初心者に教えてあげたい!株の始め方

最近は特に経済が不景気なこともあり、「株をはじめてみようかな」と考える人がとても多くなっています。

しかも株式投資をやっている人の中には、元手40万円を1億円にしたなんて話を聞きます。

そんな事を聞くとつい、「株をやってみようかな」なんて気持ちも出てきてしまうもの。

しかし対して、株には「株で大損、破産」なんてイメージもあります。

実際の所、株はどれくらいギャンブル性があって、どれくらいお金を稼げる可能性のある投資なのか。

これから資産形成を考えている初心者に向けて、株の始め方をこれから説明していこうと思います。

まずはネット証券で口座を開きましょう

株を買いたくとも、証券口座を持っていて、その口座にお金が入ってないなら株を買うことはできません。

株を買うためにも、まずはネット証券会社の口座を開設してください。

以前は対面式の証券会社しかありませんでした。

しかし今はネット上で運営するネット証券会社の口座を、ネットから簡単に開設できます。

ネット上で必要書類の提出も済んでしまうので、気軽に口座開設が可能です。

ネット証券会社の種類はとても多くなっています。

それぞれ違った特徴があるので、事前にしっかり比較のうえ、自分が口座開設するネット証券会社を決めてください。

手数料でネット証券を比較

ネット証券会社を比較する時大切なのが、「株の売買でどれくらい手数料がかかるか」ということです。

特に少額取引を行う初心者なら、株取引でかかる手数料は安ければ安いに越したことはありません。

株取引でとれくらいの手数料がかかるかは、ネット証券会社の設定によってまったく変わります。

事前にしっかり比較してから、自分が口座開設するネット証券会社を選んでいきましょう。

取り扱い銘柄でネット証券を比較

ネット証券会社によって、取り扱い銘柄も違います。

日本株を扱っているのは当然のこと、さらに米国株までは多くのネット証券会社が扱っています。

しかし、ネット証券会社によっては「中国株」「先進国株」などを扱っているところもあります。

初心者はあまり外国株にそう簡単に手を出すべきではありませんが、「買う銘柄の選択肢」が多いことに越したことはありません。

資金を用意する

さて、株を買うためには元手が必要です。

とはいえ、これから株を始めようという初心者の誰もが、元手をたくさん用意できるわけではありません。

多くの人は、生活費を除いた余裕資金で株を始めようとするはずです。

当然ですが、元では多ければ多いほうが有利ですが、生活費まで株につぎ込んで生活できなくなっては意味がありません。

無理ない範囲で、まずは株を買うための資金を用意してください。

10万円あれば東証一部上場企業から多くの選択肢がある

具体的に株を始めるにはいくら用意すればいいのか?

それを考えるうえで、私は一つの基準で「10万円」と答えます。

10万円もあれば、東証一部上場企業、皆が名前を知っているであろう大企業銘柄を買うことができるからです。

そして10万円あれば、株価が上がった時のリターンも結構大きくなります。

「毎月5万円程度の収入が欲しい」と思っている株初心者は、10万円程度あればその目的を果たすことができるでしょう。

あまり貯金がない人にとって10万円は大金でしょうが、株式投資は多少のリスクを覚悟しないといけないこともあります。

初心者は株の本で勉強する

証券口座を開設して、口座にお金を入れたら、さあ準備はできました。

しかしちょっとまってください。

株を買う準備はできたものの、どの株を買えばいいかわかりませんよね。

まずは、株を買う前に本を読んで株知識を集めてから、株を買うことにしましょう。

いくつかおすすめの本を紹介します。

いちばんカンタン!株の超入門書 改訂版

株の基本的な知識から、チャートの読み方まで、懇切丁寧に教えてくれる本書。

タイトルの通り、とにかくカンタンに、株の基本から学ぶことができます。

ネット上でも簡単に株知識を得ることができますが、本は繰り返し読めるという大きな利点があります。

株についてまだ何も知らない初心者もまずは、この本で株の基本を学んでから株式投資を始めてください。

マンガでわかる株式投資! 女子高生株塾―一番売れている株の雑誌ZAiのNo.1人気連載が待望の単行本化!

私のおすすめがこの女子高生株塾です。

この本何がすごいって、全ページフルカラーなところです。

だからといって舐めてはいけません。

株に関してかなり専門的な知識から、取引における注意点などかなり詳細に教えてくれます。

株を学ぶとっかかりとしてはかなり優秀なので、株を学ぶ最初の一冊にするのもおすすめです。

You Tubeでも勉強しましょう

本を読むのも大切ですが、本ばかりで勉強するのではなく、色んな方法で勉強するのも大切です。

最近おすすめなのは、You Tube動画で株に関して学ぶことです。

動画で学ぶのは、本を読むより頭に入ってきやすいですし、初心者にもおすすめです。

色んな株式ユーチューバーがいますが、私が最近おすすめなのは「草食系投資家LoK」です。

株式投資についてのいろんな情報を、初心者にもわかりやすく説明してくれているのでおすすめです。

株取引は経験が命

初心者にとって不安がいっぱいの株式投資。

一歩間違えば損にも繋がってしまうのですから、不安になるのも無理ありません。

しかし株式投資で成功させるには、「経験を積むこと」が大切です。

私も覚えがありますが、まだ株式投資の経験が薄い時はチャートの上下で一喜一憂していました。

しかし経験と知識がついてくると、多少株価が上下しても「これから上がる」だとか「これから下がる」だとかがわかるようになります。

とは言え闇雲に経験を積み上げてはいけません。

考えた上の行動を起こして、それによって「成功体験を積む」ことが大切です。

まずは少額取引から

大口投資をして、それで損してしまってはいけません。

まずは少額投資してみて、今後いい感じに上がるかどうかをみましょう。

そしてその株が上がったなら、その感覚を忘れないで、次の投資につなげてください。

マネックス証券など、単元数以下で帰るミニ株なんてサービスもあります。

そういったところから少しずつ、株についてわかっていきましょう。

株初心者が損しないためにやるべきこと

株初心者は、初心者であるがゆえ、株式投資で失敗してしまいがちです。

誰しも株で手痛い失敗をしたい人もいないでしょう。

なるべく確実に株で勝つためにも、初心者が考えておくべきポイントがあります。

具体的に説明します。

生活費まですべて注ぎ込まない

前述した通り、株取引には余裕資金をつぎ込むようにしてください。

株は確かにしっかり相場を見定めて取引すれば勝てる=儲かりますが、常に保有株式の相場が落ちてしまうリスクも頭に入れておくべきです。

もし生活費まで株に費やしていたら、株価が大暴落して損を出した時、生活できなくなるリスクもあります。

ルールを決める

株初心者は株式投資におけるいルールを決めておくのも大切です。

何%株価が上がったら売るのか。

暴落何%で損切するのか。

チャートの動きを長期で見るのか否か。

そうしたルールを決めておけば、いたずらに株の売買で損するのを防げるのです。

誰かの意見に流されない

買う株も売る株も、自分の判断で決めるべきです。

誰かの意見を信じて、誰かの意見に基づいて株を売ったり買ったりするのはやめましょう。

自分の知識と経験で、買う株と売る株を決めて、自分の判断でタイミングも決めてください。

基本的に他人はいつもポジショントークをしてると思ってください。

株の始め方まとめ

今回は初心者に向けて、株の始め方について詳しく説明しました。

株の初心者はまず株を買い始めるところからですから、まだまだわからないことばかりのはず。

しかし地道に株の知識と経験を身に着けて、ゆくゆくは株で資産を作れるくらいにしておきたいです。