東邦銀行カードローン「TOHOスマートネクスト」の審査は通りやすい?金利・返済・借入方法についても徹底解説

地方銀行カードローン

東邦銀行は福島市に本店を置く地方銀行です。

東北では有力な銀行で地域では有名な銀行です。

その東方銀行が提供しているTOHOスマートネクストは、銀行利用者が活用するときにはハードルが低くなっています。

WEBのみで契約することもできるからです。

ここではそんなTOHOスマートネクストについて、メリットやデメリットなど含めて解説していきます。

東邦銀行カードローン「TOHOスマートネクスト」詳細情報(スペック表)

申し込み条件 満20歳以上満69歳以下の人、安定した収入がある人
必要書類 本人確認書類(店頭・WEB契約型共通)返済用普通預金口座の届出印・通帳(店頭契約型の場合)
審査時間 1週間程度
利用用途 原則自由(事業資金には利用できない)
契約期間 3年(原則自動更新)
限度額 500万円
保証会社 エム・ユー信用保証株式会社

東邦銀行カードローン「TOHOスマートネクスト」のメリット

  • パート・アルバイトでも利用可能
  • 東邦銀行に口座があればWEBで完結できる
  • クイック診断で簡単に利用できることを調べられる
  • コンビニATMで借入や返済が可能

パート・アルバイトでも利用可能

TOHOスマートネクストは安定した収入があれば、パート・アルバイトでも利用可能です。

正社員のみを対象にしているカードローンも少なくない中で、TOHOスマートネクストは利用できる範囲が広いです。

特に収入の1/3を超えない希望額であれば、融資を受けられる可能性は高いでしょう。

勤続年数や借金の有無なども関わってきますが、利用を制限している他の金融機関よりは借りられる確率は高くなります。

カードローンを利用したいパート・アルバイトの人にとってはメリットです。

パート・アルバイトだからといって銀行からお金を借りられないと諦めていた人は、試してみる価値があります。

東邦銀行に口座があればWEBで完結できる

銀行カードローンでは店頭での契約というパターンも多いです。

しかし、TOHOスマートネクストではWEBで契約まで完結できます。

忙しくて銀行の営業時間には行くことができない人にはメリットでしょう。

銀行が開いているのは平日だけですので、忙しい人が行くのは難しいケースもあります。

WEBで完結できるのであれば、銀行の営業時間を気にする必要がないのです。

仕事が終わってから申し込むこともできますし、休日に申請してもいいです。

また、手間がかからないこともメリットです。

郵送で契約などだと、郵便を送る必要があるので手間になることが多いです。

その手間をかける必要がないため、WEB完結は有益になります。

クイック診断で簡単に利用できることを調べられる

カードローンを利用する人は自分が利用できるかが分からない人も多いでしょう。

カードローンに申請をしてから、落ちるかもしれないと不安になる人もいます。

そんな人のためにTOHOスマートネクストでは、クイック診断を用意しています。

WEB上で利用できることを調べられるのです。

確実に利用できることを保証するものではありません。

しかし、信用情報に自信がない人は受けると自信を持てるでしょう。

クイック診断で落ちるようであれば、借金の残高や収入が変わるまで待つ必要があります。

クイック診断で落ちるのであれば、本番の審査で受かる可能性が低いからです。

クイック審査に受かるようになってから申請した方が通る確率は上がります。

コンビニATMで借入や返済が可能

TOHOスマートネクストでは提携している銀行や、コンビニATMで借入や返済を行えます。

借入をしたいときに、東邦銀行が近くになくても問題ないです。

特に緊急で借入をしたいときはコンビニATMが役立ちます。

コンビニが近くにあれば借入ができるからです。

特定の銀行しか利用できなければ、困ったときに対応できないかもしれません。

しかし、TOHOスマートネクストではコンビニATMも利用できるので、広く活用できるでしょう。

また、気軽に利用できるのもメリットです。

コンビニに行くついでに利用できるのです。

借りるハードルが高くないのはTOHOスマートネクストの有益な点です。

東邦銀行カードローン「TOHOスマートネクスト」のデメリット

  • 即日融資に対応していない
  • WEB完結以外は正式な申し込みは店頭のみ
  • 融資上限額が低い
  • 最低返済額が1万円

即日融資に対応していない

TOHOスマートネクストは即日に融資することはできません。

銀行では審査が厳しくなったことで、即日融資をすることができなくなったのです。

消費者金融などのカードローンであれば、即日融資を行っている金融機関もあります。

また、TOHOスマートネクストでは即日融資だけではなく、即日審査もできないです。

審査結果を出すにも1週間程度かかると、考えておく必要があります。

審査に時間をかけることで、貸し倒れのリスクが減り、健全な貸し付けができるようになっています。

このような流れを変えてまで、即日融資を再開することはすぐにはないでしょう。

TOHOスマートネクストに申し込むのであれば、時間がかかると理解してから申し込みましょう。

WEB完結以外は正式な申し込みは店頭のみ

銀行カードローンでは正式な申し込みを、店頭申し込みにしている銀行は少なくないです。

TOHOスマートネクストもWEB完結型以外は、店頭でしか契約ができません。

わざわざ店頭まで足を運ばなければいけないのはデメリットでしょう。

店頭での契約となれば、手間と時間がかかることになります。

カードローンの申し込みでそこまでの手間や時間をかけられる人は少ないです。

特に東邦銀行が遠くにしかない人には大きなデメリットでしょう。

カードローンの契約のために、遠くの店舗まで足を運ぶしかないからです。

東邦銀行が近くにあれば、そこまで手間ではないかもしれません。

しかし、店舗が遠くにしかない人には、契約をするまでのハードルが高くなります。

融資上限額が低い

TOHOスマートネクストの融資上限額は500万円です。

他のカードローンでは1000万円などもありますので、それに比べると融資上限額は低いのです。

上限額が低いため、おまとめローンなどに利用しにくいでしょう。

まとめるためには500万円を超える融資額が必要になることもあります。

TOHOスマートネクストの利用方法は自由ですが、融資上限額が低いために制限があるのはデメリットです。

低額を利用する人であれば、問題ありません。

しかし、高額融資を望む人には融資額が足りないかもしれません。

高額融資として考えると、TOHOスマートネクストの融資上限は決して高いとは言えないのです。

最低返済額が1万円

銀行カードローンでは一般的に最低返済額が決まっていることが多いです。

最低返済額が2千円の銀行があることを考えると、TOHOスマートネクストの1万円は高いです。

数千円の返済で済む銀行カードローンと比べれば高いでしょう。

月々の返済額は生活をする上で重要です。

毎月の支払いが高くなると、生活を圧迫する可能性もあるからです。

借りる側は返済額を低くしたいと思っている人が多く、それが最低返済額を低くしたいという心理に結びつきます。

そのような考えをする人からすれば、最低返済額が1万円になっているのはデメリットなのです。

東邦銀行カードローン「TOHOスマートネクスト」の審査基準は他社より甘い?

TOHOスマートネクストの審査基準は金利を見ると、他の銀行と比べて甘いということはありません。

大手銀行と比べても金利に大差はないですので、TOHOスマートネクストの審査基準を甘くする理由はないです。

審査基準が公開されているわけではありませんが、金利が同じであれば審査基準に大きな差が出るとは考えにくいです。

審査基準に差が出てしまうと、貸し倒れリスクにも差が出ます。

金利が同じでリスクだけに差が出るということはないでしょう。

特に銀行のリスク管理には厳しい基準がありますので、他行と大きな差が出るような審査基準を作ることはないです。

ただし、消費者金融と比べたときには、審査基準に大きな差が出ます。

消費者金融では高い金利を設定しているため、TOHOスマートネクストの審査基準とは違うのです。

消費者金融と比べれば、TOHOスマートネクストは厳しい審査基準になっているでしょう。

東邦銀行カードローン「TOHOスマートネクスト」の金利は他社より高い?

TOHOスマートネクストの金利は、他行と比べて高くなってはいません。

大手銀行の金利と比較すると、そこまで大きな差がないです。

東邦銀行と同じ地方銀行と比べても、金利はあまり変わらないです。

大きな差があるのは、消費者金融との金利の差です。

TOHOスマートネクストの金利に4%以上高い金利を設定している消費者金融もあります。

金利だけを比べるのであれば、消費者金融に比べてTOHOスマートネクストはかなり低いものになっています。

銀行カードローンと消費者金融では金利に大きな差があるのです。

TOHOスマートネクストに限らず、銀行カードローンは消費者金融よりも金利では優遇されています。

TOHOスマートネクストで借りられる人は、TOHOスマートネクストで借りた方が支払い総額が少なくなる可能性が高いです。

金利を考えるなら、TOHOスマートネクストは優良なカードローンでしょう。

東邦銀行カードローン「TOHOスマートネクスト」の利息一覧

借入額 利息
50万円 273003円
100万円 431076円
150万円 646614円
200万円 1510351円
300万円 1653340円
500万円 1087674円

東邦銀行カードローン「TOHOスマートネクスト」は返済しやすい?

TOHOスマートネクストは毎月10日に引き落としされる方法ですので、返済しやすいです。

指定の口座から自動で引き落としされるので、返済をする手間が要りません。

あらかじめ入金をしておけば、あと勝手に返済が終わります。

給料日などに返済分を指定の口座に入れることで、返済が終わってしまうのです。

それをしておけば、慌てて返済するために銀行を探すことなどがなくなるでしょう。

TOHOスマートネクストでの引き落としは最低返済額が引き落としされます。

前月の残高を確認して、最低返済額以上を入金しておくだけで返済は完了です。

前月の借入残高がわからなかったとしても、その前の月と同じだけで口座にお金を入れておけば引き落としされます。

ただし、新規で借りているのであれば、前の月以上の引き落としになる可能性はあります。

返済方式

TOHOスマートネクストでは毎月10日の借入残高に合わせて、最低返済額が変わる方式です。

例えば前の月に100万円の残高があれば、最低返済額は2万円になります。

それが50万円以下になれば、最低返済額は1万円に変わっていくのです。

ただし、借入残高が1万円以下になったときは、全額返済になりますので、その点は注意が必要です。

また、引き落とし以外の返済は、任意返済になります。

ATMなどで返済することも可能ですが、約定返済にはなりません。

ATM出の返済は繰り上げ返済に利用することができます。

支払い総額を少なくしたい人は繰り上げ返済を多くすることが大事です。

繰り上げ返済をしていけば、元本が減っていきますので最終的に支払う利息も少なくなります。

返済日

TOHOスマートネクストの返済日は毎月10日です。

10日に引き落としされたものが約定返済になります。

最低限10日には自動引き落としで支払う金額を返済する必要があるのです。

基本的には前1ヶ月分の利息を組み込んだ返済額が引き落されます。

支払う返済額は元本と利息を組み合わせた金額ですので、元本を大きく減らすことになりません。

元本を減らすためには任意での返済が有効です。

毎月最低返済額だけを支払っていると、利息は大きくなるばかりです。

元本を減らさないと利息は減りません。

将来利息を減らすために、任意での返済が重要なのです。

任意返済であれば、コンビニATMなどで返済することもできます。

お金に余裕があるときには任意返済をしておくとあとで楽になります。

ただし、任意返済をしても約定返済は次の月もありますので、約定返済ができる程度の任意返済にしましょう。

毎月の返済額

借入残高 返済額
1万円 残高全額
5万円 1万円
10万円 1万円
20万円 1万円
50万円 1万円
100万円 2万円
150万円 3万円
200万円 3万円
300万円 4万円
500万円 6万円

東邦銀行カードローン「TOHOスマートネクスト」の借り入れ方法

WEBなどで申し込み

TOHOスマートネクストはWEBなどで申し込むことができます。

所得や借金の有無なども書き込む必要がありますが、正確に書き込む必要があります。

故意ではないとしても申し込んだ内容に、虚偽の報告があると審査に落ちる要因になるのです。

虚偽の報告にならないように、自分で調べて必要事項を入力しましょう。

在籍確認の連絡

TOHOスマートネクストに申し込むと、在籍確認の電話が勤務先にかかってくるケースがあります。

在籍確認の電話を自分で出たい場合は、連絡する日程などを打合せしておく必要があるのです。

また、勤務先の状況によっては電話に誰も出れないこともあるかもしれません。

そうなると、在籍確認ができないこともあるのです。

在籍確認できるように準備しておきましょう。

審査結果の連絡と契約手続き

電話やEメールなどで審査結果の連絡がきます。

WEB完結で申し込んでいる人はEメールに書かれてるURLからログインして、審査結果と契約手続きを進めることになります。

WEB完結型の人はWEBで契約手続きを進めることが可能です。

ただし、WEB完結型以外の人は店頭での正式な契約手続きが必要になります。

審査結果が届いたあとに、店頭に行って正式な手続きを進めましょう。

契約内容の確認の連絡

契約内容の確認をする電話がかかってきます。

携帯電話、自宅、勤務先のいずれかに電話がかかってきますので、その電話で契約内容を確認します。

電話に出ないときは、何度もかかってくるでしょう。

利用が可能になる

契約内容が確認できると、東邦銀行ATMやコンビニATMなどで融資を受けられます。

ただし、ATMによっては手数料がかかる場合もあります。

また、申請をすれば振り込みによる融資も可能です。

東邦銀行カードローン「TOHOスマートネクスト」へ申し込んだ人の口コミ

年齢30代 会社員

海外旅行へ行くのに資金が足りなくてTOHOスマートネクストを利用しました。

ボーナスで支払うつもりだったのですが、旅行会社から予想よりも早く請求が来たのです。

しかたなくよく利用している東邦銀行のカードローンを使うことにしました。

TOHOスマートネクストを使ったのはWEBで簡単に申し込めたからです。

窓口にいかなくていいというのは大きなメリットでした。

申し込みから振り込みまで滞りなくできました。

年齢40代 会社員

結婚相談所で知り合った女性と急に結婚することになり、結婚資金を借りました。

相手に見栄をはりたくて結婚資金があるといったのが間違いでした。

すぐに資金が必要になり、貯金だけでは足りなくなってTOHOスマートネクストで借りることにしたのです。

東邦銀行に口座を持っていたので、簡単に借りることが出来たのはよかったです。

東邦銀行が素早い対応をしてくれたので、慌てないで結婚式ができました。

30代 公務員

結婚したいと思って相談所に通っていました。

そこのスタッフから外見も磨いた方がいいと言われて、エステに通うことにしたのです。

ただ、相談所に払ったお金で貯金がなくなっていました。

そこでTOHOスマートネクストでお金を借りることにしたのです。

カードローンに申し込んだことはなかったですが、東邦銀行を信頼していたので借りる決断は難しくなかったです。

全額支払えたので、エステに通うだけです。