あきぎんスマートネクストの審査は甘くないし金利も高い!拘るメリットは特になし…

地方銀行カードローン

秋田銀行は、秋田県秋田市に本店を構えている地方銀行。

「あきぎん」の略称で親しまれています。

その秋田銀行が提供するカードローンが、「あきぎんスマートネクスト」です。

アルバイト・パート、専業主婦(夫)でも利用することができて、毎月の返済額が2,000円からという利用のしやすいカードローンです。

乃木坂46がPRをしていることでも知られています。

カードローンは利用する前に情報を知っておくことで、自分に合ったカードローンかどうかを見極めることができます。

逆に自分に合わないカードローンだと返済が大変になってしまうことも。

そこでこの記事では、秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」の基本情報や金利、審査、借り入れ、返済について網羅的に解説します。

目次

秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」の基本情報

まず、秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」の基本情報を見ていきましょう。

情報を表にまとめました。

提供元 秋田銀行
申し込み方法 Web、電話、郵送、FAX
秋田銀行の口座開設 必要
借り入れ限度額 500万円
金利(実質年率) 5.8%〜14.8%
即日融資 不可
返済日 5日
使用用途 自由(事業用を除く)

このように、「あきぎんスマートネクスト」では秋田銀行の口座開設をする必要があります。

しかし口座開設は現地へ行く必要がなく、Web上で簡単に手続きが可能です。

金利は5.8%〜14.8%。

消費者金融に比べると低いですが、地方銀行系カードローンに比べるとやや高めです。

金利は審査によって決定されます。

申し込み当日に借り入れまで完了する「即日融資」には対応していません。

審査は最短即日で結果が通知されますが、その後の手続きを含めると1日以上はかかります。

借り入れ金の使用用途は自由ですが、事業用としては使えません。

秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」の申し込み条件

前の章では、秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」の基本情報について解説しました。

この章では、その申し込み条件について見ていきましょう。

「あきぎんスマートネクスト」をはじめとするカードローンでは、申し込み条件が定められており、それを全て満たさないと申し込みをすることができないのです。

「あきぎんスマートネクスト」の申し込み条件は次の3つ。

  • 20歳以上69歳未満であること
  • 安定した継続収入があること
  • 保証会社からの保証が受けられること

ひとつずつ見ていきましょう。

申し込み条件①20歳以上69歳未満であること

まず、秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」には申し込みの年齢制限があります。

それは20歳以上69歳未満であること。

これは申し込み時点の年齢を指します。

一般的にカードローンでは申し込みの最低年齢が20歳になっているところが多いです。

「あきぎんスマートネクスト」でも同様に、20歳以上でないと申し込みができません。

また年齢の上限は69歳です。

中には60歳までを上限とするカードローンもあるので、69歳までという制限は高齢者でも申し込みしやすいと言えるでしょう。

申し込み条件②安定した継続収入があること

秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」の申し込み条件2つ目は、安定した継続収入があることです。

カードローンでは申し込み時に審査が行われるのですが、その審査では「返済能力の有無」を見られています。

その返済能力に直結するのが安定した継続収入なのです。

しかし、正社員でないと安定してないというわけではありません。

「あきぎんスマートネクスト」では、アルバイト・パート、専業主婦(夫)の利用も可能としています。

その代わり、専業主婦(夫)は世帯で安定した収入があることが条件です。

申し込み条件③保証会社からの保証が受けられること

秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」の申し込み条件3つ目は、保証会社からの保証会社を受けられることです。

保証会社とは、カードローン利用者の返済を保証会社してくれる保証人のようなもの。

「あきぎんスマートネクスト」では保証人は不要である代わりに、保証会社を立てる必要があります。

この保証会社は利用者の保証業務だけでなく、申し込み時の審査を行います。

その審査に通過すると保証会社の保証を受けることができるのです。

「あきぎんスマートネクスト」では、エム・ユー信用保証株式会社が保証会社となっています。

過去にエム・ユー信用保証株式会社が保証会社となっているカードローンなどで返済トラブルを起こしていると、審査に落ちてしまう可能性があるため、そのような人は別のカードローンへ申し込みすることをおすすめします。

申し込み条件を満たしても必ず利用できるわけではありません

ここまでは秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」の申し込み条件について解説しました。

しかしその申し込み条件を全て満たせばカードローンの利用ができるというわけではないのです。

上で解説したように、カードローンの利用前には審査が行われます。

この審査では返済能力が見られていることも解説しましたが、ただ単に収入が多いから審査に通過できるわけではないのです。

たとえ高収入であっても、転職を繰り返している人や、過去に返済トラブルがあった人が返済能力が高いとは言えませんよね。

審査ではそのような部分も見られています。

もし最近転職したばかりという人は、時期を置いてから「あきぎんスマートネクスト」の申し込みをしたほうが審査通過の可能性が高まるでしょう。

また引っ越しを検討している人は、引っ越しをする前にカードローンの申し込みをするとよいです。

秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」はどんな人におすすめ?

この章では、「あきぎんスマートネクスト」がどんな人におすすめなのかを見ていきましょう。

「あきぎんスマートネクスト」は次のような人におすすめです。

  • 秋田銀行をメインの口座として使用している人
  • アルバイト・パート、専業主婦(夫)

上でも解説したように、「あきぎんスマートネクスト」は秋田銀行の口座開設が必要です。

この口座は誰でも作れるのですが、わざわざカードローンを利用するためだけに口座開設をするのは面倒ですよね。

また、「あきぎんスマートネクスト」では返済方法を秋田銀行口座からの引き落としとしています。

普段秋田銀行を使っている人ならいいですが、違う銀行口座を給料振込先にしている場合、返済日に秋田銀行の口座へお金を移す手間が発生するのです。

またアルバイト・パートや専業主婦(夫)でも利用できるカードローンは多くないため、「あきぎんスマートネクスト」はおすすめできます。

秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」の金利

前の章では、秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」がどのような人におすすめなのかを解説しました。

この章では、その金利について見ていきましょう。

「あきぎんスマートネクスト」では、借り入れ限度額に応じて金利が決定されます。

そして限度額は審査で決定されるので、カードローン利用者が自分で決定することはできないのです。

借り入れ限度額ごとの金利は次の通り。

借り入れ限度額 金利
10万円~90万円 14.8%
100万円~200万円 12.0%
210万円~300万円 7.8%
310万円~400万円 6.8%
410万円~500万円 5.8%

この通り、限度額が高くなると金利は低くなります。

金利を低くするには、限度額の増額をすることで可能となります。

しかし、増額には審査が必要で、その審査は一般的に新規申し込みよりも厳しいとされており、また逆に減額されてしまう可能性も。

そのため安易に増額審査をするのはおすすめできません。

秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」の審査

前の章では、秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」の金利について解説しました。

この章では、その審査について見ていきましょう。

「あきぎんスマートネクスト」では次のように審査が行われます。

  • 申し込み
  • 審査
  • 契約

ひとつずつ見ていきましょう。

審査の流れ①申し込み

まずは申し込みからです。

「あきぎんスマートネクスト」の申し込み方法は次の4種類。

  • Web
  • 電話
  • 郵送
  • FAX

このうち、Webからの申し込みが一番早く便利な方法です。

Web申し込みはこちらから行えます。

申し込みでは名前や住所以外にも、勤務先の情報や年収、他社借り入れ状況などを申告する必要があります。

そこで嘘の情報や誤って情報を記入してしまうと、審査が長引いたり、最悪の場合は審査に落ちてしまうこともあるのです。

そのため、申し込み時の情報入力は正確に行いましょう。

このとき、秋田銀行の口座を持っていない人は同時に口座開設も行うことができます。

審査の流れ②審査

申し込み後、申告された情報をもとに審査が行われます。

審査結果は最短即日で受け取り可能です。

この審査では、勤務先への「在籍確認」が行われます。

在籍確認とは、申込者が申告した勤務先で本当に勤務しているかを確認する審査です。

この電話では「カードローン」という言葉は出ず、個人名義で申込者あてに電話が入ります。

そのため職場の人にはカードローンを申し込みしたことはバレにくいでしょう。

もしこの在籍確認で確認が取れなかったり、電話に応答しなかったりすると、審査が長引いたり審査に落ちてしまう可能性も。

また勤務先についての情報は、この在籍確認で嘘か本当かバレます。

支店が多いような会社に勤めている場合は、自分が実際に通勤している営業所や支店の電話番号を記入しましょう。

また自分が電話に応答しても問題ないので、直通の電話番号がある人はその番号を記入するとよいです。

審査の流れ③契約

審査が終わり、通過できたことを確認したら契約です。

契約時には本人確認書類を提出する必要があります。

本人確認書類として使用できるのは次の通りです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(写真付き)
  • 在留カード

これらのうちどれかをアップロードしましょう。

収入証明書提出が必要になることも

源泉徴収

また、借り入れ限度額を50万円以上希望している場合は、収入確認書類も追加で提出する必要があります。

収入確認書類として使用できるのは次の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 確定申告書

これらを提出し、受理されれば契約完了となります。

契約と同時に秋田銀行の口座へ振込することも可能なので、早く借り入れしたい人は申請するとよいでしょう。

契約完了後、数日すると自宅へローンカードが届きます。

それを使って借り入れや返済が可能です。

秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」の借り入れ

前の章では、秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」の審査について解説しました。

この章では、その借り入れについて見ていきましょう。

上で解説したように、「あきぎんスマートネクスト」ではローンカードをATMに挿入することで借り入れができます。

利用できるATMは次の通りです。

  • 秋田銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • イーネットATM
  • BankTimeATM
  • ゆうちょ銀行ATM

秋田銀行ATMは平日8:45〜18:00の間は、手数料無料で利用することができます。

それ以外の時間帯や曜日、また他のATMは利用手数料が発生するので注意しましょう。

秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」の返済

前の章では、秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」の借り入れについて解説しました。

この章では、その返済について見ていきましょう。

「あきぎんスマートネクスト」は毎月5日が返済日となっています。

そして毎月の返済額は返済日前日の借り入れ残高によって決定されるのです。

借り入れ残高ごとの返済額について表にまとめました。

借り入れ残高 返済額
〜10万円 2,000円
10万円〜30万円 5,000円
30万円〜50万円 1万円
50万円〜100万円 15,000円
100万円〜200万円 2万円
200万円〜300万円 3万円
300万円〜400万円 4万円
400万円〜 5万円

このように10万円以下の借り入れであれば、毎月の返済は2,000円で済むということですね。

借り入れ残高が増えても、月々の負担金額はそこまで大きくないでしょう。

しかし400万円まで借りると、毎月の返済額が5万円と少し大変になります。

秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」では随時返済も可能

秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」では、毎月の返済だけでなく随時返済も可能です。

毎月の返済額は少ないですが、その分元金が減る時間が長くなってしまい、どんどん利息が発生していきます。

お金に余裕のあるタイミングで随時返済を行うことで、利息を軽減することができます。

随時返済は借り入れの時と同様、各種ATMから返済可能です。

利用できるATMは次の通り。

  • 秋田銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • イーネットATM
  • BankTimeATM
  • ゆうちょ銀行ATM

借り入れ金には利息がかかっており、時間が経つにつれてどんどん増えていきます。

そのため、なるべく早く元金を払ってしまったほうがトータルの支払い金額を抑えることができるのです。

秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」増額方法

あきぎんスマートネクストの審査の流れや審査基準などを解説していきました。

しかし既に通過していて融資を受けている人の中には、紹介してきた情報よりも「増額の方法」が知りたい方もいるのではないでしょうか?

そんな方のために秋田銀行カードローンの増額方法・対策を紹介していきます。

まだ審査にすら通過していない方も、今後増額を申請する可能性があるかもしれないので、参考程度に目を通しても良いかもしれません。

増額のメリットとは?

利息制限法により一つの借入先からの借入額が一定額を超えると金利が下がります。

しかし基本的に増額は新規のカードローン融資の審査よりも厳しいです。

というのも制限利息法により設定できる金利に増減があるのが理由です。

融資する金額が大きければ大きいほど、融資側のリスクは上がりますし、一定金額を超えれば金利も下げなくてはならないのでメリットは薄いのです。

なので一般的にカードローンの増額審査は厳しいとされています。

前提として増額分が総量規制を超える場合は借りられない

総量規制の対象には「希望額分」も含まれます。

たとえば年収が300万円の人は総量規制で100万円以上の借り入れをすることはできません。

現在の借入残高が80万円ある場合、新たに20万円を越える増額申請は総量規制にひっかかるため、法律上申請が通ることはありません。

しかし銀行のカードローンはこの総量規制の対象外です。

「え?じゃあなんで総量規制に気を付けなければならないの?」と思うと思います。

確かに銀行のカードローンは総量規制の対象外になりますが、銀行の共通認識ルールとして債務者が返済できないほどのお金を貸してはいけないというものがあります。

このルールが実質総量規制なのです。

申請者の信用情報は、金融機関はすべて共有しています。

あなたが総量規制にかかる金額を希望する場合、銀行は総量規制と同じく融資の審査を通すことはしません。

増額申請のポイント

秋田銀行の増額申請のポイントは以下のようになっています。

  • 新規の申請時よりも収入が増加しているか
  • あきぎんスマートネクストの利用実績が半年以上
  • 返済の遅延の有無

それぞれ解説していきます。

新規の申請時よりも収入が増加しているか

秋田銀行にカードローンの申請をしたときのあなたの収入よりも現在の収入が高いかどうかを見ます。

理由は単純に年収が増えていれば返済能力も高くなっていると考えられるので審査に有利になるのと、総量規制(のようなルール)にかからなくなっている年収になっている可能性があるからです。

当然、収入証明書が求められる

銀行のカードローンは賃金法には含まれないので、法律的には収入証明書の提出は必要ないのです。

しかし総量規制と同じルールが設けられているように、銀行は基本的に賃金法の規定に合わせていますから提出を求められる場合が多いです。

賃金法にある

  • 一つの借入先から50万円の借り入れを行う・希望する場合
  • すべての借入先からの合計借入額及び希望額が100万円を越える場合

以上二つのどちらかに当てはまる場合は確実に収入証明書の提出が求められると考えていいでしょう。

最低半年以上のあきぎんスマートネクストの利用実績がある

握手する男性

他のカードローン会社の増額審査でもそうなのですが、カードローンの利用実積が最低でも半年はないと増額審査は基本的に通りません。
※年収が大幅に上がって返済能力が大幅に向上した場合は別ですが…

利用実績がないのに増額ができないのは当然で、そもそも現状を分析されたうえで秋田銀行はあなたへの融資額を決定しています。

利用実績を積むことは、実際に返済や借り入れを繰り返すことで返済能力が充分であることの証明です。

収入に特別変化もなく、利用実績もなしで新規の申請時から状況がなにも変わっていなのに増額する訳がないです。

もし増額をするなら返済期日にしっかりと間に合うようにお金を返済することです。

臨時返済は増額には逆効果な可能性もある

既に記事内でも触れていますが、カードローンの利益は金利で成り立っています。

金利は元金に掛かるものなので元金の返済が進めば、利息金はその分減っていきます。

つまり銀行にとっては少しでも多くの利息を取るために「臨時返済」で早くお金を返済されるよりも「約定返済」で着実に返済される方が都合が良いのです。

一見早くお金を返すほうが信用が上がる気がしますが、「信用」と「銀行にとっての都合のよさ」を考慮すると実は「約定返済」で実績を積んでいる方が増額申請が通りやすいのです。

返済遅延の有無

上記の「返済実績」が増額申請で必要なように増額申請の審査では「利用履歴」が重要視されます。

返済遅延の有無も当然増額申請に大きな影響を与えます。

数日程度の遅延なら銀行の処理の問題などでも起こりえるので、特に問題ない場合もあります。

秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」利用者の口コミ

前の章では、秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」の返済について解説しました。

この章では、「あきぎんスマートネクスト」利用者の口コミを見ていきましょう。

50万円借り入れして金利が14.8%でした。

消費者金融よりも金利が安くてよかったです。

また審査は1日かかりました。

Webだけで手続きができたので便利だと思います。

なかなか店舗にいけないので、Webだけで完結するのはありがたい。

アルバイトだけど審査に通過できたのでよかったです。

このように、

  • Webサイトだけで手続きが完結すること
  • アルバイト・パート、専業主婦(夫)でも利用できること

が好評でした。

秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」総評

この記事では、秋田銀行カードローン「あきぎんスマートネクスト」について網羅的に解説しました。

最後に「あきぎんスマートネクスト」がどのような人におすすめなのかをおさらいしましょう。

  • 秋田銀行をメインの口座として使用している人
  • アルバイト・パート、専業主婦(夫)

秋田銀行の口座はどの県に住んでいる人も開設可能ではありますが、カードローンを利用するならメインとして使っている人のほうがメリットは大きいです。

また口コミどおり、正社員でなくても利用することができます。

もし借り入れができるか不安な人は、こちらから無料お試し診断を受けることができます。

専業主婦(夫)で借り入れを考えている場合の注意

断る女性

あくまで夫(妻)の収入を参照して借りる認識を忘れてはいけないです。

収入証明書が必要になので、配偶者の承認なしにお金の融資を受けることはできません。

バレずに借りたい…とお考えの方もいたと思いますが、そこはあきらめましょう。

審査の甘いおすすめの中小消費者金融

正直あきぎんスマートネクストは銀行のカードローンの中では金利は高い方です。

しかし特別審査が甘いということもありません。

金利の安さを求めるなら他の銀行のカードローンを利用した方がいいですし、審査の甘さを求めるなら中小消費者金融がおすすめです。

銀行カードローンは有名どころでいくらでも探せると思います。

しかしテレビCMなどを放映していない中小消費者金融は探しにくいですし、その中で審査の甘い会社というと中々探しずらいと思います。

ですので以下から「審査の甘さ」の観点からおすすめの中小消費者金融を2社ご紹介いたします!

フクホー

大阪に本社を構えるフクホーは「審査が甘い」ことで有名な消費者金融会社です。

しかしあきぎんスマートネクストの金利は銀行系カードローン中で高いとはいえ「14.8%」です。

銀行系ではない消費者金融の定めなのですが、金利が高いです。

特にフクホーは中小消費者金融の中でも特に金利が高い方で最大金利は、利息制限法上限である10万円以下時「20%」が適用されています。

しかし評判通り審査に関しては甘いので、信用情報や属性に不安があるという方はフクホーのカードローンを検討してみてください。

消費者金融のフクホー株式会社は闇金なの?ブラックでも審査に通過って本当?
年収や職業、勤続年数などの属性が良くなかったり、信用情報に問題がある場合にお世話になることが多い中小消費者金融。 中小消費者金融について多少知識がある人ならば「フクホー」の名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。 中小消費者...

プラン

プランも大阪に本社を構える中小消費者金融です。

プランも信用情報がブラック…特に多重債務者や自己破産の経験者でも簡単に審査に通過させる口コミがあります。

こちらもフクホー同様に金利は利息制限法上限いっぱいの設定なので金利の安さを求める場合は、微妙です。

しかし審査の甘さではフクホーと1、2を争うので信用情報に自信のない方、属性に不安のない方にはおすすめです。

消費者金融「プラン」の審査は甘い?即日融資も可能?口コミをもとに特徴を解説
プランは中小消費者金融会社で、最大限度額50万円と少額のローンを提供している会社です。 あまり多くの借入をしない人には利用しやすいかもしれません。 中小消費者金融でありながら即日融資にも一応対応している会社で、すぐに借りたい方も...

カードローンの使用が今回限りの緊急ならアコム

カードローンを使用する理由は十人十色ですよね。

普段から便利なツールで使いたいという方もいれば、カードローンは今回だけ緊急で使用したい方もいると思います。

今回だけ緊急で使用したい方におすすめの消費者金融があります。

それがアコムです。

コミカルなCMも展開しており「はじめてのアコム♪」のフレーズでもおなじみですね。

そのキャッチフレーズにそぐわず、新規の人に良心的なサービスを展開しているのがアコムです。

新規借り入れの人は30日間金利が0円

アコムに新規で借り入れる人は金利が30日間無料になります。

アコムの金利は最大18%と秋田銀行のカードローンよりも高いですが、カードローンの使用は今回だけで普段使いするつもりがないなら秋田銀行のカードローンよりも結果的にお得になります。

30日間無料ということは、30日間のキャンペーンの間に全額を返済すれば金利がゼロでお金を借りることができるということです。

仮にその間に全額返済ができなくても、ある程度返済が完了していれば「残った返済残高」に対して金利が掛けられます。

なので30日間で全額返済できなくても実質的な返済額は秋田銀行や他の銀行系カードローンと比べても大幅に安くなるのです。

大手消費者金融なので上記で紹介した中小消費者金融よりも審査は厳しくなりますが、信用情報や属性に問題がなければ審査に通過する可能性は充分あります。

アコム