カードローン利用で貧乏脱出は可能か?貧乏脱出のためにできること

スマホを持って悩む女性 貧乏

一度「貧乏」な状態に落ちてしまうと、そこからの復帰はかなり難しくなります。

ゼロから1、1を10にするのより、0を1にするほうがはるかに難しいからです。

しかしいつまでも貧乏な状態のままでいいはずがありません。

なんとかしてそんな貧した状態から抜け出す必要があります。

そして、そんな貧乏脱出のための方法はいくつかあります。

その中の一つが、「お金を借りるための個人融資」であるカードローンなのです。

もちろん貧乏を脱出するための手立ては他にもたくさんあります。

今回はそんな「貧乏を脱する方法」について学んでいきましょう。

お金があると幸福ではないが貧乏は不幸

まず貧乏なあなたは、お金に対する認識から変えなくてはいけません。

お金持ちの中にも、色んな問題で悩んでいるので、お金持ちがそのまま幸せに直結するかというとそうではありません。

対して、お金がない状態を「貧乏」と言いますが、そのお金のない状態はそのまま「不幸」に一直線であることはわかっておきましょう。

お金がないということは、飲み食いにも困り、できる選択肢が少なくなってしまうということだからです。

生命の危機にも絡んでくる問題である貧乏は、不幸な状態であること、それだけ理解しておいてください。

「貧乏でも幸せにやってる」は、強がりでしかないのです。

お金に対する認知を改める

日本は特に「お金は汚いもの」という認識があります。

ですがお金は使いようによっては、自分や家族など周囲の人間を幸せにしてくれる「道具」になります。

お金のことばかり考えている人は悪い人…のような認識を持ったままでは、上手にお金を扱うことができなくなります。

ですからまずは、「お金は悪いものではない」という認識を持つところから、はじめてください。

お金についてもっと勉強する

貧乏を脱してむしろお金持ちになるには、もっとお金について勉強しなくてはいけません。

お金を上手に扱うためには、お金について詳しく知っていることが不可欠です。

他のことで例えるとわかりやすいです。

例えば競馬でどの馬が勝つか当てるためには、競馬について、競走馬について勉強するのが一番ですよね。

魚釣りを上達させるには、釣りについてしっかり勉強して、魚にも詳しくなる必要があるのです。

それと同じです。

お金をたくさん手に入れるには、お金についての知識をたくさん持っておくのが一番の近道なのです。

自分の生活やお金のことをもっと考える

あなたが貧乏な生活をしているのは、自分の生活について、自分のお金について真剣に考えてこなかったからです。

もっと「今後の生活」「自分のお金」についてもっと真剣に考えていたとしたら、今のあなたの生活は全然違うものだったはずなのです。

これからは、もっと真剣に、これからの生活について考えてください。

貧乏を脱するための方法

さて、ここからはもっと具体的に、「貧乏を脱するためにはどうすればいいか」その方法をお教えしたいと思います。

貧乏を脱するための方法が具体的なら具体的なほど、あなたが行動を起こすのは簡単になるはずです。

収入を増やすための方法を考える

貧乏な人が生活を見直そうと思うと、つい「節約する」だとか「無駄な出費を減らす」などと考えがちです。

確かにそれら無駄の削減も大切ですが、節約などしたところで現れる効果は微々たるものです。

節約するための方法よりも、今よりもっと多くの収入をもらう方向性で改善策を考えていきましょう。

収入を増やすほうが、資金運用など改善策もたくさん増えます。

貧乏脱出の手立てとしては、「収入を増やす」ことを考えるべきなのです。

無駄をなくす

もちろん、生活の中の無駄な出費を減らすことも大切です。

収入が増えたとしても、無駄な出費があった時点で、あなたの生活は貧乏なまま。

ダイエットに似ています。

筋肉を増やして基礎代謝を上げること。

同時に、食べる量を減らすこと。

これらどちらかではなく、両方を同時にやることが効果的に痩せる秘訣なのです。

無駄を省きながら、増やすところは増やしていきましょう。

カードローンを上手に使う

ここでようやくカードローンの話になります。

カードローンは借金ですから、使えば使うほど貧乏になると思いがちですが、使い所さえ間違えなければ貧乏生活を食い止めるための大きな助けになります。

問題なのは、「カードローンの残高を自分の貯金のように使う」ことなのです。

きちんと自分の使える範囲でカードローンの借入れを行なうなら問題ないのです。

あとは、消費者金融のカードローンではなく、金利の低い銀行カードローンを使うなど、カードローン運用にもコツがあります。

計画的に使えばカードローンは味方

カードローンの強みは、「限度額まで何度でも追加融資を受けられること」ですが、それに従ってお金が困ったらすぐ借りるを続けていたら貧乏から脱するどころかずっと貧乏です。

貧乏とは自分の自由になるお金が少ない状態ですが、自由なお金を増やす手立てとしてカードローンを使うべきではないと言っているのです。

もっと自由なお金が欲しいなら、なんとか他の方法で自分の元手を増やして貧乏な状態を脱するようにして下さい。

銀行カードローンへ借り換えも

現在すでにカードローンでお金を借りている方が貧乏で悩んでいるなら、もっと低金利の銀行カードローンへの借り換えも考えてください。

消費者金融も銀行も、他社から自社への「カードローン借り換え」には乗り気なことが多いです。

他社の利益を自社のものにすることができるのですから、借り換え先としては悪いことがないですよね。

すでに貸金業者のカードローンでお金を借りている方は、「借り換え」「おまとめ」を積極的に検討していってください。

カードローン借り換えで返済の負担を一気に減らす!
「カードローンをずっと使ってるけど、返済が苦しい…」 なんて感じている方は多いです。 というか、カードローン利用者のほとんどが、カードローン返済を苦しいと感じているのではないでしょうか。 カードローン利用中に返済が苦しくて...

自分の弱点を考える

自分の生活における弱点を探して下さい。

「つい買い食いしてしまう」だとか「パチンコがやめられない」だとか、自分の欲望のトリガーが引かれるポイントを探し出して下さい。

どこで自分がお金を使うのかがわかっていれば、その弱点を防止するための手立てを講じることもできるというもの。

貧乏を脱するまでは、自分の好きにお金を使う行動は謹んで下さい。

借金とは早めに縁を切る

借金と縁が切れない限り、貧乏を脱するのは難しいです。

早めに借金で借りているお金を完済して、無駄な「借金返済」に当てるお金を早いところゼロにしてください。

借りているのがカードローンだったとしたら、カードローンで追加借入れをしないだけでもかなり「返済完結」に近づけることができるはずです。

リボ払いもすぐ辞める

借金だけでなく「リボ払い」も同じです。

リボ払いでのクレジットカード代金支払いも、利息を支払いながらの借金返済とやっていることは同じ。

ですから、貧乏を早く脱したいなら借金返済と同じく「リボ払い」との縁を切るのも忘れないようにしてうださい。

リボ払いは一度はまると抜け出せない様が時たま「地獄」と様されるほどです。

よく借金と同じと言われますが、私はむしろ「闇金と同じ」と考えています。

クレジットカードの支払いで悩んだとしても絶対に「リボ払い」という対応策だけは選ばないようにしてください。

リボ払いがどうしてやばいのか?リボ払いがやばい要素を体験談も交えて紹介
「リボ払い」と聞くと、「なんだかよくわかってないけどなんか嫌な感じがする…なんだかやばそう…」なんて思う方も多いです。 確かにその通り。 リボ払いは時に「地獄」と言われるほど、関わると良いことにならないと有名です。 リボ払...

債務整理を前向きに考える

借金返済はちまちまやっても時間がかかります。

おまとめローン、繰り上げ返済など行っても、少し返済が前進するだけ。

もっと大規模に返済を前進させるには、「債務整理」を行なうべきなのです。

債務整理を行えば、今後利息の支払い免除や、返済の元金減額などが認められます。

その代わり、債務整理を行なうと、信用情報に債務整理を行った記録が残りキャッシング審査に不利になりますが、それはかまいません。

その後借金とは縁を切った生活をすればいいだけ。

クレジットカードの審査やローン審査でも不利になりますが、それは借金返済が前進した対価だと考えれば良いことです。

債務整理にかかる費用の相場はいくら?お金がない場合はどうする?
債務整理をしようと思ったとき、どうしても頭を悩ませるのが費用の問題。 ただでさえ借金を抱えているのに、これ以上お金がかかってしまっては辛いと考える人も多いのではないでしょうか。 しかし借金が払えない状態が長く続いていると、裁判沙...

クレジットカードを活用する

クレジットカードを活用すれば、現在のあなたはもっと生活が上向くはず。

借金はどうしても利息の支払いが悩みどころです。

それなら、借金をクレジットカード利用に切り替えるだけで、負担を軽くできるはずなのです。

クレジットカードの支払い方法には、手数料がかからない「2回払い」や「ボーナス払い」などがあります。

上手にリボ払い以外の方法でクレカ代金を支払えば、きっとあなたのお金の悩みを解決に導くことができるはずです。

とはいえ、「借金とクレカ払い」の両面から悩まされることだけは無いようにしてください。

「貧すれば鈍する」に気をつける

「貧すれば鈍する」という言葉があります。

日々の生活に悩まされていると、どうしても目先の問題にばかり囚われてしまうので、頭は働かず行動力も落ちてしまう…という意味です。

貧乏な人はみなこの貧すれば鈍するの状態で苦しんでいるのです。

自分が「貧すれば鈍する」状態になっているなと感じたなら、無理矢理にでも行動を起こして、無理矢理にでも考えて、自分のために今できる行動を考えてください。

貧乏でもカードローンを活用 まとめ

貧乏でも、カードローンを活用したり、できることをすれば良い結果に結び付けられることはお伝えした通りです。

貧乏な状態では不幸にまっしぐらです。

「今すぐ大金持ちになれ」とは言いません。

まずはあなたのマイナスに振り切った生活水準を「通常の状態」に戻すことから考えてください。