任意整理後にクレジットカードって作れる?いつから作れるの?

任意整理後にクレジットカードって作れる?いつから作れるの? 債務整理

「任意整理後にクレジットカードって作れるのかな…」
「任意整理後だといつからクレジットカードを作れるんだろう…」

などなど、任意整理をした後の方のなかには、こうお思いの方もいますよね。

今回はそんな方に向けて、任意整理後にクレジットカード作成できるのかについて詳しく解説していきます。

記事後半では、任意整理後にクレジットカードを利用する方法も解説しますので、ぜひ最後までお読みください!

目次

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

任意整理後はクレジットカードを作れないって本当!?

キャッシング-女性のはてな7

では果たして任意整理後はクレジットカードを作成できないのか、詳しく掘り下げていきましょう。

任意整理後は最低5年間クレジットカードを作れない

任意整理をすると、最低でも5年間はクレジットカードを作成できません。

まず任意整理をすればその旨が事故情報として、信用情報機関(※1)に記録されます。別の言い方だと「ブラックリストに掲載される」とも言います。

ブラックリストに載ればクレジットカードの新規作成ができなくなったり、カードローン申込ができなくなったりします。

しかもブラックリストの掲載期間は5年間。つまり少なくとも5年間はクレジットカードの新規作成ができないんです。

※1:信用情報機関:クレジットカードやローン契約など客観的な取引事実・申込関連の情報を登録している。それら登録情報は各金融機関へ提供される。

ブラックリスト掲載終了後は作成可能

任意整理の場合、ブラックリスト掲載期間の5年が経てばクレジットカードの新規発行ができます。ただし、一部例外があります。

ブラックリスト掲載終了後も同じカード会社なら発行できないことも…

ブラックリストへの掲載が終わって同じクレジットカード会社で作成を試みても、新規発行はできません。

というのもクレジットカード会社にはカード申込者のデータベースがあり、それが発行にも関与するためです。

もし5年が経って信用情報機関から事故情報記録が消えても、そのデータベースに申込者のネガティブ情報・履歴があることで審査落ちにも繋がりかねません。

いわゆる「社内ブラック」というものです。社内ブラックに掲載されれば、クレジットカードの審査通過はだいぶ難しいですね…。

持っていたクレジットカードは任意整理後にも使える?

キャッシング-女性のはてな6

任意整理をしたときに持っていたクレジットカードは、任意整理の後にも使えるのか。具体的に見てみましょう。

持っていたクレジットカードは解約扱いになる

まず任意整理をすれば、持っていたクレジットカードはすべて強制解約となって使えなくなります。

具体的に言えば、任意整理の正式依頼をした弁護士からの「受任通知」(※2)が、クレジットカード会社に届いた段階で使用不可。

解約されれば全機能が一気に使えなくなり、ショッピング枠やキャッシング枠もみな無効です。

※2:受任通知:弁護士が依頼者の代理人として、債務整理(任意整理)をすると債権者側に知らせるお知らせのこと

クレジットカードのポイントはすべて失効に

今やどのクレジットカードでもポイントを付与できますが、任意整理をすればせっかく貯めたポイントもすべて失効に。

ポイントをしっかり貯めたクレジットカードを持っているなら、任意整理の前に使いきったり移行させたりするのが得策です。

マイルもすべて消えますね…。

任意整理後にクレジットカードを利用する方法はある?対策は?

キャッシング-女性のはてな3

では任意整理後にクレジットカードを使えなくなったらどう対応すべきか。具体的に掘り下げていきましょう。

任意整理後にクレジットカードを使えなくなったときの対処法

  1. ブラックリストの掲載解除まで待つ
  2. デビットカードを使う
  3. 家族カードを使う
  4. ETCパーソナルカードを使う
  5. スマホ決済や電子マネーを使う
  6. 使ったことのないカード会社で申し込む

①ブラックリストの掲載解除まで待つ

任意整理をすればどの信用情報機関でも、和解成立日から事故情報が5年間残ります。この5年間が過ぎるまで待つと使える状態になります。

なおブラックリストの掲載解除を確認するにあたり、各信用情報機関では開示請求ができます。

ブラックリストの開示先(信用情報機関)

信用情報機関名記録年数主要加盟機関
株式会社シー・アイ・シー(CIC)5年信販会社、クレジットカード会社
日本信用情報機構(JICC)5年消費者金融、クレジットカード会社
全国銀行個人信用情報センター(KSC)10年銀行、信用金庫

手数料が500円~1,000円ほどかかりますが、ご自分の目でしっかりと解除確認ができれば、より確実にカードの新規申込ができますね。

Web、郵送、窓口で確認できますよ!

②デビットカードを使う

デビットカードといって、カード使用と同タイミングで金額が指定口座から引き落としてくれるカードもあります。

クレジットカードに新規申込ができない間は、このデビットカードで代替するのもオススメです。

デビットカードはクレジットカードと違って審査がなく、所持金の範囲でしか使えない分使いすぎを防止しやすいのがポイント。

キャッシング機能はないですが、いつものお買い物やネットショッピングなどで活躍してくれますよ。

③家族カードを使う

もし配偶者が家族カードを作っている場合、そのカードを使う方法もあります。

家族カードなら本人会員の家族も利用できますし、配偶者名義なら任意整理後にも使えます。

任意整理をはじめとして債務整理は家族への影響がないですし、家族カードを新規作成してもらって活用するのも手ですね。

その他家族カードについては、以下の記事もチェックしてみてくださいね。

④ETCパーソナルカードを使う

ETCパーソナルカード

任意整理をすればクレジットカードに付いていたETCカードも解約になります。高速道路を頻繁に使う方からすると、かなり不便ですよね。

ですがNEXCO(ネクスコ)の提供する、「ETCパーソナルカード」なら任意整理後にも利用可能。

保証金を最低4万円預けることで、口座引落で通行料金を支払えるんです。

この保証金を預けたおかげで信用情報の調査は必要なくなり、任意整理後にも申し込めるんです。

⑤スマホ決済や電子マネーを使う

PayPayやLINE Payなどをはじめとしたスマホ決済、Suicaやnanacoなどをはじめとした電子マネーを使うのもおすすめ。

現金チャージができてクレジットカードを作る必要がなく、任意整理後でも利用できますね。

⑥使ったことのないカード会社で申し込む

任意整理の手続きで対象になったカード会社では、その整理の旨が事故情報として「社内ブラック(自社ブラック)」の情報として残りつづけます。

社内ブラックは何らかの事情で金融機関に迷惑をかけると残るもので、申込時に不利な方向に進むおそれがあります。

これまでに取引をしたカード会社、その関連会社での申込はまず難しくなりますから、これまで使ったことのないカード会社で申し込むのが無難です。

任意整理後のクレジットカードに関する注意点6つ

指をさす女性

ではクレジットカードについて、任意整理後にはどんなことに気をつけるべきか。具体的には以下の通りです。

任意整理後のクレジットカードに関する注意点6つ

  1. クレヒスを積んでおく
  2. 複数のクレジットカードに同時申込をしない
  3. クレジットカードのリボ払い機能を使わない
  4. クレジットカード会社にしつこくクレームを入れないこと
  5. 虚偽情報での申込をしない
  6. 適宜支払い方法の変更が必要

①クレヒスを積んでおく

クレヒス(クレジットヒストリー)とは、各種クレジットカード・ローン商品の利用履歴のことを指します。

このクレヒスには契約時の個人情報、契約事実、延滞などの支払い状況などが細かく記録されています。

ただ任意整理によってカードを5年間使えなくなると、利用履歴がまっさらな「スーパーホワイト」の状態になってしまいます。

約5年間のブラックリスト掲載期間が経ってスーパーホワイト状態になると、クレジットカードの審査のときに「この人は任意整理(債務整理)をしてたかもな…」と、返済能力を疑われかねません。

こうした事態にならないようクレジットカードを定期的に使って、支払い・返済能力がキチンとあることをデータで証明するのが大切です。

②複数のクレジットカードに同時申込をしない

新たにクレジットカードを作るべく、一気に複数カードへ申し込むのもアウト。

同時申込により審査担当者が「この人は経済的に余裕がないのかな…」と見なしてむしろ逆効果に。

審査担当者の心象を悪くしないためにも、一社での申込に留めましょう。

信用情報機関を仲介することで、クレジットカード会社は他社の申込状況も確認できるんですよね…。

③クレジットカードのリボ払い機能を使わない

なかには「リボ払いを使ってみようかな」とお思いの方がいるかもしれませんが、おすすめはできません。

どれだけ大きな買い物しても月々一定額しか支払えませんし、利用状況を把握しにくくなるおそれもあります。

最近ではリボ払いで支払いが難しくなるケースも増加していますから、基本的には使わない方向で行きましょう。

④クレジットカード会社にしつこくクレームを入れないこと

クレジットカード会社にクレームを入れることで、社内ブラックに記録されるおそれがあります。

社内ブラックに記録されれば、そのカード会社での審査落ちに繋がりやすいため注意しないといけません。

何か言いたくなる気持ちも分かりますが、ここは冷静に…。

⑤虚偽情報での申込をしない

申込段階でウソ情報を記入していた旨がバレれば、審査落ちにつながる恐れがあります。

仮にうっかりミスで申し込んでも、それを虚偽のものとして認識するかもしれません。

虚偽と発覚すれば信用情報に傷がついて、金融商品に関する今後の取引で不利に働く可能性が高いです。

⑥適宜支払い方法の変更が必要

任意整理をすることで、クレジットカードを5年間使えなくなります。

そのカードで公共料金や保険料、電話料金などを支払っている場合、他の支払い方法に変更しないといけません。

銀行口座での引き落とし、コンビニ払いなどへの切り替えが必要ですね。

任意整理後のクレジットカードに関するよくある質問

キャッシング-女性のはてな5

ここでは任意整理後のクレジットカードに関するよくある質問をまとめます。

任意整理の相談はどこですべきですか?

任意整理に関しては弁護士に相談するのがおすすめです。

特に任意整理の対応実績が豊富で、依頼者にしっかり寄りそってくれる弁護士事務所を選ぶのがポイントです。

なかにはビジネス強い事務所もあってちゃんと寄り添ってくれないケースもありますし、その点の見極めは必要ですね。

また初回相談が無料の弁護士もありますし、クレジットカードのことも含めて気になることをまとめて聞いてみるのも良いですね。

弁護士に依頼すれば債権者との交渉をしてくれますし、ご自身だけで進めるよりグッと成功率が上がりますよ!

個人再生や自己破産の場合はいつからクレジットカード作れますか?

個人再生や自己破産のときでも、それぞれ所定期間が経って信用情報機関から事故情報がなくなったら作成可能です。

なお事故情報の掲載期間は個人再生の場合で手続き開始決定日から約5年間、自己破産だと免責許可決定の確定日から5~10年間は残ってしまいます。

任意整理の場合は序盤で触れた通り、完済してからおよそ5年間残ります。

まとめ~任意整理後だとクレジットカードを5年間は作れない~

今回は任意整理後のクレジットカードの扱いについて、詳しく解説してきました。

序盤から触れたとおり任意整理後だと、クレジットカードは最低5年間作れません。

新たにクレジットカードを作りたい・使いたいときは、まず5年間待ったり配偶者の家族カードを活用したりと、対策をうたないといけません。

またクレジットカード作成がしばらくできなくなるのに加え、任意整理によるデメリットは他にもさまざま。詳しいことは以下の記事もチェックしてみてくださいね。