東北銀行カードローン「inos(イーノス)」の基本情報・金利・借入・返済を網羅的に解説!

地方銀行カードローン

岩手県盛岡市に本店を構える、東北銀行。

「とうぎん」という略称で親しまれています。

その東北銀行が提供するカードローンが「inos(イーノス)」。

月々の返済額が最低2,000円からで、金利が14.0%と消費者金融に比べて低いというのがこのカードローンの特徴です。

カードローンを利用するなら、事前に申し込み条件や審査、借り入れ方法や返済方法について知っておくと、自分に合ったカードローンを選択できます。

そこでこの記事では、東北銀行カードローン「inos(イーノス)」の基本情報や申し込み条件、金利、審査、借り入れ方法、返済方法などを網羅的に解説していきます。

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

東北銀行カードローン「inos(イーノス)」の基本情報

まずは東北銀行カードローン「inos(イーノス)」の基本情報について見ていきましょう。

情報を表にまとめました。

提供元東北銀行
申し込み方法Web
東北銀行の口座開設必要
借り入れ限度額10万円〜500万円
金利(実質年率)4.8%〜14.0%
即日融資不可
返済日5日
使用用途自由(事業用を除く)

「イーノス」の申し込みはWebからのみとなっています。

電話やFAXなどでは受付していないので注意しましょう。

また、「イーノス」を利用するには東北銀行の普通預金口座が必要です。

カードローン審査後の正式申し込みまでに開設しておけば問題ありませんが、仮申し込み前に開設しておくとスムーズに手続きを済ませることができます。

金利は4.8%〜14.0%と、地方銀行の中では平均的です。

消費者金融ほどで高くはありませんが、メガバンクと比べると少し高めでしょう。

また、申し込み日に借り入れができる「即日融資」には対応していません。

東北銀行カードローン「inos(イーノス)」の申し込み条件

前の章では、東北銀行カードローン「inos(イーノス)」の基本情報について解説しました。

この章では、その申し込み条件について見ていきましょう。

「inos(イーノス)」をはじめ、カードローンでは申し込むための条件があります。

その条件を全て満たしていないと、そもそも申し込むことができません。

「inos(イーノス)」の申し込み条件は次の4つです。

  • 20歳以上66歳未満であること
  • 東北銀行の営業エリア内に在住、または勤務していること
  • 安定した継続収入があること
  • 保証会社からの保証が受けられること

ひとつずつ見ていきましょう。

申し込み条件①20歳以上66歳未満であること

まず、東北銀行カードローン「inos(イーノス)」の申し込み条件として20歳以上66歳未満であるという年齢制限があります。

この年齢制限は、申し込みをしたタイミングでの年齢です。

つまり、18歳で正社員として働いていても「「イーノス」には申し込むことはできません。

しかし20歳になれば、その時点ですぐに申し込むことができます。

申し込みの上限年齢は66歳。

この年齢は他社カードローンと比べると少し高めです。

申し込み条件②東北銀行の営業エリア内に在住、または勤務していること

東北銀行カードローン「inos(イーノス)」の申し込み条件2つ目は、東北銀行の営業エリアに住んでいるか、働いていることです。

東北銀行の営業エリアは次の通り。

  • 岩手県
  • 青森県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 東京都

このうち、東京都を除く4件に在住、もしくは勤務していれば「イーノス」に申し込むことができます。

東京都にも支店はありますが、東京都に在住・勤務している人は「イーノス」へ申し込むことはできないので注意しましょう。

申し込み条件③安定した継続収入があること

東北銀行カードローン「inos(イーノス)」の申し込み条件3つ目は、安定した継続収入があることです。

カードローンの審査では、主に安定した返済能力があるかどうかを見られています。

そのため安定した継続収入は返済能力を確かめるために必要なのでしょう。

安定した継続収入と聞くと、正社員や高収入でないといけないと思う人も中にはいるかもしれません。

しかし、「イーノス」ではアルバイト・パート、専業主婦(夫)、年金受給者も申し込みが可能と明記されています。

そのため収入がとても多いわけでなくても利用することが可能なのです。

なお、専業主婦(夫)の場合は配偶者に安定収入があることが条件となっています。

申し込み条件④保証会社からの保証が受けられること

東北銀行カードローン「inos(イーノス)」の申し込み条件4つ目は、保証会社からの保証を受けられることです。

家を借りるときやローンを組むときは、保証人を立てることを必要とされる場合があります。

「イーノス」の場合では保証人の代わりに、保証会社を立てる必要があるのです。

保証会社はカードローン利用者の返済を保証し、万が一利用者が返済できなくなったときは借り入れ金を肩代わりして返済してくれます。

もちろん肩代わりしてくれたお金は、その後保証会社へ返済しなければなりません。

「イーノス」では、次の3つの会社が保証会社となっています。

  • 東北ジェーシービーカード
  • ジェーシービー
  • SMBCコンシューマーファイナンス

この3つの会社が申込者の審査をし、審査通過をもって保証が受けられたことになります。

申し込み条件を満たしても必ず利用できるわけではありません

ここまで東北銀行カードローン「inos(イーノス)」の申し込み条件について解説してきましたが、この条件全て満たしたからと言ってカードローンを利用できるというわけではありません。

この条件はあくまで申し込みの条件であり、カードローンを利用するには上で解説したように審査を受ける必要があります。

そしてその審査に落ちてしまうと、カードローンの利用はできません。

審査を通過するためには、上で解説したように安定した返済能力が必要です。

この安定した返済能力とは、収入が高いことだけでなく同じ職場に長く勤めていることや、同じ家に長く住んでいるということもその要素に含まれるのです。

もし最近転職したという人は、勤続年数が増えてから申し込みをすると審査に通過しやすくなります。

近々引っ越し予定の人も、引っ越し前に申し込みをするとよいでしょう。

また、過去に他社で返済トラブルを起こしていても審査落ちの原因になります。

東北銀行カードローン「inos(イーノス)」はどんな人におすすめ?

前の章では、東北銀行カードローン「inos(イーノス)」の申し込み条件について解説しました。

この章では、「イーノス」がどのような人におすすめなのかを見ていきましょう。

「イーノス」の利用をおすすめできるのは次のような人です。

  • 東北銀行をメインの口座として使っている人
  • アルバイト・パート、専業主婦(夫)、年金受給者

まず、東北銀行をメインの口座として使っている人には「イーノス」の利用がおすすめです。

上でも解説したように「イーノス」では東北銀行の口座を開設する必要があります。

カードローンを利用するためだけに口座開設するのは少し面倒ですよね。

また「イーノス」の返済は東北銀行の口座からの引き落としです。

給与の振込先が別の口座だと、返済日にわざわざお金を東北銀行口座に移す必要があります。

また、アルバイト・パート、専業主婦(夫)、年金受給者も利用できるというのは「イーノス」をおすすめできるポイントです。

東北銀行カードローン「inos(イーノス)」の金利

前の章では、東北銀行カードローン「inos(イーノス)」はどのような人におすすめなのかを解説しました。

この章では、その金利について見ていきましょう。

「イーノス」の金利は次の4パターンに分かれます。

  • 14.0%
  • 11.0%
  • 8.0%
  • 4.8%

この金利は利用者が決めるのではなく、銀行側が審査によって決定するものです。

基本的には限度額によって金利が変わる方式が多いのですが、「イーノス」の場合はその判断基準は不明となっています。

東北銀行カードローン「inos(イーノス)」の審査

前の章では、東北銀行カードローン「inos(イーノス)」の金利について解説しました。

この章では、その審査について見ていきましょう。

上で解説したように、「イーノス」では申し込み者の情報をもとに審査を行い、カードローンの利用ができるかどうか決定します。

「イーノス」の審査は次のような流れで行われます。

  • 仮申し込み
  • 審査
  • 正式申し込み
  • 契約

ひとつずつ見ていきましょう。

審査の流れ①仮申し込み

まずは仮申し込みです。

「イーノス」の仮申し込みは、こちらのWebサイトからのみ行えます。

申し込みは24時間365日、いつでも受付可能です。

この仮申し込みでは、申し込み者の年収、勤務先情報、他社借り入れ金額などを申告します。

このとき嘘の情報や間違った情報を記入してしまうと、審査を遅らせてしまったり審査落ちの原因にもなります。

そのため正確に記入するようにしましょう。

なお、平日15時までに仮申し込みをすればその日に回答がもらえます。

なるべく早く借り入れしたいという人は、その時間までに申し込みをするようにしましょう。

土日に申し込みをすることも可能ですが、審査を行うのは平日なので審査結果は次の平日まで待つ必要があります。

審査の流れ②審査

仮申し込みで申告された情報をもとに、保証会社が審査を行います。

この審査の中で、申込者が申告した勤務先で実際に勤務しているかを確認するために行われるのが「在籍確認」です。

在籍確認では「カードローン」という言葉は出ず、個人名で申込者あてに電話がかかってきます。

そのため職場に「イーノス」へ申し込みしたことはバレにくいでしょう。

また勤務先について嘘や誤った情報を記入すると、在籍確認に時間がかかり審査が遅れてしまったり、審査に落ちてしまうことがあります。

同じ会社内でも実際には勤務していない場所の電話番号を記入してしまっても同様です。

必ず実際に勤務している営業所や支店などの番号を記入しましょう。

確認の電話には自分で応答しても問題はありません。

もし直通の電話番号がある人はその番号を記入するとよいでしょう。

審査結果は電話で通知されます。

審査の流れ③正式申し込み

審査に通過できたことを確認できたら、正式申し込みをします。

正式申し込みの方法は次の2種類です。

  • 郵送
  • 窓口

郵送は東北銀行の口座を開設済みの人のみ利用できます。

しかしこの方法は到着までの時間が必要であるため、契約完了までの時間が長くなります。

なるべく早く借り入れをしたい人は窓口で正式申し込みをするとよいでしょう。

またこの正式申し込み時には身分証明書が必要になります。

身分証明書として使用できるのは次の3つです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

これらのような、顔写真付の確認書類が身分証明書として使用できます。

また、借り入れ限度額を50万円以上にする場合は、追加書類として所得証明書類が必要です。

所得証明書類として使用できるのは次の3つ。

  • 確定申告書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書

これらを持った上で手続きをしましょう。

審査の流れ④契約

正式申し込みが受理されると契約が完了し、「イーノス」を利用することができるようになります。

契約完了後にローンカードが自宅へ郵送され、それを使って借り入れを行うことができるのです。

このローンカードは窓口で受け取ることはできず、必ず郵送され、届くまでに数日必要であるために即日融資を受けることはできません。

東北銀行カードローン「inos(イーノス)」の借り入れ方法

前の章では、東北銀行カードローン「inos(イーノス)」の審査について解説しました。

この章では、「イーノス」の借り入れ方法について見ていきましょう。

前の章で解説したように、「イーノス」はローンカードを使用して借り入れができます。

ローンカードはATMで使用可能です。

提携しているATMは以下の通り。

  • 東北銀行ATM
  • みちのく銀行ATM
  • 七十七銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • E-netATM
  • イオン銀行ATM
  • ゆうちょ銀行ATM

このうち、東北銀行・みちのく銀行・七十七銀行は平日の日中であれば無料で利用できます。

その他のATMは手数料が必要です。

東北銀行カードローン「inos(イーノス)」の返済方法

前の章では、東北銀行カードローン「inos(イーノス)」の返済方法について解説しました。

この章では、その返済方法について見ていきましょう。

「イーノス」の返済日は毎月5日で、返済日に東北銀行の口座から返済額が引き落としされます。

そして返済額は返済日時点の借り入れ残高によって決まるのです。

借り入れ残高ごとの返済額は次の通り。

借り入れ残高返済額
〜2,000円借り入れ額全額
2,000円〜10万円2,000円
10万円〜20万円4,000円
20万円〜30万円6,000円
30万円〜40万円8,000円
40万円〜50万円1万円
50万円〜60万円12,000円
60万円〜70万円14,000円
70万円〜80万円16,000円
80万円〜90万円18,000円
90万円〜100万円2万円
100万円〜200万円3万円
200万円〜300万円4万円
300万円〜400万円5万円
400万円以上6万円

随時返済も可能

また東北銀行カードローン「inos(イーノス)」では毎月の返済日以外にも、随時返済を行うことができます。

随時返済は次のATMから可能です。

  • 東北銀行ATM
  • みちのく銀行ATM
  • 七十七銀行ATM

借り入れ金は時間が経つと、金利によってどんどん増えていきます。

そのため早く元金を減らしていくことがおトクに返済をするコツなのです。

お金に余裕のあるタイミングで随時返済を行うことで、利息を軽減することができます。

東北銀行カードローン「inos(イーノス)」利用者の口コミ

前の章では、東北銀行カードローン「inos(イーノス)」の返済について解説しました。

この章では、その口コミを見ていきましょう。

20代でアルバイトの僕でも借り入れできました。

金利は14%でした。

あまり特徴がないカードローンですが、金利も限度額も十分です。

このように、金利が低いということや、アルバイト・パートでも借り入れ可能であることが好評でした。

東北銀行カードローン「inos(イーノス)」の総評

この記事では、東北銀行カードローン「inos(イーノス)」について網羅的に解説しました。

「イーノス」は無職でなければ利用することができ、金利も消費者金融に比べると低いというのが利用しやすいポイントです。

しかし「イーノス」では、半年に1回のペースで利用明細が自宅に郵送されます。

「カードローン」という表記は封筒に書いていませんが、この明細を止める方法はないため、家族に「イーノス」を利用していることがバレたくない人にとってはデメリットでしょう。

これらの点を踏まえた上で、「イーノス」が自分に合っていると思えば申し込みしてはどうでしょうか。