最短即日融資が可能な『プロミス』
プロミス
おすすめポイント
  • Web申込なら最短1時間融資も可能
  • 2020年度オリコン顧客満足度ランキング1位
  • 郵送物なし!全て手続きをWeb申込みで完結可能
実質年率
4.5%〜17.8%
限度額
500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
無料審査申込みはこちらから

即日審査で最短融資!今すぐまとまったお金が必要なら知っておくべきこと

カードローンの審査について

急にまとまったお金が必要になってしまったけど、銀行の口座にお金は入ってないし、頼れる人もいない…。

そうなると選択肢の一つとして出てくるのがカードローンキャッシングです。

しかし、審査ってどれくらいかかるのだろう、お金の貸し借りですから審査に時間がかかってしまいそうですし、キャッシングしようと思っても、そもそも審査に通らなければお金を借りることはできませんよね。

結論から言うと最近はIT技術の発展や、審査システムの改革などにより、カードローンの審査時間がかなり短くなりました。

消費者金融をはじめ、銀行など多くの業者のカードローンが即日審査に対応しています。

しかし、短くなったとは言っても元の審査の長さがわからないから実際に審査にどれくらいの時間がかかるのかわからないし、審査に通ったとしていつからカードローンでの融資が受けられるのかわからないと不安ですよね。

  • 急にまとまったお金が必要になったけど、カードローンでのキャッシング経験が無い人
  • 即日審査からすぐに融資を受けたい人

この記事ではそんな上記の人たちのお悩みや疑問を解決していきます。

もし、審査についてよく知らずにカードローンを使用してしまうと大変なことになってしまうかもしれませんよ!

以下から、即日審査について書いていきます。

即日審査ってなに?

困っている女性

即日審査とは、あなたのカードローンの申し込みを受けてからすぐに審査を行い、審査結果をだしてくれる金融会社のサービスのことです。

審査時間は、会社によってまちまちですが、大手では審査はシステム化していて基本的には最短1時間程度で済むようになっています。

しかし、即日審査が出来たからといってそのまま即日融資が可能というわけではないです。

即日審査はあくまで「あなたにはこれくらいのお金を貸せますよ」という結果報告であって、今すぐお金を貸しますよという意味ではないのです。

以下から、即日審査と即日融資の違いについて書いていきます。

すぐにお金を借りたいという人は知っておいた方がいいですよ。

「即日審査」と「即日融資」は違うもの

既に上述していますが、即日審査について知ったところで注意しておきたい点があります。

それは、「即時審査」=「即日融資」ではないということです。

よく「即日融資」と「即日審査」を一緒くたに考えている方がいますが、即日審査と即日融資は、実は別物なのです。

「即日に審査が終わってお金を貸せると判断されたんだから、すぐに融資を受けられるんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。

即日審査が終わったとしても、即日融資を受けられるとは限らないです。

審査自体は即日行い、審査時間も短いけれど審査終了から融資への手続きに数日ほどかかるカードローン会社は珍しくないです。

しかし、即日審査後即日融資に対応しているカードローン会社もあるので、事前にしっかりと即日審査かつ即日融資でお金が借りられるカードローン会社なのか、しっかり調べておく必要があります。

即日審査を受けるうえで注意したいこと

冒頭でも多くのカードローン会社が即日審査に対応していると書きましたが、即日審査に対応しているからといって24時間いつでも、どの業種の金融会社でも対応しているかと言われればどうではありません。

数あるカードローン会社の中からなんの基準もなしに即日審査が可能な金融会社を探すというのも難しいと思うので、即日審査を受けるうえでの注意点や即日審査が可能な金融会社の特徴について書いていきますね。

即日審査が可能なのは消費者金融だけ

即日審査に対応しているのは消費者金融会社だけな点には注意が必要です。

銀行カードローンは即日審査できないのかと思われると思いますが、2018年より銀行カードローンは反社会的勢力でないかのチェックのため、警察庁のデータベースを照会することが義務付けられたのです。

そのため銀行カードローンに申し込みをして、即日で審査の回答をもらうということは、警察の回答を待たなくてはいけない関係で不可能です。

警察の回答は短ければ翌営業日、長いと2週間程度の時間がかかります。

そうなると審査後すぐに融資が受けられる銀行カードローンだとしても融資を受けられるのは早くても翌営業日、遅ければ数週間後となってしまいます。

なので、即日審査・即日融資を受けたいのならば消費者金融一択となります。

自動契約機が多い消費者金融を選ぶ

プロミス自動契約機

即日審査と即日融資が可能な自動契約機を導入している消費者金融会社は大手の金融会社に多いので、即日審査を受けたいなら選択する消費者金融会社は大手ということになります。

自動契約機で契約を完了し、そのままローンカードを受け取れる会社であれば、その場で即日融資も可能になるので、「今日まとまったお金が必要」という場合には、有効です。

現在は、わざわざ自動契約機までいかなくてもWEB上で審査を完結できる消費者金融もあるので、自分にあった方を選択しましょう。

web完結可能なキャッシングはこれ!バレずに借入可能!
最近のカードローン、キャッシングは、スマホやPCから行うことができる「web完結キャッシング」がとても多くなっています。 webで完結するキャッシングなら、気軽に時間をかけず、誰にもバレない借り入れが可能です。 多くの方の借り入...

在籍確認が問題なく受けられる状態にしておく

在籍確認に関しては、即日審査や即日融資に関係なく審査にはほぼ確実に必要になる項目です。

申請書に記入した会社へ在籍確認が行くだけですので、あなたが虚偽の記入をしていなければ一切問題ありません。

会社への在籍確認もバレないように消費者金融側で個人名を使って行ってくれるので会社にあなたがカードローンを申請したことがバレることはないので安心してくださいね。

在籍確認なしのカードローンはあるのか?誰にもバレずに借りる方法
カードローンを利用することを誰にも知られたくない! カードローンに申し込みをする人は誰でもそう考えるでしょう。 誰にもバレずにカードローンを利用するための最大の障壁が「在籍確認」だともいえますが、在籍確認なしで済ませられるカードロー...

あらかじめ必要書類をすべて用意し、内容は正確に記入する

消費者金融や借りる金額などによって、必要な書類は異なってきます。

カードローンを使用する金融会社提出が必要な書類は予め揃えておきましょう。

また、全ての書類に正確な記入をし、確認も怠らないようにした方がいいです。

もし記入漏れや記入ミスがあると確認のために時間を要するため、本来ならすぐに終わるはずの審査が一つのミスで何時間も、最悪数日間長引くということもあります。

自動契約機や最近ではWEBで簡単に完結できる申し込みですが、あくまでお金の貸し借りという意識を念頭に置いて、書類などはしっかりと準備しましょう。

借入金額が50万円以上を越える場合、収入証明書が必要

上述の書類ですが、金額によって提出書類が変わると書きましたが、それが収入証明書になります。

収入証明書は、以下の場合に必要になります。

  • 借入金額が50万円を越える場合
  • 2社以上の合計で借入金額が100万円を越える場合

総量規制という年収の3分1までしかお金を借りる事ができない法律がある影響で高額になると必要になります。

借入金額が高額になる場合は、収入証明書も用意しておきましょう。

総量規制とは?総量規制対象外で即日融資に対応しているカードローンや審査の甘いカードローンはあるのか
その他銀行キャッシングも総量規制の対象外です。 総量規制とは、過去債務者が借り過ぎによる生活破綻を起こす人が現れたことによって生まれた法律です。 個人の持つ返済能力を超えないようにキャッシングを行うための法律で、年収の3分の1以...

即日に審査を受けて、すぐに融資を受けたいなら午前中に申請

本日中にまとまったお金が必要という場合、カードローンの申請はなるべく早い時間に行った方がいいです。

できれば、申請は午前中には済ませておいた方がいいでしょう。

消費者金融会社の多くが、申請の締め切りを21時ほどにしています。

短い審査が売りの消費者金融会社でもイレギュラーや申請が混み合い一時間以上かかってしまうことを想定して動くべきです。

特に土日祝などは申請者で混み合う傾向にあるので、午前中に申請しないと即日融資は難しくなってしまうかもしれません。

消費者金融には繁忙期と閑散期が存在する

即日審査に通過し、即日融資を受けたいのならカードローンを提供する消費者金融会社にも繁忙期と閑散期があることを覚えておきましょう。

土日祝のように繁忙期に審査を申し込んでしまうと混み合ってしまい、即日審査対応の会社でも即日審査から即日融資までスムーズに処理できない可能性があります。

カードローン利用目的は「投資」に設定する

「カードローンの利用目的」を聞かれる場合がありますが、この時の目的は少しでも「返済能力がありそう」なものと選びましょう。

具体的に言うと、「投資」や「貯金」など、余裕を感じさせるものがおすすめです。

例えば、友人に「今月の生活費足りないからお金を貸してほしい」と頼まれるのと、「ゲームが欲しいけど給料日が三日後で買えないからお金貸してほしい」と頼まれるのどちらがお金を返してくれそうですか?

心情的には前者の方が可哀そうですし、貸してあげたい気持ちにはなりますが、いつ余裕ができてお金が返ってくるかもわからないし、催促もしにくいですよね。

後者は理由はゲームかよと思いますが、お金を借りてゲームを買う余裕がある分、お金は返ってきそうですよね。

消費者金融に申し込む際もそれと同じで、少しでも余裕を持った理由に設定するのがおすすめです。

勿論、実際に投資に使う必要はありません。

多重申込みは避ける

信用情報には、「申し込み記録」も残ってしまいます。

そして、短期間に複数の申し込み記録が残っていた場合、審査で不利な信用情報となってしまいます。

友人がお金を貸してほしいと言ってきていて、しかしその友人は他の人からもお金を借りていること知っていたとしたら、あなたはその人にお金を貸せますか?

少し躊躇ってしまうのではないでしょうか。

即日審査結果が欲しいと思っているなら、ぜひとも短期間の多重申込みは避けるようにしてください。

希望借入額は少額に

キャッシング申し込み最初の段階で、「希望借入額」を聞かれることが多いです。

この時希望借入額を少額にしておくことで、返済不能となるリスクが小さいと判断されるので、審査に通りやすくなります。

必要ないならば「10万円」など最低金額での申し込みをおすすめします。

カードローンの審査基準は?

即日審査、即日融資できると謳ってはいても実際に審査に通過できるかどうかというのは、また別の話です。

即日審査は、審査が甘いということではありません。

それでは、審査の基準はなにで決められるのでしょうか?

以下で紹介していきます。

属性審査

まずカードローンの審査で見られるのが「属性」です。

属性で表現されるのは、申し込んだ人の基本的な生活能力です。

具体的に言うと、「年齢」「年収」「勤続年数」「職業」などです。

属性の審査は「加点形式」で審査が行われます。

  • 若すぎず歳を取りすぎてない人は、働き盛りと見られるので加点。
  • 年収が高ければ、それだけ返済能力が高いと見られるので加点。
  • 勤続年数が長ければ、定期的に安定した収入が見込めるので加点。
  • 職業が安定した公務員や国家資格が必要で替えの効きにくい医者や弁護士、大企業の社員などであれば、高収入や経営(県や市)が潰れない限り安定した収入が見込めるので加点。

といったように消費者金融会社ごとで加点の幅や属性の設定などは変わりますが、大体この辺が基本的な審査の判断基準になります。

この属性は審査の通過だけでなく、借入限度額の設定額にも大きな影響を与えます。

カードローン限度額ってなんなの?最大借入限度額と借入限度額の違いに注意!
急にまとまった金額のお金が必要になることが多い人や衝動買いしてしまって給料日前に生活費がカツカツになってしまうという人には、カードローンはかなり便利なツールです。 しかし、カードローンをしようしたことのない人からすると借入限度額などの...

信用情報審査

属性の審査以上に重要なのが、この「信用情報の審査」です。

信用情報とは、信用情報期間に記録されている、個人の金融サービスと触れ合ってきた歴史です。

この信用情報には、その個人の「キャッシング借入・返済の履歴」「キャッシング申し込み履歴」「債務整理記録」が残ります。

ここで「返済遅延」などの金融事故が残っていると、カードローンの審査でかなり不利となってしまいます。

自分の信用情報は、信用情報機関に「信用情報開示請求」を出すことで確かめることが可能です。

消費者金融は「総量規制」に注意

大量の外国のお金が封印

消費者金融カードローンの審査を受ける際には「総量規制」にも気をつける必要があります。

総量規制とは、貸金業法内の規定の一つで、「総借入額が年収の3分の1を越えてはいけない」という法律。

つまり、他の消費者金融や銀行から借入額が年収の3分の1を越えた段階で、消費者金融の審査に落ちてしまうということです。

始めてカードローンを使用するという方には関係ないですが、既に複数のカードローン会社から借入をしているという場合は、自分の借入額をもう一度見直してみてください。

即日審査、即日融資対応の消費者金融会社

実際にどこの消費者金融会社が即日審査に対応しているのでしょうか。

即日審査に対応しているおすすめの大手消費者金融会社をいくつかピックアップしてみたので、カードローンを選ぶ際の参考にしてください!

プロミス

現金をすぐ借りたいなら、プロミスのカードローンで借りるのがおすすめです。

プロミスは、自社の無人契約機と、三井住友銀行内のローン契約機でカードが発行できるだけでなく、スマートフォンアプリをカード代わりにATMから現金を借りることができます。

もちろんプロミスのカードローンで借入れは即日融資での借入れも可能なので、現金の借りやすさという点では、プロミスのカードローンの右に出るものはないと思っています。

プロミスから即日融資!今日お金を借りるための方法
「どうしても今日お金が借りたい」 「プロミスから即日融資が受けたいが可能なのか」 こちらの記事では、そんな人に向けて書いていきます。 普段の生活の中でお金が足りなくなることは急に訪れます。 そんなとき便利なのが消費者金融。 ...

アコム

アコムのカードローンも即日借りやすいカードローンです。

アコムの元祖無人契約機「むじんくん」なら、21時までの申込みで即日カード発行が可能。

しかも借入カードにはクレジットカード機能を搭載できるので、現金を借りるのと同時にクレジットカードを即日発行可能です。

もちろん、初回借入には30日間の無利息サービスを利用可能なので、まとまったお金が必要だけどカードローンはこの先使う予定があまりないという人にも安心です。

アコムの借り方徹底解説!アコムで即日融資を受けるにはいつまでに申し込めばいい?
みなさんご存知大手消費者金融「アコム」は、当然他の消費者金融と同じく即日融資に対応しています。 ですが、アコムから即日融資を受ける際、おさえておくべきポイントも多いです。 「急いでアコムからお金を借りたい!」 と思っている...

消費者金融に恐いイメージがあるならクレカのキャッシング枠

最近では消費者金融もポップなCM展開で恐いイメージを払拭しようとしていますが、やはり消費者金融でお金を借りるというのは気が引けるという方がいるのは事実です。

そんな方は、現在お使いのクレジットカードのキャッシング機能を使うのはいかがでしょうか。

お金を借りるという点においてカードローンと変わりませんが、普段からつかっているクレジットカードに付属されている機能であれば、恐いイメージも少しは減少するのではないでしょうか。

まとめ

即日審査とはなにか、即日審査と即日融資が違うこと、即日審査の通過率を上げる審査対策もお伝えしました。

即日審査対応のカードローンは、銀行カードローン全てが反社チェックを行わなくてはいけない関係で以前に比べ減ってしまいましたが、大手の消費者金融のカードローンなら即日審査対応のものが多いです。

自分にあったカードローン会社を選んで、確実に時間をかけずに審査結果を受け取り、即日融資を受けられるようにしましょう。

ただし、すぐにお金が借りられるからといって、必要以上のお金を借りるのはやめましょうね。