クレジットカード請求が払えない…そんなとき役立つ豆知識

クレジットカード

クレジットカードは、支払ってから実際に口座から引き落とされるまで1ヶ月ほど猶予があるものです。

しかし計画性をもってクレジットカードを使ってないと、いざ引き下ろしの段階で「払えない」なんてことになりかねません。

実際にクレジットカード請求代金が払えないとどうなるのか。

また、払うのが難しいクレジットカード請求代金を支払うためにはどうすればいいのか。

今回は、クレジットカード代金が払えないと悩んでいる数多の方に向けて、クレジットカード代金を上手に払うコツを紹介します。

なるべく早くクレジットカード代金を支払う方法も紹介するので、きっと現在進行系で悩んでいるあなたの力にもなるはずです。

クレジットカード代金が払えないときやること

では早速、クレジットカード代金が払えない…と悩んでいる方に向けて「どうすればいいか」をお教えします。

どれくらい払えないかを再確認

まずは、カード請求を再確認して、「どれくらい払えないのか」を改めて確認しましょう。

請求日を確認して、請求額を調べる。

請求額は1円足らずすべて支払うことになるので、自分のあらゆる口座のお金をかき集めてでも支払う必要があります。

「分割払い」「ボーなる払い」に変更できるか探る

どうがんばっても自分の持ち金でどいうにもならない状況の場合は、支払い方法を変えることができないか模索する必要があります。

「一括払い」では請求金額すべて支払えないとしても、分割払いやボーナス払いなら支払い可能かもしれません。

しかしこれは「後から支払い方法を変えることができる」など、限られた条件下のみで成り立つものです。

そしてここではくれぐれも、「リボ払い」は行わないようにしましょう。

リボ払いを行うと、支払金額こそ低額で一定払いを行うことになりますが、クレジットカード元金の支払いはまったく進みません。

手数料ばかりとられることに。

リボ払い以外の支払い方法に変えられないかを検討してください。

クレカ会社に連絡

どうしても難しいなら、延滞前クレカ会社に連絡してください。

会社によっては、数日の延滞なら待ってくれることもあります。

「絶対に延滞する」のに黙ってみていることだけはぜったいにやめてください。

クレジットカード支払いが遅れたらどうなる?

クレジットカード請求が払えなかった場合、どんな処遇を受けるのか。

支払いが遅れた場合の未来についても考えておきましょう。

1日の遅れなら大して大事にはならない

クレジットカードの支払いが1日遅れたくらいでは、「何も怒ってない」のと同義でしょう。

クレジットカード会社も「支配日を勘違いしている」くらいの認識なので、催促も何も受けることはないでしょう。

長期間遅れか大金の支払い滞納はブラックリストに載る

しかしこれが長期間の支払い遅れ、高額なクレジットカード請求の支払い遅れだった場合、その記録が信用情報に残ってしまいます。

支払い遅れの記録が信用情報に残った場合、どんな不都合があるのかはまた後ほどお伝えしますが、くれぐれも、「長期間の遅れ」はないようにしましょう。

あまりにも悪質な場合催促がある

クレジットカード請求が払えない状況が長期間続くなど、「支払う意思が低い」と判断されるので、会社からの催促を受けることになります。

さらに、もしクレカ会社からの催促を受けても支払いが行われない場合は、「裁判省からの訴状」という形で連絡が入ります。

この訴状が届いたなら、「異議申し立て」という形で応じるか、訴状を受け入れて支払うしかありません。

実質「支払う」一択になるかなと思います。

クレジットカード払いが遅れてブラックリストに載るとどうなる?

さて、支払いが行われなかった「悪い未来」について考えていかなくてはいけません。

クレジットカードの支払いが行われなかったら、その記録が信用情報に残ってしまい、通称「ブラックリスト入り」になってしまいます。

それでは、ブラックリストに記録が残ってしまうとどんな影響があるのか?

そこも気になりますよね。

後の審査に悪影響が出る

これに尽きますが、信用情報に悪い記録が残っていると、今後受けるあらゆる審査で悪影響が出ます。

信用情報に「支払い遅れ」の記録があるということは、金融会社からみると「また同じことをするのではないか」という評価になります。

支払い遅れの記録は、審査において大きなマイナス要因になるのです。

そしてその「支払い遅れ」の記録は、5年ほど個人の信用情報に残ってしまいます。

つまり、審査に不利な状況は、延滞したクレジットカード代金をすぐに支払ったとしてもその後5年間は残ってしまうということです。

新しいクレジットカードを作れない

信用情報に「支払い延滞」の記録が残る、すなわちブラックリストに残るというのは、「別のクレジットカード審査に通らない」ということです。

あなたがもし「別のクレジットカードが欲しい」と思ったとしても、その願いは通らないということです。

クレジットカードを上手に使えない人が、クレジットカードを複数枚持つなんてことはできないのです。

ローンを組めない

ブラックリストに入ってしまうと、クレジットカードの審査に通らないだけではありません。

カードローンなど個人融資の小口ローンの審査も、住宅ローンやマイカーローンなど大口の借り入れを行うローンの審査どちらも、通りにくくなるすなわち借りにくくなるのです。

ローンが組めなくなるとその後の人生で悪いことばかり。

順調な人生を送るためにも、クレジットカードの請求は期日内にしっかり1円残さず支払っておきましょう。

どうしてもクレジットカードの支払いが間に合わないときの手段

さて、とはいえどうしても「クレジットカードの支払いが間に合わない」ということもあるでしょう。

そんな「クレカが支払えない」ケースをどう乗り切るのか。

なるべく緊急の「払えない」にも対応できる方法を書いていきたいと思います。

カードローンで借りる

カードローンで借りたお金を使ってクレジットカードの請求を支払うという手もあります。

カードローンの中には、申し込んだ当日借りられる「即日融資」に対応したカードローンも少なくありません。

すぐにクレジットカードの請求を支払う必要がある人は、即日融資に対応したカードローンを上手に使って支払いを行ってはいかがでしょうか。

カードローンで借りると、利息が発生してしまいますが、なるべく早く返す、一定期間利息が発生しない無利息期間を活用するなどすれば利息を支払う必要もなくなります。

即日融資で借りられるカードローンはこれ!
日本貸金業協会の調査によると、利用するキャッシングを選ぶさいに、「時間がかからないこと」を重要視する人の割合はまだまだ多いようです。 今回はそんな方に向けて、確実に即日融資を受けることのできるカードローンをいくつか紹介します。 即日...

友人知人に借りる

安全にクレジットカードの請求支払いを終わらせる方法として、「友人、知人、家族からお金を借りる」というものがあります。

カードローンなど、貸金業者からのローンでお金を借りると、どうしても同時にリスクを抱え込むことになってしまうもの。

友人、知人など顔見知りから借りることで、ノーリスクでお金を借りることができます。

当然、お金を借りた場合は絶対に返さなくてはなりませんが、返せなかったとしても信用情報的にはノーリスクです。

人間の信用的にはアウトですが…。

今後の「払えない」をなくすのも大事

さて、今回は「どうしたらクレジットカードの請求を払えない」ピンチを脱することができるか、について一緒に考えてきました。

しかしたとえ支払ったとしても、今後再び同じピンチに陥られないことも大切です。

どうすれば今後クレジットカードの支払いを順調に、滞り無く行うことができるか?考えていきましょう。

計画性を持ってクレジットカードを使う

大前提として、クレジットカードを計画的に使うことが重要です。

いくら最近「キャッシュレス決済」が主流になっているとはいえ、いつもどこでも、いくらでもクレジットカードを使って買っていいということではありません。

自分のなかで「クレジットカードを使うルール」がはっきりしていれば、使いすぎることもなく、「払えない」なんてこともないのではないでしょうか。

必要ないカードは解約

クレジットカードをたくさん持っているのも危険です。

クレジットカードがたくさんあるということは、カード枚の限度額だけお金を使えるということ。

限度額10万円のカードを5枚持っていれば、極論50万円分お金を使えるのです。

無駄無く、自分が払えるくらいのカードに絞って、クレジットカードを運用しましょう。

クレカ払えないまとめ

多くの人が「クレジットカードの請求を払えない」ことで悩んでいます。

クレジットカード請求代金が払えない状態のままにしておくと、信用情報に「延滞」の記録が残ってしまい結果的にブラックリスト入りの状態になってしまいます。

くれぐれも、確実な期日内に払い終わることを想定してクレジットカード運用を行いましょう。