消費者金融や銀行のネットキャッシングのメリットとは?

カードローンの審査について

カードローンでのキャッシングといえば、やはりカードを使ったATMからのキャッシングです。

しかし最近は、ネット上での借入、「ネットキャッシング」に対応したカードローンが多くなっています。

ネット上でお金の借入、返済が可能ならば、あなたの時間と労力が無駄にならないという点で、かなり便利ですよね。

そもそも、ネットキャッシングとは?

ネットキャッシングとは、パソコン・スマートフォンからネットへアクセスして行う、利便性の高いキャッシングサービスです。

ネット上から自分の口座を指定することで、指定口座に借り入れたお金が振り込まれます。

このネットキャッシングのサービスが広まったのは、やはりスマートフォンの急速な普及がきっかけでしょう。

さらに、「こっそりカードローンでお金を借りたい」という需要が高いのも要因の一つです。

ネットキャッシングのメリットは

ネットキャッシングのメリットは、なんといってもキャッシングが気軽なこと。

インターネットにアクセスできる環境であれば、どこにいてもお金を借入れることができるのは大きなメリットです。

限度額までならば、何度でも小刻みにお金を借入れることができる「カードローン」の特性とピッタリのサービスですよね。

それに、ネットキャッシングでの借入は手数料がかからないことがほとんどです。

ネットキャッシングのデメリット

気軽に借りられるのは、考えようによってはデメリットでもあるのです。

ネットから簡単に借りられすぎると、「お金を借りている」気分が薄れてしまいます。

それにより、自分の持つ「返済能力」以上の借入を行ってしまう人も多いのです。

ネットキャッシングを利用する際には、しっかりと自覚的に、計画性を持ったキャッシングが必要です。

さらに、ネットキャッシングには銀行の営業時間が大きく関係するので、お昼すぎまでの借入など時間制限が厳しいことがほとんど。

消費者金融などによっては、時間を気にしながらキャッシングを行う必要があるのもデメリットとなってしまいますよね。

ネットキャッシングの発展でキャッシング利用者が増えた

ネットキャッシング対応の消費者金融や銀行が多くなったことで、以前よりずっと気軽にお金の借り入れが可能となりました。

気軽な借り入れが可能になったことで、以前よりキャッシング利用者が多くなりました。

この情報から何がわかるでしょうか。

ネットキャッシング利用者が多くなっているということは、多くの人がもっと気軽に、そして内緒でお金を借りたいと思っているということです。

特にスマートフォンで行うネットキャッシングは、場所と時間に制限を受けないだけでなく、誰にもバレないようにこっそり借り入れが可能だというメリットが見逃せません。

手放しに「良いことだ」と言い切ることはできませんが、ネットキャッシングの発展で「借金」のハードルが下がったことは間違いないのです。

ネットキャッシングは公式ホームページにアクセスして行う

ネットキャッシングを行うには、パソコン・スマートフォンから消費者金融や銀行の公式ホームページにアクセスして、会員ページにて行います。

このあたりの条件は、カードローンの設定によって多少異なるので、前もって調べておきましょう。

ネットキャッシングのために必要なものは、カードローン利用権

ネットキャッシングを行う予定でも、カードローン契約が終わっていないならば、ネットキャッシングを行うことができません。

即日融資を希望するならばなおさら、なるべく早めにカードローンへ申し込んでおき、審査を終わらせておきましょう。

早めに申し込んでおかないと、申込状況や審査状況で、契約と借入に時間がかかってしまうこともあります。

ネットキャッシングは即日審査、即日融資に対応したものが多い

ネットキャッシングには、時間がかからないことが多いです。

ネットキャッシングを扱う消費者金融や銀行のほとんどが、即日審査と即日融資に対応しています。

後述しますが、中には24時間借入可能なサービス「リアルタイム融資」に対応しているカードローンがあるくらいです。

リアルタイム融資に対応!「楽天銀行スーパーローン」

金利 1.9~14.5%
限度額 800万円
審査 最短即日

楽天銀行カードローンは、楽天銀行の口座への振込ならば24時間365日可能な「リアルタイム融資」に対応した銀行カードローンです。

「楽天」は言うまでもなく、優れたネットサービスで有名な、日本を代表する一流企業です。

ネットショッピングモールの「楽天市場」、旅行予約可能な「楽天トラベル」など、ネット上で利用できるサービスは一通り網羅していると言えるくらいです。

そんな楽天の運営する「楽天銀行カードローン」もやはり、ネット上のサービスに力を入れています。

パソコンから、またはスマートフォンからの借り入れ手続きを出せば、即時にそのお金が振り込まれるはずです。

普段から楽天のサービスに馴染みのある方はぜひ、楽天銀行カードローンのネットキャッシングを利用した借り入れを検討してください。

楽天銀行カードローンの審査について、詳しい情報はこちら→楽天銀行カードローンの審査基準は?審査は甘い?厳しい?

ネットキャッシングで借入れる業者はしっかり選んで

ネットキャッシングに対応している消費者金融や銀行は多くなっていますが、様々な条件でしっかり比較してから借入れるのが大切です。

下に、ネットキャッシングに対応したおすすめ消費者金融を二つご紹介します。

申し込みから借り入れまで内緒でネットキャッシングなら「SMBCモビット」

モビット

金利 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査 10秒簡易審査

「WEB完結申し込み」のサービスを利用すれば、ネット上の手続きのみで契約から借入まで終わらせることができます。

SMBCモビットから「WEB完結申し込み」を利用してお金を借入れるならば、「社会保険証」か「組合保険証」が必要となります。

さらに、振込先の口座も、三井住友銀行か三菱UFJ銀行の口座に制限されてしまいます。

ですが、これらの条件を満たしていれば、不要な郵送物なしで便利なキャッシングが可能となります。

気軽さ、早さならプロミスの「瞬フリ」でネットキャッシング

プロミス

金利 4.5~17.8%
限度額 500万円
審査 最短30分

プロミスの「瞬フリ」という、ネットキャッシングサービスを使えば、他の消費者金融では難しい土日の即日融資も可能となります。

「瞬フリ」を利用したキャッシングで必要なのは、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座です。

プロミスは土日の審査にも対応しているため、「瞬フリ」を利用すれば土日の即日融資にも対応しているということになります。

プロミスからのキャッシングが初めてならば、「30日間の無利息サービス」も利用できます。

まとめ

主に、消費者金融のネットキャッシングについて詳しくわかっていただけたでしょうか。

ネットキャッシングに対応した消費者金融は多くなっていますが、ネットキャッシングを行うためには、いくつかの条件が課せられてしまうことにだけ、あらかじめ注意しておいてください。