ノーローンの審査は甘いからブラックでも通る?審査落ちしてしまう人の原因も解説

書類を見て悩む男性 ノーローン

ノーローンは何度でも利用できる7日間の無利息サービスが魅力の新生銀行グループのシンキが運営する消費者金融のカードローンブランドです。

無利息サービスの他にも即日審査、即日融資に対応している、とても優秀な借りやすいカードローン。

カードローン利用者が心配する「返済」。

その中で気がかりな「利息の支払い」を何度でも免除してもらえるとなれば、カードローンの利用ハードルをかなり下げることができるはずです。

今回はそんな優秀なノーローンの、借入可否の判断を下すための「審査」について調べていきたいと思います。

どんな人がノーローンの審査に落ちるのか?

ノーローンはあまり大手の消費者金融ではないため、他の大手消費者金融と比べると審査基準が甘く、なんなら信用情報ブラックな人でも審査に通るというのは本当なのか?

この記事を読んで、ノーローンの審査に対する疑問や不安は解決してしまいしょう!

ノーローン基本情報

ノーローン

金利 4.9~18.0%
限度額 500万円
審査 最短20分
融資 最短即日

ノーローンは金利や限度額設定等、基本設定こそあまり際立って目を引く部分はないですが「何度でも一週間無利息」のキャンペーンが自慢。

審査と融資にも時間がかからないので、スピード借り入れにも対応したカードローンでおすすめです。

ノーローンの審査で見られる要素

まずは、ノーローンの審査で見られる要素から調べていきましょう。

ノーローンの審査でみられる要素がわかっていれば、自分がノーローン審査に有利か不利かわかってくるはず。

単純な支払能力など「属性」

まずノーローンの審査でみられるのが、収入や勤務先、年齢、居住形態など生活にまつわる情報です。

この属性の審査は、申し込んだ時入力する情報をもとに行われます。

属性は、各項目の情報がスコアになおされて、スコアを合計した値を審査されます。

この支払能力「属性の審査」をクリアしないとその後の審査に進むことはできません。

過去現在のキャッシング利用記録「信用情報」

ノーローンの審査では、「信用情報」も詳しく審査されます。

信用情報の審査は、属性の審査より重視されます。

信用情報にはあらゆる記録が残ります。

キャッシング、クレジットカードの申込み記録、利用記録、返済記録、債務整理を行った記録など。

この信用情報をノーローンが調べて、悪い記録がないか審査します。

ノーローンの審査では属性によって総合的に返済能力をみられる

上記で既に少し触れていますが、ノーローンに限らずカードローンの審査は基本的に年収や職業などといった属性と呼ばれるもので判断されます。

その属性を総合的に見て申請者の返済能力を判断するのです。

イメージしやすいように言い換えると「ステータス」といったところでしょうか。

RPGゲームなどではステータスが高いほうが敵を倒しやすいですよね。

「審査」を敵に例えるとステータスが高いほうが倒しやすい…もとい、通りやすいとイメージしやすいのではないしょうか?

以下からその属性の種類やその属性が審査の通過にどれだけ影響を与えるのか書いていきますね。

年収

返済能力を見るうえで、誰が考えても一番最初に浮かぶ要素が年収なのではないでしょうか?

年収の高さは収入の高さに直結しますから、返済能力を見るカードローンの審査において最も重要視される属性になります。

年収が高い人がそもそもカードローンを使うのか疑問に思う人もいるかもしれませんが、突然の出費やお金を使いすぎてしまう月というのは誰にでもありますよね。

意外ですが、高年収の人がカードローンの常習的に使っているパターンは多いです。

年収に関しては、正直説明不要ですね。

職業

出席簿

職業も申請者の返済能力を見るうえで重要な属性の一つです。

職業は主に生活の安定性を見る属性です。

たとえば、フリーターは稼ごうと思えば働く時間を増やすことで正社員の給料を超えることも可能です。

しかし福利厚生なども基本的には適用されませんし、身体を壊してしまえばその時点で収入は途切れてしまいます。(フリーターにも有給は適用されるのでしばらくは問題ないでしょうが)

あくまで企業勤めの人と比べて、いつ収入がなくなるかわからないフリーターやフリーランスはその点で安定的な収入や生活の基盤ができていないと判断されます。

企業勤めの中でも国家資格を必要とする代わりの利きにくい職業や実質的な経営者が国や都道府県で倒産の心配などが考えにくい公務員などは、特に安定性が高いと判断されます。

消費者金融にとっての利益は金利なので、安定的に収入が入ってコツコツ返してくれそうな属性を好むのは当然なのです。

国家資格が必要で公務員の学校の先生なんかはかなり高評価を受けることになります!

勤続年数

職業が「職の安定性」を見る属性だとしたら勤続年数は「人の安定性」を見る属性と言えるでしょう。

現在では転職は一般的になっていて、キャリアアップや年収アップを目的にした数年に一度の転職であれば普通のことです。

しかし短期間に何度も職を転々としている人のイメージは、目的を持った転職というよりも「今の仕事が嫌になって仕事を変えた」というマイナスなものになりませんか?

いくら正社員として勤めていたとしても、急に仕事を辞めて無収入になられては金融会社としては困りますよね。

返済能力のない無職にお金を融資したのと同じことになってしまいます。

同じ会社で長く勤めているというのは、それだけで安定した収入がある証明になるのです。

過去の信用実績

過去カードローン利用記録があると審査の通過には有利に働きます。

ただし返済が滞ったり、その他信用情報に傷をつけるようなことをしていない場合に限ります。

過去の信用情報に傷がある場合

上記でも少し触れましたが、過去のカードローンの取引で信用情報に傷がある場合は逆に不利になります。

信用情報は金融機関同士で情報の共有がされているのでごまかしようがありません。

おまけ要素ですが独身だと不利、既婚者だと有利になる噂も…

プロポーズを受ける女性

真偽のほどは不明なのですが、結婚しているかどうかが審査の通過に影響する…という話を聞いたことがあります。

独身だと背負うものもなく、責任感の点で家族を背負う既婚者に劣る…ということらしいです。

言われてみるとなんとなくですが納得できる理由なような…。

大手の消費者金融ではなく、中小消費者金融独自の審査基準だと思うのですが、あなたが既婚者の場合は「もしかしたら少し審査の通過に有利になるかもしれない」程度は思っていてもいいかもしれませんね。

ノーローンの審査に落ちる人の特徴

比較的審査基準が甘いと言われるノーローンでもカードローンの審査に落ちてしまう人はいます。

それではどのような人がノーローンの審査に落ちてしまうのでしょうか?

考えられる原因を解説していきます。

他社カードローンと同時に申し込んでいる

カードローンの申請時に同時に他社にもカードローンの審査の申し込みをしている場合、審査に落ちやすくなってしまいます。

いち早くカードローンを利用したいという方からすると、ノーローンの審査に時間がかかってしまう可能性や審査事態に落ちてしまう可能性を考慮するとノーローン以外のカードローン審査も受けておいたほうがいいと考えてしまいますよね。

しかし他社へのカードローンの申請の記録なども信用情報として金融機関同士で共有されています。

総量規制という法律があり、借り入れの上限は年収の3分の1までと決まっています。

その関係で別々のカードローン会社が同時期に申し込みを承諾して、申請者がこの規制を超えてしまう可能性を防ぐために共有されるのです。

仮に総量規制的に問題ない借り入れ希望額だとしても、同時期に複数のカードローンに申請するというのは、金融機関からは良い印象は持たれません。

「複数のカードローンに申し込むほどお金に困っている」と判断されてしまうからです。

ノーローンの審査に落ちないためには、ノーローンに絞った申込みをおすすめします。

良かれと思って複数の会社に同時に申し込んだのでしょうが、むしろ逆効果です。

急がば回れ、二兎を追うものは一兎も得ず、です。

他社カードローン借り入れが多すぎる

同時期の申し込みだけでなく、ノーローン以外の会社から既に借り入れ残高がある場合も審査に落ちやすくなってしまいます。

他の会社に借り入れがあるということは、あなたの収入のいくらかはその会社のカードローンの返済に使われるということですよね。

つまりノーローンの返済に回せるお金がそれだけ少なくなる…ということになりますよね。

ノーローンに限った話ではないです。

基本的にカードローン会社は、他社借入が多い=返済能力が低いと判断するのです。

ノーローンへ申し込む前に、自分のカードローン利用状況を思い返してみましょう。

収入が安定しない

空の財布を持って困る女性

収入が安定しない人は、ノーローンの審査に落ちる可能性が高いです。

ここで重要なのは、収入が多い少ないではなく、収入が「安定しない」という部分です。

ノーローンは審査で「どれくらい収入が安定しているか」を重要視します。

毎月安定した額もらっていれば、ノーローンの審査に通りやすくなるはずです。

逆に収入が一定ではない、収入をもらう時期が不定期など、収入が不安定だとノーローンの審査に落ちやすくなってしまいます。

債務整理を起こしている

貧乏な家に住む男性

債務整理記録は致命的です。

債務整理は、「返済額を減額するための手続き」。

債務整理を行う人の返済能力が高いわけがありません。

債務整理を行っている経験があると、ノーローンの審査に落ちることは目に見えています。

ノーローンに限らず闇金以外の金融機関すべてで審査に通過することはありません。

ノーローン審査は甘い?「ブラック」でも審査に通るか?

カードローンの審査の中でもノーローンの審査は甘いと有名です。

ノーローンは有名な大手消費者金融「アコム」「プロミス」などと違い、比較的小規模なこともあり、審査が甘いという見立てです。

ノーローンの審査は甘く、たとえ信用情報にトラブルが残っている「ブラック」な人でも審査に通ると言われているほどです。

果たして「ノーローンはブラックでも審査に通る」という噂は本当なのでしょうか?

そこのところを調べてみましょう。

信用情報にブラックな記録が残った状態ではノーローンの審査に落ちる

結論から言うと、ブラックな人はノーローンの審査に落ちる可能性は高いです。

返済遅延のような軽いトラブル記録ならまだしも、これが「債務整理記録」など大きなトラブルだったなら審査は致命的です。

ブラックな記録の持ち主を審査に通す業者はかなり希少です。

街金、ヤミ金など、独自の審査基準を設定しているところでないと、ブラックな人は審査に落ちてしまいます。

銀行系の消費者金融カードローン審査なんて、審査通過はかなり難しいと思いませんか?

ブラックな人は記録が消えるまで待つか中小消費者金融へ申込みを

ブラックな信用情報の持ち主が「審査に通ってカードローンを利用したい」と思ったなら、選択肢は多少絞られてきます。

信用情報から返済遅延や債務整理の記録など、ブラックな記録が消えるまで時間の経過を待つか、中小消費者金融など独自の審査基準を設定しているところのキャッシングへ申し込んでください。

銀行のカードローン審査は言うまでもありませんが、アコム、プロミスなど大手消費者金融の審査基準は厳しく設定されているので、審査をクリアするのがかなり難しくなってしまいます。

おすすめの中小消費者金融2選

ノーローンの7日間無利息サービスはかなり魅力的ですし、審査が甘いのならできればノーローンでカードローンを利用したかったという方は多いかとおもいます。

しかし通らないものは仕方ありません。

どうしてもカードローンの審査に通過するなら中小消費者金融でカードローンを利用することを検討しましょう。

中小消費者金融のメインターゲットは、大手消費者金融の審査に落ちた人たちなので大手の審査に落ちた人でも審査に通過する可能性が高いです。

以下から中小消費者金融の中でも特におすすめな会社を2社紹介します。

中小消費者金融侮ることなかれ、意外にサービスが充実しているところは多いですよ!

セントラル

中小消費者金融の雄と言っても過言ではないでしょう。

  • 申請から審査をWEBで完結できる
  • 中小消費者金融でありながら無人契約機を設置
  • コンビニ申請も可能
  • 即日融資に対応

以上のように、中小消費者金融でありながら大手金融並みのサービスを提供しています。

もちろん審査基準も大手より通過しやすいものになっています。

セントラルは即日融資に対応!即日借り入れるための条件は?
近年関東にも多く店舗を出店し、名前が徐々に知られてきた「セントラル」 アコムやアイフルといった大手消費者金融とは違った、細かなサービスから人気が出始めている会社です。 そんなセントラルですが、果たしてどのような会社で即日融資は可...

フクホー

フクホーは審査が甘いことで有名です。

その代わり新規の融資額はほぼ9.9万円で決まっています。

「10万円以下の融資の場合、20%までの金利を設定していい」というルールに則り、9.9万円を利息20%で融資するのです。

審査が甘い理由はその金利の高さにあります。

最悪、元金が戻ってこないとしてもその前に金利で利益を取るという方針なのです。

高い金利から闇金と間違われることも多いフクホーですが、しっかりと法律に則ったビジネスを展開しています。

金利のリスクはありますが、大手だけでなく中小消費者金融の審査にも落ちる…という場合はフクホーのような会社は選択肢の一つとして優秀だと思いますよ。

消費者金融のフクホー株式会社は闇金なの?ブラックでも審査に通過って本当?
年収や職業、勤続年数などの属性が良くなかったり、信用情報に問題がある場合にお世話になることが多い中小消費者金融。 中小消費者金融について多少知識がある人ならば「フクホー」の名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。 中小消費者...

カードローンに頼らないお金の調達もおすすめ

ノーローンをはじめとしたカードローンの審査に通らないとしても、カードローンに頼らずお金を調達する手段を探すのもおすすめです。

「今すぐお金が必要!」ならば少しむずかしいですが、多少時間や労力のリソースがあるなら、なんとか別の方法でお金を手に入れる手段を探すのも悪くないはずです。

クラウドソーシングで仕事を探す

最近はランサーズなど、ネット上のクラウドソーシングで自分ができる案件を探して、その仕事をこなすことで報酬がもらえるサービスが増えています。

クラウドソーシングで仕事を探すのは、何がいいかというと「空いた時間にできる」のがうれしいところです。

これなら主婦や学生など、仕事を主に生活してない方でも簡単にできるのが嬉しいポイントです。

お金が必要なら、やはり「働く」のが一番確実なのです…。

ネットでお金を稼ぐ方法はたくさんあります!初期投資不要の稼ぎ方紹介

手持ちのものを売る

手持ちのものを売ることでも、安全にお金を手に入れることができます。

最近はメルカリなど、フリマアプリも多くなっています。

お金がないなら身の回りに売ればすぐお金になる金目のものがないか、少し探してみてください。

国の制度を活用する

日本は「住んでいる人が餓死しない」と言われる国です。

どうして餓死しないかというと経済が安定しており、行政もしっかりしているから。

ノーローンに頼らざるをえないほどお金に困っているなら、国の制度を利用してお金を手に入れることも考えてみるべきです。

生活保護のほか、お金に困っている国民を助ける救済措置はいくつか用意されています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

新生銀行グループの消費者金融「ノーローン」の審査について、今回は説明しました。

ノーローンの審査基準はときに「甘い」と言われるほどです。

しかしノーローンは新生銀行グループの消費者金融ですから、考えているような極端に甘い審査は期待するべきではありません。

「ノーローンは審査が甘くて、ブラックでも審査に通る?」

なんてことを聞く人もいますが、その質問の答えは「NO」です。

カードローンの審査に甘い審査を期待するなら大手消費者金融や銀行系カードローンは避けて、中小消費者金融を狙うべきですよ。

審査のゆるいカードローンは実在する!他社審査に落ちても諦めないで
この世にカードローンはごまんとあります。 カードローンといえば、追加融資を何度でも受けられる、即日融資に対応したところが多いなど、メリットが多いのでお馴染みです。 しかし、カードローンを利用するには審査をクリアしなくてはいけませ...