専業主婦は2社のカードローン会社から借入できる?3社以上も可能?

専業主婦

専業主婦でカードローンを利用しているけれども、いろいろな事情があって、あともう少しだけお金を借りたい…。

専業主婦でも2社目、3社目のカードローン審査に通過することは可能なのでしょうか?

また、他社借入がある専業主婦が2社以上のカードローンに申込みをする場合には、どのような点に注意すればよいでしょうか?

専業主婦が借りられるカードローンは銀行カードローンのみ

他社から借入をしている人でも2社目のカードローン審査に通過するケースは多くあります。

ただし、それは安定した収入を持っている人の話です。

自分の収入を持たない専業主婦が2社以上のカードローンを利用することはやはり難しいのでしょうか?

専業主婦は収入がないので基本的には消費者金融からは借入できない

消費者金融は、銀行カードローンよりも審査が柔軟でパートやアルバイトでも借りられるみたいだから、専業主婦の自分でも借りられるのでは?

そう思う専業主婦の方もいるでしょう。

消費者金融には総量規制が適用されるので専業主婦は利用できない

結論からいうと、専業主婦は消費者金融からお金を借りることができません。

それは、2010年に貸金業法が改正された際に「総量規制」が導入されたからです。

総量規制とは、貸金業者から個人が借入できる金額が年収の3分の1までに制限されるというルールです。

例えば、年収が300万円のサラリーマンなら、消費者金融から借りられる金額は、100万円までですし、年収100万円のアルバイトの人ならおよそ33万円程度までとなります。

借入できる金額は年収の3分の1までに制限されていますから、年収が0円の専業主婦が借りられる金額は、
0円×1/3=0円。

つまり、働いておらず自分自身の年収を持たない専業主婦は、貸金業者からは借入ができないということなのですね。

配偶者貸付を利用すれば専業主婦も消費者金融を利用できるが…

ただ実際には、貸金業法に定められた手続きを踏めば専業主婦でも「配偶者貸付」という制度を利用して借り入れできますので、専業主婦が消費者金融からお金を借りられないというのは正確な表現ではありません。

ただ、専業主婦が貸金業者の配偶者貸付を利用するには、夫の同意書を提出しなければなりませんし、他にも多くの書類を準備する必要があります。

カードローンを利用したい専業主婦のほとんどは、借金をすることを夫に内緒にしておきたいと考えているので、配偶者貸付の需要はかなり低いといえます。

また、配偶者貸付の審査には手間がかかるため、一部中小消費者金融では取り扱いがあるものの、大手消費者金融ではどこもこの配偶者貸付を受け付けていません。

事実上、専業主婦は消費者金融からお金を借りられない状況にあるといってもよいでしょう。

銀行カードローンも専業主婦の借入に対して厳しくなった

専業主婦は消費者金融カードローンを利用できませんが、総量規制の適用のない銀行カードローンなら利用できる可能性があります。

ただし、銀行カードローンも最近は専業主婦が利用するのが難しくなってきています。

銀行カードローンが自主規制を導入した理由

そもそも、貸金業法が改正されて総量規制のルールが導入されたのは、もとはといえば貸金業者が利用者に過剰融資をしていたことが大きな社会問題になったことが原因です。

事実、貸金業法の改正で総量規制が導入された事によって、消費者金融カードローンの貸付残高は大幅に減少しました。

しかし、消費者金融の貸付残高の減少に伴い、今度は総量規制の導入が見送られた銀行カードローンの貸付残高が急増してしまいます。

銀行は、総量規制が適用されないことや金利の低さを前面に押し出し、競うようにしてカードローン融資を行うようになり、2015年には、銀行カードローンの貸付残高は消費者金融カードローンの貸付残高を上回るまでに増加しました。

ところが、貸金業法改正以来順調に減少してきた自己破産者数は2016年、ついに13年ぶりに増加に転じてしまい、今度は銀行カードローンの過剰融資が問題視されるようになったのです。

専業主婦への融資を制限する銀行カードローンも

各方面からの批判を受けて、銀行カードローン業界は融資のあり方や審査の厳格化などについて見直しをすることになりました。

そして2017年、メガバンクは以下の対応を自主規制として導入することを発表したのです。

  • 収入証明書の提出基準を強化する(借入金額50万円超で提出)
  • 収入と融資金額とのバランスを考慮する(自主的に総量規制を導入する)
  • コマーシャルを制限する(放送時間帯の見直し、広告の文言の見直し)

自主的に総量規制を導入したことによって、メガバンクでは専業主婦のカードローン申し込みを停止し、これまで専業主婦にも融資を行っていた銀行カードローンの多くがそれに追随するように専業主婦への貸付を自粛するようになりました。

現在では、専業主婦が借りられる銀行カードローンは、地方銀行やネット銀行など一部の銀行に限定されています。

専業主婦でも借入可能な銀行カ―ドローン一覧

少し前置きが長くなりましたが、現在は専業主婦が利用できる銀行カードローンが以前と比べてかなり減少しています。

そこで、カードローンを利用したいという専業主婦のために、現在も専業主婦への融資を行っている地銀やネット銀行を一部ご紹介します。

カードローン名 専業主婦の借入限度額
静岡銀行カードローン 50万円まで
荘内銀行カードローン 50万円まで
山梨中央銀行カードローン 40万円まで
楽天銀行カードローン 50万円まで
イオン銀行カードローン 50万円まで

専業主婦が利用できる銀行カードローンはかなり少なくなっていますが、銀行カードローンにこだわるのでなければ、信用金庫のカードローンを利用してみるのはいかがでしょうか?
ほとんどの信用金庫では、専業主婦の借り入れが可能となっています。

専業主婦が銀行カードローンで借りられる金額は50万円が限度

銀行カードローンが主婦向けに設定している利用限度額は30万円~50万円程度です。

これぐらいの限度額なら専業主婦でも毎月やりくりをすれば返済していけるだろうという金額が設定されているのですね。

専業主婦には収入がありませんから、借入限度額が低く設定されるのは当然のことだといえるでしょう。

また、利用限度額が50万円に設定されていたとしても、専業主婦が初めて銀行カードローンを利用する場合には必ずしも限度額いっぱいまで借りられるわけではないことも知っておかなくてはなりません。

専業主婦の借入限度額が30万円に設定されている場合ならせいぜい10万円程度、借入限度額が50万円に設定されている場合でも、実際に借り入れできる金額は10万円~30万円程度と考えておいてください。

専業主婦が2社以上のカードローンから借入するのは不可能ではない

専業主婦が借りられるカードローンの種類や借りられる金額についてはある程度理解が深まったと思います。

では、専業主婦は2社以上のカードローンから借り入れできるのかについて考えてみましょう。

理論上は限度額までなら複数のカードローンの借入も可能

専業主婦に対して銀行カードローンが貸付を制限する傾向にあるのは確かですが、銀行カードローンの場合は消費者金融カードローンとは異なって、収入のない専業主婦への融資が禁じられているわけではありません。

また、専業主婦は2社以上の銀行カードローンから借りられないと定められているわけでもありません。

従って、理論上は専業主婦でも2社以上の銀行カードローンから融資を受けることは可能です。

ただし、すでに銀行カードローンからの借り入れがある状態で2社目の銀行カードローンの審査に通過できるかは、また別の問題だと考えるべきでしょう。

2社目の銀行カードローン審査はかなり厳しい

銀行カードローンは消費者金融カードローンとは異なり、2社目以降では審査が厳しくなる傾向にあります。

それに加えて、専業主婦には収入がないというハンデがありますから、2社目の銀行カードローンの審査はかなり厳しくなるであろうことが容易に推察できますね。

専業主婦が銀行カードローンで借入する場合の限度額の上限は50万円程度ということがほとんどですが、実際に借りられる金額はせいぜい30万円程度。

もちろん、現在利用している銀行カードローンの利用限度額が大きいほど、2社目の銀行カードローンの審査に通過する可能性は低くなります。

ただし、最初にカードローンを利用した時に本当に必要な金額しか希望せず、現在の利用限度額がうんと低いというケースなら、2社目の銀行カードローンの審査に通過できる可能性もあるかもしれません。

専業主婦が借り入れできるカードローンは2社が限界

ただし、専業主婦がカードローンを利用する場合は、やはり2社が限界でしょう。

安定した収入がある会社員やパート・アルバイトなら返済能力がありますからカードローン会社もある程度安心して融資を行えます。

しかし、専業主婦には収入がありませんから、すでに複数社から借りているとなるとカードローン会社も簡単には融資するわけにいかないのですね。

しかも、専業主婦が利用できるのは、審査が厳しいといわれる銀行カードローンのみです。

他のカードローン会社から借り入れがある場合は、現在の借入限度額が少額であれば2社目までならなんとか審査に通過できる可能性はあるでしょう。

しかし、銀行カードローンは多重債務を嫌います。

絶対に無理だとはいいませんが、3社以上の銀行カードローンから借入をするのは極めて困難だと思われます。

専業主婦が2社以上のカードローンから借入できる条件は?

専業主婦には収入がないため、安定した収入を持つ会社員やパート・アルバイトと比べると審査のハードルはどうしても高くなりがちです。

2社以上のカードローンから借り入れするには、それなりの条件を満たしていることが求められます。

これまでに返済でトラブルを起こしたことがない

専業主婦が2社目のカードローンを利用するとなると、審査もかなり慎重に行われます。

もし、これまでに返済でトラブルを起こしたことがあれば、2社目のカードローンの審査に通過するのはかなり難しいでしょう。

何しろ、

  • 返済能力のない専業主婦である
  • 他社から借り入れをしている

という状況です。

過去に返済遅れなどのトラブルを起こしたことがあると分かれば、たとえブラックリスト入りしていなくてもかなり警戒されてしまいます。

これ以上融資をしたらきちんと返済してもらえないのではないかとカードローン会社に判断される可能性が高いです。

逆に、2社目に申し込みをしたいと思った時に、返済履歴に全く問題がなければ審査に通過できる可能性は高まります。

普段から返済期限を厳守することは、やはりとても重要なのです。

借入限度額が少額である

専業主婦の借入限度額はせいぜい50万円が限度です。

現在利用しているカードローンの限度額が10万円程度なら、2社目のカードローン審査に通過させても問題ないだろうと判断してもらえるかもしれません。

しかし、利用しているカードローンの限度額が30万円~40万円ともなると、返済能力のない専業主婦にこれ以上融資をするのは危険だと判断される可能性が高いでしょう。

他社の限度額が大きくなるほど、2社目の審査が慎重に行われるのは当然だといえますね。

夫に充分な収入がある

収入のない専業主婦が銀行カードローンで借入ができるのは、配偶者に安定した収入があれば、専業主婦がそこからやりくりをして返済をしてくれるであろうと銀行が判断しているからです。

従って、専業主婦が2社以上のカードローンから借り入れをするなら、夫に充分な収入があることが求められます。

もちろん配偶者はパートやアルバイトではなく、正社員でなくてはなりません。

逆に、夫が無職だというような状況では2社以上のカードローン審査に通過することはほぼ不可能だと考えておきましょう。

2社以上のカードローン借入を希望する専業主婦はパートを始めよう

専業主婦がどうしても2社以上のカードローンを利用したいという場合には、パートやアルバイトをして自分の収入を持つことをおすすめします。

収入があれば消費者金融カードローンからの借入も可能!

すでに借り入れがあるけれども、やっぱり他のカードローンも利用したい…。

それなら、専業主婦を卒業してパートやアルバイトをはじめてみるのはどうでしょうか?

パートやアルバイトによる収入があれば、審査の厳しい銀行カードローンだけではなく、より柔軟な審査を行っている消費者金融のカードローンにも申し込みができます。

消費者金融カードローンには総量規制が適用されていますから、年収の3分の1の金額までしか借りることができませんが、総量規制は貸金業者からの借り入れだけをその適用の範囲としています。

つまり、年収の3分の1の借り入れには銀行カードローンの借り入れはカウントされませんから、すでに銀行カードローンで借り入れをしている専業主婦でも、安定した収入さえあれば消費者金融の審査に通過できる可能性があるんですね。

パート収入を得られれば2社以上の借入をしなくても済むかも…

パートやアルバイトで収入を得られれば、もうそれ以上カードローンに頼らなくて済むかもしれません。

自分が仕事を続けている限り毎月給料が入ってくるわけですから、金銭的に余裕ができてカードローンを利用する必要もなくなる可能性も充分にありますよね。

当然のことですが、カードローンで借り入れをすれば利息がかかりますが、自分で働いて収入を得れば、余計な利息を支払う必要もありません。

ただ、どの家庭にもそれぞれ事情がありますから、パートやアルバイトに出られないという専業主婦ももちろんいるでしょう。

今は、外に出なくてもパソコンやスマホを利用して手軽に在宅ワークで稼ぐことができます。

2社目のカードローンを利用するのは難しいけど、外に働きに行くこともままならないのなら、そうしたネットを利用した副業にチャレンジするのもおすすめです。

おわりに

専業主婦は、借入の返済を配偶者の収入に頼らなければならないので、どうしても2社以上のカードローンで借入をするのが難しいです。

専業主婦が2社以上の借入をするためには、返済のルールをきちんと守るなど信用力を高めておくことや、現在の限度額が低いことなどが重要なポイントになると覚えておくとよいでしょう。