楽天カードのポイント還元率をアップする方法は?楽天カードのお得な使い方を解説

楽天カード

「はじめてクレジットカードを作るのだけど、どのカードを作ればいいの?」
「楽天カードを使っているけど、もっとポイント還元率をアップする方法が知りたい」
こちらの記事では、そんな人のために楽天カードでポイント還元率をアップする方法を解説してきます。

CMや広告では入会ポイントがたくさんもらえるイメージの楽天カードですが、実は入会後もたくさんポイントがもらえるとってもお得なクレジットカードです。

楽天カードを使いこなせばポイントがどんどん貯まって、生活がよりお得になりますよ。

楽天カードの審査基準は?楽天カードの審査について徹底解説!
「楽天カードを作りたいけど、審査に通過するかどうか不安」 CMや広告でもよく見る楽天カードですが、はじめてクレジットカードを作る人はどのような審査がおこなわれるか不安ですよね。 こちらの記事では、そんな人のために楽天カードの審査につ...

目次

楽天カードの基本情報

まずは楽天カードの基本情報を解説していきます。

楽天カードは年会費永年無料のクレジットカード

まずは楽天カードの基本スペックを紹介します。

年会費 永年無料
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB、アメックス
通常ポイント還元率 1%
カード発行期間 申し込み後約1週間

特筆すべきポイントとしては、楽天カードは年会費が永年無料である点。

初年度年会費無料というカードは多いですが、2年目以降も年会費無料で使えるのは嬉しいですね。

ちなみに楽天カードのようなクレジットカード会社は、飲食店やインターネットショッピングサイトなど、加盟店でカードが使われるたびに手数料を受け取っています。

そのため年会費無料でも、運営が続けられているというわけですね。

基本ポイント還元率は1%

そんな楽天カードですが、基本ポイント還元率は1%です。

100円使うごとに楽天ポイントが1ポイント貯まるので、使えば使うほどポイントが貯まります。

ちなみに楽天カードに付帯している電子マネー楽天Edyは、楽天カードでのチャージ時0.5%と利用時に0.5%ポイントが貯まるので、こちらも合計でポイント還元率1%です。

楽天Edyはワンタッチで決済できるので、コンビニやカフェなど少額決済の支払い時にとても便利ですよ。

新規入会キャンペーンがお得

「楽天カードに入会すると、今なら8,000ポイントプレゼント!」
そんなCMや広告を、みなさん一度は見たことがあるのではないでしょうか。

楽天カードは入会するだけでポイントがもらえる点も、楽天カードを作るメリットです。

ただし楽天カードの入会キャンペーンでもらえるポイントは、申し込みをする時期によって異なります。

楽天カードのキャンペーンでもらえる最大のポイントは8,000ポイントですが、8,000ポイントをもらえるタイミングは年4~5回ほど。

そのため楽天カードに入会しようと思っているのであれば、入会キャンペーンがお得なタイミングでの入会をオススメします。

ちなみに入会キャンペーンでもらったポイントは期間限定ポイントなので、90日以内に使いきらないとポイントが消失してしまいます。

せっかくもらったポイントなので、期間内に使いきれるようポイントを使っていきましょう。

はじめてクレジットカードを使う人でも使いやすいカード

ここまで楽天カードの基本スペックを紹介してきましたが、総じてまとめると楽天カードははじめてクレジットカードを使う人でも使いやすいカードです。

年会費無料で作成できるので持ちやすいですし、審査の難易度もあまり高くありません。

また通常ポイント還元率1%は年会費無料のクレジットカードの中では高い方で、使い方によってはポイント還元率がアップできます。

入会時のもらえるポイントも複雑な条件がないので、はじめてクレジットカードを使う人でも安心です。

もちろんクレジットカードに慣れてくるとよりグレードの高いカードがほしくなることもありますが、はじめて作るのであれば楽天カードはオススメですよ。

楽天カードのポイント還元率をアップさせる方法

悩む女性

通常ポイント還元率1%の楽天カードですが、さらにポイント還元率をアップする方法がいくつかあります。

ここからは楽天カードのポイント還元率をアップする方法を解説していきます。

楽天市場でのポイント還元率がアップするSPUの仕組み

楽天カードのポイント還元率をアップする方法として、絶対おさえておきたいのがSPU(スーパーポイントアッププログラム)です。

SPUとは楽天関連のサービスを利用するなどの条件を満たすことで、楽天市場での買い物のポイント還元率がアップする仕組み。

2019年8月現在では、最大16倍ものポイント還元率アップが実現できます。

楽天市場には日用品・プレゼント用商品など、さまざまなものが販売されています。

SPUを活用してポイント還元率をアップすれば、生活がかなり楽になりますよ。

SPUのポイント還元率アップ条件は以下の通りです。

サービスと達成条件 倍率
楽天カードを利用して楽天市場で買い物をする プラス2%
楽天ゴールドカードもしくは楽天プレミアムカードを利用して楽天市場で買い物をする プラス2%
楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行に設定する プラス1%
楽天の保険の保険料を楽天カードで支払う プラス1%
楽天でんきに加入して利用する プラス0.5%
楽天市場アプリから買い物をする プラス0.5%
楽天証券で月1回500円以上のポイント投資をおこなう プラス1%
楽天モバイルで通話SIMと契約する プラス2%
楽天TVのNBAまたはパ・リーグSpecialご加入・契約更新  プラス1%
楽天ブランドアベニューで月1回以上買い物をする プラス1%
楽天ブックスで月1回1注文1 000円以上の買い物をする プラス0.5%
楽天Koboで月1回1注文1 000円以上の電子書籍を購入する プラス0.5%
楽天トラベルを利用する プラス1%
楽天ビューティーを月1回1 500円以上利用する プラス1%

SPUにはさまざまな条件がありますが、楽天カードで決済するだけでプラス2%なので、楽天カードユーザーは楽天市場ではポイント還元率が3%にアップします。

他にも楽天市場アプリを利用するなど条件達成が簡単なものもあるので、SPUに該当するプログラムは積極的にこなしていきましょう。

毎月5と0のつく日はポイント還元率がアップする

さらに楽天市場では、毎月5と0のつく日に買い物をすると、ポイント還元率がプラス2%アップします。

これはSPUとも重複するので、たとえばSPUでポイント還元率が5%になっている人が、5日に買い物をしたら7%ポイント還元がされます。

これは買い物をする日を決めるだけなので、誰にでもできるポイント還元率アップ術です。

そのため急ぎのものでなければ、毎月5と0のつく日に買い物をしましょう。

毎月5と0のつく日にまとめて買い物をすれば、ポイント還元率が全然違いますよ。

お買い物マラソンに参加する

楽天市場では楽天スーパーセールなど、さまざまなキャンペーンがおこなわれています。

商品が割引される楽天スーパーセールは有名ですが、実はお買い物マラソンというキャンペーンもポイント還元率をアップさせるためにはとても重要なキャンペーンです。

お買い物マラソンとは、開催期間中1ショップごとに1,000円以上購入すると、購入したショップの数だけポイント還元率がアップするという仕組み。

たとえばお買い物マラソン期間中に、5店舗で1,000円以上の買い物をした場合、ポイント還元率が5%アップします。

そのため楽天ヘビーユーザーの人は、お買い物マラソン期間にまとめ買いをするという人も多いですね。

お買い物マラソンは楽天ポイントで支払った分も対象になるので、ポイントを消化するタイミングとしても絶好。

お買い物マラソンは定期的に開催されるので、楽天からのメールを見逃さないようにしましょう。

楽天市場ヘビーユーザーは楽天ゴールドカード作成がオススメ

年会費無料で作成できる楽天カードはとても魅力的なカードですが、さらにポイント還元率をアップしたい人や楽天市場ヘビーユーザーの人には、楽天ゴールドカードの作成をオススメします。

先ほどSPUの項目で、楽天カードを使って楽天市場で買い物をするとポイント還元率が2%アップすることを紹介しました。

楽天ゴールドカードで買い物をした場合は、さらにポイント還元率が2%アップするので最低でもポイント還元率が5%になります。

つまり楽天ゴールドカードを利用するだけで、楽天カードよりポイント還元率が2%アップするということですね。

楽天ゴールドカードの年会費は2,000円なので、毎月9,000円以上楽天市場で買い物をするのであれば、年会費の元をとれる計算です。

また楽天ゴールドカードは空港ラウンジを使えるなど、ゴールドカードらしい特典も付帯しています。

  • 楽天市場で月9,000円以上の買い物をする人
  • 年会費2,000円でゴールドカードを持ちたい人

これらの項目に該当する人であれば、楽天ゴールドカードを作っても損にはなりません。

よりポイント還元率をアップしたいのであれば、楽天ゴールドカードの作成も頭に入れておきましょう。

楽天カードでさらにポイントを貯めるには

ここまで楽天カードのポイント還元率をアップする方法について解説してきました。

楽天カードは楽天市場関連でポイントが貯まりやすく、楽天市場を使う人にとってはとてもお得なクレジットカードです。

しかし楽天市場以外でも楽天カードのポイントは貯まるので、ここからはさらに楽天カードのポイントを貯める方法を解説していきます。

公共料金・携帯電話料金・税金の支払いを楽天カードに切り替える

近年キャッシュレス化の波が世界的にきており、日本でも政府主導でキャッシュレス化が進められています。

少し前クレジットカード決済は限定的な決済手段でしたが、今では公共料金・携帯電話料金・税金の支払いにもクレジットカードが使えます。

これらの料金を楽天カードで支払えば、もちろんその分のポイントも貯まります。

公共料金・携帯電話料金・税金などは、必ず支払わなければならないお金なので、その支払いでポイント還元が受けられるのはとても嬉しいですね。

クレジットカード支払いに切り替えられる項目があるのであれば、積極的にクレジットカード支払いを使っていきましょう。

コンビニなどの少額決済もクレジットカードで

「クレジットカード決済はサインや暗証番号が必要だから、時間がかかる」
そんなイメージを持っている人がいるかもしれません。

そのためコンビニやカフェなど少額決済の場では現金派という人もいますが、むしろコンビニやカフェなど少額決済の場こそクレジットカード決済をすべきです。

そうした施設ではサインや暗証番号なしで決済ができるようになっており、わざわざ小銭を探すよりも素早く決済が可能。

現金で支払うよりもスムーズに決済ができることが多いです。

またコンビニやカフェなど少額決済の場では、クレジットカード決済だけでなく楽天Edyも使えることが多いです。

楽天EdyはApplePayなどと提携できるので、スマホ一つでの決済が可能。

楽天Edyを使った場合でもクレジットカードと同様、1%のポイント還元が受けられ、決済がかなり楽になりますよ。

楽天市場のキャンペーンを見逃さない

「楽天ポイントを貯める機会を逃したくない」
そんな人は、楽天市場がおこなっているキャンペーンを見逃さないようにしましょう。

楽天市場ではキャンペーンに登録した人の中から抽選でポイントがもらえるキャンペーンなど、さまざまなキャンペーンがおこなわれています。

こうしたキャンペーン情報をのがさず実行していると、貯まる楽天ポイントはバカになりません。

楽天の広告メールをめんどうくさがる人が多いからこそ、キャンペーン情報を逃さず実行していくことはポイント獲得につながりますよ。

楽天カードで貯めたポイントはどう使えばいい?

「楽天ポイントをたくさん貯めたけど、楽天ポイントをどう使えばいいかわからない」
ここからはそんな人のために、楽天カードで貯めたポイントの使い方を解説していきます。

楽天カードの支払いに充てる

楽天ポイントの使い方として、もっとも楽で使いやすいのが楽天カードの支払いに充てることです。

楽天の会員ページ楽天e-NAVIにログインし、ポイントで支払いサービスという欄をクリックすると、1ポイント=1円で翌月の支払いに充当できます

ポイントは1ポイントから使えるので、余っているポイントを無駄なく使えます。

楽天Edyにチャージして電子マネーとして使うこともできますが、こちらの方が確実に使いきれるのでおすすめの利用方法ですよ。

楽天証券でポイント投資をする

「資産運用に興味があるけど、難しそうだからなかなか手が出せない」
そんな人にぴったりなのが、楽天証券のポイント投資です。

本来投資をするときは証券口座にお金を入れてそのお金を投資するのですが、楽天証券の場合楽天ポイントで投資が可能。

楽天証券では投資信託の積み立てやNISA・つみたてNISAを使って投資信託購入時でも、楽天ポイントが使えます。

ちなみに楽天証券の投資信託は、100円から購入可能。

そのため毎月貯まったポイントを楽天証券に使えば、知らず知らずのうちに資産運用ができているということです。

楽天証券では資産運用初心者の人向けに、どのような投資信託を購入すればいいのかアドバイスもしてくれます。

そのため資産運用初心者でも、安心して投資ができますし、投資信託の価値が下がってもポイントであればあきらめもつきやすいです。

また先ほど紹介したSPUプログラムの中には「楽天証券で月1回500円以上のポイント投資をおこなう」とポイント還元率が1%アップするという項目があります。

つまり資産運用をしながら、ポイント還元率をさらにアップすることが可能ということですね。

楽天ポイントの使いどころに悩んでいるのであれば、楽天証券でポイントを使うと将来的にプラスになることが多いですよ。

期間限定ポイントは商品券購入がオススメ

「期間限定ポイントを現金のように使いたい」
そんな人にオススメなのが、楽天市場で商品券の購入をすることです。

期間限定ポイントは交換先が限られるので、楽天Edyなどには交換できません。

楽天市場で買いたい商品がある人は問題ないですが、そうでない人は期間限定ポイントの使い道に困ることがあります。

楽天市場ではJCBギフトカード・VJAギフトカード・ジェフグルメカードなどが購入できるので、これらの商品券を購入すると現金のような感覚で期間限定ポイントが使えます。

商品券であれば金券ショップで現金への交換もできるので、現金に近い感覚で期間限定ポイントの消化が可能。

期間限定ポイントの使い道に悩んでいる人は、商品券購入も頭に入れておきましょう。

楽天カードの活用方法を解説

ここまで楽天カードのポイント還元率アップについて解説してきましたが、楽天カードにはまだまだ活用法があります。

ここからは楽天カードのさらなる活用方法について解説していきます。

ふるさと納税は楽天カードで支払う

自分の好きな自治体に寄付をすることで

  • 税金の控除が認められる
  • 返礼品がもらえる

このようなメリットがあるふるさと納税。

楽天には楽天ふるさと納税というサービスがあり、楽天カードでの決済が可能です。

もちろん楽天カードで決済した分については、ポイント還元が受けられるので、ふるさと納税をするメリットはさらに増えます。

また楽天ポイントが余っているのであれば、楽天ポイントを使ってのふるさと納税も可能。

楽天カードを使っている人であれば、あらゆる面でふるさと納税をするメリットがあります。

これまでふるさと納税をしたことがない人でも、これを機にふるさと納税にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

楽天ペイを活用する

電子マネーの普及とともに、PayPayやファミペイなどさまざまなサービスが開発されています。

【今更聞けない】スマホ決済とは?どんな仕組みなの?
キャッシュレス化が叫ばれる現在。 そんなキャッシュレスの波を後押しする存在が「スマホ決済」です。 クレジットカードやICカード、突き詰めると財布すら必要ないので、スマホ決済はとにかく便利な存在です。 私個人もスマホ決済を使...

楽天が開発した楽天ペイも、これらのサービスと同様実店舗での支払いに使えます。

楽天ペイはクレジットカードでのチャージが通常のポイント還元が受けられるうえ。

さらに0.5%のポイント還元が受けられます。

そのため楽天カードで楽天ペイにチャージをすれば、1.5%のポイント還元が受けられます。

楽天ペイはローソンやファミリーマートなどでも使えるので、電子マネーにチャレンジしてみたい人にはうってつけのサービス。

楽天カードを使うのであれば、あわせて楽天ペイも使ってみましょう。

楽天カードはポイントカードとしても使える

楽天カードはクレジットカード・電子マネー楽天Edy・ポイントカードという3つの役割を持っています。

あまり知られていませんが、楽天ポイントが貯まる店舗はたくさんあります。

そうした店舗であれば楽天カードで決済をしなくても、楽天カードを提示するだけで楽天ポイントが貯まります。

楽天カードをポイントカードとして使えることを意識しておくと、楽天ポイントがより貯まりやすくなりますよ。

楽天カードを使うときの注意点

ここまで楽天カードでポイント還元をアップさせる方法を解説してきましたが、最後に楽天カードを使うときの注意点を解説していきます。

楽天カードは年会費無料の使いやすいクレジットカードですが、いくつか注意点をしっかりおさえておかなければなりません。

ここからは楽天カードを使うときの注意点を解説していきます。

広告メールはフィルタリングで避けられる

「楽天カードと契約すると、たくさん広告メールがきてめんどうくさい」
そのような意見がよく見られますが、楽天から届く広告メールは避けることができます。

たとえば楽天に登録するメールアドレスを普段と違うものにする。

楽天から届くメールにフィルタリングをかけて、別のフォルダに格納するという方法もあります。

楽天関係のメールをフィルタリングすれば広告メール問題は解決されるので、広告メールが嫌だという人はすぐに対応しましょう。

ETCカードは年会費がかかるが、条件付きで年会費無料にできる

楽天カードは年会費無料で使えますが、ETCカードには540円の年会費がかかります。

そのためETCカードがほしい人には少しデメリットがありますが、楽天会員のランクがダイヤモンドもしくはプラチナであれば、ETCカードの年会費が無料です。

楽天プラチナ会員になるためには

  • 過去6カ月で獲得ポイント数が2,000ポイント以上
  • 過去6カ月での獲得ポイント回数が15回以上

このいずれかの条件を満たせば、プラチナ会員になれます。

この条件は少し難しそうに見えますが、この記事で紹介したお買い物マラソンなどを使えば、獲得ポイント回数の条件を満たすことは難しくありません。

またお買い物マラソンが近い日程で開催されない場合でも、SPUを活用すれば獲得ポイント数の条件もクリアできます。

プラチナ会員になればETCカードの年会費が無料になるので、まずはプラチナ会員になってからETCカードの作成をしましょう。

ちなみに楽天ゴールドカード以上のカードであれば、ETCカードの年会費は無料です。

海外旅行保険は利用付帯

楽天カードには海外旅行保険が付帯していますが、これは自動付帯でなく利用付帯である点は注意しましょう。

利用付帯とは旅行代金を楽天カードで支払ったときのみ適用される保険なので、楽天カードで支払いをしていない場合保険が適用されません。

楽天カードと同じ年会費無料のカードでもエポスカードのように、海外旅行保険が自動付帯のカードもあるので、この点はやや他のカードに劣りますね。

海外旅行保険は海外に行くとき、とても重要な制度です。

そのため海外旅行保険を付帯させたいのであれば、楽天カードで決済するか海外旅行保険用のカードを作るなどして対応しましょう。

楽天カードを活用してどんどんポイントを貯めよう

ここまで楽天カードでポイント還元率をアップする方法について解説してきました。

楽天カードは楽天市場など楽天関連のサービスを使うことで、ポイント還元率が飛躍的にアップします。

楽天市場にはさまざまな商品があるので、メインの買い物を楽天市場ですることも難しくありません。

楽天カードを活用して、より豊かな生活を送りましょう。