アイフルのスペック特徴!他の消費者金融と比べてスペック特徴はどう?借りやすい?

アイフル

テレビCMでもすっかりおなじみのアイフル。

即日融資にも対応しており、審査も甘めで借りやすいです。

あらゆる急な出費、お金がない金欠状態でも、アイフルの借り入れ用途自由なカードローンはあなたを助けます。

私も、あまりキャッシングに馴染みのない人から、「どの消費者金融からお金を借りればいいですか?」と聞かれたら「アイフルから借りたらいいよ」と答えるほどアイフルファンです。

それでは、アイフルは具体的にどのポイントが優秀なのか。

他社と比較しながら、アイフルのスペック特徴を調べていきましょう。

アイフル
プロミス
おすすめポイント
  • 最短30分で審査完了!即日融資も可!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • Web完結!郵送物一切なし!
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
公式サイトはこちら

アイフルの基本スペック特徴

アイフル

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間

アイフルは、大手消費者金融の中で唯一都市銀行が運営しない、独立型の消費者金融。

その経営手腕は驚かされます。

独立を貫いているということは、それだけ多くの利用者を抱えているという「実績」があることにほかなりません。

はじめてアイフルからお金を借りる方は、「30日間の無利息サービス」を利用しながら借り入れが可能です。

癖のないスペックは、まさに「はじめてのキャッシング利用」にピッタリです。

アイフルのスペックから読み解くメリット

アイフルの基本スペック特徴をみれば、アイフルからお金を借りるメリットが見えてきます。

アイフルのスペック特徴から、アイフルからお金を借り入れるメリットを調べていきましょう。

審査が早い

アイフルの審査にかかる時間は、なんと最短で30分ととても短いです。

キャッシングの審査に時間がかからないというのは、それだけでかなりのメリットとなります。

申し込んでからすぐに審査が終われば、その後の借り入れにも時間がかかりません。

即日融資対応

アイフルは申し込んだ当日お金の借り入れが可能な「即日融資」に対応した消費者金融です。

アイフルに申込み、無人契約機でカードを発行して即日融資も可能ですし、アイフルのカードローン契約後振込依頼を出して振込融資を受けることも可能です。

アイフルは即日融資での借り入れにも選択肢が多く、借り入れに急いでいる方にもおすすめの消費者金融です。

誰でも利用しやすい

アイフルは癖もなく、幅広い方が借りやすい消費者金融です。

はじめての利用者も30日間の無利息サービスがつくこと、金利設定や限度額設定にもくせがなく、幅広い利用者が借りやすい設定が組まれています。

女性専用のレディーアイフルも完備

アイフルは通常のカードローンのほか、女性専用のレディースローン「レディーアイフル」も展開しています。

レディーアイフルは、通常の借り入れカードとは違うデザインのカードが用意されており、女性がうれしいサービスがそろっています。

「借りすぎが怖い」女性も安心なのが、「金利一律18.0%設定」と、「限度額10万円」という少額限度額設定です。

アイフルの思いやりを感じる設定ですよね。

アイフルの基本スペック特徴にはデメリットも

しかし、一見優秀なアイフルのスペック特徴ですが、よく調べると出てくる「デメリット」があります。

アイフルのスペック特徴から、アイフルからお金を借り入れる際のデメリットも把握しておきましょう。

金利が高め

アイフルの金利設定「3.0~18.0%」は、比較的高い設定です。

またあとでも他社の消費者金融と金利を比較しますが、他にもっと金利の低い消費者金融、銀行カードローンは存在します。

「少しでも金利の低いカードローンでお金を借りたい」

と思っている方にとっては、アイフルは少し不向きかもしれません。

総量規制の対象

アイフルは貸金業者です。

貸金業者は、法律の貸金業法で制限を受けるため、総量規制の対象です。

総量規制で制限を受けると、借入額は「年収の3分の1まで」という制限がつきます。

大口融資を希望しているなら、アイフルではなく、もっと限度額の高い総量規制対象外の銀行カードローンでお金をかりるのがおすすめです。

総量規制とは?総量規制対象外で即日融資に対応しているカードローン、審査の甘いカードローンはある?

ATM利用手数料がかかる

アイフルはATMからの借り入れにATM利用手数料がかかってしまいます。

手数料の額は1万円以下で108円。

1万円以上なら216円かかります。

カードローンは小刻みにATMから借り入れを行うことが多いでしょうから、このATM利用手数料がかかるのは残念なポイントですよね。

都市銀行傘下ではない

先程アイフルは独立型の消費者金融で、銀行傘下に下ってないと説明しました。

これは確かに、過去アイフルが多くの実績を積んできた証左になりますが、利用者からすると少し不安な点ではあります。

キャッシングで考えるべきなのは「運営元の安心感」ですが、独立型の消費者金融では少し不安もあります。

より安心感のある消費者金融からお金を借りたいと思った方は、プロミスやアコムなど都市銀行傘下の消費者金融からお金を借りるのをおすすめします。

アイフルの金利は高い?

さて、アイフルのスペック特徴を詳しく項目別に調べていきましょう。

まずは、アイフルへ支払う利息を決める金利設定から。

先程も言ったようにアイフルの金利は「3.0~18.0%」です。

加減金利が3.0%と低いですが、この金利で借り入れるにはアイフルの最大限度額800万円で借り入れる必要があります。

アイフルの適用金利は、限度額設定に応じて変わるからです。

つまりアイフルから少額お金を借りるほとんどの人が「18%」程度の、高い金利が適用されることを覚悟しなくてはならないということです。

他社とアイフルの金利を比較

消費者金融 金利
アイフル 3.0%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%
プロミス 4.5~17.8%
SMBCモビット 3.0%~18.0%
レイクALSA 4.5~18.0%

いかがでしょうか。

アイフルと、他の大手消費者金融設定金利を一覧にして比較してみました。

アイフルと大手消費者金融を比較しても、大きな違いがないことがわかります。

これが、銀行カードローンとの比較になると、かなりの差が出てきてしまうのですが…。

銀行カードローンは金利の低さが一番のメリット

アイフルの限度額は高い?

続いて、アイフルから借り入れることができる限度額の設定を調べてみましょう。

アイフルの限度額は最大で800万円。

これは消費者金融の中でみると、トップクラスに高い設定です。

しかし忘れてはいけないのが総量規制。

総量規制によってアイフルから借りられるのは最大で年収の3分の1までということは、アイフルから800万円借り入れるには、最低でも年収2400万円が必要になります。

これだけお金があれば、アイフルからお金を借りる必要もなさそうですよね。

他社とアイフルの限度額を比較

消費者金融 限度額
アイフル 最大800万円
アコム 最大800万円
プロミス 最大500万円
SMBCモビット 最大800万円
レイクALSA 最大500万円

アイフルの限度額は最大で800万円。

他のアコムやSMBCモビットの限度額も最大で800万円ですが、消費者金融でここまで高い限度額設定を組んでいるのは稀です。

アイフルの借り入れ実績が増えていくと限度額が上がっていきます。

しかしくどいようですが、総量規制には気をつけてください。

アイフルの審査は甘いか?

アイフルのスペック特徴について詳しくなってきたところで、気になるのが審査基準です。

どれだけアイフルのスペック特徴が優秀でも、アイフルの審査をクリアしないことには、アイフルからお金を借りることができないからです。

アイフルの審査基準は甘いのか?厳しいのか?

どんな人にアイフルの審査に通るのか?

アイフルの審査について詳しい内容はこちら→どんな人がアイフルの審査に落ちるのか?審査に落ちたらどうする?

アイフルの審査基準を審査通過率から検証

アイフルの審査基準はずばり甘いのか?それとも厳しいのか?

まず第一にそこが気になるところです。

アイフルの審査基準を掴むために一番わかりやすいのが、アイフルが発表するIR情報内の「審査通過率」です。

参考までに、アイフルの2018年8月のデータを見てみると、審査通過率は46.0%ほど。

およそアイフルへ申し込んだ二人に一人が審査に落ちていることになりますね。

他の消費者金融もだいたいこれくらいの審査基準です。

つまりアイフルは、大手消費者金融の審査基準としては一般的…ということになります。

アイフルの審査に通る人の特徴

アイフルの審査基準がわかったところで、続いてアイフルの審査に通るのはどんな人か。

アイフル審査をクリアしやすい人の特徴を調べておきましょう。

収入が多くなくとも安定している人

やはりカードローン審査と収入は切っても切り離せないものです。

審査において収入は多い事に越したことはないのですが、実は重要なのは収入の額より収入が安定しているか否かです。

毎月同じタイミングで収入がある人でないと、アイフルの審査をクリアするのが難しいかもしれません。

過去のカードローン利用で返済遅延などトラブルを起こしてない人

もし過去他社のカードローン利用経験があるなら、そのカードローン利用のなかで「返済遅延」など金融トラブルを起こしている人は、アイフルの審査に落ちやすいです。

クリーンな信用情報を、アイフルは好みます。

過去トラブルを起こしているということは、それだけ返済能力が低いということだからです。

ある程度カードローン利用歴がある人

実は、信用情報がまっさらな人より、カードローン利用歴がある人くらいのほうがアイフルの審査に有利です。

しかしあくまでそれは、過去のカードローン利用のなかで返済トラブルが無い人に限られてきます。

アイフルの返済スペックは?

アイフルのスペック特徴で知っておくべきなのが、アイフルの返済スペックです。

ここからはアイフルの返済スペックについて、詳しく調べてみましょう。

返済方式

アイフルの返済方式は、借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式です。

これは、カードローンの返済方式としては一般的なもので、借り入れ直後の残高に応じて、返済額が変わっていくという小刻みに借り入れるカードローン特有の返済方式です。

返済方法

アイフルの返済方法は大きくわけて5つ。

  • ATM返済
  • 口座振替
  • 口座振込
  • コンビニのマルチメディア端末から返済
  • 実店舗から返済

現状、状況に合わせて返済方法を選んでください。

アイフルの返済について徹底解説!アイフルへの返済を賢く終わらせるコツ

返済額

アイフルへ実際に返済することになる返済額も調べておきましょう。

残高 サイクル性返済額 約定日制返済額
10万円以下 5000円 4000円
10万円以上20万円以下 9000円 8000円
20万円以上30万円以上 13000円 11000円
30万円以上40万円以下 13000円 11000円
40万円以上50万円以下 15000円 13000円
50万円以上60万円以下 18000円 16000円
60万円以上70万円以下 21000円 18000円
70万円以上80万円以下 24000円 21000円
80万円以上90万円以下 27000円 23000円
90万円以上100万円以下 30000円 26000円
100万円以上300万円以下 10万円ごとに1000円ずつ加算 10万円ごとに1000円ずつ加算
300万円以上310万円以下 51000円 47000円
310万円以上490万円以下 10万円ごとに1000円ずつ加算 10万円ごとに1000円ずつ加算
490万円以上500万円以下 70000円 66000円
500万円以上790万円以下 10万円ごとに1000円ずつ加算 10万円ごとに1000円ずつ加算
790万円以上800万円以下 100000円 96000円

アイフルのスペック特徴をフルに活かしてお金を借りる方法

早い時間にアイフルへWEB申込み

アイフルは即日審査に対応していますが、あくまでそれは審査が円滑に進んだときのみ。

アイフルの審査に時間をかけないためには、なるべく平日の早い時間帯に申込むのがおすすめです。

土日にアイフルへ申込むと、申込が混み合うなどの理由で、アイフルの審査に時間がかかる場合があるからです。

申し込んだら即電話

アイフルは審査を優先してもらうためのフリーダイヤルが用意されています。

0120-337-137

この番号に電話すれば、アイフルの審査に必要な手続きをある程度スキップできるので、審査に時間がかからなくなります。

ネットからアイフルへ振込依頼

アイフルの審査が終わり、カードローン契約も終わったなら、あとはアイフルから借り入れるのみです。

アイフルから時間をかけずに借り入れを行うにはやはり、ネットから振込融資を受けるのが一番。

平日の早い段階にアイフルへ振込依頼を出したなら、その振込は即日中に行われるはずです。

アイフルのスペック特徴まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は大手消費者金融のアイフルで設定されているスペック特徴について、詳しく説明しました。

アイフルは特にはじめての借り入れで利用しやすい消費者金融。

他社と比較してから「良い」と思うポイントがあれば、ぜひアイフルのキャッシングを利用してみてください。