リボ払いで発生する金利の計算方法は?そもそもリボ払いは使わないほうがいいって本当?

リボ払い

リボ払いは返済時に手数料を追加で請求しています。

手数料はかなり大きくなる可能性もあるため、計算の方法や手数料に関わる要素を知っておくほうがいいでしょう。

また、リボ払いを本当に使うべきかどうかも慎重に考えておきましょう。

ここではリボ払いの手数料について説明します。

リボ払いは危険!リボ払いによってあなたの生活が地獄に追い込まれる!
リボ払いをご存知でしょうか。 リボ払いとは、種類が豊富なクレジットカード支払い方式の一つで、「毎月一定額支払う」という方式です。 分割払いとも違い、支払い残高に関係なく常に支払い残高は一定。どれだけ大きな買い物をしても、リボ払い...

目次

リボ払いでは3つの要素によって手数料を計算する

リボ払いの手数料は残高と金利、借入日数によって算出されます。

1つずつの要素が最終的に手数料に大きく響くため、全ての項目しっかりチェックしておくことが大事です。

また、3つの要素は数字が増えれば増えるほど手数料を増やすため、できる限り抑えられるところは抑えたほうがいいでしょう。

基本的な3つの要素についてここからは詳しく説明します。

残高

残高は現時点で借りている金額を示す数字です。

借りている金額が多ければ多いほど、リボ払いの手数料は多くなってしまいます。

理由は借入金額が多いほど、これから紹介する金利の影響を受けてしまうためです。

ただ、カードローンのように限度額が高ければ金利を抑えられるものもあります。

残高が同じ金額でも、適用される金利が小さければ手数料の影響は小さくなると考えてください。

借りている金額が多すぎると、どれだけ低金利でも発生する手数料が多くなる恐れは十分にあります。

できる限り返済は早めに進めるように心がけるほか、毎月の返済状況などをしっかり確認しておくといいでしょう。

金利

金利は手数料を計算する上で最も重要なポイントです。

金利の数字が高ければ高いほど、発生する手数料は多くなってしまいます。

カードローンの場合、金利は限度額によって決められます。

限度額が高ければ低金利で借りられるものの、限度額が低いと高金利で借りなければなりません。

つまり限度額が大きくなればなるほど手数料に関連する金利は抑えられる可能性が高いのです。

一方でクレジットカードの場合、リボ払いの金利は金額に関わらず固定されてしまいます。

基本的には15%の金利が適用されるため、金利がある程度高いことを認識してリボ払いを使ってください。

リボ払いの金利は非常に重要なポイントですので、必ず利用する前に金利の確認をしておきましょう。

また、申し込む際にも金利を確認しておくと安心です。

借入日数

借入日数は、最終的にリボ払いの手数料を決めるポイントです。

借入日数が多くなると手数料は増加します。

理由は借りている日数分だけ利息を支払わなければならない契約だからです。

従って借入日数を減らしたほうが、最終的な手数料は抑えられるのです。

ただ、月ごとの手数料に影響がさほど出るわけではない部分ですので、最終的な手数料という部分で重要視される要素だと考えてください。

基本的に手数料の支払いは月ごとに実施されます。

1月は大体30日か31日で計算されるため、借入日数が月ごとの手数料に与える影響はあまり多くないのです。

最終的に手数料が多くなるかどうかを決めるポイントが借入日数だと認識しておきましょう。

リボ払いの計算方法を理解しよう!

リボ払いは計算方法を理解しておけば、手数料を間違える可能性が極端に減ります。

また、手数料の金額を予め理解できるので、手数料の金額をしっかりと準備できるでしょう。

リボ払いの計算方法をしっかりと理解して、確実に支払いができるようにしましょう。

基本的なリボ払いの計算式は以下の通りです。

  • 残高×金利=年間手数料
  • 年間手数料÷365日=1日の手数料
  • 1日の手数料×1ヶ月間の借入日数=1ヶ月の手数料

以上の計算方法を採用して手数料が決定されます。

最初に残高と金利を掛け算して年間の手数料を算出します。

しかし、年間の手数料を算出したところで、月ごとの手数料が算出できるわけではありません。

そこで年間の手数料を365日で割り、1日単位の手数料を算出しておきます。

1日単位の手数料に1ヶ月分の日数を掛け算すれば、1ヶ月の手数料が把握できるのです。

これで毎月の手数料をしっかり把握できるので、リボ払いの手数料を間違えて覚える心配がなくなります。

この計算方法を理解しておかないと手数料を把握できないため、できる限り覚えておきましょう。

リボ払い計算の具体例

リボ払いの計算方法を実際に試してみましょう。

ここでは10万円を借りた場合の手数料を計算します。

金利はカードローンの上限金利となる18.0%です。

まずは10万円に18.0%の金利を掛け算します。

10万円×18.0%=18,000円

計算の結果、年間の手数料は18,000円だと判明しました。

次に1日単位の数字を計算しておきます。

18,000円÷365日=49.315…

計算すると、1日単位の手数料は大体49.3円だと判明しました。

この49.3円に対して、1ヶ月分の日数を掛け算します。

49.3×30日=1,479円

以上の数字が1ヶ月に支払う手数料となります。

10万円を金利18.0%で借りると、1,500円程度の手数料がかかってしまうのです。

この数字は比較的高いものと考えてください。

手数料を抑えられるポイントである金利や借入額等をしっかり考えて、最終的に借りる金額を決めておきましょう。

リボ払いの手数料は基本的に高いの?それとも低い?

リボ払いの手数料ですが、どのような場合でも基本的に高い傾向が出てしまいます。

手数料が多くなる理由は、サービスを提供している会社が利益を得たいためです。

手数料によって利益を得ておかないと、消費者金融のように経営を続けられない会社もあります。

より安心して経営を続けるためにも、基本的に手数料を高くするために金利を引き上げているのです。

また、借りた時に返済されないリスクを軽減するため、金利を高く設定する会社もあります。

返済時のリスク等に備えて、事前に利息で多くの金額を回収しておきたいと考えているのです。

こうした理由により、クレジットカードもカードローンもリボ払いの金利が高くなっています。

特にカードローンは18.0%を上限とした金利に設定されるケースが多く、かなり手数料を多くとられる場合が多いのです。

また、借入額もカードローンは多くなりがちで、手数料を引き上げる要因になってしまいます。

借入額が多くなればなるほど、最終的に支払う手数料は増えてしまうものと考えてください。

更に借入日数もリボ払いは多くなる傾向があります。

リボ払いは金額を抑えて支払う方針を取っているため、どうしても借入日数が増えてしまいます。

多くの借入をゆっくりと返済している場合、最終的に支払う手数料がかなり増えてしまう点に気を付けてください。

どれだけ少ない金額でも返済スピードが遅くなると手数料が多くなってしまいます。

手数料を多くとられないためにも、しっかりと手数料を考慮して支払いを続けましょう。

リボ払いは会社側も長く契約させようとしている

リボ払いは会社側も長く支払いをさせるため、最低限の返済ができるというメリットを提示する傾向にあります。

本来は早く返済できる一括払いが用意されているほか、カードローンでも一括返済や随時返済などの返済方法が採用されています。

しかし、会社側の利益を増やしたいと考えているため、できる限りリボ払いを使って最低限の返済をしてほしいと考えているのです。

できる限り手数料を多く受け取り、会社側の利益に反映させるための行動を色々と取っていると考えてください。

一見すると、毎月の返済が抑えられるリボ払いは、安心して返済できるものと考えやすいかもしれません。

しかし、実際は高い手数料が将来的に発生するため、リボ払いを続けていると損失ばかりが増えてしまいます。

毎月の返済は楽になるが、代わりに手数料を失っていることに気づかないと返済に失敗してしまいます。

会社側の思惑に乗らないように気を付けて、リボ払いを使わないように心がけてください。

特に甘い誘惑をしてくるクレジットカードは気を付けたほうがいいでしょう。

なお、カードローンはリボ払い以外の返済方法は手続きをしないと使えません。

面倒ならリボ払いの返済額を増やすなどの対応で返済額を増やすといいでしょう。

リボ払いを使わないほうがいい理由は他にも

リボ払いを使わないほうがいい理由は、単純に利息が増えるからという理由だけではありません。

他にも色々な問題点があり、リボ払いは使わないほうがいいのです。

リボ払いを使わないほうがいい理由は以下の通りです。

  • 支払い期限までに全額の支払いができない場合もある
  • リボ払いによって債務を抱え続けて審査に影響する
  • 知らないうちにカードの使いすぎが発生している
  • 延々と契約を更新しなければならず解約が困難に
  • 利用明細の確認をしないと返済状況が把握できない
  • 毎月の支払い手続きをするのが面倒

以上の理由により、リボ払いを使わないほうが安心できるのです。

特にリボ払いの支払い状況を把握できない問題で、返済や借入に大きな影響を及ぼす問題には気を付けておきましょう。

ここからはリボ払いを使わないほうがいい理由について説明します。

支払い期限までに全額の支払いができない場合もある

支払い期限までにお金を返せない可能性があります。

実は一部のカードローンは、支払い期限が設定されています。

この支払期限までに全額を返せない場合は、一括払いで返すように求められてしまうのです。

つまり支払い期限までに返しきれなかった場合、最後の1ヶ月で全ての残高を返さなければなりません。

あまり多くの金額が残っていないのであれば問題ないのですが、多くの債務が残っていると返済困難に陥ってしまいます。

支払い困難な状態で多くの債務を返すように言われてしまうと、返済できずに遅延損害金の対象となる場合があります。

この場合は更に余計な手数料を取られてしまい、大きな損失を出してしまいます。

絶対に大きな損失を出さないためにも、リボ払いを使わずにしっかり返済するように心がけてください。

なお、返済期限が延々と更新されるタイプのカードローンでも、債務を抱えすぎると将来的に手数料で大きな損失を出します。

返済期限に問題がないからと言って、延々とリボ払いを使うのは避けましょう。

リボ払いによって債務を抱え続けて審査に影響する

リボ払いは債務を残し続ける可能性が高く、債務者として返済し続ける期間が増えてしまいます。

債務者として扱われている場合、当然ですがローンの審査に影響してしまいます。

リボ払いで借りていた債務が影響して、本当に契約したい住宅ローンやマイカーローンの審査に落とされる可能性もあるのです。

審査に落とされたくないと思っているなら、リボ払いを使ってお金を借りないほうがいいでしょう。

なお、クレジットカードのショッピング枠はローンに影響しません。

しかし、クレジットカードを持ちすぎるとリボ払いに関係なくローン審査に影響する場合があります。

リボ払いを主体とするクレジットカードはあまり持たないほうがいいでしょう。

知らないうちにカードの使いすぎが発生している

特にクレジットカードで起こりやすい問題です。

クレジットカードを使いすぎてしまい、大きな債務に変わっている可能性があります。

リボ払いは返済を楽にしてくれるのですが、毎月の返済額が増えないために残高がなかなか減りません。

その状況に気づかずクレジットカードを使い続けていると、いつの間にかとんでもない利用額に変わっている場合も多いのです。

場合によっては1つのクレジットカードで50万円以上使っている可能性もあります。

本来ならこの金額に到達する前に大きな返済をしたいところですが、リボ払いを使っていると返済状況に気づかないので金額を把握できないのです。

利用可能枠などを確認しなければ返済状況がしっかり把握できないリボ払いは、非常にデメリットの大きな方法と言えるでしょう。

同時にクレジットカードを利用する際は、しっかりと利用枠や現時点で使っている金額を把握するように心がけてください。

延々と契約を更新しなければならず解約が困難に

リボ払いの残高が残っていると、解約不可能となります。

債務が返済されていないので、解約手続きが実施できないのです。

つまり解約したいと考えているなら、リボ払いの残高を0円にしなければなりません。

しかしリボ払いで返済を続けていると、返済がなかなか終わりません。

リボ払いでゆっくり返済を続けていた場合、本当に解約したいときに解約できないような状況に陥ってしまうのです。

その結果、カードローンなどを延々と更新しなければならず、要らないと思っても返済のためにカードローンの契約が続いてしまうのです。

本当に要らない時に解約したいと考えているなら、リボ払いを使わずに返済を考えるといいでしょう。

また、カードローンは一括返済などを利用して早期に返し、解約手続きに踏み切る方法も考えてください。

利用明細の確認をしないと返済状況が把握できない

利用明細を見ておかないと現時点での借入状況がわからない問題もあります。

利用明細はWEBを利用して確認する方法が多くなったため、近年は確認していない人も多くなっています。

リボ払いを使っている場合、利用明細の確認をしないまま使い続けてしまい、最終的に債務が多くなっている可能性があります。

また、利用明細を見ていないために返済状況がわからず、返済がしっかり進められているか把握できない問題もあります。

しっかりと返済状況を確認するなら、利用明細を確認したほうがいいでしょう。

ただ、リボ払いを使っていないのであれば、利用明細を何度も確認する必要はありません。

何度も確認したくないと思っているなら、そもそもリボ払いを使わないほうが安心なのです。

毎月の支払い手続きをするのが面倒

毎月の支払い手続きが面倒に感じる場合もあります。

返済額を変更する場合などは特に面倒に感じる場合が多いのです。

毎月のように返済額を変えていると、手続きの変更作業だけで多くの時間を取られてしまいます。

より簡単に返済手続きを終えたいのであれば、リボ払いよりも分割払い、もしくは一括払いなどを利用したほうがいいのです。

カードローンの場合は、リボ払いを使い続けると同時に一括返済や随時返済を利用して、毎月の返済額を調整しなくてもいいように心がけましょう。

返済額を毎月のように調整しなければならないリボ払いは、面倒なので避けたほうがいいかもしれません。

リボ払いを使わないで返済をするにはどうするのか

リボ払いを使わないで返済したいと考えても、どのように返済していけばいいのかわからない場合もあります。

そこで今回はリボ払い以外の返済方法について紹介します。

返済を楽にするだけでなく、変わった方法でリボ払いを別の返済方法に切り替える手段もあります。

これから紹介する方法を利用して、より安心して返済できる状況を作りましょう。

一括払いを持つクレジットカードを利用して返済方法を変える

リボ払いのクレジットカードを使うよりも、一括払いを持っているクレジットカードに変えるのが一番いい方法でしょう。

一括払いを持っているカードに切り替えれば、毎月の返済は一括払いとして扱われ、リボ払いのように債務を分割する必要がありません。

しかも一括払いを利用しておけば、利用可能枠が常に残り続けるため、クレジットカードで高額な買い物をする際には便利です。

できる限り一括払いを利用して、クレジットカードに余裕を持たせるといいでしょう。

なお、リボ払い専用のクレジットカードでは、一括払いの選択ができないので注意してください。

一括で返せるカードローンを利用して一括返済を実施

カードローンの中には一括返済が可能な場合もあります。

この一括返済を利用すれば、リボ払いを使わずに返済できまず。

ただ、一括返済の手続きが必要なので注意してください。

電話をしなければ一括返済に変えられない場合もあります。

もし電話が必要な場合は、速やかに連絡を入れて返済方法を変えてしまいましょう。

返済方法を変えてしまえば、一括返済でリボ払いの残高を確実に0円にできます。

なお、手数料を約定返済日に請求される場合もあるため、返済時には返済が分割されるかどうかを確認してください。

最初から分割払いを使い、支払い回数を決める

クレジットカードの場合、リボ払いを使わずに分割払いを使いましょう。

同じ分割ではありますが、確実に残高を0円にできる方法です。

分割払いも手数料がかかりますが、最小限の分割であればリボ払いよりも手数料を抑えられます。

手数料を減らして毎月の返済を抑えられる点では、分割払いを使ったほうが圧倒的に得をします。

リボ払いを使い続けるくらいなら、分割払いに切り替えて返済を楽にしたほうがいいでしょう。

その際には分割できる回数や分割により発生する金利に気を付けてください。

リボ払いの支払い額を増やして一括払いと同じ状態を作る

リボ払いの支払い額を増やす方法を使い、一括払いと同じ状態を作る方法もあります。

これはリボ払い専用のクレジットカードで特におすすめの方法です。

また、一部カードローンでも同様の方法で返済額を引き上げ、一括返済に近い方法が使えます。

一括払いに近い状態にする方法ですが、リボ払いで支払う返済額を変更するだけです。

この返済額を変更するだけで、一括払いに近い状態に持っていけるのです。

この時に注意しておきたいのは、リボ払いの返済額を大きく引き上げることです。

10万円程度では、カードの利用状況次第では債務が残ってしまう場合があります。

できれば20万円程度の金額に設定し、確実に残高が0円に変わるように調整してください。

毎月の返済額を引き上げてしまえば、どのクレジットカードでも確実に一括払いが可能です。

クレジットカードにはリボ払い専用カードもあるので注意しよう

先ほども少し取り上げましたが、クレジットカードにはリボ払い専用カードも存在します。

この方法はリボ払いしか設定できません。

一括払いが最初から使えないため、支払いが困難になりやすく、毎月の返済で残高を把握しづらくなっています。

もしリボ払いが嫌ならリボ専用のカードは避けてください。

リボ払い専用のカードは、ホームページ等にしっかりとその情報が掲載されています。

先に情報を確認して、間違えてリボ払い専用のカードを発行しないようにしましょう。

また、クレジットカードを選ぶ場合は、なるべくカードの比較サイトで確認するように心がけてください。

クレジットカードの中にはリボ払いが最初に設定されるものもある

一括払いが使えるクレジットカードの中には、一括払いの設定が可能なのにリボ払いが標準に設定される場合があります。

その理由は、カード申込みの時点でリボ払いを設定しているためです。

実は申込みの段階で一括払いではなくリボ払いに変更できるチェック部分が存在します。

この部分にチェックを入れたことで、リボ払いに設定されてしまうのです。

もしリボ払いに設定された場合は、一括払いに設定を変更しておきましょう。

クレジットカードの会員ページを使えば設定は簡単に変更できるので、早めにリボ払いによる返済を中止して一括払いに変えてください。

また、申込時にリボ払いを設定しないように気を付け、申込みの時点でリボ払いが適用されないようにしましょう。

カードローンは基本的にリボ払いが主体!避けられないので注意

カードローンはリボ払いが設定されているため、基本的に一括払いですぐに返すのは難しい商品です。

基本的にリボ払いを使って残高を減らしていく方法を取らなければなりません。

ある程度の返済が進めば、最終的に繰り上げ返済や一括返済で残高をすべて返済できます。

自分の貯金などで一括返済ができる状態だと判断できれば、リボ払いを注視して一括返済を使ってください。

一括返済が終われば債務がなくなり、毎月の支払いが終了します。

これは延々とリボ払いを使うよりも利息面で得をする他、場合によっては毎月の生活に安心感を得られるかもしれません。

リボ払いはなるべく避けること!手数料のリスクはかなり高い

リボ払いは返済額を抑えられるメリットを持っていますが、その反面手数料を多く取られてしまう支払い方法です。

基本的にリボ払いの手数料は相当高いものと考えてください。

余程返済が厳しい場合を除き、リボ払いは使わないように心がけておきましょう。

基本的にクレジットカードは一括払いを主体に使い、カードローンは一括返済できるようなら一括返済を中心に使えばリスクを減らせるでしょう。

404 NOT FOUND | お金マニュアル