楽天カードの海外旅行保険を徹底解説!適用条件を理解して海外旅行保険を活用しよう

三井住友銀行カードローン豆知識

「海外旅行のとき、海外旅行保険って加入すべき?」
「楽天カードに付帯している海外旅行保険だけで、安心して海外に行っても大丈夫?」
こちらの記事では、そんな人に向けて楽天カードの海外旅行保険について徹底解説をしていきます。

日本とは気候や食事などが異なる海外では、暑すぎて熱中症になってしまった、食事があわずに体調を崩した、といった事態が想定されます。

そんなときに便利なのが海外旅行保険。

海外旅行保険なしで海外の病院に行った場合、保険が効かないので高額な医療費を請求されてしまいます。

楽天カードには海外旅行保険が付帯していますが、はたしてその補償内容はどのようなものなのでしょうか。

これから楽天カードの海外旅行保険で海外旅行する人は、この記事を読んでから海外に行きましょう。

目次

海外旅行保険って何?

まずは海外旅行保険とはどのようなものであるか解説していきます。

海外で病気や怪我をする前に、海外旅行保険の知識を身につけておけば、海外でトラブルにあったときも安心ですよ。

海外旅行中の病気・怪我・事故に対する保険

海外旅行保険を一言で言うと、海外で病気・怪我・事故などに見舞われて医療費がかかったとき、それを補償するための保険です。

日本国内であれば健康保険が適用されますが、海外では適用されないため海外旅行保険という形の保険を付帯させているという認識だとわかりやすいのではないでしょうか。

海外旅行保険はクレジットカードにも付帯していますが、補償内容はカードによって異なります。

そのため基本的な海外旅行保険の補償内容をしっかり把握したうえで、自分が加入している保険はどのようなものなのか把握しましょう。

海外旅行保険の主な補償内容は以下の通りです。

補償名 補償内容
傷害死亡・後遺障害 旅行中のケガで死亡したとき、後遺障害を生じたときに適用される
疾病死亡 旅行中に病気で死亡したときに適用される
治療費用  旅行中のケガまたは病気で医師から治療を受けたときに適用される
救援費用 旅行中のケガや病気が原因で、家族が現地にかけつけた場合に適用される
入院一時金 旅行中のケガや病気が原因で一定期間以上入院した場合に適用される
賠償責任 他人にケガを負わせる、他人の財物を壊すなど法律上損害賠償責任を負ったときに適用される
携行品損害 身の回りの持ち物が盗まれる、壊されたときに適用される
航空機委託手荷物遅延等費用 航空会社に預けた手荷物が遅れてそれに伴って費用が発生したときに適用される
航空機遅延費用  搭乗予定航空機の欠航や運休などで交通費や宿泊費が必要になった場合に適用される

一言で海外旅行保険と言っても、このように状況によって適用される内容が異なります。

自分が持っているクレジットカードに海外旅行保険が付帯しているから安心とは言えない理由が、少しおわかりいただけたでしょうか。

海外旅行保険がないと海外で莫大な治療費を支払わなければならない

海外旅行保険の中でも絶対チェックしておかなければならないのが、治療費用です。

海外で病気・ケガをしたときに病院に行くと適用される保険なので、海外旅行保険の中でも最も利用頻度が高い内容です。

よく海外旅行保険で最高3,000万円まで補償がついているから安心という記載がありますが、これは死亡・後遺障害保険の金額です。

死亡・後遺障害保険が充実いていても治療費用が少ないという保険は、実はたくさん存在しています。

日本は社会福祉が充実していることもあって、医療費も比較的安い国です。

しかし海外では医療費が高いことが多く、例えば盲腸の手術でも100万円を超える国はザラ、医療費が高い国だと300万円以上かかることもあります。

また海外で病院にかかる場合、事前に医療費が支払える証明をしなければならないので、保険が適用されていないと治療を受けられないことも考えられます。

海外旅行保険がないと海外でケガや病気になったとき、莫大な治療費を請求されてしまいます。

気候や食事が日本とは違い海外だからこそ、万全の保険をかけておきましょう。

海外旅行保険は旅行会社経由や空港でも加入できる

ちなみに海外旅行保険ですが主に以下のような加入方法があります。

  • クレジットカードの付帯保険を利用する
  • 旅行会社で予約したとき海外旅行保険も加入する
  • 保険会社のホームページから加入する
  • 空港にある自動保険販売機で加入する

海外旅行保険に加入することを忘れていた場合空港での加入もできますが、空港の海外旅行保険は割高になることが多いです。

また旅行会社経由や保険会社のホームページから加入する場合、別途海外旅行保険費用を支払わなければなりません。

このようなことを踏まえると、事前にクレジットカードを持っておいて海外旅行保険を付帯させておくのがもっとも賢い方法でしょう。

年会費無料のクレジットカードでも充実した海外旅行保険を付帯できるカードはあるので、海外に行く人はしっかりチェックしておきましょう。

航空機遅延の場合航空会社が補償してくれることもある

海外旅行保険の中には、航空機委託手荷物遅延等費用や航空機遅延費用など少し珍しい保険もあります。

これは飛行機が遅延したときなどに適用される保険ですが、年会費無料のクレジットカードの場合はまず付帯していません。

そのためこれらの保険に加入したいのであれば、別途保険会社から加入するかグレードの高いクレジットカードと契約する必要があります。

ちなみに航空会社の責任(整備不良やオーバーブッキングなど)で飛行機が遅延した場合、状況によっては航空会社から補償することもあります。

ただし天候不良や紛争などが原因の場合は、航空会社の責任ではないため航空会社から補償がおこなわれることはありません。

こうした事態にも対応したいのであれば、航空機遅延費用などに加入してみてもいいかもしれませんね。

楽天カードの海外旅行保険はどんなもの?

それでは楽天カードの海外旅行保険は、どのような補償が受けられるのでしょうか。

楽天カードの海外旅行保険基本情報

楽天カードの海外旅行保険は以下のような補償が付帯しています。

補償内容 保険金額
傷害死亡・後遺障害 2000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
賠償責任 2000万円
救援者費用 200万円
携行品損害 (免責金額3,000円) 20万円

他のクレジットカードの海外旅行保険と比べると、傷害死亡・後遺障害2,000万円は高めですが、傷害・疾病治療費用200万円が少々物足りない印象ですね。

ちなみにクレジットカードの海外旅行保険は利用付帯と自動付帯がありますが、楽天カードの海外旅行保険は利用付帯です。

利用付帯と自動付帯の違い

それでは海外旅行保険の利用付帯と自動付帯は、どのような違いがあるのでしょうか。

自動付帯とはその名の通りクレジットカードを持っているだけで、海外旅行保険が付帯される仕組み。

年会費無料のクレジットカードでは、エポスカードなどが海外旅行保険自動付帯のクレジットカードですね。

一方利用付帯とは、旅行代金を対象のクレジットカードで支払いしたときに適用される保険。

つまり旅行に関わる費用すべてを現金で支払った場合、楽天カードの海外旅行保険は付帯しないということです。

旅行代金の支払いが必要と聞くと、航空券やツアーの代金をクレジットカードで支払わなければならないように感じますが、実はそうではありません。

詳しくは後ほど解説しますが、空港までのバス代などをクレジットカードで支払えば、利用付帯の海外旅行保険は適用されます。

そのため利用付帯のクレジットカードを複数持っている場合、支払いを分散させることで複数の海外旅行保険は適用させることもできますよ。

楽天カードの海外旅行保険補償期間について

また楽天カードの海外旅行保険が適用される期間はどのくらいなのでしょうか。

楽天カードの海外旅行保険の場合、訪れる国に関わらず3カ月間保険が適用されます。

そのため長期滞在を考えている人でも、楽天カード1枚あれば海外旅行保険が適用されるということですね。

保険会社の海外旅行保険は期間が長くなればなるほど、保険金は高くなるので、長期滞在になればなるほどクレジットカードの海外旅行保険を使うメリットが増えていきますね。

楽天カードの海外旅行保険はどんなときに適用される?

楽天カードの海外旅行保険は利用付帯です。

利用付帯と聞くと航空券やツアー代金を支払わなければならないと思ってしまいますが、実はそうではありません。

ここからは楽天カードの海外旅行保険がどのようなときに、適用されるのか解説していきます。

楽天カードの海外旅行保険適用条件

楽天カードの公式ホームページのよると、楽天カードの海外旅行保険が有効になるためには

  • 自宅から出発空港までの交通費
  • 海外旅行代金

このいずれかを楽天カードで決済する必要があると記載されています。

海外旅行代金はその名の通り旅行会社のパッケージツアーや航空券のことを示し、これらの料金が一部でも楽天カードで支払われていれば、海外旅行保険は適用されます。

しかし自宅から出発空港までの交通費を支払うだけで、海外旅行保険は適用されることは意外と知られていないのではないでしょうか。

つまり空港までの電車代・バス代・タクシー代を楽天カードで支払うと、海外旅行保険が付帯されるということです。

ただし自家用車で空港まで行ったときのガソリン代・高速道路料金・駐車場代は、海外旅行保険の対象にはなりません。

あくまで公共の乗り物を利用して空港まで行ったときの交通費を楽天カードで支払ったときに適用されるので、自家用車で空港まで行く人は注意しましょう。

電子マネーへのチャージは適用外になるケースもあるので注意

ただし電車で空港に行く場合でも、電子マネーにチャージするときは注意が必要です。

楽天カードのホームページにも、回数券・プリペイドカード・ICカードチャージ分については、状況により異なりますという記載があります。

電子マネーにチャージするときは一度楽天カード保険デスクに問い合わせをしなければならないので、できれば避けたほうがいいでしょう。

そのため電車で空港まで行く人は、切符をクレジットカードで支払ったほうが確実。

みどりの窓口で普通切符をクレジットカード支払いしたい旨を伝えれば、近距離区間でもクレジットカード支払いが可能です。

またリムジンバスの場合でも、クレジットカード支払いが可能なケースがほとんど。

海外旅行代金を他の決済方法で支払った人は、空港までの交通費をクレジットカード支払いにして、海外旅行保険を適用させましょう。

楽天カードの海外旅行保険だけで海外旅行は大丈夫?

ここからは楽天カードの海外旅行保険が適用される条件などを解説してきましたが、そもそも楽天カードの海外旅行保険の内容は十分なのでしょうか。

ここからは楽天カードの海外旅行保険の補償内容について解説していきます。

疾病死亡が対象外なので持病がある人は要注意

先ほど紹介したように、楽天カードの海外旅行保険の補償内容は以下の通りです。

補償内容 保険金額
傷害死亡・後遺障害 2000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
賠償責任 2000万円
救援者費用 200万円

携行品損害(免責金額3,000円) 20万円
まず死亡・後遺障害の補償ですが、傷害(ケガなど)による死亡・後遺障害の補償はついていますが、疾病死亡の補償はありません。

そのため持病を持っている人が海外旅行する場合、保険内容は不十分と言えるかもしれません。

とはいえこれは楽天カードだけでなく、クレジットカード全般がこのような補償になっているケースがほとんどです。

病気による死亡の場合、生命保険が適用できるので生命保険でカバーするケースが多いです。

ただし生命保険によっては海外での死亡は対象でないものもあるので、生命保険はしっかり確認しておきましょう。

治療費も不十分なケースがある

続いて治療費についてです。

楽天カードの治療費は200万円まで補償してくれます。

海外で治療を受ける場合いくらかかるのかは国によって大きく違うので、一概には言えませんが、風邪を引いた・食あたりをしたなどのケースで医者にかかる場合は、まず大丈夫でしょう。

しかし盲腸などで手術を受けなければいけない場合、200万円を超えることはザラです。

治療費がいくらかかるのかは事前にわからないので、どこまでの補償を求めるかはその人によります。

そのためどれほどまで補償を求めるのか、事前に決めておくといいでしょう。

他のクレジットカードと組み合わせて保険を充実させることができる

ちなみに楽天カードだけで海外旅行保険の補償内容が不十分だと感じた場合、他のクレジットカードの保険と組み合わせることも可能です。

死亡・後遺障害の項目は最高金額の保険が適用されますが、治療費などは保険を重複させることが可能。

つまり楽天カードに加えて、治療費を300万円まで補償してくれるカードの保険も適用していれば、500万円まで治療費の補償が受けられます。

楽天カードの治療費が心もとないのであれば、他のカードで補うことができますよ。

海外旅行保険用としてオススメのクレジットカード

「楽天カード以外に海外旅行保険用のクレジットカードがほしい」
そんな人は、他のクレジットカードで補うという方法を紹介しました。

それではそのような人は、どのクレジットカードと契約すればいいのでしょうか。

  • 海外旅行保険が自動付帯である
  • 治療費の補償金額が高い

この2つの条件を両方満たすカードとしては、REXカードもしくはエポスカードがオススメです。

REXカードは傷害治療費用・疾病治療費用の補償がいずれも200万円で、楽天カードとあわせて400万円までの補償がうけられます。

また基本ポイント還元率が1.25%と高いので、メインカードとしても使えるクレジットカードです。

楽天カードは楽天市場でのポイント還元率が高いのでネットショッピング用、そのほかの買い物はREXカードでおこなう。

このようなことがREXカードと契約すれば可能ですよ。

また百貨店のマルイが発行しているエポスカードは、傷害治療費用200万円、疾病治療費用270万円の補償が受けられます。

百貨店のマルイにあるカウンターに行けば即日発行できるので、海外旅行前でも発行できる点もメリットですね。

シダックスなどでは提示するだけで割引が受けられるサービスもあるので、持っておいて損のないクレジットカードですよ。

楽天カードの海外旅行保険についての補足

ここまで楽天カードの海外旅行保険について解説してきましたが、これまでの内容で説明しきれなかった部分を補足していきます。

支払いをしていない同行者の保険はどうなる?

「海外に家族旅行するけど、楽天カードの海外旅行保険は適用される?」
クレジットカードは会員本人だけのものなので、支払い者本人にしか海外旅行保険は適用されません。

つまり友達の海外旅行する場合も、支払いを担当した人はクレジットカードの保険が適用されるけど、支払いをしていない人は保険が適用されません。

家族旅行をする場合家族カードを発行するという方法もある

しかし楽天カードの場合、楽天カードを持っていれば同行者も海外旅行保険が有効になるという仕組みがあります。

そのため家族旅行をするのであれば、家族カードを家族に持たせれば、それだけで海外旅行保険が有効になるということですね。

家族カードは本会員の審査に基づいておこなわれるので、収入がない専業主婦でも審査に通りやすい点がメリット。

一方入会時にもらえるキャンペーンポイントがもらえないので、ポイント目的であればそれぞれ楽天カードを作るという方法もあります。

楽天カードの海外旅行保険を同行者に適用する場合、同行者も楽天カードを持っていることが条件なので、注意しましょう。

18歳未満の子供はクレジットカードが発行できないので注意

ただし18歳未満の子供については、家族カードも含めてクレジットカードが発行できないので注意しましょう。

クレジットカードによっては同行者の家族にも海外旅行保険が適用できる特約があるカードもありますが、楽天カードの場合同行者に関する特約はありません。

そのため子供に海外旅行保険を適用したい場合、保険会社を通じて保険をかける必要があります。

子供との旅行はホテルなど考えることが多いので大変ですが、海外旅行保険も気にかけるようにしましょう。

楽天カードで海外旅行保険を活用するための方法まとめ

ここまで楽天カードの海外旅行保険について解説してきましたが、専門的な内容も多く結局どうしたらいいのという人もいるかもしれません。

最後に楽天カードの海外旅行保険を活用するための方法を解説していきます。

空港までの電車・バス・タクシー代などでもいいので楽天カードで支払いをする

楽天カードの海外旅行保険について知っておいてほしいポイントとして、空港までの交通費を楽天カードで決済すれば海外旅行保険が適用されるということです。

航空券やツアー代金を楽天カードで支払っている場合は問題ないですが、そうでない場合空港までの電車・バス・タクシー代などでいいので、楽天カードで支払いをしましょう。

ただし自家用車まで空港で行く場合、海外旅行保険は適用されないので注意しましょう。

「海外旅行保険が適用されると思っていたけど、実は適用されていなかった」
このような事態が海外で発覚すると、かなり大変なことになってしまいます。

海外旅行保険の適用条件は、事前に必ず確認しましょう。

楽天カードだけで不安な場合他のカードを持っておくと安心

楽天カードは利用付帯ですが、傷害死亡・後遺障害が2,000万円、疾病・傷害治療費用が200万円まで補償してくれます。

これは年会費無料のクレジットカードの中では、かなり充実しています。

しかし海外旅行保険の中で1番利用する疾病・傷害治療費用が物足りないと感じる人は、他のカードも持っておくと安心です。

たとえばREXカードは海外旅行券が自動付帯なので、楽天カードとあわせて疾病・傷害治療費用は400万円まで補償されます。

これであればかなり安心できるレベルですし、REXカードは年会費無料で作成可能とハードルも高くありません。

持っておいて損はないクレジットカードなので、楽天カードとあわせて作っておくと便利ですよ。

同行者が保険に加入しているのか気を配ろう

最後に同行者がいる海外旅行の場合、同行者も保険に加入しているかどうか気をつけましょう。

楽天カードの海外旅行保険は利用付帯なので、支払いをした本人しか保険が付帯されません。

同行者が自動付帯のクレジットカードを持っていれば問題ないですが、そうでない場合海外旅行保険が適用されません。

楽天カードの場合楽天カードを持っている同行者であれば、支払いをしていなくても海外旅行保険が付帯するというサービスがあります。

そのため家族との海外旅行であれば、家族カードを作るという方法もあります。

海外旅行保険は事前の準備が大切なので、事前の確認はしっかりおこないましょう。

楽天カードの海外旅行保険を活用しよう

ここまで楽天カードの海外旅行保険について解説をしてきました。

海外旅行保険は普段あまり気にしない制度ではありますが、海外旅行をするときはとても重要な仕組みです。

海外旅行保険を適用していなかったがために、海外で病気をしたとき高額な医療費を請求されてしまった。

このようなことは誰にでも起こりえます。

こうした事態に備えて、海外旅行保険は万全にしておかなければなりません。

楽天カードは海外旅行保険が利用付帯なので、その点に気をつけつつ海外旅行の準備を進めていきましょう。