クレジットカードのキャッシング枠は住宅ローンの審査に影響する?

住宅ローン

これから住宅ローンを利用することを考えている人の中には、「クレジットカードのキャッシング枠やカードローンを利用していると、住宅ローンの審査に影響するの?」と疑問に思う人がいるのではないでしょうか。

クレジットカードは、買い物で利用できる「ショッピング枠」のほかに、枠の中でお金を借りることができる「キャッシング枠」が付帯しているものがあります。

これは全てのクレジットカードに付帯しているわけではなく、契約によって異なるのです。

結論から言うと、住宅ローンの審査にはショッピング枠付きのクレジットカードは悪影響を及ぼします。

借り入れ可能額が少なくなってしまったり、場合によっては審査に落ちることになるのです。

この記事では、住宅ローンの審査とキャッシング枠の関係性について、またどのようにすれば審査に通過しやすくなるか、過去のキャッシング利用した経験のある人はどうなるのかについて解説していきます。

住宅ローンの審査基準と住宅ローン審査に落ちてしまう理由
一戸建てやマンションを購入するためには、それだけ大金が必要になります。 その大金を用意するために必要になるのが「住宅ローン」です。 一戸建てやマンションなど住宅を一括で買えるほどの大金を手元に持っている人は、実際ほとんどいないの...

クレジットカードのキャッシング枠があるだけで、住宅ローン審査に落ちる可能性あり

冒頭でも述べたように、クレジットカードにキャッシング枠が付帯していると、住宅ローンの審査には悪影響を及ぼします。

キャッシングを利用すると、お金を借りることができますが、当然ながら借りたお金は返済しなければなりません。

すると「返済負担率」という収入と借り入れのバランスが合わなくなり、返済ができなくなる人もいます。

住宅ローンでは何千万円という金額を借りるため、返済できなくなってしまうのは困るのです。

そのため住宅ローンの審査はかなり厳しく、キャッシング枠が付帯して他からお金を借りられる余地があるのを、審査担当者は嫌がるのですね。

そのため、キャッシングをこれまで利用したことがなくても、審査に悪影響を及ぼすのです。

具体的には、キャッシング枠の上限金額を、住宅ローンの返済額にカウントして審査します。

つまり、借り入れしてなくても、キャッシング枠があるだけで住宅ローンの借り入れ可能額が減ってしまうのです。

なぜキャッシング枠があるのが住宅ローン審査でバレるのか

住宅ローンは、一般的に銀行から借りることになるため、銀行で審査が行われます。

一方、クレジットカードは銀行以外の企業も取り扱っているのですが、住宅ローン審査では銀行はクレジットカードに関する情報を把握することができるのです。

その理由は、銀行は住宅ローンの審査で他の信用情報機関へ情報照会でき、それによりキャッシング枠の有無や借り入れ状況について確認できるため。

信用情報機関とは、その名の通りそれぞれの信用情報が登録されている機関のことです。

信用情報機関には具体的には次の3つがあります。

  • CIC:クレジットカードや携帯代の支払いについて記録する機関
  • JICC:消費者金融での借り入れについて記録する機関
  • KSC:住宅ローンや車のローンなど、銀行が関わる借り入れについて記録する機関

住宅ローン審査では、この全ての信用情報機関の情報が確認されます。

そのため、キャッシング枠の有無もバレてしまうのです。

キャッシング枠だけでなく、車のローンやスマホの分割払いも審査で確認される

上でも解説したように、住宅ローンの審査時には全ての信用情報機関について情報照会されます。

ここで照会されるのは、クレジットカードやカードローンなど、お金を借りた履歴だけではありません。

次のようなものも照会されており、住宅ローンの審査基準に含まれます。

  • クレジットカードのショッピング
  • 車のローン
  • スマホの端末代分割払い
  • 奨学金

意外かもしれませんが、スマホの端末代を分割で支払っていたり、奨学金を返済しているのも毎月の返済に含まれるため、審査で見られているのです。

これに住宅ローンの返済が加わると、毎月の返済が多くなってしまい、返済に滞りが出てしまう可能性があります。

特に車のローンについては、金額がかなり大きいため住宅ローンの審査前に車のローンを契約してしまうとかなり住宅ローン審査には不利になります。

これらのようなものもチェックされていることを忘れないようにしましょう。

住宅ローンの審査時にキャッシング枠がないと嘘をつくのはNG

上で触れたように、住宅ローンの審査ではクレジットカードにキャッシング枠があること、カードローンの契約があること、そのほかの借り入れについては信用情報機関への照会によりすぐにバレます。

そこで「言わなければバレないだろう」と思い、キャッシング枠はないと嘘をついてしまうと、虚偽の申告により騙して借り入れをしようとしたとされ、一発で審査に落ちてしまう可能性が高いです。

また、住宅ローンをはじめクレジットカードなどに申し込みをしたことについても、全て信用情報機関に記録されています。

そのため、審査落ちして再度申し込みをしようとしても、そのこともバレてしまい余計に審査落ちしてしまいやすくなるのです。

もし、これから住宅ローンの申し込みを考えているのに他社からの借り入れがあるという人は、事前に不動産業者に申告しましょう。

対策を一緒に考えてくれるかもしれません。

キャッシング枠があるとどれくらい住宅ローンの借り入れ可能額が減るの?

では、キャッシング枠があるとどれくらい借り入れ可能額が減るのでしょうか。

これはもちろん、銀行によってその度合いは変わります。

しかし一般的には、「キャッシング枠50万円につき毎月1万円の返済をしている」と計算されます。

住宅ローンの審査では、先ほども出てきた「返済負担率」が重要です。

この返済負担率には住宅ローンのほか、キャッシングや奨学金も含まれます。

住宅ローンの商品で有名な「フラット35」だと、年収400万円以上の人は返済負担率が35%以内でないと審査に通りません。

年収400万円の人が、毎月の収入の35%を住宅ローンの返済に充てると、住宅ローンとして最大で借り入れ金額は2,630万円です。

しかし、これにキャッシング枠を加えると、借り入れ額が1,500万円以上も減ってしまいます。

もちろん、実際にキャッシングしているとさらに減額します。

そのため、枠があるだけでも住宅ローン審査には不利なのです。

現在キャッシング枠が付帯している人はどうすれば住宅ローンの審査に通る?

では、現在持っているクレジットカードにキャッシング枠が付帯している人はどのようにすれば住宅ローンの審査に通るのでしょうか。

その答えは次の3つです。

  • キャッシング枠を廃止する
  • 使わないクレジットカードを全て解約する
  • 「フラット35」へ申し込む

ひとつずつ見ていきましょう。

キャッシング枠を廃止する

現在、クレジットカードのキャッシング枠があって、住宅ローンの審査に通りやすくしたい人が取るべき行動のひとつは、キャッシング枠を廃止することです。

実際にキャッシングをしていなくても、枠があるだけで審査に不利になってしまうなら、枠を無くしてしまうしか方法はありません。

そのため、キャッシング枠を廃止してしまうのがよいでしょう。

万が一のために、キャッシング枠を残しておきたいと思う人も中にはいるかもしれません。

しかし、家を購入する予定で、住宅ローンの利用を検討しているのであれば、そこは諦めて廃止したほうがよいでしょう。

キャッシング枠の廃止は、いつでも手続きができます。

手続きの方法はカード会社によって異なりますが、そのほとんどがネットまたは電話で行うことができます。

またキャッシングの利用残高が残っているという人は、なるべく完済してから住宅ローンの申し込みをしましょう。

キャッシング枠の廃止後すぐに審査をするには、証明書を提出しよう

とはいえ、キャッシング枠の廃止をしてすぐに審査に影響するわけではありません。

契約状況の変更はすぐに変更されるわけではなく、また信用情報機関にはキャッシング枠があったことは最大5年間記録されているのです。

そのため、手続き後にすぐ審査をしても前の情報のまま審査されてしまい、借り入れ可能額が減るか審査落ちになります。

そこで、枠の廃止やクレジットカードの解約をしたあとに発行される証明書を審査時に提出すると、信用情報機関に情報が記録されていなくてもキャッシング枠が無いという証明になるので、審査を有利に進めることができるのです。

証明書を受け取るには、通常1週間はかかります。

書類を受け取るための待ち時間は必要ですが、そこまで時間はかからないでしょう。

また場合によっては、カード会社側のミスで証明書の発行が遅れる可能性もあります。

急ぎの場合は、カード会社の担当者の名前を控えておくとよいでしょう。

使っていないクレジットカードは全て解約する

多くの人は、クレジットカードを複数枚持っているでしょう。

もちろんクレジットカードの所持状況も信用情報機関への照会により確認できるため、持っていれば持っているほど審査には不利になります。

そのため、もし使っていないクレジットカードがあるなら解約してしまいましょう。

キャッシング枠と同様に、もし何かあったときのために、と残しておくよりも、住宅ローンの利用を考えているのならカードは解約してしまうほうが賢明と言えます。

もちろん、普段使いのクレジットカードは残しておいても問題ありません。

あくまでクレジットカードの数が多いほど、住宅ローンの審査に不利になりやすいだけであって、クレジットカードを持っているから審査に必ず落ちるわけではないです。

クレジットカードについても、解約してすぐに信用情報機関に記録されるわけではありません。

解約証明書をカード会社に発行してもらってから、住宅ローンの申し込みをしましょう。

「フラット35」に申し込む

住宅ローンと言っても、「住宅ローン」という名前の商品がある訳ではありません。

住宅ローンにもさまざまな商品があり、銀行独自で提供している住宅ローンもあります。

住宅ローンの中でも有名なのが、「住宅金融支援機構」と銀行が連携した住宅ローンの「フラット35」です。

住宅金融支援機構とは、国土交通省と財務省が管轄する独立行政法人のこと。

つまり国が運営する機関です。

一般的に、銀行独自の住宅ローンよりもフラット35のほうが審査が甘いとされています。

なぜ同じ住宅ローンで審査難易度が違うのでしょうか。

銀行自身が提供している住宅ローンなら、当然ながら返済できなかったときの貸し倒れリスクは銀行が負う必要があります。

しかしフラット35は、そのリスクを住宅金融支援機構、つまり国が負ってくれるのです。

そのため、審査は銀行の住宅ローンよりも少し甘め。

とはいえ、信用情報に問題があると審査落ちになる可能性は十分にあります。

過去にキャッシング経験がある人は住宅ローンの審査に影響する?

前の章では、現在キャッシング枠がある人が住宅ローンの審査に通過する方法について解説しました。

では、過去にキャッシング経験がある人は、住宅ローンの審査に不利になるのでしょうか。

結論から言うと、キャッシング経験がある人は住宅ローンの審査に不利になりやすいです。

当然ながら、キャッシング経験がある人とない人では、返済能力がどちらが高いかは明確ですよね。

現在の収入が多いとしても、キャッシングしたことの情報は信用情報に5年は記録されるため、審査にはマイナスです。

キャッシング経験があっても、毎月の返済に遅れずに支払いしていればそこまで影響はないかもしれませんが、場合によっては審査に落とされたり、借り入れ可能額が減額になったりする可能性があります。

もちろん、現在借り入れがあるよりは、無いほうが審査には有利です。

もし借り入れが残っている人は、完済してから住宅ローンの申し込みをしましょう。

過去に返済トラブルがあった場合、住宅ローンの審査には落ちる可能性あり

また、過去にキャッシングを利用していて、返済に遅れてしまったり、長期で延滞したいわゆる「ブラック」になっている人は、住宅ローンの審査に落ちる可能性がかなり高くなります。

返済の遅れについても、信用情報機関で記録されており、最大5年間は消えることはありません。

遅延が多いと、返済能力に問題があると判断され、住宅ローンの審査に落ちる可能性が高いのです。

また仮に審査通過できたとしても、借り入れ可能額は大幅に減額されるでしょう。

返済遅れ以上に、3ヶ月以上返済をしていなかったり、債務整理という手続きを取った場合は100%審査に通ることはありません。

そのような人は信用情報に「異動」と記録され、一発で審査落ちの対象になります。

審査申し込みをしてすぐに審査落ちになる人は、信用情報に異動が記録されている可能性が高いでしょう。

異動の記録も5年間は消すことができず、その間は住宅ローンの審査には通過しません。

ブラックになっている人が住宅ローン審査に通す方法

前の章では、過去にキャッシングを利用していたり、ブラックになっている人は住宅ローンの審査に不利であることを解説しました。

では、ブラックになっている人が住宅ローンの審査を通過する方法はあるのでしょうか。

その方法は次の2つです。

  • プロパーローンへ申し込む
  • 不動産担保ローンへ申し込む

ひとつずつ見ていきましょう。

プロパーローンへ申し込む

プロパーローンとは、保証会社を介さない、銀行独自の住宅ローンのことです。

一般的な住宅ローンは、保証会社に加入してもらうことにより、保証人なしでも利用することができます。

しかし審査は保証会社が行うため、申込者の人柄については一切考慮されず、返済能力など書面上の情報のみで判断されるのです。

しかプロパーローンは、銀行自身が審査を行うため、間に保証会社が入ることはなく、申込者自身の人柄も考慮してくれます。

そのため、プロパーローンは一般的な住宅ローンよりも審査が甘く、ブラックであっても審査に通過できる可能性があるのです。

一般的な住宅ローンはブラックだと100%審査に落ちてしまうのでありがたいですね。

しかし、プロパーローンにもデメリットはあります。

それは保証人が必要なことと、金利が少し高めであること。

もし申込者が返済できなくなると返済義務は保証人に移るため、周りの人を巻き込むリスクがあります。

不動産担保ローンへ申し込む

不動産担保ローンは、申込者の保有する不動産を担保に入れることで利用できる住宅ローンです。

一般的な住宅ローンよりも審査が甘いとされるプロパーローンよりもさらに審査難易度は低くなります。

不動産を担保に入れるため、返済できなくなると不動産を売却しなければなりません。

そのためリスクは大きいものの、ブラックでも利用することができるという大きなメリットがあります。

また金利が3%以上と、一般的な住宅ローンよりも金利は高めに設定されます。

もしブラックで一般的な住宅ローンが利用できない人は、不動産担保ローンを利用して、信用情報が無くなる5年後に借り換えをしましょう。

住宅ローン審査前にキャッシング枠は廃止しましょう

この記事では、クレジットカードのキャッシング枠は住宅ローンの審査に影響するのかについて解説しました。

キャッシング枠は、住宅ローンの審査に響くことがあるため、なるべく廃止することをおすすめします。

またどうしても住宅ローンの審査に通らないときは、プロパーローンや不動産担保ローンの利用も検討してみましょう。