作りやすいクレジットカードはこれ!審査に通りやすくなるコツも紹介します

三井住友銀行カードローン豆知識

クレジットカード審査に自信がない方の多くが、「でぉれな作りやすいクレジットカードに申し込みたい」と思っているものです。

しかし世の中そんなに甘くありません。

クレジットカードの多くが明確な審査基準が定められており、とてもじゃないですが「審査が甘く作りやすい」とは言えないものばかり。

そんな中、確かに申し込める人の対象が広い、審査で重視する項目が少ないなど見方によっては作りやすいと言えなくもないものも多いです。

今回はそうした、作れる人が多いという意味で作りやすいクレジットカードと、クレジットカード審査に通りやすくなる秘訣もご紹介していこうと思います。

目次

作りやすいクレジットカードとはどんなカード?

そもそも、「作りやすいクレジットカード」とはどんなカードを指すのでしょうか?

作りやすいクレジットカードの定義から、まずははじめましょう。

どういったカードが「作りやすい」のか?

条件を一つずつあげていきたいと思います。

申し込める条件が広い

どれだけ審査が甘いクレジットカードだろうと、申し込み可能な人が少ないとそれは作りやすいとは言えません。

申し込める対象者が広く、幅広い方に使ってもらえるクレジットカードこそ「作りやすいクレジットカード」と呼ぶにふさわしいです。

ということでまず「作りやすいクレジットカード」を探している方は、「申込み条件」をチェックして申し込むか判断してください。

店舗でクレジットカードを発行できる

クレジットカードは基本的に、申込後審査に通ったらカードが家に書留で送られてくるのを待つばかりです。

しかしこれが、「実店舗で受け取れる」ならばどうでしょうか。

カードを申し込んでからの受け取りやすさを考えれば、これは「作りやすい」と言ってもいいはず。

エポスカードやルミネカードなど一部流通系カードは、審査に通れば実店舗でカードを受け取ることができます。

近くにカード受け取り可能店舗がある方なら、店舗で受け取れる要素は「作りやすさ」を担保する要素だと思います。

審査に通りやすい

やはり、クレジットカードが作りやすいか否か決める一番のポイントは、「審査が甘いか厳しいか」です。

クレジットカード審査について詳しくは、また後ほど説明しますが、一番作りやすいクレジットカードは「審査が甘くて条件の悪い人でも審査に通るカード」なのは間違いありません。

審査に自信がない方、条件が悪くすでにクレジットカード審査に落ちてしまっている方などは、審査に通りやすいクレジットカードを選んで申し込みを行ってください。

どのカードの審査が甘いか?

審査に通るにはどうすればいいか?

この記事でも後で説明しますし、別ページでも詳しく説明しているので、知りたい方は参考にしてください。

クレジットカード審査に落ちた理由は?~審査通過の対策を考えよう
「クレジットカードの審査に落ちてしまったけど、どこに原因があったのかよくわからない…」 そんな声をよく聞きます。 なんとか審査落ちした原因を改善したくても、クレジットカード会社は審査に落ちた理由を教えてくれることはありません そこ...

即日発行可能である

クレジットカードごとに、申し込んでから発行して実際に手元に届くまでにかかる時間は異なります。

支払いに急いでいる方などならなおさら、1秒でも早くクレジットカードを作りたいと思うもの。

その点、カード申し込みから発行までにえ時間がかからない、「即日発行対応」のクレジットカードも紛れもない「作りやすいクレジットカード」だと言えるでしょう。

さらに即日発行対応のクレジットカードは、即日審査に対応しており審査で見られる重要項目が少ない、というメリットもあります。

作りやすいクレジットカードを探している方はぜひ、目当てのカードが発行までにどれくらいかかるか、そこも調べておきましょう。

審査が早い・最短即日発行可能のおすすめクレジットカードを紹介!
「急な出張が決まったので今すぐクレジットカードが欲しい」 「海外旅行に行くことになったから早く発行できるクレジットカードを探している」 とは思うものの、クレジットカードのサイトを見てみても本当に審査が早いクレジットカードがどれなのか...

作りやすいクレジットカードはこれ!

どんなカードが作りやすいか?

という定義が定まったところで、ここからは具体的にどのカードが作りやすいか?作りやすいクレジットカードはどれなのか?

具体的にカード名をあげて、そういったカードの特徴を紹介していこうと思います。

ACマスターカード

数あるクレジットカードの中でも、特に作りやすいのがこのACマスターカードです。

ACマスターカードは、大手消費者金融のアコムが発行するクレジットカード。

アコムは大手消費者金融であり、街中に無人契約機を設置しています。

無人契約機を使えば、WEBから申し込んでおくことで誰とも対面することなく即日発行でACマスターカードを発行できます。

基本は大手消費者金融のクレジットカードですから、ポイントプログラムやその他のサービスは付帯しません。

しかし、比較的審査に通りやすいクレジットカードが、即日発行で手に入る珍しいクレジットカードです。

ACマスターカードが作りやすいクレジットカードと言わずして、どのカードが作りやすいと言えるのでしょう。

ACマスターカードの審査を通過するには? 審査落ちしないための5つのポイントについて解説します!
ACマスターカードの審査は他社とは異なる審査基準をしているため、他のクレジットカードの審査は通らなくてもACマスターカードは通ったという人がたくさんいます。 つまり、「安定した職業にはついていないが収入のある人」「過去にクレジットカー...

楽天カード

楽天カードも、実際に手元に届くまでのハードルが低く、「作りやすいクレジットカード」なのは間違いありません。

一時は審査が甘いカードとしても有名で、一度は「ニートでも審査に通る」と言われていたほど。

もちろん実際はそんなことなく、安定収入やクリーンな信用情報が楽天カード審査通過に必要です。

しかし、申し込みやすさ、申込み条件の広さ、そして申し込みでもらえるキャンペーンポイントの多さなど、つい「作りたい」と思ってしまう要素満載のクレジットカードです。

実際筆者も、はじめて作ったクレジットカードはこの「楽天カード」でした。

学生でも作れるほどハードルの低いカードで、友人の勧めで楽天カードに申し込んだのをよく覚えています。

申し込みから発行までの期間も短いので、「今日中にカードが欲しい」という方でなければ、広い方にこの楽天カードがおすすめです。

楽天カードの審査基準は?楽天カードの審査について徹底解説!
「楽天カードを作りたいけど、審査に通過するかどうか不安」 CMや広告でもよく見る楽天カードですが、はじめてクレジットカードを作る人はどのような審査がおこなわれるか不安ですよね。 こちらの記事では、そんな人のために楽天カードの審査につ...

エポスカード

エポスカードも、作りやすいクレジットカードとしておすすめです。

エポスカードを発行するのは、大手百貨店のマルイ。

WEBから申込後審査に通れば、実際のカード受け取りはマルイの実店舗で可能です。

家の近くにマルイやモディのある方にとっては、カード支払いで受けられる割引や年会費無料で持つことができるランニングコストなどを考えても、かなり作りやすいクレジットカードだと言えるでしょう。

申し込みから、最短即日発行可能なクレジットカードですので、急いでクレジットカードを作りたい方にもぜひおすすめしたいクレジットカードです。

そしてこれも実体験になりますが、それほど苦労なく、普通にカードを使って支払いを行うだけでエポスカードゴールドのインビテーションが届きます。

そしてインビテーションで作ったゴールドカードは「年会費無料」で作れるのも嬉しいところ。

年会費無料でゴールドカードを持てるチャンスがあるのは、かなり大きなメリットですよね。

0333810101からの電話は「エポスカード」!無視してはいけません
「0333810101…?見たこと無い電話番号だな…」 と思ったあなた。 その電話番号は、エポスカードコールセンターからの電話です。 0333810101から電話がかかってきたということは、あなたはエポスカードユーザーのは...

イオンカード

ご存知大手スーパー、イオンが発行する年会費永年無料のクレジットカードが「イオンカード」です。

イオンカードは主婦に優しいスーパーとして有名ですが、イオンカードも主婦が持ちやすいと言われるクレジットカードです。

後で説明しますが、イオンカードのような生活密着型の流通系カードは、比較的審査が緩い傾向にあります。

主婦は当然、学生や、定職についていない「無職」にも審査通過のチャンスがあるほど。

毎月20日、30日はマックスバリューなどでの買い物で5%オフになるサービスも提供中。

普段からイオン系列のお店で買い物をされる方には特に、イオンカードがあればお得ですよね。

クレジットカードをさらに作りやすくするための秘訣

クレジットカードの中には「作りやすい」といえるカードも確かに存在します。

そんな作りやすいクレジットカードをさらに作りやすくする秘訣があるのをご存知ですか?

目当てのカードをスムーズに作るためにも、クレジットカードを作りやすくするための秘訣を、ここではご紹介します。

申込情報のミスをなくす

まずクレジットカードの申し込み時点で、申し込み情報の記載ミスや提出書類のミスがあった時点で、クレジットカードの審査は終わりません。

申込みで入力する情報は正確に。

提出書類に漏れのないように。

まずクレジットカード申し込み情報に誤りのないようにしましょう。

あまりにも正確性の欠申し込み情報は、クレジットカード審査落ちの可能性すら出てきますよ。

キャッシング枠をつけない

クレジットカードにはショッピング枠のほか、キャッシングを行うためのキャッシング枠を設定できます。

このキャッシング枠をつけると、クレジットカード審査とは別枠でキャッシング審査を受けて、キャッシング審査通過の必要も出てきます。

もしキャッシング枠をつけるのを希望しなければ、このキャッシング審査を受ける必要はなくなるので、よりクレジットカード審査の手間と時間を節約できるので審査の時間短縮に繋がります。

また、キャッシング審査を受けて審査落ちも防げるので、条件の悪い方にもキャッシング枠を希望しないのはメリットが多いです。

不要なクレジットカードを契約しておく

クレジットカード契約情報、利用状況は信用情報にすべて記録されます。

とはいえ、クレジットカードをたくさん持っている、というだけでは審査に不利になりません。

問題なのは、たくさん持っているクレジットカードをそれぞれ「使っているかどうか」です。

複数のクレジットカードでショッピングを行っているか、複数のクレジットカードでキャッシングを行っているか。

そして、クレジットカード枚数が多いと管理が大変ですから、「支払いが遅れてないか」も重要な基準になります。

クレジットカード審査に悪影響を与えないためにも、前もって「不要なクレジットカードは解約しておく」のも一つの手です。

クレジットカード審査で見られる条件

クレジットカード審査

審査基準の設定は、クレジットカードごとに異なります。

しかし、クレジットカード審査で見られる要件、見られる情報の種類というのは、ほとんどが同じです。

それでは具体的に、クレジットカードで見られるのはどの情報か?

クレジットカード審査について紹介します。

属性情報のスコアリング

メインで行うのが、申込時に入力した情報で審査する属性のスコアリング審査です。

年収や勤務先情報、勤続年数の条件など、生活条件をこのスコアリング審査で行います。

年収が高ければ高いほど、大企業で働いているほど、勤続年数が長いほど、審査に有利です。

つまり支払い能力が高ければ高いほど、クレジットカード審査に通りやすいということです。

まずクリアするべきはこの「属性のスコアリング審査」であること、よく覚えておいてください。

信用情報に要注意

クレジットカード審査で重要なのが、信用情報の審査です。

信用情報とは、信用情報期間に記録されている、個人が金融商品とか変わった記録のこと。

この信用情報に「支払い遅延」など悪い記録があった時点で、クレジットカード審査に落ちやすくなります。

すぐ下で説明しますが、信用情報に悪い記録があった時点で、ブラックな信用情報となります。

信用情報がブラックな時点で「作りやすいクレジットカード」でも作れない

過去クレジットカードの利用、キャッシングでの借入れなどで、トラブルを起こしている場合信用情報にその記録が残ります。

この記録審査したクレジットカード会社は、「トラブルを起こす支払い能力の低い人」とみなすので、基本的に審査で落とします。

信用情報がブラックになってしまうと、クレジットカードの審査をはじめ、数々の審査で不利になるので、信用情報の扱いには要注意です。

信用情報がブラックになる条件

どれだけ審査が甘く作りやすいクレジットカードでも、信用情報がブラックでは審査に通りません。

金融事故があると、それほど審査に不利だということ。

それでは、どんな条件で信用情報がブラックになってしまうのか。

ブラックリスト入りしてしまう条件も、ここで確認しておきましょう。

トラブルの種類 CICに記録される期間
長期間の延滞 5年
3ヶ月以上連続して延滞 5年
任意整理 5年
自己破産 5年

あくまでこれらは、クレジットカード審査一発アウトになる条件です。

この他にも、「キャッシング利用状況」「クレジットカード同時申し込み状況」などがクレジットカード審査に影響を及ぼします。

ブラックまでいかずとも信用情報には要注意であること、わかっていただけたでしょうか。

信用情報開示で自分の信用情報をチェック

自分の信用情報に問題がないか心配になった方も多いのではないでしょうか。

それならば、信用情報機関へと自分の信用情報を開示してもらいましょう。

クレジットカード審査で一番重要なのはCICです。

CICのホームページから信用情報開示請求を出すことができます。

もちろん、JICCやKSCの信用情報も同じく開示請求が可能です。

JICCやKSCの信用情報も、クレジットカード審査で悪影響を及ぼす可能性が十分にあるので、CIC以外の信用情報も開示請求しておくことに損はありませんよ。

参考:情報開示とは(自分の信用情報を確認)

クレジットカード審査基準に違いはあるのか?

さらに詳しく、クレジットカード審査についてお話したいと思います。

クレジットカードの分類には種類があり、それぞれのカードごとに審査基準が異なります。

大まかにクレジットカードを分類して、カードごとに違う審査基準について紹介したいと思います。

消費者金融系、流通系クレジットカードは審査に通りやすい

一番審査の甘いクレジットカードが、消費者金融が発行するクレジットカードです。

ずばり、ACマスターカードですよね。

消費者金融のクレジットカードは、クレジットカード基準ではなく消費者金融基準での審査になるため、他のクレジットカード審査に落ちた方でも作れるチャンスがあるほど。

また、審査される信用情報機関もCICではなくJICCなので、過去キャッシングであまりにも大きな問題を起こしてない限り審査に落ちることはありません。

次に審査が甘いクレジットカードは、スーパーや百貨店が発行する「流通系のクレジットカード」です。

イオンカードセレクトなどがここに入ります。

また、楽天カードなどネット企業のクレジットカードも審査が甘いです。

対してANAカードなど交通系のクレジットカード、三井住友VISAカードなど銀行系のクレジットカードは審査が厳しく設定されています。

生活密着型であるか、どの層向けのクレジットカードか

「目当てのクレジットカードは審査が甘いか」を知る時考えるのが、「目当てのクレジットカードは誰向けのクレジットカードか」ということです。

例えばイオンカードセレクトなら、メイン顧客が主婦であることは容易に想像できます。

ですから、主婦でも審査に通るほど、審査基準が甘いはずです。

ということで、カードごとに異なる審査基準は、「主に誰が審査を受けるか」を考えればその答えが出ます。

主婦や学生が審査を受ける、生活密着型のクレジットカードは得てして、審査が甘く設定してあります。

審査が厳しくては、メインの顧客がクレジットカードを作ることができませんからね。

作りやすいクレジットカード Q&A

クレジットカードで悩む

ここからは、作りやすいクレジットカードについて考えた時頭に思い浮かべがちな疑問とその答えについて書いていきます。

クレジットカードを実際に作る前に、しっかり疑問を払拭した状態を作っておきたいです。

学生でも作りやすいクレジットカード審査に通る?

記事の中で何度か「学生」という言葉を出している通り、学生でも問題なくクレジットカードを作ることができます。

当然、どのクレジットカードでも作れるわけではありませんが、比較的審査の緩いクレジットカードなら、問題なく作ることができます。

また、学生向けのクレジットカードも多く存在します。

学生の特権を活かして、学生向けクレジットカードを作っておくのも良いでしょう。

クレジットカードを早めに作っておくことで、クレジットカードヒストリーと呼ばれる「クレジットカード利用遍歴」を強くすることもできます。

専業主婦はクレジットカード審査に通る?

クレジットカードによりますが、専業主婦でもクレジットカードを作ることができます。

もちろんそれには、配偶者の安定収入が必須ですが、逆を言えば配偶者の安定収入さえあれば専業主婦でもクレジットカード審査に通るということ。

例えばイオンカードやアメリカン・エキスプレス・カードなど、公式のアナウンスで専業主婦でも入会可能としているカードを選んで申し込みを行ってください。

無職はクレジットカード審査に通る?

無職とは、本人が定職についておらず安定収入をもらっていない状態を指す言葉だと思いますが、無職でもクレジットカードを作ることは可能です。

とはいえ、無条件で無職がクレジットカードを作れるわけではもちろんありません。

無職であっても、扶養されている立場の人は審査に通る可能性があります。

また、預金が多いなど、資産を十分に持っている方なら、クレジットカードを作れる可能性が高くなります。

未成年でもクレジットカード審査に通る?

未成年でも、クレジットカードを作れる場合があります。

未成年でも審査に通るクレジットカードに申し込めば良いのです。

親権者の同意ありの場合に限り、クレジットカードに申し込むことができるカードがいくつかありますから、そういったカードへ申し込むことで未成年がクレジットカードを作ることができるのです。

リボ払い残高があるとクレジットカードを作りにくい

現在すでにクレジットカードを持っており、その所有しているクレジットカードでリボ払いを行っている人は要注意です。

リボ払いとは、毎月の支払いを少額払いにすることができる支払い方式で、お金に困っている人の強い味方です。……一見。

しかし実際は、リボ払いを行うことで金利がかかり毎月手数料の支払いを継続的に行うことになります。

この手数料支払は、一括払いの場合はまったく払わなくていいお金ですから、はっきり言って無駄な支払いです。

無駄な支払いを永続的に行って、その支払にはゴールが見えないことから、時たまリボ払いは「地獄」と言われます。

リボ払いは危険!リボ払いによってあなたの生活が地獄に追い込まれる!
リボ払いをご存知でしょうか。 リボ払いとは、種類が豊富なクレジットカード支払い方式の一つで、「毎月一定額支払う」という方式です。 分割払いとも違い、支払い残高に関係なく常に支払い残高は一定。どれだけ大きな買い物をしても、リボ払い...

リボ払いによって直接クレジットカードの審査に落ちてしまうということは少ないですが、リボ払い残高がクレジットカードの利用可能状況に影響するのは間違いありません。

できれば最初から、リボ払いには関わるべきではないのですが…。

リボ払い残高が支払い可能見込額をへらす

リボ払い残高は、クレジットカード審査で見られる「支払い可能見込額」に影響を及ぼします。

支払い可能見込額は、年収から年完成予定額を引いてさらに生活維持費をマイナスすることで割り出されます。

多くの場合、リボ払い残高は、たいてい生活維持費を上回ることはありませんから、リボ払い残高でクレジットカード審査に落ちることは通常考えられません。

しかし支払い可能見込額は、クレジットカードの利用可能限度額を決める際にも関係します。

そのため、リボ払い残高が多く残っているほど、たとえクレジットカード審査に通ったとしてもクレジットカード利用可能限度額は低く設定されてしまうのです。

リボ払いとは早めに縁を切るべき

リボ払いは早めに支払いを完了しておくに越しません。

とはいえ、支払いが苦しいからリボ払いを行ったわけですから、リボ払いを一発で終わらせるのは容易ではないはず。

リボ払いとの付き合い方、リボ払いを早めに終わらせる秘訣については、別の記事で説明しています。

参考にしてください。

リボ払い残高があるとクレジットカード審査に通らないのか?
毎月の支払額が少量の一定額になり、一見お得なクレジットカードのリボ払いですが、リボ払い残高が溜まっているとクレジットカード審査や他の審査に悪影響では?と考えてしまいますよね。 しかし実際のところ、リボ払い残高がクレジットカード審査に悪...

リボ払いを行っている時点で金銭感覚を疑って

クレジットカードの支払いに困窮して、結果的にリボ払いにまで置いおまれているとしたら、自分の支払い環境について一度考えてみるべきかもしれません。

カード払いは確かに便利です。

現時点手持ちのお金がなかったとしても、カード払いなら後払いでの支払いが可能です。

しかし、しっかり支払いの管理をしておかないと、後々自分の支払い能力を超える請求が手元に届くことも。

自分がどこでカードを使っているのか、何の支払いにカードを使っているのか把握する能力が、クレジットカード運用には必要です。

作りやすいクレジットカードを作る前に、自分のクレジットカードに対する認識を今一度、振り返ってみてください。

作りやすいクレジットカード まとめ

今回は作りやすいクレジットカードについて調べました。

審査が甘い、申し込み条件が広いなど、たしかに作りやすいクレジットカードは多いです。

ですが今一度、作りやすいクレジットカードに申し込む前に、クレジットカードを作る際の注意事項をしっかり把握しておきましょう。

クレジットカード運用をミスすると、信用情報がブラックになる、支払い能力が追いつかず債務整理…など悪い未来がたくさん思い浮かぶからです。