お金がない!やばい!?即日お金を調達する方法を解説!

無職の男性 ライフ

お金がない時、すぐお金を調達できる方法があれば便利ですよね。

今回はお金を即日用意できる方法を解説します。

急な出費でお金が必要な人は、実践してみましょう。

目次

お金がない時に調達する方法

お金がない時に、即日資金調達する方法はいくつかあります。

数日猶予がある場合選択肢は増えるので、まず自分の状況を整理しましょう。

お金に余裕がない時は、精神的にも余裕がなくなるのでまず安心感を持つことが重要です。

何時までにいくら必要か、全体像を把握することによって入手可能率もあがるので落ち着いて行動しましょう。

公共料金支払いの場合待ってくれるケースもある

公共料金で資金不足の人は、公共機関に連絡してみましょう。

理由によって待ってくれる場合もあります。

水道代金の場合、最大2ヶ月待ってくれるので積極的に連絡しましょう。

何時までに必要か?いくら必要か?考えてお金を入手しよう

必要な金額と期日を把握しましょう。

金額と必要な期限を把握できれば最善の方法が見つかります。

即日必要な場合と数日猶予がある場合では違った入手方法になることもあります。

借入をなるべく避けたい人は数日猶予が必要になるケースもあるので、事前に準備しておきましょう。

消費者金融か銀行からお金を借りる

消費者金融会社は、即日借入できる会社が多く存在しています。

即日お金が必要な人は、消費者金融に相談しましょう。

借入が50万以下の場合だと、源泉徴収票等は必要ありません。

収入と身分証明書があれば審査することができるので、簡単に借入できます。

審査状況によって違う場合もあるので、信用情報に自信がない人は審査する前に他の借入状態を把握しておきましょう。

審査に落ちると半年間は、借入不可能になってしまうことがあるので気を付けて審査してください。

銀行の場合最短で翌日借入となります。

銀行のほうが金利も低めなので、時間に余裕がある人は銀行を選びましょう。

大手銀行より、地方銀行のほうが審査に通りやすい場合もあります。

自分の信用情報と相談して、審査に通りそうな銀行をえらびましょう。

消費者金融は最短即日で借りられる

消費者金融はスピード重視な人にオススメです。

即日借入可能なので、非常に便利ですが金利は高めです。

会社によって金利や返済方法も異なってくるので調べておきましょう。

銀行は場所によって金利が低い

銀行は消費者金融と比べて金利が低くいので、返済困難に陥りにくいです。

数日猶予がある人は、銀行からお金を借りる方法を試してみましょう。

銀行の審査は、消費者金融会社より厳しい場合もあります。

審査が不安な人は銀行を避けて、消費者金融で借入しましょう。

審査に時間がかかる

銀行は最短翌日借入可能と説明しましたが、審査によって数日かかる場合もあります。

あらかじめ数日かかる場合を考えて、行動しましょう。

同時に複数の会社から借入審査すると、落ちる可能性が高くなってしまいます。

即日融資を重視したい人は消費者金融をえらびましょう。

審査に落ちる可能性がある

銀行は審査が厳しいので、収入がある人でも落ちる可能性があります。

勤務期間が短かったり、年収が低くかったりする人は消費者金融を選択しましょう。

給料ファクタリング(給与ファクタリング)を利用する

給料ファクタリングは、勤めている会社から前払いしてもらうシステムです。

借金ではないので、返済する必要はありません。

全額前払してもらっても給料ファクタリング会社から手数料を取られるので、100%前払いという訳ではありません。

手数料が高いと、貰えるお金を減るので会社選びは慎重におこないましょう。

審査がないのでブラックな人でも安心

金融機関の場合、信用情報を調べて審査しますが給料ファクタリングは審査がありません。

信用情報がブラックな人でも、給料ファクタリングは利用できます。

借入が不可能な人や、借金したくない人は給料ファクタリングを利用しましょう。

前払いなので注意が必要

給料ファクタリングは前払いなので、今後の収入を考える必要があります。

最短即日で前払い入手可能ですが、来月の収入が減るので注意する必要があります。

給料ファクタリングを利用した後のことを考えて利用しましょう。

少額必要な人は物を売ってお金を手に入れよう

必要なお金が少額の場合、不必要な物を売ってお金にしましょう。

時間がある人はフリマアプリを利用して売りましょう。

フリマアプリの場合高値で売ることができるのでオススメです。

物によっては売買に時間がかかったり、売れなかったりするので即日必要な人は買取り業者を利用しましょう。

フリマアプリを利用して高額買取りを目指そう

フリマアプリを利用すると、買取り業者より高く売れる可能性が高いです。

需要がある物を吟味してフリマアプリを活用しましょう。

即日お金が必要な人は消費者金融を利用しよう

即日お金が必要な人は消費者金融でお金を借りましょう。

給料ファクタリングも即日可能ですが、勤務している会社によって時間がかかってしまうこともあります。

消費者金融の場合、収入があれば借入可能なので自分にあった会社を探しましょう。

はじめての方なら30日間金利0円!アコム

はじめての借入なら、アコムがオススメです。

30日間金利が0円なので、早く返済できる人は金利がかかりません。

30日後の金利は契約極度額に応じて変わってきます。

ご契約極度額 適用金利
1~99万円 7.7%~18.0%
100~300万円 7.7%~15.0%
301~500万円 4.7%~7.7%
501~800万円 3.0%~4.7%

1万円から融資可能なので、少額融資希望の人にもオススメです。

急な申し込みも電話対応や自動契約機で対応しているので、相談してみましょう。

借入可能か不安な人は3秒診断しよう

収入があっても借入が不安な人は、3秒診断してみましょう。

借入希望額が収入を見合ってない場合は、減額して審査しましょう。

アコムは審査を比較的柔軟に対応してくれるので、気軽にお問い合わせしてみましょう。

最短1時間融資も可能!24時間振込可能なプロミス

プロミスは最短1時間で融資可能です。

最速融資を希望している人は、プロミスを利用しましょう。

アコム同様はじめて利用する場合、30日間利息0円なので借入初心者にオススメです。

プロミスはアコムと同じくらい審査に柔軟性があります。

収入が少なくても融資可能なので安心してください。

WEBからの契約は最短1時間融資可能

WEBからの申し込みは24時間365日受付しています。

審査も最短30分で終わるので、そんな場面でもすぐ融資することができます。

自由な時間に申し込み可能なので、日中働いている人も問題なく審査することができます。

20歳~69歳で収入がある人なら借入可能

プロミスは20歳~69歳で収入がある人なら申し込み可能です。

希望の借入金額が50万円以下の場合、収入を証明する書類は必要無いので簡単に審査できます。

主婦でもパート・アルバイトをしている人なら借入可能なので、安心してください。

SMBCモビットは三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の口座を持っている人にオススメ!

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の口座を持っている人は、申し込みから利用までネットで完結することができます。

簡単に借入することができるので、口座を持っている人にオススメです。

10秒で簡易審査結果も分かるので、借入を考えているひとはまず簡易審査をしてみましょう。

消費者金融の審査に落ちにくくする方法とは

消費者金融の審査は銀行と比べて柔軟ですが、信用情報に問題があれば借入できません。

審査に落ちない為にも、自分の信用情報や借入状況を知っておく必要があります。

他社に借入がないか確認する

一般的に年収の3分の1以内であれば借入することができます。

他社ですでに借入をおこなっているひとは、今回借入する金額を計算しておきましょう。

3分の1以上の借入額になると、審査に落ちてしまうことがあります。

年収の3分の1以内に抑えていても、複数の会社から借入している場合は審査に落ちてしまいます。

3社以上借入がある人は、借入が難しいので他の方法を考えましょう。

借入金額を減額する

借入金額を少額に抑えると、審査に通りやすくなります。

特にはじめて借入する人は、信用がない状態での借入なので少額からスタートしましょう。

消費者金融会社の連絡を丁寧に対応する

借りる会社の連絡は、なるべく早急に出て丁寧に対応しましょう。

印象が悪いだけで、返済能力に問題があるとみなされる可能性もあります。

自分の立ち位置をしっかりと理解して、丁寧に対応しましょう。

信用情報に問題がある人は半年くらい期間をあける必要がある

返済を滞納していたり、ローンの支払いを怠っていたりする人は審査に落ちてしまいます。

即日お金が欲しい人は、消費者金融の利用を諦めて別の方法をかんがえましょう。

別の方法でお金を入手すると同時に、信用情報の回復に努めましょう。

信用情報は返済を完済すると回復します。

半年くらいの期間をあけて、再度審査してみましょう。

消費者金融会社に審査落ちしてしまった場合他の方法で資金調達しましょう

消費者金融に落ちてしまうと、半年くらいは審査をうけても落ちる可能性が高いです。

即日必要でも、消費者金融からの借入は困難なので別の方法を考えましょう。

闇金は絶対NG

正規の金融会社から借りられないからといって、闇金を利用するのは絶対やめてください。

闇金は返済困難に陥る可能性が高く、生活に支障がでます。

犯罪行為でもあるのでやめましょう。

消費者金融で借入する流れ

審査が最短30分!や1時間で融資可能!と書かれていても、流れが分かっていないと不安になる人もいますよね。

一般的な消費者金融の申し込みから借入可能になるまでの流れを説明します。

申し込む

消費者金融会社で申し込む方法はWEB申し込み、電話申し込み、自動契約機があります。

WEB申し込みは24時間対応しているところが多いので、自由な時間に申し込むことが可能です。

審査も早くなる場合があるので、WEB申し込みできる人は利用しましょう。

申し込みするときに記入するのは、自分の個人情報です。

個人情報の記入にミスがあると審査に通らない場合があるので気を付けて記入しましょう。

身分証明書を提出

身分が証明できるものを提出しましょう。

借入金額が50万円以上の場合、収入を証明する書類も必要になるので用意しましょう。

運転免許証がある人は、身分証明書提出の時運転免許証の提示を指示されます。

審査する

全て書類を提出し終えたら、審査にはいります。

審査は会社によって違いますが、最短で30分のところがあります。

審査の間電話確認がある場合もあるので、気を付けましょう。

審査に通過すると借入可能

審査に通過すると、借入限度額の確認や同意確認の連絡があります。

自分が希望していた額より少額の場合もあります。

審査通過後、借入金額に同意すると即日借入可能となります。

審査に落ちた場合は借入することができません。

後日借入限度額を増やすことができる

一度借入をおこなって、返済をしっかりやっていると借入限度額についての連絡がきます。

借入限度額を減額して契約した人は、連絡が掛かってくるまで待ちましょう。

借入が不安な人は給料ファクタリングを利用しよう

借入が不安な人や、信用情報がブラックで借入できない人は給料ファクタリングを利用しましょう。

借金とは異なるものなので、審査も必要ありません。

手数料が発生するので、事前に手数料について調べておきましょう。

悪質な会社も多数あるので注意しましょう

給料ファクタリングは最近流行りはじめた資金調達方法なので、悪質な会社もあります。

手数料が高かったり、登録していない業者だったりすると詐欺にひっかかってしまう場合があります。

利用する前に、口コミサイトや公式HPをよく見て決めましょう。

個人向け給料ファクタリングなら先給(センキュー)がオススメ

最短30分でお振込み可能な先給は、柔軟に対応してくれます。

審査も消費者金融と違う審査なので、信用情報がブラックな人でも安心して利用できます。

来店不要で契約できるので、手軽に申し込みできます。

契約には3ヶ月分の給料明細・顔写真付の身分証明証書・保険証が必要なので事前に用意しておきましょう。

メールや電話よりも早く申し込みしたい人は、ラインで申し込みしましょう。
参考:先給公式サイト

前払いや借入に不安を持っている人は収入を増やしましょう

前払いや借入に不安を持っている人は、収入を増やして対処しましょう。

面接不要で即日お金がはいる方法もあるので、金額に応じて挑戦しましょう。

働いて資金調達

収入を増やす方法は、今後の生活に影響を最小限に抑える方法です。

返済が困難だったり、収入に不安があったりする人は働いて収入を増やしましょう。

収入を即日に増やす方法もあります。

自分の必要な金額分働いて、現状を乗り越えましょう。

週払い・日払いが可能な仕事とは

その日働いて、お金が貰えるアプリが存在します。

1番代表的なのはおてつだいネットワークスです。

おてつだいネットワークスは、自分の働きたい時に職場を探して働くことができます。

即日払い可能な職場もあるので、積極的に利用しましょう。

当欠や欠勤が多いと退会処分になってしまうので注意しましょう。

お金を借りる場合は返済困難にならないように注意しよう

お金を借りて資金調達する人は、返済に気を付けましょう。

返済を滞らせてしまうと信用情報に影響します。

今後の生活に支障がでてしまうので、返済は絶対にしましょう。

返済期日に間に合わない場合は、消費者金融会社に連絡して返済期日をのばしてもらいましょう。

放置しておくのが1番ダメなので、早めに連絡してください。

返済期日をまもろう

返済期日を守って完済すると、返済能力があるとみなされ他の審査にも通過しやすくなります。

返済を怠って期日を守らないと、逆に審査に落ちやすくなってしまいます。

返済困難になりそうな場合は、早めに収入を増やす方法を考えましょう。

自己破産に追い込まれると長期間借入できなくなる

返済不可能になり、自己破産すると最低10年間は借入やローンを組むことができません。

借金する時は、完済する前提でお金を借りましょう。

自己破産しても、免責許可がおりない場合は借金が残ります。

借金返済に不安を抱えている人は弁護士に相談しましょう。

借金を減らす方法は自己破産だけではない

複数社から借入して、返済困難になっている人は弁護士に相談しましょう。

複数社の借金を一括にまとめると、返済額がぐっと減ります。

自己破産を考える前に、返済方法について相談してみましょう。

借金返済を長年している人は、逆に現金を得られる場合もあります。

借金の過払い金についても調べておきましょう。