静岡銀行カードローン「セレカ」の審査は甘い?審査時間はどう?

静岡銀行カードローン「セレカ」

静岡銀行カードローンは審査基準がやや厳しいカードローンです。

限度額が高くなるにつれて、どんどん金利が引き下げられるのが要因です。

高い限度額を希望している方は、静岡銀行カードローンの審査基準をしっかり満たしておきましょう。

ここでは静岡銀行カードローンの審査基準や保証会社について説明します。

静岡銀行カードローンの審査で見ているポイント

静岡銀行カードローンの審査では、以下のポイントを確認しています。

  • 現在の収入
  • 会社で働いている年数
  • 他社借入金額と件数
  • 信用情報
  • 静岡銀行の取引状況
  • 申込者の年齢

以上の要素をすべて確認し、問題がなければ審査を通過できます。

問題があれば他の要素を加味して審査を通過させるか考慮されます。

複数個所に問題があると審査に落とされやすくなるので注意しておきましょう。

ここからは静岡銀行カードローンの審査で必要なポイントを詳しく紹介します。

現在の収入

現在の年収を確認し、返済能力があるかを判断されます。

返済能力がないと判断されれば審査に落とされてしまいます。

静岡銀行カードローンは最大で500万円の限度額を得られますが、高い限度額を得るには大きな年収が必要です。

返済能力がないと判断される年収しか持っていなかった場合、審査に落とされます。

できる限り年収は多く確保して、より多くの限度額を狙うと同時に審査を通過しやすくしましょう。

確実に審査を通過したいなら、300万円ほど年収を確保してください。

アルバイトやパートの方は、限度額を引き下げれば150万円程度でも審査を通過できます。

100万円以下の年収や無収入ではほぼ審査は通過できないので、収入が100万円に満たないようなら審査を受けないほうがいいでしょう。

なお、希望限度額に対して年収が不足していると判断された場合、限度額を下げたうえで審査を通過する場合があります。

会社で働いている年数

会社で仕事をしている年数は、信用を得るためには重要なポイントです。

働いている年数が明らかに少ないと判断されれば審査に落とされてしまいます。

理由は試用期間の可能性がある他、退社する可能性がそれなりに高いと判断されるためです。

また、安定した収入確保のためには、ある程度仕事の年数がないと駄目だと判断されています。

従って仕事の年数は気を付けたほうがいいでしょう。

1つの仕事をどれだけ続けているかが審査で大きく影響します。

転職すると年数はリセットされるので気を付けてください。

この年数は最低でも1年以上、できれば2年以上は確保したいところです。

より高い限度額を狙うなら3年以上の仕事年数を確保してから審査を受けるといいでしょう。

他社借入金額と件数

審査で収入に次いでかなり重要なポイントと言われるのが他社借入金額です。

他社借入を持っている人は、それだけで審査基準を満たせない可能性が高く、審査に落とされやすくなります。

ただ、少額の借入であればそこまで影響はないと判断され、限度額を差し引いて審査を通過できる場合もあります。

審査に落とされる借入額は年収の3分の1以上借りている場合です。

年収の額から33%以上借りている人は、返済能力があっても返済されないリスクが高いと判断され、審査に落とされてしまいます。

また、近年は銀行カードローンが自主的に総量規制に近い方針を採用しており、総量規制のルールを超える借入は実施しない傾向があります。

従って年収の3分の1以上を借りてしまった場合は、静岡銀行カードローンの審査を通過できる可能性が低いと考えてください。

他社借入件数が多いと金額に関わらず審査に落とされる

他社借入額は低いものの、他社借入件数があまりにも多すぎる場合は審査に落とされてしまいます。

具体的な数字としては、3件から審査に落とされるリスクが高くなります。

3社から借りている場合は、審査に落とされても仕方ないと考えてください。

4件以上の借入を持っていると審査にほぼ落とされてしまいます。

静岡銀行カードローンを利用するなら、他社借入件数を増やさないように気を付けてください。

件数は金額に関係なく、1社から借りていると判断されればカウントされます。

少額の借入が多いなら、おまとめローンなどを利用して1つにまとめ、1社だけの借入に抑えるといいでしょう。

なお、借入件数に該当するのはクレジットカードのキャッシングや消費者金融、他社銀行カードローンなどが該当します。

住宅ローンやクレジットカードのショッピング枠は対象外なので気にしないでください。

信用情報

カードローンと契約する際、信用情報の確認が行われます。

信用情報は全ての人に作られている情報であり、いい情報も悪い情報も残されています。

静岡銀行カードローンの審査では、信用情報の確認が確実に行われており、どのような情報が残っているのか見られます。

ここで悪い情報が複数見つかる場合は、貸すリスクが高いと判断されてしまい審査に落とされてしまいます。

具体的に審査に落とされる原因としては以下の情報があります。

  • 借金の返済をしていない
  • カードローンの申込みに落とされている
  • 債務整理をしている

以上の情報が審査に落とされる原因となります。

特に借金の返済をしていない場合、債務整理をして減額している場合は審査に落とされるので気を付けてください。

カードローンの申込みに落とされている場合、1回程度なら大丈夫ですが、複数回同じカードローンで落とされていると危険です。

静岡銀行カードローンの審査に落とされている方は、過去の情報に気を付けて審査を受けるといいでしょう。

信用情報は一定の期間が経過すると削除されます。

悪い情報が残っていると思うなら、まずは悪い情報が消えるまでゆっくりと待つようにしましょう。

時間が経てば審査を通過できる可能性は高くなるのです。

静岡銀行の取引状況

静岡銀行と取引をしている場合、過去の取引情報が審査基準に加わります。

特に問題がなく、日ごろから静岡銀行の口座を使って取引をしているなら、信用度が高いと判断されて審査を通過しやすくなります。

静岡銀行をメインバンクにしている方は、審査を通過しやすくなるでしょう。

一方で静岡銀行とトラブルを起こしている場合や、過去に静岡銀行の商品を使って返済していない時期があった場合、審査に落とされる可能性はかなり高くなります。

過去に静岡銀行の商品を使って問題を起こしたのであれば、静岡銀行カードローンの審査は受けないほうがいいでしょう。

審査通過どころか、既にブラックリストなどに掲載されており、審査すら受けられない可能性もあるのです。

申込者の年齢

申込者の年齢が利用可能年齢に達していない場合、もしくは利用可能年齢を超えている場合は審査に落とされてしまいます。

静岡銀行カードローンは、満20歳以上70歳未満の方が利用できます。

19歳以下や70歳を超えてしまった場合は審査に落とされてしまいます。

未成年はどのカードローンも利用できないので、まずは20歳になるまで待ってください。

高齢の方は年金では返済できないと判断され、大半のカードローンが70歳以上で利用を停止されます。

高齢の方はカードローンではなく、他の方法で借りられる手段を見つけるといいでしょう。

静岡銀行カードローンの審査基準は厳しいのか

静岡銀行カードローンの審査は、限度額がそこまで高くなければ審査は厳しくありません。

少額の借入であれば、審査を通過できる可能性は高くなるでしょう。

しかし、高額な借入になると金利が引き下げられるため、審査基準が一気に厳しくなります。

特に400万円以上の限度額を狙うと、金利が1桁に設定されるため審査基準はかなり厳しく、なかなか審査を通過できません。

大きな限度額を狙ってしまうと、審査落ちのリスクが高まるので気を付けておきましょう。

どうしても高い限度額を狙うなら、年収を増やして安定した仕事をしていると示し、その上で借金をしていない状況を作らなければなりません。

審査だけ通過すればいいと思っている方は、まず限度額を抑えて審査を受けてください。

限度額を下げれば審査基準は下がり、楽に審査を通過できる場合もあります。

後から増額審査を受ければいくらでも限度額は増やせるので、最初のうちは少ない限度額で契約するのもいい方法です。

静岡銀行カードローンの審査時間は?

時計を気にする女性

銀行カードローンの審査となれば、審査時間が長引くのではないかと考える方は多いでしょう。

しかし静岡銀行カードローンの審査は30分程度で完了できるのです。

銀行カードローンでここまで早い審査を実現できるのは静岡銀行カードローンくらいで、非常に速い会社と言えるでしょう。

理由は審査を早くする方法をしっかり作っていること、そして銀行が採用している自主規制を行っていない部分が関連しています。

近年は自主規制により、審査の時間を遅くしている銀行が多くなっています。

しかし静岡銀行カードローンは、早い審査を続けており、安心して審査を受けられるようにしているのです。

早い審査を受けられるという部分では、審査を受けやすいと感じるカードローンかもしれません。

申込内容に問題がなければ、ほぼ審査時間は30分で完了するでしょう。

しかし申込内容に少しでも問題があり、確認作業が必要と判断されれば審査時間は延びてしまいます。

悪い情報ばかりが残っていると、数日程度の時間が必要なので気を付けてください。

また、長期休暇や休日を挟むと審査時間が延びてしまいます。

長期休暇前の申込みは避けたほうがいいでしょう。

静岡銀行カードローンで審査を受ける際の流れ

静岡銀行カードローンで審査を受ける場合は、以下の流れに沿って審査を受けてください。

  • 申込
  • 本人確認書類と収入証明書の提出
  • 申込内容の審査
  • 在籍確認
  • 審査結果通知

基本的な審査の方法は他社と変わりません。

必要な申し込みを行い、最終的に審査をすべて通過できればカードローンが発行されます。

1つ1つの作業をしっかり行えば、すぐに融資を受ける方法も期待できるでしょう。

ここからは静岡銀行カードローンの審査の流れを詳しく解説します。

申込

静岡銀行カードローンへ申込みます。

申込の方法は電話や静岡銀行の本店、支店などでも対応していますが、インターネットから申し込むのが一番楽な方法です。

インターネット申込であれば、必要な情報を入力する欄が既に作られているほか、確認作業も簡単にできるようにしています。

すぐに情報の確認ができる点でも使いやすく、インターネット申込を活用したほうが楽に申し込みは終わるのです。

ネットが使えない方は支店などへ行って相談しながら申込むといいでしょう。

本人確認書類と収入証明書の提出

本人確認書類の提出をしなければ静岡銀行カードローンの審査は進みません。

インターネット申込であれば、アップローダーやメールの添付ファイルを使って送付する方法が用意されています。

使いやすい方法を選んで、早めに本人確認書類を出すようにしてください。

電話の場合もインターネット申込と同じような方法が採用できるほか、FAXでの送信も認めてくれます。

静岡銀行へ行って申込む場合は、その場で必要な書類を見せれば対応してくれます。

申込みの方法によって提出する手段が変わるので気を付けてください。

また、限度額によっては収入証明書の提出も必要です。

収入証明書を出す場合は、新しい書類を提出するほか、できる限り収入がわかりやすい書類を選んでください。

源泉徴収票や確定申告書、給与明細の2ヶ月分などを提出すれば収入証明書として扱われます。

必要な書類を事前に準備して、スムーズに審査を進められるように心がけましょう。

申込内容の審査

申込内容の審査が行われます。

申込内容に問題があれば、この後の作業を進めることなく審査に落とされてしまいます。

借金等の問題ならかなり早い段階で審査落ちの連絡が届きます。

一方で問題なしと判断されれば次の作業に入ります。

在籍確認

静岡銀行カードローンでは、在籍確認が確実に行われており、仕事をしている状況などを電話で確認します。

在籍確認により、仕事をしていると確認できる場合は審査を通過してカードローンが利用できます。

一方で在籍確認をしても在籍していると考えられない場合、審査に落とされてしまいます。

在籍確認ができないのは、虚偽の記載に該当していると判断されるためです。

また、在籍確認の電話に会社が出てくれない場合も審査に落とされてしまいます。

電話に出やすいタイミングを静岡銀行側にしっかり伝えるようにしましょう。

在籍確認の電話は長く話すわけではありません。

短時間で電話を切ってくれるため、他の人にカードローン審査だと気づかれる心配はないのです。

審査結果通知

審査を通過している場合、メール等で結果が通知されます。

限度額と金利を確認してください。

カードは後程郵送で届きますので、すぐに受け取れません。

すぐに融資を受けたい方は、振込による融資を希望してください。

静岡銀行カードローンの在籍確認は避けられない

先ほども説明した通り、静岡銀行は在籍確認で審査を進めます。

安心してカードローンと契約するためにも必要な審査が在籍確認なのです。

この在籍確認は避けられず、他の方法を使って電話を避ける手段がありません。

必ず電話がかかると判断して、会社へ電話してもいいタイミングを話などの対策をしてください。

ただ、静岡銀行という名称を出すわけではないので、カードローン審査だと気づかれる心配はないでしょう。

銀行名ではなく個人名で確認をするため、どの目的で電話をしたのかわかりづらいのです。

しかも申込者が在籍していると判断できればすぐに電話を切ってくれます。

長々と電話をしないため、不審に思われる心配もありません。

ただ、電話を変わるように会社から言われる可能性があります。

この場合は電話に出て適当に話をしておくといいでしょう。

在籍確認自体はそんなに難しい作業ではありません。

確実に電話ができる時間帯だけ伝えておけば、審査が止まる心配もないでしょう。

静岡銀行カードローンの保証会社は?

静岡銀行カードローンは保証会社を活用して審査を実施します。

カードローンの保証会社は1社が基本です。

しかし静岡銀行カードローンでは、2つの会社に保証会社を依頼しています。

その会社は以下の2つです。

  • 静銀ディーシーカード株式会社
  • 新生フィナンシャル株式会社

この2つの会社が保証会社となり、審査を担当します。

2つの会社のうちどちらか、もしくは両方の保証を受けられないと審査は通過できません。

2つのうち、静銀ディーシーカード株式会社は静岡銀行の子会社です。

つまり静岡銀行側が保証会社となり、審査を担当するという方法です。

この手法は銀行では多く採用されており、地方銀行でも使われています。

一方で新生フィナンシャル株式会社はレイクALSAを提供する会社です。

消費者金融系の会社へ保証会社を依頼するのも、地方銀行で多く採用される手法です。

つまり片方の保証会社は消費者金融なのです。

ただ、消費者金融だったとしても、信頼できる会社が審査を担当するため、決して危ないわけではありません。

どちらの保証を受けるかは審査状況によって変わります。

場合によっては2つの会社が保証会社として審査を担当し、双方が認めない限り審査を通過できない場合もあります。

なお、審査基準はどちらも変わりません。

片方の審査が極端に甘いという問題は起こらないのです。

両方の保証会社を指定されるケース

両方の保証会社を指定されるケースとしては、以下の状況が考えられます。

  • 審査基準ギリギリで双方の判断が必要
  • 過去の問題等を踏まえて2つの保証会社に依頼した
  • 審査内容から2つの会社に保証されなければ危険と判断された

このような状況であれば、2つの保証会社から同意を得なければ審査を通過できない可能性が高まります。

2つの会社が審査を担当すると、審査通過の難易度がかなり高くなるので気を付けてください。

なぜ2つの会社に審査されるのか詳しく説明します。

審査基準ギリギリで双方の判断が必要

審査基準ギリギリの状態で、審査を通過させるべきか慎重な判断が必要と思われた場合、双方の保証会社が審査を担当します。

収入面でギリギリだったり、他社借入に関連する問題等があれば、双方の会社が審査をして結果を出しています。

ギリギリの状態になると、審査時間が長引くだけでなく、審査の難易度もかなり上昇するのです。

なるべく審査基準ギリギリの状態は作らないほうがいいでしょう。

過去の問題等を踏まえて2つの保証会社に依頼した

静岡銀行で過去に問題を起こしていた場合、過去の問題を踏まえて保証会社を増やす可能性があります。

静岡銀行側の保証だけでは信用が得られないと判断され、もう1つの保証会社に連絡して審査を担当させる場合があるのです。

静岡銀行で問題を起こしている人は、審査基準が厳しくなるほか、保証会社も増えてしまうため審査クリアが難しくなるでしょう。

審査内容から2つの会社に保証されなければ危険と判断された

審査の結果、1つの保証会社だけでは信用が保証できないと判断された場合、もう1つの保証会社が審査を担当する場合もあります。

この場合は1社が審査を担当したのち、別の会社にも同様の審査を依頼して保証できるか判断してもらうのです。

当然ですが、後から2社目の審査が入るため審査時間は長くなってしまいます。

更に審査に落とされる可能性も高まってしまいます。

借入額や年収、更には信用情報等が原因で複数の保証会社が審査を担当する場合もあると考えておきましょう。

静岡銀行カードローンの審査は決して甘くない

静岡銀行カードローンの審査は甘いものではありません。

場合によってはかなり厳しい審査を受けるケースもあります。

2つの保証会社から信用を得ないと審査を通過できない場合もあります。

審査を確実に通過したいなら、安定した収入はもちろんのこと、他社借入や信用情報にも気を付けてから審査を受けたほうがいいでしょう。