お金使いすぎの専業主婦に共通する特徴は?お金の管理能力をアップさせよう!

財布を見て悲しむ女性 専業主婦

無駄なお金を使いすぎないようにと一生懸命頑張っているつもりなのに、ちっともお金が貯まらないと悩んでいる専業主婦の声をよく聞きます。

実は、お金を使いすぎているつもりがないのにお金全然が貯まらない、という専業主婦には共通した特徴があるのです。

今回は、お金が貯まらない専業主婦に共通する特徴と、お金の使いすぎを防ぐ方法をご紹介します。

お金の管理能力を磨いて「貯められる」体質になりましょう!

お金がない専業主婦はどうしてお金がないのか?お金がないストレスは辛い…
「専業主婦」に落ち着いているということは、働き口についておらず配偶者の収入で暮らしている状況だということです。 まずそもそも本人に収入がないのですから、「お金がない」としても無理はない…。 なんて思ってしまいますが、それでも「お...

お金使いすぎ?という専業主婦に共通する特徴とは?

努力しているのにちっともお金が貯まらない…という専業主婦の話を聞くと、それって実は逆にお金使いすぎなのでは?というケースが目立ちます。

家計をうまく管理するつもりでしていることが、お金が貯まらない原因になっている例を挙げてみます。

節約に必死になりすぎる

 特売品を買うために何件もスーパーをはしごする
 半額に値下げした肉や魚、惣菜を大量に買って節約する

という専業主婦は多いですが、それが原因で逆にお金使いすぎているということはありませんか?

節約しようと必死で安い食材を買っても、うまく消費しきれずに廃棄しているのでは、うまくお金を管理しているとはいえません。

安くなった食材を大量に購入したあげく消費しきれずに捨ててしまうより、値引きされていない食材でも、きちんと最後まで消費する方がよほど節約になります。

また、専業主婦は少しでも安く買い物をしようと、クーポンやポイントをため込む傾向があります。

クーポンやポイントを必要な時に適切に利用できれば節約には成功しますが、クーポンやポイントを利用するためにわざわざ必要ではないものを買ってお金を使いすぎてしまう専業主婦も大勢います。

クーポンやポイントを使えば得だから、という理由でお金を使いすぎることのないようにしたいですね。

家計簿を完璧につけようとする

雑誌などでは、お金を使いすぎない方法として家計簿で家計を管理することが推奨されています。

そのため、家計管理のために家計簿をつけている専業主婦は多いです。

もちろん、お金を使い過ぎないために家計簿で家計管理する方法が非常に効果的なのはいうまでもありません。

ところが、家計をしっかり管理しようと力が入るのはいいのですが、家計簿を完璧につけることにこだわり過ぎて途中でリタイアしてしまう専業主婦も多いんですね。

家計簿をつける目的は買ったものを記録することではなく、何にいくら使ったかを把握してお金を使いすぎていないか振り返ることにあります。

専業主婦が家計を適切に管理するためには、家計簿を長続きさせることが重要ですが、完璧につけようとするとどうしても途中で挫折してしまいやすいです。

家計簿はざっくり把握できる程度にして、長続きさせることがポイントです。

他の家庭と自分の家庭を比べる

専業主婦は、働いている主婦と比べるとママ友と接する機会も多いので、情報収集が得意です。

お金の管理がうまくできている家庭と自分の家庭を比較して、あそこのお宅はこうしているからうちも同じように…とマネをしていませんか?

当然のことですが、各家庭によって必要な支出額は異なりますから、他の家庭で成功している管理方法がそのまま自分の家庭で同じように効果が上がるとは限らないわけです。

あのお宅では食費にこれくらい使っているから、うちもこれくらいは使ってもいいはず…という感覚でお金を管理していては、お金つかいすぎてしまう可能性が高いです。

他の家庭の家計を基準にするのではなく、自分の家庭に本当に必要な支出を把握してお金を管理すれば、お金を使いすぎるようなことにはなりません。

お金を貯める目的を明確にして管理する

お金を使い過ぎないようにしっかり家計を管理するなら、目標を持って貯金してみるのがおすすめです。

本当に欲しいもの・本当にしたいことを強くイメージする

専業主婦は働いている主婦と比べて家計を見つめる時間的を多く持つことができます。
これは、専業主婦ならではの大きなメリットです。

お金の使いすぎかなと思ったときは、お金を貯める目的を明確にしてお金の管理能力をアップさせましょう。

  • 家族旅行
  • マイホーム
  • 子供にしてあげたいこと

など、本当に欲しいものや本当にしたいことをピックアップしましょう。

お金を使いすぎないようにしよう、お金をしっかり管理しなければという意識が働きます。

お金を使いすぎてしまいそうなときには目標を思い出す

特に必要なものがないのに、外出のついでスーパーなどについ寄ってしまうことありませんか?

お金を使いすぎてしまう専業主婦に多いこの買物パターンからも脱出したいです。

深く考えずに買い物をすることが多くなっていませんか?

一息置いて、本当にそれを買わなければならないのかよく考えてみましょう。

早く目標を達成したい!という気持ちが高まると自然と不要なものを買うのを我慢できるようになります。

例えば、家族で旅行に行くことを目標にしているなら、子供たちがどれほど旅行を楽しみにしているかを思い出すようしてみましょう。

目標を思い出して不要な買い物を思いとどまれるようになれば、お金を使いすぎることもなくなります。

我が家の必要経費を知ってお金の使い過ぎを防ぐ

お金の使い過ぎを防ぐには、専業主婦自身が我が家の必要経費をしっかり把握することです。

毎月の必要経費を把握するだけで、お金の使い過ぎをうんと減らすことができるんですよ。

専業主婦なら必要経費をしっかり把握・管理できる

まずは、わが家の必要経費を把握しましょう。

共働きだと時間がなくて家計簿をつけることも難しいということもありますが、専業主婦ならもう少ししっかりと家計管理について考える時間的ゆとりはあるはずです。

無駄遣いしているつもりはないのに全くお金が貯まらないという場合、各費目の出費が本来の適正額より少しずつ多くなっているというケースが非常に多いです。

特定の費目の支出が突出しているわけではないので、お金を使いすぎていると自覚しにくいのですね。

各費目の適正額を把握して、支出がそれを上回らないようにするだけでお金の使い過ぎは防げます。

「何となく続けている」「やめるのがめんどうくさい」を追放する

  • 余計な契約をやめなければと思いながら何となく続けてい
  • 手続きするのが面倒くさい
  • これくらいの出費だからもう少し様子を見てから契約解除しよう

ムダな公共料金や保険代、いつか見直そうと思いながらそのままにしていませんか?

特にお金を使いすぎているつもりがなくてもこうした無駄なお金が自動的に引き落としされている状態では、しっかりお金を管理できているとはいえませんよ。

家計をうまく管理したいなら、無駄な出費は早めに察知して省かなければなりません。

無駄な出費を見つけたときにさっと対処できるのが専業主婦のメリットですから、先延ばしせずにすぐに実行しましょう。

専業主婦だからできることを楽しんでお金を管理する

専業主婦だから…と頑張ってやっている育児や家事が実はお金の使い過ぎの原因になっていることもあります。

家事もやり方を一つ変えるだけで、家計の管理能力がうんとアップします。

食事

専業主婦の中には、毎日スーパーに買い物に行くのを習慣にしている人もいると思いますが、まずはその習慣をやめてみませんか?

買物のペースを管理する

スーパーなどは、行けばついつい何かしら買ってしまうものです。

どれくらいの頻度で買い物に行くのが適当かは家庭によって異なるので、まずは適正な買い物のペースをつかみましょう。

ひんぱんにスーパーに行くとついついお金を使いすぎてしまうものですが、あまり大量にまとめ買いをしてしまっても使いきれないまま食材を腐らせてしまいます。

その辺りをうまく管理できるようになれば、お金の使い過ぎも目に見えて減少するはずです。

毎日買い物に行っていた時間を削ることができれば、その時間を育児や家事、また自分の趣味の時間に充てることができます。

食材を管理する

一度買い物に行ったら食材を使い切るまで極力買い物には出かけないようにできれば食費にお金を使いすぎてしまうこともなくなるはずです。

食事を作る際にレシピサイトを活用している専業主婦は多いと思います。

レシピサイトには余り物でできる献立も充実していますので、冷蔵庫にある食材で食事を作るならどんどん活用していきましょう。

余った食材を活用してどこまで充実した食事作りができるか、ゲーム感覚で楽しんでみてください。

専業主婦の腕の見せ所ですよ。

育児

育児の真っ最中の専業主婦は、「子供のため」と称してお金を使いすぎてしまいがちです。

不要なおもちゃにお金を使いすぎない

よくあるのが、特に必要なものもないのに買い物に出かけたついでに100円ショップなどに立ち寄ってしまい、子供にせがまれて必要でもないおもちゃやお菓子を買ってしまうパターン。

1回1回は小さな金額ですが、年間で考えるとかなりの金額になってしまっていることもありますよね。

子供が喜ぶ顔を見たいのなら、必要でない物を買い与えるよりもっと外に連れ出してみませんか?
子供は体を動かすことが大好きです。

子供と一緒に公園にいこう

共働きの家庭だと週末くらいしか子供のために時間を割けませんし、自分たちの休息の時間も必要ですから、なかなか子供のためだけに外出することは難しいかもしれません。

でも、専業主婦なら、近所の公園に子供を連れていくこともそれほど難しくはないでしょう。

カンタンなお弁当やおやつを持って出かければ、ピクニック気分で子供も大喜びですし、親も一緒に楽しめます。

子供が公園で思いっきり走り回ってくれれば、帰宅後はしっかり昼寝をしてくれますから、専業主婦も自分だけの時間を確保できて時間の管理も楽になります。

お金の使いすぎを減らせるうえに貴重な時間もできるのですから一石二鳥ですよ。

掃除・洗濯

掃除や洗濯などの家事も、ひと工夫してしっかり管理してしまいましょう。

小さなことに気をつけるだけでも、お金の使い過ぎはかなり防げます。

家の中をキレイに掃除する

掃除が行き届いている家庭は、ムダなお金を使いすぎてしまうことが少ないそうです。

家の床、テーブルの上などには物を置かずにすっきりと収納することを心がけましょう。

置いてあるものを移動させながら掃除機をかけたり拭き掃除をしたりすると、余計なエネルギーを必要とします。

不要なものはできるだけ処分して物を置かないようにすると、ホコリが溜まりにくくなって掃除をする時間や電気代を減らせるんですね。

いつも部屋の中をすっきりさせていると要らないものを買わなくなりますから、結局お金を使いすぎることもなくなるのです。

洗濯のひと手間でお金の管理をアップさせる

洗濯をするときにお風呂の残り湯を使うと、年間8,000円以上もの節約になるそうです。

それならしっかり残り湯を洗濯に活用して、浮いたお金で家族でおいしいものでも食べに行くことにしませんか?

また、夫のワイシャツはできるだけクリーニングに出さずに自宅で洗濯してしまいましょう。

ワイシャツを自宅で洗濯すると、年間で6万円もクリーニング代を節約できます。

アイロンがけが大変なのよね…という専業主婦が多いですが、コツさえつかんでしまえばプロ並みに仕上げられますし、ノーアイロンシャツに買い替えてもいいですよね。

ノーアイロンシャツなら、アイロンをかける時間も要りません。

専業主婦が家事や育児をきちんと管理できるようになることで、お金を使いすぎない生活を送れるようになるのですね。

専業主婦にもお小遣いを!

専業主婦はお金を稼いでいないからお小遣いをもらうなんて気がひける…。

いえいえ、専業主婦だからこそしっかりとお小遣いをもらってお金の管理能力を上げなければならないのです。

お小遣いのない専業主婦は自分のためのお金を家計費から支払っている

専業主婦もお小遣いを持つべきです。

お小遣いを持っていないと、ランチ代や洋服代、化粧品代など自分に使うお金を家計費から出すことになります。

特別自分のためのお小遣いをもらっていないという専業主婦は意外と多いですが、家計から自分のための必要経費を支出していると、ついつい家計に頼ってしまってお金を使いすぎてしまうものです。

お小遣いの範囲でやりくりしてお金の管理能力をアップさせる

専業主婦も自分が自由に使えるお小遣いを設定して、自分に必要な経費はそこから支出するようにしましょう。

自分が自由に使えるお小遣いを持てば、家計費からお金を使いすぎてしまうこともなくなります。

家計費からあいまいな支出をなくして家計全体をしっかり把握できるようになれば、お金の管理能力が飛躍的にアップしますよ。

おわりに

お金の使いすぎを防ぐのってなかなかむずかしい!と感じるかもしれません。

そんな場合はお金を使わないようにしようと考えるのではなくて、もっと家族の喜ぶことにお金を使おうと考えるといいでしょう。

家族に対する愛情は、必ず専業主婦の金銭管理能力を成長させてくれるはずですよ。