家賃が払えない!家賃滞納したらすぐに強制退去なのか?

家賃滞納

家賃は、その家に住んでいる限り絶対に払わなくてはいけない、「住居に対する対価」です。

つまり家賃滞納してしまうと、その家に住むための対価を払ってないことになるので、それで住む資格を失ってしまいます。

もっと悪いケースは「強制退去」となるので、なんとかそれは食い止めたいところです。

しかし生活に窮しているあなたは、家賃滞納の今の状況をそう簡単には覆すことができないでしょう。

それでもなんとか状況を改善させるにはどうすればいいのか。

今回は考えていきたいと思います。

家賃滞納は強制退去に直結なのか

家賃滞納をした誰もが考えることが、「この家からすぐに強制退去となってしまうのか」ということです。

家賃滞納してから早ければ翌月には家賃の追加請求が始まりますが、そこから1日2日ですぐ強制退去にはなりません。

だいたい家賃滞納から1ヶ月をこえて支払いが行われないと、連帯保証人への支払いの義務が及び、どんどん話が大きくなってきます。

少なくとも3ヶ月以内には、滞納している家賃の支払いを終えるようにしてください。

3ヶ月を超えたあたりから、大家さん側に賃貸契約解除など法的措置を行える権利が発生するからです。

ひどいときには裁判や強制執行の手続が始まるのも、この3ヶ月を超えたあたりです。

家賃滞納後のスケジュール

家賃滞納後どのような流れで、ゆくゆくは強制退去が行われるまでになるのか。

家賃滞納してからのスケジュールを見てみましょう。

家賃滞納の翌月~1ヶ月

家賃滞納翌日から1ヶ月以内には、本人へ電話連絡が行われ、督促状も届けられます。

このときの口調は穏やかで、それほど切羽詰まった印象も受けません。

あくまで「家賃振込みを忘れてないですか?」というテンションで連絡が入ります。

1~2ヶ月後

ここから、賃貸契約時連帯保証人がいるなら連帯保証人への電話連絡や督促状の送付が行われます。

また、本人にも内容証明郵便で書面が届けられることになります。

3~6ヶ月後

契約解除通知が内容証明郵便で届けられます。

ここから、裁判所へ請求の申立ても行われることになります。

6ヶ月後以降

ここからようやく、強制執行手続きや、裁判所による強制退去が申し伝えられることになります。

およそ家賃滞納から半年で、今日退去の命令が入るということですね。

家賃滞納から3ヶ月以内にはなんとか支払いを

ここで注意したいのは、半年までは家賃滞納してもなんとかなるということではありません。

家賃滞納後3ヶ月が経つと、本格的に裁判所への請求通知が申し立てられるなど、物事が本格的になってきます。

同時に、家賃滞納2ヶ月後以降の内容証明郵便で記載されている期限をすぎると、「一定期間を過ぎて支払いがない」と判断されます。

それにより、いよいよ「契約解除」や「強制退去」に向けた法的な申立ても可能になってきます。

賃貸が保証会社を利用していた時取り立てが厳しい

賃貸契約を結ぶ際、連帯保証人を設定するか、家賃を保証する保証会社を利用するかで話が変わってきます。

契約時利用しているのが「保証会社」だったとしたら、その取り立ては厳しいです。

連帯保証人がいるなら、家賃滞納時の請求はそちらにいきますが、保証会社なら契約を結んだ本人の元へ会社の人間が向かいます。

家賃滞納から1ヶ月以上経過しているなら、催促の電話や郵便の頻度は上がっていき、月に数回行われます。

そして実際に保証会社の人間が賃貸物件へ訪問して、本人へ請求することも。

しかもその家賃滞納記録は信用情報に記録されるので、後の生活、ひいては人生に多大な影響を及ぼすのです。

信用情報に「遅延記録」が残るのでローン審査も通らない泥沼

家賃滞納しており、保証会社で家賃契約したしている場合、信用情報機関という専門機関で記録されている「信用情報」という個人情報に家賃滞納記録が残ってしまいます。

信用情報機関とは?自分の信用情報を開示請求する方法はあるのか
信用情報機関っていくつもあるみたいだけど、何か違いがあるの? 信用情報機関ってそもそも何をしている機関なの? 今回は、信用情報機関の特徴や役割について解説します。 後半では、信用情報の開示方法や開示した情報の見方について説明します...

信用情報に家賃滞納記録が残ると、その後受けるクレジットカード審査、住宅ローン審査、カードローン審査、ショッピングローン審査など、あらゆる審査で影響が出ます。

金融機関等は信用情報を審査して結果を出しますから、この信用情報に悪い記録があるとそれだけで審査に不利となります。

他にもスマホの分割払いなどもできなくなるので、普通に生活することもままならなくなるのです。

家賃滞納がその後の人生で悪い影響を出すこと、理解して頂けたでしょうか。

家賃滞納で支払う遅延損害金は高い金利で支払うことになる

家賃滞納すると、滞納している分遅延損害金を支払うことになります。

家賃損害金の金利は法律で「上限14.6%」と決められており、そのルール内であれば大家さんが自由に利率を設定可能です。

賃貸契約に遅延障害金の利率設定がない場合も、遅延障害金は5%の設定で計算されます。

金利設定はカードローン金利なみ

この金利14.6%で計算された場合、それは銀行カードローンと同じくらい高い設定です、

銀行カードローンの返済時支払う利息と同額、遅延障害金を支払うことになるということ。

どれくらいの額になるのか、実際に計算してみたいと思います。

遅延障害金の計算方法は、カードローンなどキャッシングの利息を計算する時と同じルール。

(契約している賃貸の家賃×延滞損害金金利×延滞日数÷365日)

例えば、家賃が6万5千円の物件に住んでいて、家賃延滞が30日あった場合。遅延損害利率は14.6%とします。

6.5×0.146×30÷365

で遅延障害金は780円になります。

この場合安い遅延障害金で済んでいますが、もっと家賃が高い場合、家賃滞納期間が長い場合はもっと高額になります。

そしてこの「遅延障害金」の支払いはまったく無駄な支払いであることも忘れてはいけません。

家賃損害金は日割りで計算されて、少しでも早く支払えば個人的な損害も小さくなるので、家賃滞納時は少しでも早い支払いを心がけましょう。

あなたが家賃滞納している理由

家賃滞納して、強制退去の危機感を覚えているような生活を送っていてはいけません。

あなたが家賃を払えてないのには、絶対に理由があります。

その理由を突き詰めて、その理由にしっかりアプローチすることで、今後は家賃滞納とも無縁な生活を送ることができるはずなのです。

ここで家賃滞納の原因を突き詰めて、今後は家賃滞納しないような生活を目指しましょう。

身の丈に合わない家に住んでいる

家賃が高すぎる家に住んでいると、当然ですが家賃が払えず家賃滞納してしまいます。

身の丈にあった、収入に対して適切な家賃の家に住んでさえいれば、「家賃滞納」なんてしないはずです。

一般的に適正な家賃は、月収の3分の1以下と言われています。

例えば収入の手取りが18万円だったとしたら、適正な家賃は6万円以下になります。

手取り18万円の人が、6万円の賃貸に住んでいるとしたら、残りは12万円。

そこから食費3万円、光熱費2万円、交際費1万円、通信費2万円、雑費1万円などの生活費を抜くと、残りは2万円。残りは貯金に回せるということです。

これ以上高い家賃の家に住むと、生活費のなかでどこかを削らなくてはいけません。

自分の家の家賃が適正かどうか、もう一度見直してみてください。

収入と支出のバランスがおかしい

すべてまとめると、収入に対して家賃をはじめとする支出とのバランスが取れてないということです。

家賃の支払いが遅れている時点で、自分は支払いの管理が下手だということを自覚してください。

冠婚葬祭が重なる

冠婚葬祭のタイミングは読めません。

誰がいつ結婚するかも、誰がいつ亡くなるか、その他のイベントのタイミングは読めないのです。

そしてそれぞれのタイミングでお金が飛んでいきます。

冠婚葬祭が続けば続くほど、家賃にかけられるお金は減っていきます。

そんな冠婚葬祭が続くと、家賃が払えない…という自体にもなりがちです。

冠婚葬祭に備えるには、あらかじめしっかり貯金しておく…とかしか思いつきません。

趣味にお金をかけすぎ

趣味に多くのお金を使っている人もいますが、それでは収入がいくらあっても足りません。

趣味にかけるお金は収入の中でどれくらい…というふうに、自分の中であらかじめルールを決めておけば、家賃滞納してしまうほど金銭的に切迫することもないはずです。

趣味は趣味、生活は生活。

自分の中の線引をしっかり引いて下さい。

なんとか家賃を払うための対処法

家賃を払いたくとも払えない人は多いでしょう。

しかしどうしても手持ちが足りないときは、なんとか足りない分調達しなくてはなりません。

調達するためには実際何をしなくてはいけないのか?

いくつか方法を私から紹介します。

早めに大家へ連絡

家賃滞納しそうなら、少しでも早い時点で「大家へ連絡すること」が大切になります。

大家ではなく管理会社と契約している場合なら、管理会社への連絡となります。

もちろん連絡を入れただけでは支払いの義務がなくなるわけではありません。

しかし、連絡を入れることによって、管理会社や大家に「支払いの意思があること」「支払い能力があること」を伝えることができます。

「いくらなら払えるのか」「いつまでに払えるのか」など聞かれるでしょうから、正直にそれらの質問に答えましょう。

とにかく働く

とにかく働いたお金で家賃を払うのが一番です。

副業でも、日雇いのバイトでもいいですから、とにかく働いて給与を得ることにしましょう。

あなたが家賃を払えてない原因の一端は「収入が少ないから」ということも一つ挙げられるでしょう。

家賃滞納してしまわないためにも、「収入を増やす」観点でがんばるのも大切です。

引っ越さないでなんとかしたいなら、「思い切って転職する」のも一つの手です。

貸金業者で借りる

貸金業者で思い切ってお金を借りるのも一つの手です。

消費者金融のカードローン、銀行カードローンで借りれば、即日融資で借りられるのに加え、無保証人、無担保でお金を借りられます。

カードローンで借りても、自分のお金が増えたわけではありませんが、これで一つピンチは乗り切ることができます。

またはクレジットカードを活用して、支払いを先延ばしにするなどして家賃滞納のピンチを乗り切ってください。

カードローンで借りる

家賃滞納時気軽に時間をかけず借りられるキャッシングといえば、やはりカードローンが思いつきます。

カードローンは時間をかけずに、誰にも迷惑をかけずに借りられるという利点があります。

カードローンにも種類があり、消費者金融や銀行カードローン、様々な借入先から実際に借り入れるカードローンを選ぶことができます。

プロミスのカードローン

プロミスのカードローンはおすすめです。

最短即日融資、はじめての借入で30日間無利息など、様々なサービスで利用者の借入をサポートします。

家賃滞納したらまずは、「プロミスのカードローン」で借入を検討してください。

プロミスの審査は甘い?審査基準を徹底解説!
「カードローンの審査ってどうやっておこなわれるの?」 「プロミスの審査基準や審査通過率が知りたい」 こちらの記事では、そんな人に向けてプロミスの審査について徹底解説をしていきます。 カードローンの審査にはさまざまな要因が絡んでくる...
三菱東京UFJ銀行カードローン

消費者金融のカードローンでお金を借りるのが不安なら、三菱東京UFJ銀行カードローンでの借入も検討してください。

三菱東京UFJ銀行カードローンは、少し審査が厳しい銀行カードローンではあるものの、消費者金融のカードローンなみに借りやすい設定が組まれています。

家賃滞納している時点で、銀行カードローンの審査をクリアするのは難しい状態にはなっていますが、三菱東京UFJ銀行カードローンで借りることができれば借入そのものへの負担はかなり軽くなると思います。

可能なら、家賃滞納時利用するカードローンは「銀行カードローン」としたいですが…。

三菱UFJニコスのクレジットカードの審査難易度は?どのカードを作るのが簡単なのか?
国内最大のクレジットカード会社、それが三菱UFJニコス株式会社です。 三菱UFJニコスは発行しているクレジットカードの種類も多く、利用者側の選択肢も広いです。 しかしいくら選択肢が広いとしても、考えなくてはならないのが「三菱UF...

クレジットカードを使う

クレジットカードを使って家賃滞納のピンチをくぐり抜ける方法もいくつか思いつきます。

クレジットカードを持っているなら、カードを使ってなんとか家賃を払ってみましょう。

クレジットカード払い

もし家賃を「口座引落」で支払っているなら、それを「クレジットカード払い」に切り替えることができないか検討してください。

クレジットカードで支払っても払ったのは同じですが、請求が翌月以降になるため実際の支払いまでに猶予を得ることができます。

その猶予になんとか家賃のお金を調達してください。

クレジットカード現金化

クレジットカードはショッピング枠を使って現金化する「クレジットカード現金化」という裏技があります。

現金化は法律違反ではないものの、クレジットカード規約違反です。

限りなくグレーな方法だということは、あらかじめ自覚しておいてください。

クレジットカード現金化って何?経験者がやり方とリスクを解説
「どうしてもお金がないから、クレジットカード現金化をしようと考えている」 「駅でクレジットカード現金化って看板を持っている人がいたけど、それってどういうこと?」 こちらの記事では、クレジットカード現金化を実際にしたことがある筆者が、クレ...

親、友人に借りる

「お金を借りる」と言っても、何も借り先は貸金業者ばかりではありません。

親や友人に借りることができれば、貸金業者やクレジットカードで借りるよりずっと安全にお金を借りることができます。

もちろんそこでは「人間関係」や「信用」を担保しているわけですから、借金自体にリスクはあります。

どこからどれだけ借りるか?

慎重に検討してください。

「家賃が払えない!」家賃滞納しないための方法まとめ

今回は、「家賃滞納して家賃納入が滞っている」とお悩みの方向けに、主として家賃滞納がどれだけ続くと強制退去になるのかをお話しました。

意外と強制退去になるまでには時間の猶予があるものの、強制退去までにはいくつもトラブルが起こることがわかってもらえたでしょうか。

家賃を踏み倒したとしても、その後の人生で悪影響がたくさん出ることを考えても、なるべく家賃滞納はしないようにしましょう。