「食費がなくてどうしよう...」食費節約術?副業で稼ぐ?対処法を徹底紹介!

無職の男性 ライフ

食費がなくて頭を抱えて悩んでいる方はいると思います。

しかし、食費というものは、日々のランチや外食でどうしてもかかってしまいます。

節約しようと思うが、すぐには上手くいかないものですね。

一年間でかかった食費を計算すると、ビックリするほどのお金を使っているかもしれません。

この記事では、食費がないときの対処法を詳しくご紹介していきますので、興味ある方はぜひ読んでみてください!

平均で、毎月に食費をいくらかかっている?

皆さんは1ヶ月の食費がどれくらいかかっているかを把握していますか?節約を考える前には、まず食費にかかる平均額を確認してみましょう。

何人で住んでいるかを基準にまとめたので、あなたのご家庭が平均より上か下か、参考にしてみてください!

一人暮らしの場合

まずは、最も食費がかからないであろう一人暮らしの平均額からご紹介していきます。

一人暮らしと言っても、大学生など非勤労世帯の場合と社会人など勤労世帯の場合では少し事情が違います。

総務省の家計調査報告書(2018年度)によると、単身世帯のうち世帯主が勤労者である場合の食費平均は1か月あたり約44,700円、勤労者以外の世帯の場合は36,400円という結果になっています。

また、自炊派か外食派かなどによっても食費が変わってきますので、総合的に計算すると、一人暮らしの平均額は、約3万円から4万円ほどということが分かります。

二人暮らしの場合

次は、ご夫婦やカップルなどの二人暮らしの場合ですね。

実は、一人暮らしと比べて単純に×2わけではなく、データから見ると平均額は約4万円から5万円ほどとなります。

一人当たりにかかる金額は一人暮らしよりかなり割安なことが分かりますね。

三人家族、またそれ以上の場合

そして、ご夫婦にお子様が一人というような三人家族、またその以上の場合はどのくらい食費として使われているでしょうか。

総務省の家計調査を参考にすると、三人家族の場合、食費の平均額は大体5万円から6万円になります。

また、家族に一人が増やすことによって、食費の平均額は大体1万円程度を増加される傾向が分かりました。

買い物の時に食費を節約できるコツ

それでは、どうしたら食費を節約できるの?実は様々な食費節約術が存在します。

まずは、買い物の時に食費を節約できるコツをご紹介していきます。

まとめ買い

買い物に出かけるとき、ついつい必要のないものまで買う傾向がありますね。

お店に出てきた限定商品や新商品の誘惑に負けず、出費を抑えるために買い物に出かける回数を減らす必要があります。

「食材の買い出しは週に一回」などのルールを予め決めてみると、余計な出費も抑えるはず。

必要なものだけを買う、という習慣をつけるのは大切です。

予め一週間分の食費を決める

食費を節約するには、予め一週間分の予算を計算しながら買い物するのも大事です。

最初から予算をギリギリまで設定するのは達成することが難しいかもしれませんので、慣れてくるまで段々予算を減らしていくのはお勧めです。

ゲームをした感覚で楽しみながら買い物するのは、節約することに一番いい方法かもしれませんね!

プライベートブランドを注目

スーパーやコンビニなどのプライベートブランドは、企画や開発を自社でおこなっているので、食品メーカーが企画、製造している商品よりも価格が安く売られていることが多いです。

質の良い商品をいかに安く買えることを意識すると、かなり出費を抑えることができます。

特売日を狙う

誰でも知っている通り、特売日を狙って買い物をすると、普段よりかなりお得になります。

しかし、特売日を意識し過ぎると、買うつもりがなかったものまで買ってしまって、
いずれ使うだろうと思って買ったものの、気が付けば賞味期限が切れており、結局ムダになってしまうこともあります。

特売日の商品の安さに惑わされないように、必要なものだけ買うことは、節約における一番肝心などころかもしれません。

料理の際に食費を節約できるコツ

つきましては、料理の際に食費を節約できるコツをご紹介していきます。

冷凍保存を活用

上記に述べた通り、食費を節約するには、一週間分の食材をまとめて買うことをお勧めします。

しかし、お肉や魚などをたくさん買ってしまって、結局使い切れなくて腐らせてしまったら節約にはなりません。

購入した食材を浪費させないために、適切な下処理をして長持ちさせられる冷凍保存などがいいかもしれません。

作った料理を食べきれなかったとしても、残ったおかずを翌日のお弁当にするのも節約における良い手と思います。

賞味期限をしっかり把握

食費の最大のムダは、賞味期限が過ぎて捨てってしまうことです。

こういうムダにならないように、いつまでに食べられるのかを目安として、食材を冷凍処理するときに日付を記入しておくのは一番分かりやすいです。

冷蔵庫にメモ用紙を貼り付け、今ある食材を記入することも食費のムダを防げることに繋がります。

手頃な食材を使って自炊する

家族と暮らしているなら、自炊しない場合は珍しいですが、一人暮らしの場合は外食で済ませることは結構多いです。

食費を節約したいなら、まず手間を惜しまないことです。

楽にするにはもちろんお金がかかります。

おかずはお惣菜を買えば簡単に食事の準備ができますが、自分で作るよりは割高です。

少し手間はかかりますが、手頃な食材を使って自炊するのが、節約できる大きなポイントになります。

つきましては、食費を節約できるレシピ6選をご紹介していきます。

ぜひ参考してみてください!

食費を節約できるレシピ6選

もやしキャベツ卵焼き

材料:
卵3個、もやし半袋、キャベツ1/4。

作り方:
1. 卵を3個溶きます。

2. キャベツは千切りにし、もやしと混ぜます。

3. フライパンにサラダ油を敷き中火にしてもやしとキャベツを軽く炒めます。

卵を上から回しかけ、弱火にして蓋をします。

4. 卵に火が通っていれば大丈夫です。

ひっくり返して皿に移します。

5. お好みソース、マヨネーズ、鰹節をかけて完成です。

ソイミートそぼろの時短オムライス

材料:
ソイミート万能そぼろ100g、コンソメ(固形)1/2個、ご飯お茶碗4杯分、卵4個、とろけるチーズひとつまみ、牛乳10㏄、レトルトデミグラスソース1パック。

作り方:
1. 卵を4個割り、軽く溶きます、とろけるチーズと牛乳をボールにいれて混ぜておく。

2. ボールに、温かいご飯4杯分を用意し、ソイミート万能そぼろ100gを入れて混ぜる。

3. コンソメを粉状にしてご飯に混ぜる。

4. ごはんをプレートに盛り付ける。

5. 中火で熱したフライパンに、油と少しのバターを熱し、卵を投入。

6. 手早く2、3回混ぜながら、完全に火が通りきらない状態で、よそったご飯に被せる。

7. デミグラスソースをかけたら、完成です。

厚揚げの肉そぼろあんかけ

材料:
残った肉味噌100g、厚揚げ1/2枚、ねぎ1/2本、生姜小さじ1、水が酒200ml、だし大さじ1、片栗粉大さじ1。

作り方:
1. 2枚入り絹厚揚げの1枚をハサミで4等分、表面を焼いて、一度取り出しておきます。

2. フライパンに残った肉味噌100g、水か酒、だし、ネギ、生姜を入れて煮立たせます。

3. 片栗粉大さじ1を、同量の水で溶き、あんかけにします。

4. 焼いた厚揚げにかけたら完成です。

スープ春雨のお茶漬け風

材料:
ご飯1合〜2合、スープ春雨一食分、お湯または水(お好みで)
作り方:
1.ご飯を盛ります
2.スープ春雨を一食分用意します
3.ご飯の上にスープ春雨を乗せます
4.お湯を注ぎます。

スープ春雨の素にお湯を満遍なくかかるようにします。

5.スプーンでかき混ぜれば完成です。

さば缶と大根の煮物

材料:
さば水煮缶1缶、大根1/3本、鶏がらスープの素小さじ1、醤油大さじ2、酒大さじ3、砂糖大さじ1、ゴマ油大さじ1、小ねぎ3本。

作り方:
1. 大根は厚さ1cmに切ります。

フライパンにゴマ油を熱し、大根を炒める。

2. 油がまわったら水1カップと調味料を全部加える。

煮立ったらさば缶を汁ごと加える。

落とし蓋をして中火で10分煮たら完成です。

こっくり厚揚げともやし中華風炒め

材料:
挽き肉や小間切れの肉100g、厚揚げ大一個、片栗粉か小麦粉適、もやし2袋、乾燥キクラゲ10g、人参1/4本、ピーマン2個、甜麺醤大さじ1、豆板醤小さじ1、粉末ガラスープ分包1袋、砂糖大さじ1/2、醤油大さじ2。

作り方:
1. もやしは洗って水気を切ります。

人参、ピーマンを千切りにします。

キクラゲはお湯で戻してザクザクに。

2. 厚揚げは好みのコロコロに切り、片栗粉か小麦粉をまぶして油を少し多めに入れて熱したフライパンで焼きます。

3. 厚揚げを焼いたフライパンの油を拭き取り新たに少量油を入れて肉を炒めます。

そのとき甜麺醤と豆板醤も入れます。

4. 人参、キクラゲを入れて炒めます。

5. もやしを入れます。

二分くらいしたらかき混ぜながら炒めます
6. 残りの調味料を全部入れて野菜に火が通ったら厚揚げを投入。

大きくかき混ぜながら厚揚げの衣に調味料が絡ませば完成です。

日常生活でも食費を節約できる

先ほど料理する際に注意すべき点をご紹介してみましたが、実は、日常生活でも食費を節約できるポイントもたくさんあります。

これから三つほどご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

家計簿を作る

毎月の収支をしっかり把握することは非常に大切です。

食費が足りない原因としては、大体収入と支出のバランスが悪いということになります。

そういうことにならないためには、まず家計簿を作りましょう。

毎月にいくら稼いでいるのか、いくら支払っているのか。

収支をはっきりすることで、自分が何にお金を使っているのかを振り返ることもできます。

こうやって自分で明細を把握することにより、「食費」や「交際費」などの節約すべき項目を判断しやすくなりますので、最終的に食費が足りない問題も解消されます、

嗜好品の節約

二つ目のポイントは嗜好品の節約です。

嗜好品の浪費が激しいければ、毎月の食費が足りなくなるのも当然です。

まずは自分で嗜好品費と食費を分けて、「いくらまで使えばいいのか」をしっかり決めます。

自分が問題なく使える金額の範囲を決めれば、無駄の出費も抑えられます。

請求書から生活費を見直し

三つ目のポイントは請求書から生活費を見直しすることです。

家賃や光熱費など、これらの出費を見直しすることで、食費に余裕も出てきます。

特に携帯電話のプランですね、毎月1万円程度で支払っている方もいると聞いています。

しかし、そのプランは本当に自分に適しているでしょうか?あまり電話をする頻度が多くないのに、電話料が無料のプランにしているかもしれません。

自分が利用すべきプランを再検討し、不必要な費用を削減することで、生活が楽になるでしょう。

副業で稼ぐのも良い手

色々な対処法を試して、それでも食費が足りないのままでしたら、収入を増やす方向で策を練る必要があります。

例えば、転職や副業で稼ぐなど。

それでは、誰にもお勧めできる副業4選を紹介していきたいと思います!

ブログ

最近では、「ブログ」という副業は結構注目されています。

インターネットで調べると、ブログだけで月に数百万や数千万稼ぐ方も結構いらっしゃるらしいです。

新卒の方では、いきなり数千万円稼ぐのは無理にしても、月に5万円を継続的に稼ぐことはできると思います。

月5万円でも、年間で60万円になりますので、馬鹿にならない数字ですね。

金欠で副業を探している方なら、まずブログを開設してみてはいかがでしょうか?

WEBデザイナー

始めやすさから言うと、ブログの次はWEB制作になります。

お金になる手段として、基本的には、「WEB制作の勉強をする→案件を獲得して仕事をする」ということです。

プログラミングと同じ、最初はスクールで学ぶ必要がありますが、参入の壁はプログラミングと比べてかなり低いです。

情報によると、1つの案件が20万〜30万ほどなので、副業初心者にお勧めです。

翻訳

語学力に自信がある方には、「翻訳」も外せない副業の一つです。

翻訳は日本語から外国語、または外国語から日本語に変換して文章を作成する仕事です。

副業で翻訳するなら、仕事は「クラウドソーシング」で見つけるのがベストです。

文字単価は1円以上、普通に文章を翻訳するだけでお金を稼げるなんて、外国語ができる人にとっては最高な仕事ですね!

プログラミング

プログラミングとは、将来性を考えた副業です。

なぜなら、プログラミングはもしもし転職するとしても役に立つスキルからです。

IT業界は年収高いので、将来に副業だけでなく、転職して安定に稼ぐこともできます。

とは言え、まずはスキルを身につける必要があります。

興味がある方は、稼ぐためにスクールで学びましょう!

まとめ

以上、食費がないときの対処法を詳しくご紹介しましたが、いかがでしょうか?食費の節約術は貯金とは同じく、すぐに効果が見えるものではありません。

無理して一気に節約しようと思うとあえてストレスになり、長く続かなくなることもあります。

毎日コツコツと少しずつ節約することが大切です。

また、違った視点からみって、収入を増やす方法を探すのも良い手だと思います。

この記事が、悩みを抱えている皆さんに参考となれば幸いです。