西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」の審査は通りやすい?金利・返済・借入方法についても徹底解説

地方銀行カードローン

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」は地方銀行のカードローンで、福岡県に本店を持ち、周辺地域に住んでいる人におすすめのカードローンです

西日本シティ銀行には、6つのカードローンがありますが、利用者や利用使途が限定されているものが多いので、様々な人が利用できるのはNCBキャッシュエースです。

この記事では、西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」について解説していきます。

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」基本情報

NCBキャッシュエースは以下の条件で貸し付けをおこなっています。

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」
金利 13.00~14.95%
限度額 300万円
年齢 満20歳以上70歳未満
利用使途 自由(事業性資金を除く)
担保・保証人 不要
保証会社 アコム株式会社

ワイジェイカード株式会社

西日本シティ銀行はNCBキャッシュエースの他に5つのカードローンがあります。

  • キレイのトビラ
  • V-CLASS
  • EZ教育カードローン
  • NCB学生奨学ローン
  • リバースモーゲージ輝く明日へ

教育目的の貸付や学生や女性専用ローンなど目的に応じて様々な種類があるのが特徴です。

キレイノトビラは正社員の女性向けのカードローン、V-CLASSは限度額や金利は優遇されますが審査が厳しいカードローンで、EZ教育カードローンは保護者のための教育向けローン、NCB学生奨学ローンは学生のためのカードローン、リバースモーゲージ輝く明日へは自宅を担保にしたカードローンです。

NCBキャッシュエースは西日本シティ銀行の中でも利用使途も自由な汎用性のあるカードローンです。

種類が多く何を選んでいいのか分からない人は、NCBキャッシュエースを利用することをおすすめします。

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」で必要な書類

NCBキャッシュエースの利用に必要な書類は3つあります。

  • 本人確認書類
  • 口座番号が分かる書類
  • 所得確認書類

また、この書類に加えて西日本銀行から必要な書類を指示される場合もあるので、必要な場合はこれらの書類に加えて指示された書類も用意しましょう。

本人確認書類

カードローンの利用には必ず本人確認書類の提出が必要で、本人確認書類として認められる書類はカードローンごとに異なります。

NCBキャッシュエースの本人確認書類として認められる書類は下記の2つが挙げられます。

  • 運転免許証
  • 写真付住民基本台帳カード

運転免許証または写真付住民基本台帳カードが必要となりますが、いずれもない場合はパスポートと健康保険証に合わせて住民票の写しを用意することで本人確認が可能です。

また、運転免許証の住所が現在の住所と異なる場合も住民票が必要です。

住民票が必要な場合もありますが、本人確認は様々な書類で受け付けているようです。

口座番号が分かる書類

NCBキャッシュエースを利用するためには、西日本シティ銀行の口座が必要です。

  • キャッシュカード
  • 普通預金口座通帳

口座がない場合は店舗で契約することになり、その場で口座を新規に作成することになります。

口座を事前に用意している方がスムーズに契約ができるので、持っているのであれば口座番号が分かる書類を準備しておきましょう。

所得確認書類

融資希望金額が50万円を超える場合は所得確認書類が必要になります。

所得確認書類として下記の書類のうちいずれか一つを用意しましょう。

  • 所得証明書
  • 源泉徴収票
  • 住民税課税決定通知書

もちろん、所得を証明できればよいので、上記の書類でなくても所得が証明できれば認められる可能性はあります。

他の地銀のカードローンでも融資希望金額が高ければ高いほど所得確認書類は必要となりますが、カードローンによって所得確認書類を提出する融資額は異なります。

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」の審査の基準

NCBキャッシュエースの審査基準は下記の通りです。

  • 保証会社は2つある
  • 審査はスコアリングシステムが用いられる
  • 収入のある個人の方が条件

保証会社は2つある

保証会社はアコム株式会社とワイジェイカード株式会社の2つがあります。

両方の審査に通ることが条件ではなく、どちらか片方の審査に通ればいいので審査は多少通過しやすいです。

ただし、保証会社に対して過去に金融事故を起こしている場合、その会社の審査に通ることはありません。

金融事故を起こしてから年数が経っておらず信用情報機関に返済の延滞の記録が残っているのであれば両方の保証会社の審査が不利になります。

審査はスコアリングシステムが用いられる

アコム株式会社とワイジェイカード株式会社の審査にはスコアリングシステムが採用されています。

スコアリングシステムとは、融資希望者の返済能力を数値化し基準に届いているかどうか判断する審査方法です。

年齢、年収、勤続年数などの返済能力に直結する情報や、信用情報機関を解析した返済の延滞や、他社の借入れ情報などの信用情報を総合的に判断して返済能力を数値化します。

また、このスコアリングシステムはコンピューターによって自動で算出されるので、スコアが基準に満たなかった場合はすぐに審査落ちが確定します。

大手消費者金融機関が1時間以内の審査で即日融資が可能なのは、借入希望者の返済能力を短い時間で数値化できるスコアリングシステムがあるからです。

収入のある個人の方が条件

収入のある個人の方が条件ですが、パート・アルバイト、配偶者に収入のある専業主婦の方も条件を満たすと明記されています。

収入に明確な基準はありませんが、パート・アルバイトでも借りられることが明言されているカードローンは融資希望金額を大きな額に設定しなければ審査に通過しやすいです。

そのため、パート・アルバイトでも十分な収入を得ていて、勤続年数が長ければ信用情報に傷がない限り、確実に融資を受けられます。

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」の借入金額

NCBキャッシュエースは10万円~300万円であれば10万円単位で借入金額を指定できます。

パート・アルバイト・専業主婦で審査に通過したい場合はできる限り少ない金額を指定することで審査に通過しやすくなります。

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」の金利

NCBキャッシュエースの金利は下記の表の通りになっています。

利用限度額 金利
100万円未満 14.95%
100万円以上 14.00%
200万円以上 12.00%

金利の設定はカードローンによっては細かいところもありますが、NCBキャッシュエースの金利は3パターンしかありません。

基本的に限度額が少ない場合は最高金利での借り入れ、限度額が大きい場合は金利が安くなります。

正社員で安定した収入を持つ人は金利の軽減の恩恵を受けることもできますが、パート・アルバイトの場合は最高金利の13.95%を前提に考えるといいでしょう。

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」で融資を受ける流れ

  1. 申込み
  2. 審査結果の連絡
  3. 契約・カードの郵送
  4. カードをお受け取ったらATMから借り入れ

申し込み

インターネットからの申込みは西日本シティ銀行の口座を持っていることが条件で、条件を満たさない場合は来店する必要があります。

西日本シティ銀行の公式サイトから申込みできます。このとき必要書類もWebから提出します。

審査結果の連絡

審査結果の連絡が電話でおこなわれます。

審査に通過していればそのまま正式な契約作業に移ります。

契約・カードの郵送

Webまたは店舗で正式に契約します。

Webで完結する場合はインターネットから契約内容について入力し、店舗で契約する場合は借入申込書に必要事項を記入します。

郵送されたカードを受け取ると自由にATMを利用して借入れができるようになります。

カードをお受け取ったらATMから借り入れ

下記のATMから借り入れ可能です。

  • 西日本シティATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • イーネットATM

西日本シティ銀行のATMに加えて、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート(イーネットATM)のコンビニATMが利用可能です。

コンビニから借り入れ、返済ができるので、銀行ATMが近くにない人でもATMを利用しやすくなります。

融資を受けるまでにかかる時間は1週間ほど

審査期間は3~4日間、カードが届き融資を受けられるまで1週間程度必要です。

すぐに融資が受けられるわけではないので余裕をもって申込みをしましょう。

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」の返済方法

  • 約定返済
  • ATMによる返済

約定返済

借入れ金額によって引き落とし額が変わります。

利用残高 返済額
20万円以下 5千円
20万円超50万円以下 1万円
50万円超150万円以下 2万円
150万円超200万円以下 3万円
200万円超300万円以下 4万円

毎月10日(銀行が休業日の場合は翌営業日)に残高に対応した金額が引き落とされます。

預金の残高が返済額より下回っていると引き落としができず、返済を延滞することになります。

信用情報にも傷がつくので、10日までに口座にお金を用意しておきましょう。

ATMによる返済

借り入れと同様にATMから随時返済が可能です。

コンビニから返済できるので、利用しやすいコンビニがあれば簡単にATMから返済可能です。

口座引き落としは自動でおこなってもらえますが、ATMの場合は自分で返済する必要があるので10日までに返済することを忘れないようにしましょう。

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」の利用がおすすめな方

NCBキャッシュエースの利用がおすすめの方の特徴について解説します。

  • 福岡にお住まいの方
  • 即日融資を希望しない人
  • 自動立替機能を利用したい人

福岡にお住まいの方

利用は福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県・宮崎県・鹿児島県・山口県・広島県・岡山県に住んでいることが条件となっています。

他の地域からの利用はできませんが、わざわざ口座の作成や店舗への来店をおこなう必要があるNCBキャッシュエースを対象でない地域から利用するメリットは皆無なので、利用者が限定されている点はデメリットとはいいにくいです。

また、西日本シティ銀行は福岡に本店があるので、銀行を利用しやすい福岡に住んでいる人におすすめです。

即日融資を希望しない人

NCBキャッシュエースは即日融資不可能です。

審査には3~4営業日かかり、カードが届くまで1週間程度かかります。

即日融資を希望する場合は、金利は高いですが初回の場合は金利無料期間もあるので、大手消費者金融を利用するといいでしょう。

自動立替機能を利用したい人

公共料金の引き落としに対して残高不足の場合、自動でキャッシングをおこなう自動立替機能が利用できます。

公共料金の引き落としがおこなわれないと、水道、ガス、電気が止まってしまうので万が一のときも安心です。

公共料金の引き落とし口座を西日本シティ銀行にする必要がありますが、自動立替機能を利用する場合は公共料金の引き落とし口座を変更しましょう。

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」の利用者の口コミ

最後にNCBキャッシュエースを利用した人の口コミ見ていきましょう。

30代 男性 Eさんの場合

毎月の返済額は5千円だったので返済は非常に楽でした。

店舗から審査を受けるとお金を借りるまで時間がかかると聞いたので、インターネットから審査を受けて1週間で借りられました。

コンビニのATMからお金を引き下ろす感覚で借りられるので非常に便利ですし、返済も勝手に口座から引き落としてくれるのでサービスとして完成されてると思いました。

40代 女性 Aさんの場合

専業主婦でも借りられると聞き、できる限り夫に迷惑をかけずに借りたいと考えていたのでNCBキャッシュエースを選びました。

本当に借りられるか不安で審査落ちしたらどうしようと思っていましたが、思ったよりも簡単に借りられたのでおどろきました。

利息も安かったので、返済にも困らず無事に完済できました。

カードローンは怖いって印象があったけど、ちゃんと返済すれば便利だし怖いことはなかったですね。

西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」のまとめ

NCBキャッシュエースについて理解していただけたでしょうか?

西日本シティ銀行の営業地域に住む人で、自動立替機能など便利な機能がついたカードローンを利用したい人におすすめです。

もちろん、カードローンは他にもあるので、他のカードローンの特徴も知りながら自分にとって最善のカードローンを選択することが重要です。

NCBキャッシュエースの特徴を知り、融資を受けたいと考えた人は公式サイトから申込みをおこないましょう。