キャッシングしてても住宅ローンの審査には影響がない?

住宅ローン

住宅ローンで借り入れるお金は他のローンと比べても高額になります。

返済期間が数十年にも及ぶことを考えればそれは明らかです。

そしてその「住宅ローン審査」では、借り入れる人の返済能力、支払い能力が審査されます。

その審査で、もし銀行から「支払い能力なし」と判断されたとしたら、申し込んだその住宅ローンでの借入を行なうことはできません。

そして現在キャッシングを利用している方、あるいは過去キャッシングを利用した経験がある方が心配なのは、「住宅ローン審査に影響が出るのでは?」という疑念です。

実際住宅ローンをはじめあらゆるローンでは、別のローン利用状況をかなり重要視します。

審査落ちしてしまわないためいんも、後々の金融トラブルを避けるためにも、住宅ローン審査とキャッシング利用状況の関係はしっかり知っておきましょう。

住宅ローン審査では信用情報を審査される

結論から言うと、たしかにキャッシングと住宅ローン審査は影響しあっています。

それは、住宅ローン審査では信用情報という、金融に関わる専門記録を審査されるからです。

この信用情報の記録内に、申し込んだ人の支払い能力に疑問を持たれるものがあれば、それにより審査に落ちてしまうということです。

これが、キャッシング利用が住宅ローン審査に影響を与えるとういことです。

信用情報とは?

信用情報とは、信用情報機関という独自期間に記録されている、個人が金融と関わった記録です。

信用情報機関は全部で3つあります。

  • CREDIT INFORMATION CENTER(CIC)
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター

これらが、それぞれ種類の違う記録を残していきます。

しかし信用情報機関同士は、CRINという独自システムによって情報を共有しています。

それにより、信用情報機関同士で記録がすべて筒抜けということです。

信用情報に残ったブラックな記録はずっと消えないのか?

信用情報の審査では、ブラックな記録があるかないかを主に審査されます。

そこでブラックな記録が見つかった時点で、住宅ローンをはじめあらゆるキャッシングの審査では大きくマイナスとなります。

ということは、信用情報からブラックな記録が消えない限り審査に通らないということ。

それではいつ信用情報の記録が消えて、再びキレイな信用情報に戻るのか?

例えば返済が遅れた記録なら、返済が完全に終わった時点から5年程度は消えません。

自己破産記録にもなると、10年間は信用情報に残ったまま。

自己破産の記録なんて、ローンの審査において致命的です。

信用情報と住宅ローンの関係、わかっていただけたでしょうか。

住宅ローンは総量規制対象外なので借入額自体は問題じゃない

信用情報には「現在の借入状況」も記録されます。

そしてカードローンなど個人融資は、総量規制といって「年収の3分の1までの借入」という制限内で借入を行なうことになります。

しかし住宅ローンは総量規制対象外なので、年収に関係なく、現在の借入額に関係なく借入が可能です。

…とはいえ、やはり借入額が多ければ多いほど、審査では不利になってくるのですが…。

キャッシング利用で住宅ローン審査に悪影響が出るパターン

ここからはもっと具体的に、キャッシングが住宅ローン審査で悪影響を出すパターンを学んでいきましょう。

過去のキャッシングで返済送れを起こしている

やはり過去のキャッシング返済記録は重要です。

返済に返済期日までに返済することができなかった「返済遅れ」があった場合、住宅ローン審査に落ちてしまいます。

先程も言ったように、返済遅れの記録は5年ほど残ってしまうので、その間は審査に通りません。

しかしこの返済遅れの記録が残る期間も多少変わります。

返済遅れの度合いが小さい人なら、その記録がすぐに消えてしまうこともあるでしょう。

とはいえ、「返済遅れの度合い大きい、小さい」は素人が判断できるものでもありません。

現在多数のキャッシング利用がある

現在すでに多くの借入先からお金を借りていると、やはり審査に落ちやすくなります。

それは、借入件数が多いほどその返済にお金が必要なので、結果的に返済能力が下がるからです。

住宅ローン審査に通るのは「返済能力の高い人」なので、多数のキャッシングを利用している人が審査に通るわけがないのです。

これは、たとえ問題なく返済を行っているとしても同じです。

住宅ローンは他のローンと比べても借入額が桁違いですから、返済能力の審査に関しても銀行は慎重になるということです。

債務整理から時間が経ってない申し込み

債務整理の手続きを行なうということは、「自分には返済能力がない」という表明をしているようなものです。

ですから、債務整理を行ってから期間が空いてない審査は、落ちやすくなってしまいます。

特に大きい要因が「自己破産後の審査申し込み」です。

自己破産は返済の責務を免責される手続き。

今後一切、借入れた元金も利息も払わなくて良い代わりに、自身の財産のほとんどとクリーンな信用情報を差し出すことになるのです。

キャッシング利用以外で住宅ローン審査に影響が出るパターン

他にも、住宅ローンの審査に影響が出る要因はたくさんあります。

何もキャッシング利用だけが住宅ローン審査に落ちる理由ではないのです。

キャッシング以外にどんな要因で住宅ローン審査に落ちるのか、少し調べてみましょう。

住宅ローンの審査基準と住宅ローン審査に落ちてしまう理由
一戸建てやマンションを購入するためには、それだけ大金が必要になります。 その大金を用意するために必要になるのが「住宅ローン」です。 一戸建てやマンションなど住宅を一括で買えるほどの大金を手元に持っている人は、実際ほとんどいないの...

転職直後であるなど勤続年数が短い

住宅ローンは返済期間がとても長いローンです。

そのため、「勤続年数」がとても重要なファクターになります。

そのため、たとえば今の職場に働き始めてまだ「1年以内」だったり、転職したてなどの場合は、住宅ローン審査で不利です。

他のローンに比べて、住宅ローンは勤続年数に関する審査がとても重要視されます。

最低年収が銀行の定めを下回っている

各銀行は住宅ローンで貸し付ける条件に「最低年収」を設定しています。

最低年収の設定は銀行によって異なり、銀行によっては最低年収300万円だったり、最低年収200万円だったりしますが、いずれにせよこの最低年収を自分の年収が上回ってないと審査に通るとはありません。

一般的には、都市銀行の住宅ローンのほうが最低年収の設定が高いです。

つまり、都市銀行のほうが地方銀行より住宅ローン審査の基準が厳しいということです。

キャッシング利用自体は審査に大きな影響はない

今回私が言いたかったのは、住宅ローン審査においてキャッシング利用自体は大きな影響はないとういこと。

問題は、過去のキャッシング利用の中で、信用情報に悪い記録が残った場合です。

悪い記録が残った場合、その信用情報は「ブラック」として扱われるので、その記録が消えるまでは住宅ローン審査に通ること自体が難しくなるでしょう。

現在のあなたのキャッシングよりも、過去のあなたのキャッシング利用を思い出してみてください。

少し悪い記録に心当たりがあるなら、信用情報機関に信用情報の開示請求を出してみても良いでしょう。

キャッシングが住宅ローン審査に影響を出すか? まとめ

キャッシングが住宅ローン審査に影響を与えるか?

という質問ですが、この答えは「YES」となります。

ですが単純にキャッシング利用が影響するというより、キャッシング利用によって残った信用情報の記録が影響するといった方が正しいです。

キャッシング利用で住宅ローン審査が心配なら、一度住宅ローン審査にチャレンジしてみるのも一つの手かもしれません。