リボ払いを続けるくらいなら一括払いに切り替えて!一括返済を利用するメリットとは

リボ払い

リボ払いを続けると毎月の返済が厳しくなり、上手に返済できない場合も多くなります。

場合によっては返済額を抑えすぎた結果、残高がほとんど減らない場合もあります。

しっかりと返済するためには、一括返済を考えたほうがいいでしょう。

ここではリボ払いよりも一括返済を利用したほうがいい理由などを説明します。

リボ払いは危険!リボ払いによってあなたの生活が地獄に追い込まれる!
リボ払いをご存知でしょうか。 リボ払いとは、種類が豊富なクレジットカード支払い方式の一つで、「毎月一定額支払う」という方式です。 分割払いとも違い、支払い残高に関係なく常に支払い残高は一定。どれだけ大きな買い物をしても、リボ払い...

リボ払いは毎月の利息が厳しく続けると損をする

リボ払いは毎月の返済を楽にする方法です。

指定した金額まで返済額を抑えることで、毎月の返済額を抑えられるメリットを持っています。

しかし、返済額を抑える代わりに利息が発生します。

この利息は毎日の残高に対して金利を適用させて金額が計算され、最終的に1ヶ月分を返済時に支払わなければなりません。

毎月の利息の影響で返済が進まないのがリボ払いの悪いところです。

リボ払いの利息によって残高が減らず、借りている金額が残り続けるという問題が起きてしまいます。

返済額を抑えていると、利息しか支払っていない状況が生まれるため、リボ払いで借りている金額が減っていかない大きなデメリットが発生するのです。

返済をしっかり進めるためにもリボ払いを変える決断を考えたほうがいいでしょう。

リボ払いを続けると大きなデメリットによって返済が厳しくなってしまいます。

リボ払いを一括返済に変えたほうが得をする!

リボ払いを一括返済に変えると利息は大きく減ります。

理由は一括返済にほぼ金利が適用されていないからです。

リボ払いにはリボ手数料を支払うために金利が設定されています。

しかし一括返済には手数料が発生しないため、基本的に一括返済を選んだ時点で余計な利息が生まれなくなります。

更に一括で払うと残高がなくなるため、翌月以降の利息はありません。

来月以降は返済しなくても大丈夫なので、生活面でも安心できる部分が多くなるでしょう。

一括返済を利用するのは、利息が減るという部分が最大のメリットと言えるでしょう。

手数料を延々と取られるようなリボ払いを続けるより、一括返済に変えたほうが将来的には得をする場合が多いのです。

ただ、残高に減らしてから一括返済に切り替えないと、生活が急激に厳しくなってしまいます。

場合によっては生活費を相当削らないと一括返済ができない場合もあるので気を付けてください。

リボ払いを一括返済に変えるメリットは利息以外にも!

リボ払いを一括返済に切り替えるメリットは他にもあります。

実際に適用されるメリットは以下の通りです。

  • 利用可能枠が戻る
  • 翌月以降の返済がなくなる
  • 持っているカードの解約が可能に
  • 返済実績を作れる
  • 利用明細を見なくていい

以上のメリットを持っています。

上手に一括返済を利用すると、リボ払いよりも安心できる部分が多いのです。

ここからは一括返済に切り替えるメリットを説明します。

利用可能枠が戻る

リボ払いから一括返済に切り替えた場合、利用可能枠が戻ります。

クレジットカードの場合、一括返済が完了した時点で利用可能枠は何も利用していない状態に戻ってくれるのです。

つまり大きな買い物に利用できる可能性が高くなる他、海外旅行などでカードを多く利用する場合に利用可能枠が不足する問題が起こりません。

カードローンの場合は、利用できる枠が戻ると再び大きな借入が実現できます。

再び多くの借入ができるというのは大きなメリットと言えるでしょう。

基本的にリボ払いから一括返済に変えると、一気に利用可能枠が増えるという良さが得られます。

どうしても利用可能枠を取り戻したいなら一括返済を利用してください。

翌月以降の返済がなくなる

翌月以降の返済がなくなり、来月以降は返済する金額を生活費として利用できる場合が多くなります。

返済に使っていた金額がそのまま自分のために利用できるメリットを得られます。

一括返済によって残高がなくなり、来月以降は返済義務が生じないのです。

残高さえ消してしまえば、翌月以降の返済をしなくてもいい快適な生活が得られます。

返済を延々と続けるのが嫌だと考えているなら、一括返済で債務を返してしまいましょう。

債務さえ返してしまえば翌月以降はかなり楽な状態が生まれるでしょう。

持っているカードの解約が可能に

一括返済によって債務がなくなると、カードの解約が可能となります。

これはクレジットカードでもカードローンでも同じです。

債務が残されている状態では、カードの解約は認められていません。

解約したいと考えているなら、基本的にクレジットカードやカードローンの残高を0円にしなければなりません。

一括返済は残高を0円にしてくれるので、不要になったカードの解約が容易にできます。

保有しているカードローンが多すぎると感じていた場合や、クレジットカードを減らしたいと考えているなら、残高を一括返済で返してしまいましょう。

残高さえ無くしてしまえば、後は解約手続きを取ってカードを使えなくするだけです。

こうしてカードを使えない状態にしておくと、余計な借入や買い物にカードを使うなどの問題がなくなり、毎月の返済額を抑えられるでしょう。

返済実績を作れる

一括返済は返済実績を作る際に有効な方法です。

一括で全ての債務を返しているため、完済したという実績が会社側に残ります。

この実績が残っていると、借入額を増やせる増額が期待できるほか、カード会社からの信頼もアップします。

多くの信頼を得ておきたいと考えている人、将来的にカードの増額等によって借りられる額が増やしたいと考えている人は、一括返済を使ってください。

返済実績が1つでも増えると、より高い信頼性が得られていると考えてください。

ただ、悪い情報を消す要素として一括返済は使えないため、悪い情報を消す目的で一括返済を選ぶのは避けてください。

利用明細を見なくていい

一括返済が完了すると、借入は終了して利用した金額は0円になります。

つまり利用明細を見なくてもいい生活が得られます。

利用明細を見ているのは少し面倒な部分もありますし、一喜一憂する場面も多くあるでしょう。

中にはカードの利用枠を見て、ほとんど借りられないという部分で苦しむかもしれません。

しかし、利用明細を見なくても良くなる一括返済を利用すれば、利用明細を確認しなくてもいい状態が作れます。

明細を見なくてもいい生活を送りたいと考えているなら、残っている債務を一括返済で返してしまいましょう。

リボ払いを一括返済に変える方法

リボ払いを一括返済に切り替える手順を知っておかないと、リボ払いを延々と続ける可能性があります。

リボ払いを続けたくないと考えているなら、まずは一括返済に切り替えるための方法をしっかりと取りましょう。

ここからはリボ払いを一括返済に切り替える方法を説明します。

利用しているカードの会員ページに行く

まずは利用しているカードの会員ページに入ってください。

会員ページ以外でリボ払いを一括返済に切り替える方法は一応ありますが、電話をかけるなどの面倒な手間がかかってしまいます。

電話は時間もかかりますし、理由の説明などで苦労する場面が多くなってしまいます。

少しでも楽をしたいなら会員ページに入って、返済方法の変更を実施してください。

返済方法を一括返済に切り替える

次に返済方法を一括返済に切り替えておきます。

ここはカードローンとクレジットカードで少し違っている部分がありますので、2つの違いを分けて説明します。

カードローンの場合

カードローンの場合、基本的に会員ページで一括返済に切り替えられる方法があれば、その部分をクリックして手続きに入ってください。

現時点での債務を計算し、最終的に利息等を加えたうえで一括返済の金額が表示されます。

後は指定された口座に返済するだけです。

ただ、カードローンの場合、一部の会社は会員ページで一括返済の手続きができない場合もあります。

その場合は電話をかけて一括返済の手続きを実施してください。

電話の場合は一括返済をしたいと説明すれば、会社側が計算して一括返済に必要な金額を説明してくれます。

伝えられた金額を聞いて、後は返済手続きをすれば債務はなくなります。

クレジットカードの場合

クレジットカードの場合も会員ページでできる場合もあれば、電話をかけないと一括返済ができない場合もあります。

まずは会員ページに入って、一括返済ができるか確認しておきましょう。

次に会員ページで手続きができるようであれば、返済方法を一括返済に切り替えてください。

一括返済に切り替えておけば、次の口座引き落としで全ての債務が引き落とされます。

自分で返済をしなくてもいいので楽に感じられるかもしれません。

また、一括返済ができない場合は、リボ払いの返済枠を残された残高分まで引き上げる方法もあります。

この方法はリボ払いの返済額を引き上げることで、事実上一括返済に近い方法を取るという手法です。

利用可能額の引き上げでリボ払い一括返済可能

電話をしたくないと思っている人や一括返済をすぐに実現したい人は、リボ払いの返済額をカードの利用可能枠まで引き上げるといいでしょう。

この変更だけで簡単にリボ払いを一括返済のように扱えます。

ただ、リボ払いの変更は返済までに時間がかかります。

どうしてもすぐに一括返済をしたい場合は、リボ払いを引き上げるよりも電話による連絡で一括返済を希望したほうがいいでしょう。

電話で連絡を入れれば、すぐに一括返済ができるほか、一括返済に必要な口座番号等も教えてもらえます。

一括返済を実施する

最後に一括返済を実施します。

一括返済は口座引き落としではなく、基本的に振込によって支払う傾向があります。

指定された口座に対して、残されている債務を返済してください。

この時に金額を間違えないように、そして口座番号を間違えないように気を付けてください。

番号を間違えてしまうと振込が正常に実施されず、一括返済ができていない状態となります。

振込前に全ての情報が間違っていないか、しっかりと確認を取るようにしてください。

最後に振込が完了したことを確認しておけば一括返済は完了となります。

後は会社側が一括返済をしたという確認を取ってくれれば、手続きは完了となります。

リボ払いを一括返済に変える際の注意点

リボ払いを一括返済に変更する際、注意したい点がいくつかあります。

注意点は以下の通りです。

  • 残高が多すぎると一括返済に踏み込みづらい
  • 一括返済は一時的で次回以降の支払いはリボ払いに戻っている場合も
  • 一括返済が認められないクレジットカードもある
  • 電話手続きは利用できる時間が限られている

以上の注意点を守ってから手続きを実施してください。

中には一括返済ができない場合もありますので、しっかりとカードの情報などを確認してから手続きを開始してください。

ここからは一括払いの注意点を詳しく説明します。

残高が多すぎると一括返済に踏み込みづらい

借りている金額が多すぎると、一括返済に踏み切るのが難しくなります。

残されている金額が多すぎて、一括返済を依頼しても払えない可能性が高いからです。

現時点の残高を確認しておくこと、そして返済できるかどうかをしっかりと考えてください。

もし、現時点で残っている金額が多すぎると判断した場合は、少しリボ払いで返済して金額を減らしてください。

残高が減れば一括返済をしやすい状況が生まれるかもしれません。

少しずつでもいいので債務を返して、一括返済に持っていけるようにしましょう。

また、貯金を崩して返済する方法もあります。

ただ、貯金を崩す方法は生活に与えるリスクがかなり高いので、どうしても一括返済によって債務を消したいと考えている人だけ利用してください。

できる限り債務を減らしてから一括返済に踏み切れるよう、日頃の返済は少しでも増やすといいでしょう。

一括返済は一時的で次回以降の支払いはリボ払いに戻っている場合も

一括返済というのは一時的な方法であり、次回以降はリボ払いの返済に戻っている場合があります。

特に一括返済を電話や会員ページで希望した場合、基本的な返済方法は変わっていません。

従って次の返済はリボ払いになっているのです。

同じカードを何度も利用する場合、次の返済が一括ではなくリボ払いに戻っている点に気を付けておきましょう。

どうしてもリボ払いを回避したいなら、返済方法を一括払いにしておく、もしくはリボ払いの返済額を引き上げて一括返済に近い状態を作りましょう。

できる限り一括返済後の返済方法については確認するようにしてください。

一括返済が認められないクレジットカードもある

一括返済が認められていないクレジットカードがいくつかあります。

認められていないカードは、従来通りの返済を続けるしかありません。

ただ、一括返済を認めていないカードでも、リボ払いの返済額を引き上げる方法で一括返済に近い状態は作れます。

まずはリボ払いの返済額を増やしてしまうといいでしょう。

多少手数料は多くなるものの、延々と少ない金額を返済するよりは楽に返済できるでしょう。

一括返済ができるカードなのかどうかは、会員ページや電話による手続きで確認できます。

1度会社側の情報を確認し、本当に一括返済ができるのか知っておくと安心です。

一括返済ができない場合はリボ払いを工夫して返済を楽にする方法に切り替えてみましょう。

電話手続きは利用できる時間が限られている

リボ払いから一括返済に切り替える際、電話による連絡で返済方法を切り替えないと駄目なカードがあります。

電話連絡はオペレーターに対してお願いするものであり、自動音声では一括返済に切り替えられない場合があります。

一括返済を希望する場合は、オペレーターが在籍している時にお願いしてください。

自動音声に切り替わる前にしっかりと連絡を入れましょう。

もし自動音声に切り替わっていた場合は、翌営業日まで待ってから連絡を入れてください。

一括返済を電話で実現する場合は、とにかく営業時間内にしっかりと連絡を入れることです。

連絡時間が遅くならないように気を付けて、しっかりとオペレーターと話し合える状況を作りましょう。

なお、土日祝日はオペレーターの対応がほとんどできないため、基本的に平日に連絡を入れることを心がけてください。

リボ払いを一括返済に変えてより安心して返済しよう

リボ払いを一括返済に変えると、より安心してお金を返せますし、毎月の負担が大幅に減る可能性もあります。

一括返済を上手に利用して、残されている金額を一気に片付けてしまうといいでしょう。

ただ、残高が多すぎる場合は一括返済のリスクが大幅に高くなってしまいます。

リスクをかなり高めている状態では、返済するのは難しいため、まずは残高を少し減らすことから始めましょう。

問題なく返済ができるようになってから一括返済に踏み切ったほうが、大きな負担をしても生活に与える影響は最小限に抑えられるのです。

一括返済を利用するのは、ある程度残高を減らしてから考えたほうがいいでしょう。