楽天ゴールドカードってどんな機能がある?年会費・審査など徹底解説!

楽天カード

年会費無料でポイント還元率が高い楽天カードは、今や日本一有名なクレジットカードと言っても過言ではありません。

そんな楽天カードですが、一つ上のグレードに楽天ゴールドカードというカードがあります。

ゴールドカードと聞くとお金持ちが持つイメージですが、実は楽天ゴールドカードは作成のためのハードルがあまり高くありません。

はたして楽天ゴールドカードとは、どのようなクレジットカードなのでしょうか。

こちらの記事では、楽天ゴールドカードについて解説していきます。

楽天カードのポイント還元率をアップする方法は?楽天カードのお得な使い方を解説
「はじめてクレジットカードを作るのだけど、どのカードを作ればいいの?」 「楽天カードを使っているけど、もっとポイント還元率をアップする方法が知りたい」 こちらの記事では、そんな人のために楽天カードでポイント還元率をアップする方法を解説し...

楽天ゴールドカードの基本スペック

まずは楽天ゴールドカードの基本スペックを解説していきます。

楽天ゴールドカードの年会費

楽天ゴールドカードの年会費は2,000円(税別)です。

ゴールドカードと聞くと10,000円ほど年会費がかかるカードが多いですが、楽天ゴールドカードはかなり年会費が安いですね。

近年年会費の安いゴールドカードが増えていますが、楽天ゴールドカードもその中の一つですね。

ちなみに楽天ゴールドカードは家族カードの年会費が500円(税別)、ETCカードは年会費無料で追加発行できます。

楽天カードはETCカードが年会費500円(税別)だったので、この点は嬉しいですね。

楽天ゴールドカードのポイント還元率

楽天ゴールドカードのポイント還元率は、楽天カードと同様1%です。

ただしSPUの時のポイント還元率が、楽天カードより2%高い点が特徴。

SPU(スーパーポイントアッププログラム)とは、楽天市場で買い物をするときにポイント還元率がアップする仕組みで、楽天カードを使ったときはポイント還元率3%、楽天ゴールドカードを使ったときはポイント還元率5%になります。

ポイント還元率5%以上が保証されている点は、楽天ユーザーであればかなり嬉しいのではないでしょうか。

楽天ゴールドカードの審査について

楽天ゴールドカードの申し込み資格は
20歳以上(楽天ゴールドカード独自の審査基準により発行させていただきます)
と記載されているのみ。

そのため詳しい審査基準はわかりませんが、年会費が安いことから考えても審査ハードルはそこまで高くないと思われます。

実際年収200万円台でも楽天ゴールドカードの審査に合格した口コミがあるので、審査は通りやすいのでしょう。

楽天ゴールドカードを所有するメリット

それでは楽天ゴールドカードを所有するメリットは、どのような点があるのでしょうか。

楽天ゴールドカードの特典と共に紹介していきます。

楽天市場でのポイント還元率がアップする

楽天ゴールドカードを所有するメリット1つ目は、楽天市場でのポイント還元率がアップする点です。

先ほど紹介したように楽天市場にはSPUがあり、楽天ゴールドカードで決済するだけでポイント還元率が5%になります。

ポイント還元率が5%になるのは他のカードでもまずありえないことなので、商品の多い楽天市場ではかなり便利な存在ですね。

年2回まで空港ラウンジが無料で使える

楽天ゴールドカードを所有するメリット2つ目は、年2回まで空港ラウンジが無料で使える点です。

ゴールドカードの定番特典である空港ラウンジですが、楽天ゴールドカードの場合年2回まで無料で使えます。

対象の空港は国内空港ラウンジと、一部海外空港ラウンジ。

頻繁に旅行する人には物足りないかもしれませんが、年2回でも十分という人もいます。

1度の旅行で行き・帰りに使った場合、それだけで年間の権利を使い果たしてしまうので注意しましょう。

空港ラウンジには軽食やドリンクが置いてあるので、飛行機出発までの時間を優雅に過ごせますよ。

ETCカードの年会費が無料になる

楽天ゴールドカードを所有するメリット3つ目は、ETCカードの年会費が無料になる点です。

楽天カードの場合、ETCカードの年会費を無料にするためには、楽天プラチナ会員になる必要があります。

しかし楽天ゴールドカードの場合、無条件でETCカードの年会費が無料なのでかなりお得ですね。

クレジットカード自体は年会費無料でもETCカードに年会費がかかるカードは多いので、ETCカードに年会費がかからないのは嬉しいですね。

どんな人が楽天カードから楽天ゴールドカードに切り替えるべき?

ここまで楽天ゴールドカードについて解説してきましたが、楽天ゴールドカードは直接申し込むこともできますし、楽天カードから切り替えることもできます。

それではどのような人が楽天カードから、楽天ゴールドカードに切り替えるべきなのでしょうか。

楽天ゴールドカードを持つべき人について解説していきます。

月9,000円以上楽天市場で買い物をする人

楽天ゴールドカードの大きな特徴として、楽天市場でのポイント還元率が5%以上である点です。

SPUは細かな変更はありますが、長い間続いているプログラムなので、今後も長い間続いていくでしょう。

楽天ゴールドカードと楽天カードを使ったときの、ポイント還元率差は2%。

それをもとに計算すると、楽天市場で月9,000円以上使うのであれば、元がとれるので楽天ゴールドカードに切り替えたほうがお得です。

楽天市場にはさまざまな商品が売っているので、月9,000円以上使っているという人も意外と多いのではないでしょうか。

楽天市場ユーザーの人は、楽天ゴールドカードへの切り替えをオススメします。

ゴールドカードを持ってみたい人

単純にゴールドカードを持ってみたいという人にも、楽天ゴールドカードはオススメです。

楽天ゴールドカードは年会費2,000円で持てる上、審査のハードルも高くはありません。

そのことを考えると気軽に持てるゴールドカードと言えますね。

ゴールドカードと聞くと持つのが難しく思いますが、近年ゴールドカードを持つハードルはどんどん下がっています。

しかしまだまだゴールドカードの価値は健在で、人前で見せると効果もあります。

はじめて持つゴールドカードとしては手軽なので、ゴールドカード体験くらいの気持ちで作ってみてもいいかもしれないですね。

将来的にもっとステータスの高いクレジットカードを持ちたい人

今後の人生でゴールドカードのさらに上、プラチナカードやブラックカードを持ちたいと考えている人は、楽天ゴールドカードを作ってもいいでしょう。

ステータス性の高いカードはいきなり作れるわけではなく、利用実績を積んで招待がくると作成できるというカードもあります。

楽天ゴールドカードを使っていると利用実績が信用情報に残るので、将来的なことを考えても若い間に作っておくというのも一つの方法です。

例えば20歳になったら楽天ゴールドカードを作成して、しばらくしたらダイナースクラブカードに申し込むという方法でもいいでしょう。

もちろんステータスの高いカードを手に入れるためには、利用実績だけでなく働いている会社の規模や年収も大切です。

将来的にステータスの高いクレジットカードを作りたいのであれば、まず楽天ゴールドカードで利用実績を積むというのも一つの選択肢ですよ。

楽天ゴールドカードはとてもお得なクレジットカード

ここまで楽天ゴールドカードについて解説をしてきました。

年会費2,000円で持てるゴールドカードですが、楽天カード自体機能が充実しているからか、コスパを考えるとかなりいいクレジットカードです。

楽天市場で買い物をしている人は、楽天ゴールドカードを作成してみてはいかがでしょうか。