生活が苦しい40代…どうして生活が苦しい?生活を改善するには?

お金に悩む男性の画像 ライフ

生活が苦しくなってくる人が多くなってくる年代が40代です。

「今までのように頑張りで生活が上向かない」

など、生活が苦しくなってくる40代は「衰え」が生活苦の大きな要因です。

20代や30代はがむしゃらに頑張ることで生活が上向いて、それなりに生活に余裕があった人も、いろんな理由で40代の段階で生活が苦しくなります。

今回は40代の生活が苦しくなる理由と、どうすれば生活を上向きにすることができるか、「改善策」も探っていきたいと思います。

40代の生活が苦しくなる理由

現在生活が苦しいと言っている40代はパターン化しています。

一つ一つパターンを見ていって、生活の苦しい40代が生活を改善する改善策を調べていきましょう。

住宅ローンの返済

多くの40代が住宅ローン返済によって生活が苦しくなっています。

「家族のため」「後々資産になるから」など様々な理由で購入した住宅。

そして借入れた高額な住宅ローン。

借りたローンですから、当然そのお金はこれからも返していかないといけないわけで、返済する分だけ生活費は逼迫します。

40代ともなると、住宅ローン減税の対象期間は終わり、生活費に対して住宅ローン返済の負担がどんどん重くなってくるタイミングです。

35年にもなる住宅ローン返済、先行きの見通しが甘かった40代が、住宅ローン返済で生活が苦しくなってしまうのです。

住宅ローン組む時、35年という気の遠くなるくらい長い期間のライフプランを考えないといけないのです。

養育費の支払い

40代ともなると、子供の義務教育が終わってくるタイミングです。

そこから子供の養育費支払いは跳ね上がります。

子供の養育費、そして上で述べた住宅ローンの支払いがダブルで来る時、出費が重なるので生活が苦しくなってしまうのです。

40代の苦しい生活は、そうした避けられない支払いによるところが大きいのです。

給料が上がらない

頑張って働いてきた40代、それが優良企業で働いている人なら良いです。

しかし不況のなか、非正規雇用で働き始めた人は給料が上がりません。

またはコロナウイルスの影響もあり、働いている会社の経営が悪化して、給料が上がらない人は多いです。

20代30代の頃の感覚で働いていても、以前と同じリズムで給料が上がらない人は多いです。

ただでさえこれから不況が見込まれる時代。

今と同じ働き方をしていても、40代の収入は先細りです。

リストラにあって転職先がない

40代のタイミングでリストラにあうと、かなり生活が苦しくなってしまいます。

ただでさえ、転職市場では若者が有利になります。

40代になると、かなりスキルがある人でもない限り、求人数は激減します。

今のタイミングでリストラにあってしまうというのは、かなり生活が苦しくなってしまいます…。

親の介護

40代にもなると親の介護で生活が苦しくなる人の割合も大きくなります。

親の介護で出費が大きくなることで、現在の働き口を辞めないといけない人もたくさんいます。

それにより収入がなくなってしまうので、貧困に苦しんでしまう人も多いです。

だからといって親を見捨てるわけにもいかない…。

それいにより40代の生活はかなり苦しくなってしまうのです。

40代の生活苦理由と改善策

さて、嘆いていてもいけません。

40代が生活をこれから上向きにするにはどうすればいいのか。

生活が苦しくなるパターンに応じて、生活を改善するための方法を考えていきましょう。

見栄を張っている

生活が苦しい40代の多くは、見えっ張りです。

良い車に乗って、いい家に住んで、いい生活をして…。

そんな40代が、その出費で生活に困らないわけがありません。

そうした承認欲求発進の見栄を張り続けていると、生活は上向きません。

なぜなら、例え少し生活費が増えたとしても、見栄を張るのにお金がかかるので、大した収入にはならないからです。

周囲の人との人間関係を見直す

見栄を張ることで、結果的に生活が苦しいと感じている40代は、いますぐ自分と関わる周囲の人を見直してみることをおすすめします。

あなたが見栄を張りたがるのは、周囲の人の影響が大きいでしょう。

仮に周りの人が全然見栄を張りたがらない人ばかりなら、あなたも見栄を張りたいなんて思わないはず。

周囲の人間関係を今一度見返してみて、できることなら悪い影響がある人間関係はそこですっぱり切る努力をしてください。

引っ越す

しかし人間関係をまるっきり変えるのは簡単なことではありません。

人間関係は、生活のありとあらゆる部分と繋がっているポイントですから、人間関係だけ局所的に変えてしまうのは簡単なことではないのです。

それなら思い切って引っ越してしまうのは如何でしょう。

引っ越してしまえば、住む場所が変わるので、周囲の人間関係は変わります。

必然的に転職することになるでしょうし、生活の殆どが一気に変わってしまうはずです。

生活苦を抜けるために生活改善を考える40代には、「引っ越し」を強く勧めたいです。

出費が多い

普段の出費が多すぎて、結果的に今生活が苦しくなっている40代も、生活を今後改善していく必要があります。

「今の出費が多い」と感じているなら、出費を見直せばいいだけですから、ある意味では簡単です。

収入と支出のバランスを見直す

収入に対して、出ていくお金「支出」がどれくらいあるのか、家計簿をつけるなどして調べてみてください。

上でも述べた「見栄」のために多くの出費を払ってはいませんか?

不要な出費がどれくらいありそうですか?

収入の中で見直せる部分があれば、積極的になくしていきたいです。

保険の見直し

無駄な保険に入っているのは、生活が苦しい40代にとってかなり邪魔です。

保険というのは「あるかもしれない悪い未来」に対して、お金をかけて安心を買うというもの。

割にあう保険なら良いですが、世の中の保険多くがはっきり言ってぼったくりです。

積立型の生命保険なんてその典型です。

「安心」にお金を払いすぎない

「保険に入っている」という安心感に無駄な出費を払いすぎるのはやめましょう。

安心感にお金を使うくらいなら、資産運用をうまくやることで貯蓄を増やして、悪い未来に備える方がよっぽど有意義です。

詳しくは↓の動画で確認してください。

蓄えがなくて不慮のトラブルに対応できない

40代ともなると、様々なライプイベントが発生します。

早い人では、親御さんが亡くなってしまう人もいるでしょう。

持病が悪化する人、怪我で働けなくなる人もいるでしょうか。

そうした不慮のイベントに対応するには、事前の貯蓄が必須です。

しかし誰しも十分な備えがあるわけではありません…、

備えが足りなくて、不慮のトラブルに対応できず生活が苦しい40代はどうすれば良いのでしょうか。

収入から過剰資金を捻出する

毎月の収入すべてを使って生活していては、いつまで経っても生活に余裕は生まれません。

少しでも生活を楽にしたいなら、毎月の収入の中から過剰資金をひねり出すのが大前提です。

40代にもなると会社からもらう給料が上がっている人も多いでしょう。

その収入を上手に使って、貯蓄を蓄えていきましょう。

格安SIM、保険の見直し、その他出費を抑えるだけで、普通に過剰資金は生まれるはずです。

生活が苦しい理由が借金の場合

生活が苦しい40代が、「借金」を理由にしているなら、早くその借金問題を解決しないといけません。

借金というのは負債です。

負債を抱えている限り、あなたの生活が上向くことはないのです。

住宅ローンも借金のひとつ

住宅ローンで住宅を購入している人は、毎月収入の中から一定額返済にあてているはず。

ローンの返済を行っている時点で、あなたは借金しているという自覚を持ってください。

住宅ローンで生活が苦しいなら、あなたは借金苦なのです。

住宅ローン借り換えを検討してください

一度組んだ住宅ローン、今更やめるわけにはいきません。

あなたには「返済の義務」があるのです。

それならば、今後の返済の負担を軽減するのが一番現実的です。

個人融資は早い段階で完済しましょう

個人融資、カードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りているなら、少しでも早くその返済を行う必要があります。

借入額が大きいなら、債務整理を活用して、うまく返済額を減らしながら返済してください。

債務整理とおまとめローンは何が違う?多重債務の人はどちらを選ぶべきか
複数社から借金をしてしまい、返済が難しくなった人には債務整理とおまとめローンという解決手段があります。 どちらも多重債務を解決する手段ではありますが、それぞれにメリット・デメリットがありどちらを選ぶべきか人によって異なります。 ...

新型コロナウイルスで生活が苦しい

新型コロナウイルスで生活が苦しい40代も多くなっています。

日本全体どころか、世界中に影響を及ぼした新型コロナウイルス。

40代はこのコロナウイルスの影響で生活が苦しくなっている人が多いです。

新型コロナウイルスで生活が苦しくなっているなら、一時しのぎの借金などではなく、根本的に生活を0から見直しが必要になります。

制度を活用する

新型コロナウイルスで苦しんでいるなら、国が前から用意している制度を活用しながら目下の生活資金を手に入れてください。

緊急小口資金

あらゆる事情で生活費が足りなくなっている人のための制度が「緊急小口資金」です。

生活費に困っている人のために、10万円~20万円無利子で貸してくれる制度。

しかも場合によってはこの緊急小口資金で手に入れたお金は返済しなくて良いということで、給付金に近い制度となっています。

生活福祉資金貸付制度

こちらもあらゆる事情で生活費が足りなくなっている方のために用意された制度。

緊急小口資金より少し多くのお金を、こちらもやはり無利子で借入れることができます。

新型コロナウイルスで生活が困窮してしまっているなら、生活福祉資金貸付制度を利用してみてください。

できる仕事から探す

とりあえず日銭を稼ぐために働かないといけません。

今募集している仕事から、すぐにできそうな仕事を。

できれば今の状況を考えると、なるべく新型コロナウイルス感染リスクが低くて、今までのキャリアを活かせる仕事を選んで働いてください。

副業で副収入を得る

今後を考えると、収入源が一つなのも危ないです。

できれば副業を行うことで、収入源を複数用意してください。

ひとつの収入源が途切れても、別の収入源から得るお金でなんとか損害を抑える努力をしてください。

ブログ運営、せどり、ユーチューバー、自分にできることから副業を考えてみてください。

キャッシングもスポット的に活用する

ときには、生活費補填のためにキャッシングを利用するのも良いでしょう。

カードローンなど個人融資のメリットはなんといっても、その借入れに時間がかからない「早さ」です。

明日の食費もない…そんな人はカードローンでお金を借りるのもありでしょう。

無利息期間の長いレイクアルサがおすすめ

お金がなくて、やむを得ずキャッシングを利用するなら、無利息期間が長いレイクアルサがおすすめです。

レイクアルサは5万円までの借入れで最高180日間無利息となります。

これなら、無利息期間中に生活を立て直すことができれば、実質キャッシングによる経済的被害はゼロです。

生活が苦しい40代 まとめ

今回は、現在生活に困窮している、「生活が苦しい」と感じている40代に向けて情報を発信しました。

あらゆる事情で生活費が足りなくなり、生活が苦しくなっている40代は多いです。

ここから生活を立て直して、なんとか生活を平穏に送るための努力をしましょう。