リボ払いはカードローンに借り換えたほうがいい?お勧めのカードローンも紹介!

リボ払い

リボ払いのクレジットカードを使っている場合、返済が上手に進まない場合もあります。

より早く返済したいと考えている場合や、低金利での借入で利息を減らしたい時はカードローンで借り換えてしまうといいでしょう。

借り換えによって最終的な返済額を抑えられるほか、場合によっては一括返済に切り替えて簡単にお金を返せます。

様々なメリットを持っているカードローンへの切り替えをしっかりと考えましょう。

ここではリボ払いをカードローンで借り換える際のメリットなどを説明します。

404 NOT FOUND | お金マニュアル

リボ払いが上手に進まない時はカードローンへ切り替えると安心

リボ払いの返済がなかなか終わらない時は、銀行系のカードローンに切り替えるといいでしょう。

カードローンは柔軟な返済と低金利での借入が可能で、返済を楽にするメリットを多数持っています。

クレジットカードをリボ払いは、金利がやや高く設定されているため、手数料を多くとられる恐れもあります。

より小さい手数料で返済したいと考えているなら、カードローンに切り替えたほうがいいでしょう。

特に残高が多くなっている場合、カードローンで返済したほうが圧倒的に利息を減らせる可能性があります。

より返済を楽にしたいと考えているなら、クレジットカードからカードローンへの借り換えを検討してください。

リボ払いをカードローンで借り換えるメリット

リボ払いをカードローンで借り換えるメリットは以下の通りです。

  • 低金利での借入が可能
  • 将来的に大きな利用枠を持ったカードローンが手に入る
  • 途中で一括返済に切り替えやすい
  • ATM返済等で利便性が高まる

以上のメリットにより、カードローンで借り換えると返済がかなり楽になります。

返済の問題点をしっかり解消したいと考えている人、また柔軟に返済したいと考えているなら、カードローンに切り替えるといいでしょう。

ここからはリボ払いをカードローンで借り換えるメリットを説明します。

低金利での借入が可能

カードローンは低金利での借入が可能となる場合が多く、リボ払いよりも低金利で返済できます。

リボ払いの金利は15%に設定される場合が多いのですが、カードローンはより低金利で借りられる場合が多いのです。

特に大手銀行のカードローンは、金利を抑えたカードローンを提供しているため、返済をかなり楽にしてくれるメリットがあります。

そして何よりも優れているポイントは、大手銀行のカードローンは限度額が高い点です。

限度額が高いと金利をさらに下げられるメリットが得られます。

より低金利で借りられれば、リボ払いの返済よりも大幅に利息を減らせて、手数料で大きな損失を出す問題が起こらなくなります。

返済しやすい状況を作りたいと考えているなら、カードローンでの借り換えを考えたほうがいいでしょう。

将来的に大きな利用枠を持ったカードローンが手に入る

カードローンの借り換えは、借り換えを希望する金額分だけ借りられる場合が多く、その分だけ限度額を準備します。

つまり高い限度額が用意される可能性が高いのです。

そして借り換えた金額が返済された場合、カードローンの限度額が多い状態で契約を維持できます。

つまり大きな限度額を持ったカードローンを手に入れることで、将来的に大きな借入が必要な場合にカードローンを使えるようになるのです。

しかも限度額が高ければ高いほど、低金利でお金を借りられる良さがあります。

多くの金額を借りられるというメリットが将来的に得られる他、低金利での借入が期待できるメリットを考えると、リボ払いはカードローンで借り換えたほうがいいでしょう。

途中で一括返済に切り替えやすい

基本的にカードローンもリボ払いを採用しているため、返済方法は特に変わりません。

ただ、カードローンの場合は自由に一括返済が可能です。

電話連絡によってカードローンの返済方法を切り替えられるほか、会員ページで手続きをするだけで返済方法を変えられる良さもあります。

返済方法を変えたいと考えている場合や、すぐに返済方法を一括返済に変えたいと考えているなら、カードローンで借り換えるといいでしょう。

返済方法を柔軟に変えられるという部分では、クレジットカードよりもカードローンの方が使いやすいかもしれません。

ATM返済等で利便性が高まる

一部のカードローンはATM返済が可能です。

ATM返済は、返済したいタイミングでATMを利用し、お金を返せるというメリットがあります。

クレジットカードの場合、リボ払いを選ぶと口座引き落とし以外の方法はなかなか使えません。

しかし、カードローンに切り替えると、返済方法を柔軟に切り替えられるのです。

これまで返済方法で口座引き落としを選んでいた人にとって、別の方法で返済できるというのはかなりいいことでしょう。

柔軟に返済方法を変えられるという部分では、ATM返済を利用できるカードローンに切り替えるメリットはかなり大きいのです。

リボ払いをカードローンで借り換える際の注意点

リボ払いをカードローンで借り換えるメリットは多いものの、注意しなければならないポイントがいくつかあります。

注意点は以下の通りです。

  • リボ払いの金利よりも低金利に抑えること
  • 高い限度額を確保すること
  • 余裕を持って申込むこと
  • 複数の会社に申し込まないこと

以上の注意点をしっかり守らないと、借り換えで損をする可能性があります。

損を出さないようにしないためにも、カードローンの比較や注意点を理解して申込みましょう。

ここからはカードローンで借り換える際の注意点を説明します。

リボ払いの金利よりも低金利に抑えること

リボ払いの金利よりもカードローンの金利を下げなければ、利息の分だけ損をしてしまいます。

クレジットカードのリボ払いは、金利が15%に設定されます。

この15%よりも金利が低いカードローンを選ばなければ借り換えは失敗します。

絶対に15%以上の金利を持つカードローンを選ばないようにしてください。

特に消費者金融のカードローンは、選んだところで損をする可能性が高いため、基本的に狙わないようにしましょう。

高い限度額を確保すること

限度額を高くしないと、カードローンでリボ払いの借り換えができない場合もあります。

借り換えをしたいと考えているなら、まずは高い限度額を増やす必要があります。

できる限り高い限度額を得られるように、大きな収入を確保するなどして信頼性を得ておきましょう。

また、借り換え時にはカードローンの限度額を確認し、限度額の高いカードローンを選んでおきましょう。

間違っても50万円程度の限度額を持つカードローンは選ばないでください。

余裕を持って申込むこと

借り換えまでにかかる時間は長くなる恐れもあります。

カードローンは即日融資が期待できないほか、審査にかかる時間も長くなる傾向があります。

最低でも1週間程度の時間は確保し、余裕を持って申し込みができるようにしましょう。

短時間で借り換えてリボ払いを楽にするという方針は取らないほうが安心です。

また、カードローンによって審査時間やカード発行までにかかる時間も変わります。

カード発行までに時間がかかりすぎる会社は避けて、1週間程度でカードを受け取れる会社を選んだほうがいいでしょう。

複数の会社に申し込まないこと

間違っても複数の会社に申し込むのは避けてください。

複数の会社に申込むと審査に落とされてしまいます。

審査に落とされればカードローンの借り換えはできません。

更に、カードローンの審査を再度受けても落とされてしまいます。

期待していたカードローンの借り換えができなくなるので、絶対に複数の申し込みは出さないでください。

1つのカードローンに絞り込む作業をしっかり実施しましょう。

リボ払いを借り換える際にお勧めのカードローン3選!

リボ払いを借り換える時は、なるべく安心して借りられる会社、もしくはリボ払いよりも金利を抑えられる会社を選びたいところです。

ここからはリボ払いを借り換える際におすすめの会社を3つ紹介します。

カードローン選びに悩んでいるなら考えてみるといいでしょう。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、低金利で借りられるという部分が魅力的です。

みずほカードローンの金利は2.0%~14.0%で、リボ払いよりも1%の以上も金利を引き下げられます。

高い限度額を得られれば、借り換えによって利息を大幅に削減できるでしょう。

さらに高い限度額を持っているカードローンで、800万円まで借り換えが可能です。

大きな借り換えが必要な場合でも、確実に対処できるだけの限度額は魅力的です。

信頼できる大手のメガバンクということもあり、安心感もかなり強い会社です。

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンも低金利で借りられる会社です。

イオン銀行カードローンは3.8%~13.8%の金利を採用しています。

みずほ銀行カードローンよりも低金利で借りられるメリットがあり、さらに低金利を狙いたい方におすすめです。

限度額も800万円まで準備されているので、リボ払いの借り換えができない問題もほぼありません。

身近な場所にイオン銀行ATMが置かれている安心感もあり、場合によっては一番使いやすいカードローンかもしれません。

借り換えを希望している時には、イオン銀行カードローンを中心に考えてもいいでしょう。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは、ポイントなどのサービスを受けたいときにおすすめです。

カードローンを発行するだけでポイントを受け取れるほか、カードローンの利用によってもポイントを受け取れます。

更に、キャンペーンで初回に限り金利を引き下げている期間があります。

キャンペーンが適用されれば、金利を半分に抑えられる可能性もあります。

金利は1.9%~14.5%と少し高い傾向があるものの、半分に抑えられれば借り換えではかなり有利となります。

更に楽天銀行の口座を持っている場合、ランクに応じて審査が優遇される措置が取られます。

楽天銀行を使い続けている人で、高いランクを持っているなら楽天銀行がおすすめです。

リボ払いに困ったらカードローンで借り換えて返済しよう!

リボ払いの返済に困っているなら、カードローンで借り換えを考えるといいでしょう。

借り換えによって返済しやすい状況を作れるほか、場合によっては高い限度額を持つカードローンを将来的に使える場合があります。

カードローンで借り換える場合は、低金利で借りられる会社を中心に考えておきましょう。

自分なりにいいカードローンを見つけること、そして審査を通過することを前提に考えて申込む会社を決めてください。