専業主婦でも借りられる銀行カードローンはこれ!旦那に内緒でお金を借りましょう

お金に悩む専業主婦 専業主婦

専業主婦は、配偶者の収入で生活を担う、まさに家族の生活を支える家計の担い手です。

しかし当然のことですが、配偶者の収入のみで暮らすというのはかなり苦しい生活を強いられて、時に「お金がない!今月かなりピンチ」な状況に追い込まれます。

「そもそも生活費が足りない」
という悩みはもちろん、
「お金がなくて家の中における必要な出費に対応することができない」
「子供の養育費に割けるお金も足りない」

というお金のピンチに悩むなら、専業主婦でも利用できる銀行カードローンを利用しながら、お金のピンチを切り抜けるのが大切です。

銀行カードローンなら、総量規制対象外であることもあり、本人に収入のない専業主婦でも問題なくお金を借り入れることができます。

専業主婦はお金がないこともあり、カードローン選びで間違った判断をすると、そもそも審査に通らなかったり、夫に借入がバレたりするリスクもあります。

慎重に、そして確実に旦那に内緒の借入が可能な、専業主婦利用可能なカードローンを選んでいきましょう。

専業主婦は銀行カードローンでお金を借りられる

通常キャッシングというものは、貸金業法の定めや返済能力との兼ね合いなどもあり、本人に安定収入がないとお金を借り入れることができません。

しかし例外もあります。

銀行カードローンなら、定職についておらず本人に安定収入もない専業主婦でも、問題なくお金を借り入れることができます。

専業主婦がお金に困っており、キャッシングを利用することでそのピンチを切り抜ける算段なら、「銀行カードローン」を利用した借入を行うべきなのです。

配偶者の安定収入が前提条件

専業主婦は配偶者の収入を当てにして生活していることでしょうが、銀行カードローンでお金を借り入れるためにはその「配偶者の安定収入」が借入のために必ず必要になる条件です。

総量規制対象外なので収入いらずの借入が可能

どうして収入のない専業主婦でもお金を借りられるのか?

一番の理由は、銀行カードローンが「総量規制対象外のキャッシングだから」です。

総量規制とは、貸金業法の中の一つで、「収入によって借入可能額が変わる」という決まりのことです。

収入の金額で借入可能額が変動するので、収入がゼロとなると、借入可能額もゼロということになります。

そして銀行カードローンは、この総量規制の対象外。

銀行は貸金業者ではないからです。

これならば問題なく、専業主婦でも銀行カードローンを利用できるというわけです。

専業主婦でも利用可能な銀行カードローン

しかし、銀行カードローンの審査が厳しくなっている昨今、すべての銀行カードローンが専業主婦借入可能かというとそうでもありません。

専業主婦の借入が推奨される銀行カードローン。

専業主婦でも審査に通りやすい銀行カードローンの種類は限られてきます。

そしてなぜか専業主婦が利用できる銀行カードローンは、ネット銀行のカードローンに集中しています。

セブン銀行カードローン

コンビニエンスストアのセブン&アイ・ホールディングスが運営するセブン銀行の銀行カードローンも、専業主婦が利用可能となっています。

サイトなどで公式アナウンスされてはいないものの、問い合わせにも「配偶者に安定収入があれば専業主婦の貸付が可能」ということでした。

全国にあるセブン銀行ATMを使った借入が可能なのは大きなメリットです。

セブン銀行ATMで借入ることで、自宅圏内で借り入れることができたり、土日祝日の借入ができたり、手数料がかからなかったり、メリットが多いです。

さらにセブン銀行カードローンは、ネットキャッシングで借入完結も可能です。

セブンイレブンが家の近くにある方、面倒な手続きが嫌な方ならぜひ、セブン銀行カードローンで借入をおすすめします。

セブン銀行カードローンの審査は厳しい?審査に落ちた要因は?
セブンイレブン内のコンビニATMで有名なセブン銀行ですが、カードローンサービスもあります。 セブン銀行カードローンを利用するには、当然セブン銀行カードローンの審査をクリアしなければなりません。 審査には審査基準が定められており、...

イオン銀行カードローン

大手スーパー系列イオンが経営する「イオン銀行カードローン」もおすすめです。

イオン銀行カードローンは公式サイト上で「専業主婦(夫)の方もお申し込みいただけます」と記述しています。

さすがイオン、専業主婦の利用に適していおり、少額借入でも上限金利13.8%という低金利の借入が可能です。

お金のない専業主婦でも、返済時の利息を心配する必要なく、カードローン利用が可能です。

低金利のカードローンなら、長期間のカードローン利用にも適しています。

低金利のカードローンである程度の期間借入を考えているならぜひ、イオン銀行カードローンへの申し込みを行ってください。

イオン銀行カードローンの審査は甘いのか厳しいのか?イオン銀行カードローン審査を徹底解説!
イオン銀行カードローンはイオン銀行が提供しているカードローンの1つです。 高い限度額と低金利で借りられる商品で、多くの借入を希望している人に向いています。 イオン銀行カードローンを使うためには、審査を通過しなければなりません。 ...

ジャパンネット銀行カードローン

ネット銀行のジャパンネット銀行のカードローンも、専業主婦の借入に対応しています。

専業主婦がジャパンネット銀行でお金を借りるための条件はただ、

「配偶者に安定した収入があるかないか」

が争点です。

銀行カードローンには珍しく、初めての利用で30日間の無利息サービスを利用することができます。

短期間での返済で利息が0円になるのは当然のこと、長期間の返済になっても無利息期間の利息は発生しないので、結果的に返済総額を少額に抑えることが可能です。

すでに口座を持っている銀行のカードローン利用がおすすめ

専業主婦にとって、「借り入れる銀行カードローン」の選択肢は広くて、選ぶのが難しいです。

そうしたどの銀行カードローンから借り入れるか悩んでいる専業主婦におすすめなのが、すでに口座を持っている銀行のカードローンで借り入れることです。

すでに口座を持っていれば、銀行カードローンでの借入にかかる時間が短くなります。

それに審査の手続きもスムーズになるので、申し込みから借入までの時間節約にも繋がるでしょう。

借り入れる銀行カードローンの種類で悩んだら、まずは「口座を持っている銀行のカードローン」での借入を考えてみてください。

身近な銀行が専業主婦の借入に対応してないなら仕方ありません。

別の銀行カードローンでの借入を考えてみてください。

銀行カードローンは即日借りることができない

お金の借入に時間をかけたくない専業主婦も多いでしょう。

しかし残念ながら、銀行カードローンは即日融資には対応していません。

理由としては、以前より銀行カードローンにおける審査の取り決めがより厳しくなったからです。

以前より銀行カードローンの審査基準が厳格化した

銀行カードローン利用者の中で、債務整理手続きを行う人、自己破産する人など、返済が困難になった人の割合が大きくなりました。

それにより金融庁が、「銀行カードローンは市民の生活を壊している」と判断したため、銀行カードローン審査を以前より厳格化しました。

時間をかけることで、以前は可能だった即日審査も不可能になりました。

審査が即日終わらないわけですから、その先の融資を即日受けることもできなくなったわけです。

収入証明書の提出が義務化された

以前は、銀行カードローン審査において「借入額50万円以下なら収入証明書提出不要」でしたが、貸金業法改定のきっかけで収入証明書提出が義務化されました。

これにより、「収入証明書提出を確認する」「収入証明書を審査する」という2つのステップが増えました。

これでは当然銀行カードローンで即日融資なんて不可能です。

専業主婦の銀行カードローン借入は少額借入が基本

専業主婦は銀行カードローンの審査に通ったとしても、高い限度額は期待できません。

せいぜい設定される限界は10万円程度。

高くとも30万円ほどの限度額内での借入となるでしょう。

専業主婦が銀行カードローンで高額借入を行うのは、ほとんど不可能だとおもってください。

ネット銀行カードローンならネットキャッシングで気軽な借入が可能

専業主婦が利用できる銀行カードローンの多くが「ネット銀行のカードローン」ですが、ネット銀行のカードローンでお金を借り入れるのはメリットが多いです。

ネット銀行からネットキャッシングでの借入は旦那にバレない

ネット銀行カードローンで、ネット上からの借入を行うとネットキャッシングを利用した借入で旦那にバレない、というメリットが見逃せません。

専業主婦は「借入が旦那にバレない」ことを目的の優先事項に入れるものです。

その大事な内緒の借入という目的も、ネット銀行のカードローンなら果たすことができるのです。

地銀のカードローンで借入という手も

全国に支店があるのが「都市銀行」。

支店を持たず、ネット上での経営をメインとするのが「ネット銀行」ですが、

地方支店で地方に根付いた経営を行うのが「地方銀行」をお忘れではないでしょうか。

地方銀行も当然銀行カードローンを運営していますし、中には専業主婦の借入に対応した地方銀行カードローンも存在します。

しかし注意も一点。

地方銀行カードローンの多くが、営業地域の外では利用できないということです。

お住いの地域の地方銀行カードローンが、どの地域の借入に対応しているか一度調べてみましょう。

横浜銀行カードローン

専業主婦にもおすすめな地方銀行カードローンといえば、私はやはり「横浜銀行カードローン」が一番に思いつきます。

地方銀行で一番大きな規模を持つ横浜銀行のカードローンは、金利も低く、限度額も1000万円と、都市銀行カードローンと遜色ない設定です。

借入可能地域は、神奈川県、東京都、群馬県の一部地域です。

借入地域可能地域にお住まいなら、ぜひ横浜銀行カードローンでお金を借りてみてください。

横浜銀行カードローンの審査は厳しい?
地方銀行の中でもっとも大きな規模で経営している「横浜銀行」。 その、横浜銀行が運営するカードローン「横浜銀行カードローン」は、中々優秀な設定が組まれたカードローンで、多くの利用者を満足させる設定が組まれています。 利用可能地域に...

千葉銀行カードローン

千葉に本店を構える地方銀行が「千葉銀行」です。

千葉銀行カードローンも借りやすく、専業主婦の借入にも当然対応しています。

申し込みから10秒で仮審査を知ることができる「10秒診断」のコンテンツが公式サイト上にあるのも珍しいです。

借入可能な地域は、千葉県、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県の一部地域です。

神奈川県の借入地域を狭めたのは、横浜銀行カードローンとの差別化をはかったからかもしれません。

千葉銀行「ちばぎんカードローン」の審査は時間がかかる?審査基準はどう?
千葉銀行カードローンは審査時間こそあまりかかりませんが、審査基準はやや厳しい傾向にあります。 審査を通過したいと考えているなら、確実に審査を通過できるように申込内容を整えたほうがいいでしょう。 更に審査を受けるタイミングなどにも...

専業主婦の銀行カードローン借入Q&A

専業主婦が銀行カードローンを利用する時、利用者の脳裏に浮かぶ疑問というのはたいてい共通しています。

ここではその、「専業主婦が思い浮かべがちな疑問」に対して回答を載せていこうと思います。

旦那に内緒で借りられる?

記事の中でも再三触れている話題ではありますが、重要な話題なのでもう一度考えておこうと思います。

専業主婦が利用可能な銀行カードローンは、借入が旦那、夫にバレないのか否か。

結論から言えば、「旦那にバレない借入は可能」です。

そもそも銀行カードローンは、借入に際して保証人も担保も必要ありません。

誰の手も借りる必要なく、自分ひとりの判断で、自分ひとりの力で借り入れることができるのです。

連絡・郵送物なしが決め手

銀行カードローン利用が旦那にバレるかバレないかの鍵を握るのは、銀行からの連絡、カードなど郵送物が家に届くか否かです。

銀行カードローンに関する郵送物が家に届いて、その郵送物が夫の目に止まれば当然銀行カードローン利用がバレてしまいます。

銀行からのカードローンに関する連絡に夫が対応した場合、怪しまれるきっかけになりますよね。

「旦那にバレずにお金を借りたい」なら、なるべくネットで完結するキャッシングで借入を行ってください。

在籍確認は申し込んだ本人の電話で行われる

カードローン審査において避けては通れない在籍確認ですが、この在籍確認が旦那の会社で行われることはありません。

申し込んだ本人の電話番号に在籍確認の電話がかけられるので、在籍確認の知識がある方も「旦那の会社に電話がかかるのでは」と心配は要りません。

審査に通る?

専業主婦は銀行カードローンを利用して借り入れるわけですから、当然審査をクリアセねばなりません。

審査に通らないと、申し込んだ本人は銀行カードローンでの借入を行うことができないのです。

では、専業主婦に対する審査はどのように行われるのでしょうか?

収入は自己申告

カードローン審査において重要な「収入の審査」ですが、基本的に申し込む本人の申告した収入をもとに審査が行われます。

「夫の収入はこれくらい」

という申込者からの申告を裏付けるようなことはしません。

当然、嘘をついたことが後でバレたらカードローン解約などの対応は取られるでしょう。

しかし専業主婦の銀行カードローン利用において、基本的に収入の審査はそこまで重要視されません。

専業主婦は高額借入ができないこと、夫は安定した収入があれば審査に通ることを思えば、正直に答えることをおすすめします。

お金がない専業主婦におすすめの対応

お金がない専業主婦は多いですが、私は銀行カードローンでの借入以外の方法でお金を調達することも考えるべきだと思います。

銀行カードローンを使った借入を行うと、その返済に追われることになるので、再びお金が足りない状況になる可能性が高いからです。

ノーリスクなお金の調達法もあわせて、考えておきましょう。

お金がない専業主婦はどうしてお金がないのか?お金がないストレスは辛い…
「専業主婦」に落ち着いているということは、働き口についておらず配偶者の収入で暮らしている状況だということです。 まずそもそも本人に収入がないのですから、「お金がない」としても無理はない…。 なんて思ってしまいますが、それでも「お...

フリマアプリの活用

フリマアプリで自分の持ち物を売るのがおすすめです。

よそで買ってきたものを転売するのも、もちろん良いでしょう。

ですがもし可能なら、自分で作ったアクセサリーなどを売ることで、収益もあがりリピーターも増えて、良いことづくめなのです。

時間がかかること、材料費がかかることなど、もちろんデメリットが存在するのは確かですが、ハンドメイドで売って成功を狙う価値はあります。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、在宅ワークしたい主婦にぴったりです。

WEBサイトに会員登録して、自分ができそうな案件を引き受けて作業するだけ。

それだけで、自分の特技を活かしてお金稼ぎができます。

誰でもできるものから、プログラミング等専門スキルを要するものまで依頼は多岐にわたります。

投資

知識と経験が必要ですが、株式投資などでお金を稼ぐことができます。

家にいる時間が長く、市場をチェックする時間がある専業主婦にとって投資はぴったりです。

株式投資からFX、仮想通貨まで選択肢も広いです。

専業主婦の銀行カードローン利用 まとめ

今回の主題は、専業主婦が銀行カードローンでお金を借り入れることができるか?

というものでした。

専業主婦でも問題なく銀行カードローンでお金を借り入れることができますが、「専業主婦の利用対応」の銀行カードローンに限ります。

しかし、無担保無保証人で借入可能な上、夫にもバレない借入が可能な銀行カードローン、専業主婦がお金を調達する時利用するのにおすすめです。