北日本銀行カードローン「ASUMO」の基本情報・金利・借入・返済を網羅的に解説!

地方銀行カードローン

北日本銀行は岩手県盛岡市に本店を構える地方銀行。

その北日本銀行が提供しているカードローンが北日本銀行カードローン「ASUMO」です。

「ASUMO」は審査によっては最初から金利が7.0%になるという金利の低さと、学生や主婦(夫)、パート・アルバイト、年金受給者でも利用することができるのが魅力的。

カードローンをこれから利用使用と考えている人にとって、カードローンの申し込み方法や借り入れ方法、返済方法なども知っておくとより利用が便利になるのです。

そこでこの記事では、北日本銀行カードローン「ASUMO」の基本情報や金利、審査の流れ、借り入れ方法、返済方法などについて網羅的に解説していきます。

北日本銀行カードローン「ASUMO」の基本情報

まずは北日本銀行カードローン「ASUMO」の基本情報について見ていきましょう。

情報を表にまとめました。

提供元 北日本銀行
申し込み方法 Web、電話、郵送、FAX、窓口、ATM
北日本銀行の口座開設 必要
借り入れ限度額 10万円〜500万円
金利(実質年率) 4.5%〜14.8%
即日融資 不可
返済日 6日、16日、26日から選択
遅延損害金(実質年率) 20.0%
使用用途 自由

申し込み方法は幅広く、Webや電話はもちろん、近くに店舗がある人は窓口やATMからでも申し込みが可能です。

「ASUMO」の利用には北日本銀行の口座を持っている必要があり、口座は来店しないと開設することができません。

スムーズにカードローンの契約をするなら、あらかじめ口座の開設をしておくとよいでしょう。

返済日は6日、16日、26日のどれかから選択できます。

多くのカードローンは返済日を銀行側で指定されているので、選べるのは嬉しいポイントですね。

北日本銀行カードローン「ASUMO」の申し込み条件

前の章では、北日本銀行カードローン「ASUMO」の基本情報について解説しました。

この章では、その申し込み条件について見ていきましょう。

「ASUMO」をはじめ、カードローンの利用には条件があります。

その条件を満たしている人でないと、「ASUMO」へ申し込みすることはできません。

「ASUMO」の申し込み条件は次の3つです。

  • 20歳以上63歳以下であること
  • 収入があること
  • 北日本銀行の営業エリア内に住んでいる、または勤務していること

ひとつずつ見ていきましょう。

申し込み条件①20歳以上63歳以下であること

まず、北日本銀行カードローン「ASUMO」の申し込みは20歳以上でかつ63歳以下であることが条件です。

この20歳以上63歳以下というのは、申し込み時点での年齢を指します。

つまり、18歳で正社員として働いている人であっても、「ASUMO」は申し込むことはできません。

しかし20歳を迎えたらすぐに申し込みをすることができます。

他社のカードローンでは申し込み条件の上限年齢を75歳と高くしているところもありますが、「ASUMO」では63歳以下と年齢制限は厳しめです。

申し込み条件②収入があること

北日本銀行カードローン「ASUMO」の申し込み条件の2つ目は収入があることです。

つまり、正社員でなくともアルバイトやパート、個人事業主であっても「ASUMO」の利用はできます。

また年金受給者であっても申し込みは可能です。

また「ASUMO」は専業主婦(夫)のカードローン申し込みを可能としています。

そのような場合は、配偶者に安定した収入があることを証明できればカードローンの利用をすることができるのです。

申し込み条件③北日本銀行の営業エリア内に住んでいる、または勤務していること

北日本銀行カードローン「ASUMO」の申し込み条件3つ目は、北日本銀行の営業エリア内に住んでいるか、勤務していることです。

北日本銀行は次の県に支店を持っています。

  • 岩手県
  • 宮城県
  • 福島県
  • 青森県
  • 秋田県
  • 東京都

このうち、東京都を除く5県に在住、もしくは勤務していれば「ASUMO」の申し込みができます。

東京都にも支店はありますが、東京都に在住・勤務している人は「ASUMO」の申し込みはできないので注意しましょう。

申し込み条件④保証会社からの保証が受けられること

北日本銀行カードローン「ASUMO」の申し込み条件4つ目は、保証会社からの保証が受けられることです。

「ASUMO」では保証人が不要である代わりに保証会社を立てなければなりません。

保証会社とはカードローン利用者の返済を保証し、もし返済ができなくなったら利用者の肩代わりをしてくれるもの。

もちろん肩代わりしてくれた分は、保証会社に返済をしていく必要があります。

「ASUMO」の保証会社は次の3社。

  • きたぎんユーシー
  • オリエントコーポレーション
  • SMBCコンシューマーファイナンス

きたぎんユーシーは北日本銀行の系列会社です。

オリエントコーポレーションは略称「オリコ」として知られる、老舗の信販会社。

SMBCコンシューマーファイナンスは消費者金融の「プロミス」を運営する会社です。

「ASUMO」の保証を受けるには、この3社のうちどれかの審査を通過する必要があります。

申し込み条件を満たしても利用できるわけではありません

ここまで北日本銀行カードローン「ASUMO」の申し込み条件について解説しましたが、申し込み条件を満たしたからと言ってカードローンの利用ができるわけではありません。

上でも解説したように、「ASUMO」をはじめとするカードローンでは審査を通過することで利用できるようになります。

審査を通過するには、「返済能力の高さ」を証明する必要があるのです。

返済能力が高いとは、収入が多いというのはもちろんですが、同じ職場に長く勤めているこということもその要素に含まれます。

また他社からの借り入れ金が多いというのは、返済能力が高いとは言えないので審査に落とされることになるのです。

「ASUMO」をはじめとするカードローンではアルバイト・パート、年金受給者でも利用は可能ですが、正社員に比べると返済能力は低いと見なされます。

しかしなるべく同じ職場に長く勤めるという対策を打つことで、審査に通りやすくなることもあるのです。

北日本銀行カードローン「ASUMO」はどんな人におすすめ?

前の章では、北日本銀行カードローン「ASUMO」の申し込み条件について解説しました。

この章では、「ASUMO」がどんな人におすすめなのかを解説します。

「ASUMO」をおすすめできるのは次のような人です。

  • 北日本銀行の口座を持っている人
  • パート・アルバイト、専業主婦(夫)、年金受給者

まず、北日本銀行の口座を持っている人にはおすすめできます。

上で解説したように、「ASUMO」の利用には北日本銀行の口座開設が必要です。

しかし、カードローンの利用のためだけに銀行口座を開設するのも面倒ですよね。

すでに口座を持っていれば申し込みだけで手続きができます。

また、カードローンの中にはアルバイト・パート、専業主婦(夫)、年金受給者は利用できないものもあります。

しかし「ASUMO」ではそのような人でも申し込みができるのです。

ただし、利用限度額は30万円までです。

北日本銀行カードローン「ASUMO」の金利

前の章では、北日本銀行カードローン「ASUMO」がどのような人におすすめなのかを解説しました。

この章では、その金利について見ていきましょう。

「ASUMO」の金利は、借り入れ限度額にや審査の段階に応じて異なります。

まずは表をご覧ください。

限度額 1回目 2回目 3回目
〜100万円 7.0% 10.0% 14.8%
100万円〜200万円 6.5% 6.5% 14.3%
200万円〜300万円 6.0% 6.0%
300万円〜400万円 5.0% 5.0%
400万円〜 4.5% 4.5%

このように、借り入れ限度額が高くなるほど金利は低くなります。

限度額は銀行側が審査に応じて決定します。

また、「1回目」「2回目」「3回目」というのは、審査の回数のこと。

「ASUMO」では「リトライ・サービス」というものがあり、1回目できたぎんユーシーの審査で落ちてしまっても、保証会社を変えて再度審査をすることができます。

北日本銀行カードローン「ASUMO」の審査

前の章では、北日本銀行カードローン「ASUMO」の金利について解説しました。

この章では、その審査の流れについて見ていきましょう。

「ASUMO」の利用は北日本銀行の口座が必要なので、まだ口座を持っていない人は申し込み前に口座開設しておくことをおすすめします。

「ASUMO」の審査は次の手順です。

  • 仮申し込み
  • 審査
  • 正式申し込み
  • 契約

ひとつずつ見ていきましょう。

審査の流れ①仮申し込み

まず仮申し込みです。

仮申し込みには次の方法があります。

  • Web
  • 電話
  • FAX
  • 郵送
  • 窓口
  • ATM

このうち、Webか電話なら足を運ぶ必要がなく、かつスムーズに手続きを行うことができます。

近くに支店があって直接話を聞きたいという人は、窓口で申し込むのもよいでしょう。

Webはこちらから、24時間受付可能です。

電話は「0120-68-0509」から、平日9時〜19時か土日9時〜12時まで受付しています。

仮申し込み時には身分証明書を提出する必要があります。

身分証明書として使えるのは次の通り。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

また、借り入れ限度額を50万円以上希望する場合は、追加書類として所得証明書類が必要です。

所得証明書類として使えるのは次の通り。

  • 住民税決定通知書
  • 源泉徴収票
  • 課税証明書

仮申し込みで入力する情報に嘘や誤りがあると、審査の時間が長引いてしまうことがあります。

審査の流れ②審査

仮申し込みが完了したら、保証会社が審査を行います。

審査結果は最短だと仮申し込みをしたその日中に受け取り可能です。

審査結果は電話で通知されます。

この審査で、申し込み者が申告した勤務地で実際に働いているかを確認するため行われるのが「在籍確認」です。

在籍確認では勤務先電話番号へ、個人名で電話がかかってきて申込者がいるかどうかを尋ねます。

カードローンという名目ではかかってこないので職場にカードローンの申し込みをしたことはバレにくいです。

また在籍確認が取れないと、審査が長引いたり審査落ちになる可能性があります。

勤務先の電話番号は実際に勤務している営業所や支店の電話番号を記入しましょう。

自分が出ても問題ないので、直通の電話番号がある人はそれを記入してもよいです。

審査の流れ③正式申し込み

審査が完了して通過したことが確認できたら、正式申し込みをする必要があります。

この正式申し込みをする方法は次の2つです。

  • 郵送
  • 窓口

北日本銀行の口座を持っている場合、郵送で正式申し込みが可能です。

郵送で手続きをする場合、申し込み書類は郵送で自宅に届きます。

その書類に記入し、銀行へ返送しましょう。

また北日本銀行の口座を持っていない場合は、北日本銀行の窓口へ言って正式申し込みをする必要があります。

なお、すでに口座を持っている人でも窓口で手続きをすることは可能です。

審査の流れ④契約

正式申し込みが受理されるとカードローンの契約が完了します。

このとき、キャッシュカードとローンカードを一体型にするか別々で発行するかを選択することができます。

もし早く借り入れをしたいならカード一体型を選択するとよいでしょう。

別々のタイプにすると、契約完了後の1週間から10日ほど後に自宅へローンカードが届きます。

北日本銀行カードローン「ASUMO」の借り入れ方法

前の章では、北日本銀行カードローン「ASUMO」の審査について解説しました。

この章では、その借り入れ方法について解説します。

「ASUMO」ではATMか、「きたぎんネットバンキング」で借り入れが可能です。

利用できるATMは次の通り。

  • 北日本銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • E-netATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • イオン銀行ATM

このように北日本銀行のATMだけでなく、コンビニのATMからでも借り入れは可能です。

コンビニであれば店舗数が多いので便利ですよね。

北日本銀行のATMでは手数料はかかりませんが、他のATMだと時間帯や曜日によっては手数料が発生することがあります。

またきたぎんネットバンキングは別途契約が必要ですが、スマホやパソコンから借り入れができるのでATM以上に便利です。

自動融資サービスでも借り入れ可能

また、北日本銀行カードローン「ASUMO」では「自動融資サービス」というものがあります。

このサービスは返済用の口座で料金の引き落としができるだけの残高が入っていなかった場合、自動で不足分を入金してくれるもの。

カードや税金などの支払いを北日本銀行の口座にしている場合、残高不足で支払いができなかったということを防げる便利なサービスです。

このサービスでは「ASUMO」の返済や、積立預金口座への振替などはできません。

北日本銀行カードローン「ASUMO」の返済

前の章では、北日本銀行カードローン「ASUMO」の借り入れについて解説しました。

この章では、その返済について見ていきましょう。

「ASUMO」の返済日は6日・16日・26日から選択することができます。

また返済額は、返済日前月の末日にいくら借り入れ残高があるかによって変わってくるのです。

詳しく表にまとめました。

前月末日の借り入れ残高 返済金額
〜10万円 2,000円
10万円〜20万円 4,000円
20万円〜30万円 6,000円
30万円〜40万円 8,000円
40万円〜50万円 1万円
50万円〜100万円 2万円
100万円〜200万円 3万円
200万円〜300万円 4万円
300万円〜400万円 5万円
400万円以上 6万円

このように、借り入れ残高が10万円以下なら毎月の返済は2,000円でいいということですね。

しかし返済日に返済額分の残高が返済用口座に入っていない場合、延滞扱いとなり延滞金が発生します。

随時返済も可能

北日本銀行カードローン「ASUMO」では毎月の返済以外にも、お金に余裕のあるときに返済できる「随時返済」も可能です。

随時返済は次のATMから行うことができます。

  • 北日本銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • E-netATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • イオン銀行ATM

借り入れ金は、時間が経つとどんどん利息が膨らんでいってしまいます。

そのため、お金に余裕のあるタイミングで随時返済を利用するほうがおトクに返済ができるのです。

残高不足を防げるスイングサービスも利用可能

また北日本銀行カードローン「ASUMO」では「スイングサービス」という機能があります。

この機能は、カードローン口座へ入金して残高がプラスになった場合、そのプラス分を返済用口座に自動振替してくれるもの。

この機能を活用すれば、残高不足で返済ができないということを防ぐことができます。

北日本銀行カードローン「ASUMO」利用者の口コミ

前の章では、北日本銀行カードローン「ASUMO」の返済について解説しました。

この章では、その口コミを紹介します。

・銀行カードローンは正社員でないと無理だと思ったが、アルバイトの私でも借り入れできて驚いた。

北日本銀行の口座を持っていたので来店不要で手続きできたのも便利だと思う。

・飲食店でバイトしているのでカードローンは厳しいと思ったが、試しに申し込んだら借りることができた。

金利が10%なのでとても低く、毎月の返済金額も2,000円と低く助かっている。

このように、アルバイト・パートでも申し込みができたことや、金利や返済額が低いことが好評でした。

北日本銀行カードローン「ASUMO」の総評

この記事では、北日本銀行カードローン「ASUMO」について網羅的に解説しました。

「ASUMO」の特筆すべき点は、審査の「リトライ・サービス」があることと、金利が低いことです。

最大3回まで審査ができるカードローンは珍しく、審査に通過がしやすいというのは大きなメリットですね。

また、1回目の審査で通過できれば最高でも金利が7%というのは、他のカードローンに比べて圧倒的な低さです。

もし北日本銀行の口座を持っていて、カードローンの利用を考えている人は北日本銀行カードローン「ASUMO」の申し込みをしてみてはいかがでしょうか。