしょう。

筑邦銀行カードローンの返済方法

筑邦銀行カードローンの返済方法は2つあります。

  • 約定返済
  • ATMによる返済

約定返済

借入れ金額によって引き落とし額が変わります。

利用残高 返済額
2千円未満 残高+利息
2千円以上10万円以下 2千円
10万円超20万円以下 4千円
20万円超30万円以下 6千円
30万円超40万円以下 8千円
40万円超50万円以下 1万円
50万円超60万円以下 1万2千円
60万円超70万円以下 1万4千円
70万円超80万円以下 1万6千円
80万円超90万円以下 1万8千円
90万円超100万円以下 2万円
100万円超200万円以下 3万円
200万円超300万円以下 4万円
300万円超400万円以下 5万円
400万円超500万円以下 6万円

毎月10日(銀行が休業日の場合は翌営業日)に残高に対応した金額が引き落とされます。

非常に細かく設定されているので、自分の借入残高がどの程度であるかは意識しておいた方がいいでしょう。

また、10日に口座の残高が不足しており、引き落としができない場合は返済を延滞したことになります。

信用情報に傷がつくので、必ず口座にお金を用意しておきましょう。

ATMによる返済

借り入れと同様にATMから随時返済が可能です。

提携しているATMがすくないためATMによる返済は不便ですが、近くに提携ATMがある場合はATMによる返済をおこなってもよいでしょう。

口座引き落としは自動でおこなってもらえますが、ATMの場合は自分で返済する必要があるので10日までに返済することを忘れないようにしましょう。

筑邦銀行カードローン利用がおすすめな方

筑邦銀行カードローン利用がおすすめな方の特徴について解説していきます。

  • 筑邦銀行の口座を持っている人
  • 即日融資を希望しない人
  • カードが届く前に振り込みで対応してもらいたい人

筑邦銀行の口座を持っている人

筑邦銀行の口座を持っている人の方が申込みから融資までスムーズに進みます。

口座を作るためには来店が必要なので福岡県、佐賀県、大分県などの銀行の周辺地域に住んでいる人におすすめです。

一方で、筑邦銀行が近くにない地域に住んでいる場合は、金利が安いメリットを考えても来店や口座を作成する手間が大きいのでおすすめしません。

即日融資を希望しない人

筑邦銀行カードローンは即日融資不可能です。

カードを受け取るまで4週間かかるので、融資を急いでいる人には筑邦銀行カードローンはおすすめできません。

即日融資を希望する場合は、金利は高いですが初回の場合は金利無料期間もあるので、大手消費者金融を利用するといいでしょう。

カードが届く前に振り込みで対応してもらいたい人

筑邦銀行カードローンは申込みからカードが届くまでに時間がかかります。

しかし、振り込み依頼にも対応しているので、契約後すぐに融資を受けることができます。

明日、明後日までに急ぎでお金を借りたい人にはおすすめしませんが、お金を借りるのは早い方が良いという人には柔軟で良い対応であるといえます。

急ぎで融資を受けたい場合は、筑邦銀行に振り込み対応について相談してみましょう。

筑邦銀行カードローンの利用者の口コミ

最後に筑邦銀行カードローンを利用した人の口コミを見ていきましょう。

40代 男性 Yさんの場合

利息が14%を切っていて、筑邦銀行の口座を持っていたのでインターネットから契約しました。

カードの郵送まで時間がかかるとのことだったので、振り込みで融資をしていただきましたが、電話対応が親切で気持ちよく取引ができました。

銀行によっては横柄な態度を取る人もいますが、筑邦銀行の人は非常に丁寧だったので、また利用したいと思えました。

返済は完了しましたが、またお金に困ったら利息も安いですし利用しようと思います。

20代 女性 Fさんの場合

お金に困っていたので友達に勧められて、筑邦銀行のカードローンを初めて申込みしました。

契約からカードが届くまで1ヶ月近くかかったので、支払いに間に合わなくなるのではないかと思いひやひやしました。

初めてのカードローンでしたが、口座を作成するところから銀行の人も優しく教えてくれたのでそこは良かったと思います。

利息も安いみたいで返済も苦にならなかったです。

筑邦銀行カードローンのまとめ

筑邦銀行カードローンについて理解していただけたでしょうか?

福岡県、佐賀県、大分県の周辺地域に住む人で、利息の安いカードローンを利用したい人や、ローンカードが届く前に振り込み融資を受けたい人におすすめです。

もちろん、カードローンは他にもあるので、他のカードローンの特徴も知りながら自分にとって最善のカードローンを選択することが重要です。

筑邦銀行カードローンの特徴を知り、融資を受けたいと考えた人は公式サイトから申込みをおこないましょう。