「お金ないのに妊娠…」でも大丈夫!お金がない主婦を助ける対策

貧乏

現在妊娠しているお母さんの何割が、これから生まれてくる子供のために十分お金を用意できているのでしょうか。

または、資金援助を得られるライフラインを整備できているのでしょう。

多くのお母さんが、今あるお金はギリギリだけど妊娠してしまった…という、金銭的にギリギリな状態で妊娠してしまっているでしょう。

しかし計画が甘かたっとはいえ子宝に恵まれたのは間違いありません。

たとえお金がなくたって、妊娠したというその状況は喜ばしいものにするべき。

「お金ないのに妊娠してしまった」という現在の状況を良いものにするための対処法を、今回は具体的にご紹介していきます。

予定外の妊娠は国内で61万件

予定外に妊娠する件数は、研究グループの調べによるとおよそ61万件にも及ぶそうです。

集計は国内の15~44歳の人口から、米国などの分析モデルを利用して割り出した数字のようです。

そして、予定しない妊娠による中絶や出産でかかった費用はおよそ2520億円にも登るとのことです。
参考:予定外妊娠数の推計約61万件 バイエルら研究グループ

この61万件という数字、決して少ない数字とは言えないはず。

予定通りの妊娠件数こそわかりませんが、多くのカップルが予定せず子供を作ってしまったということがわかってもらえたでしょうか。

若年層に多い「予定外の妊娠」

そしてこの「予定外の妊娠」で多いのは、10代、20代前半という若年層に多いこともわかっています。

そして10代なら当然のこと、20代前半でもまだまだ「お金ない」状態が多いです。

親などから援助を受けられるならともかく、そうでないならなおのこと辛いです。

しかし今後国の支えともなる若者とその子供、「お金ないから子供を産めない」とは思って欲しくないですが…。

妊娠と出産にかかる費用をざっくり算出

実際、子供を妊娠した時、そして実際に出産する時、どれくらいのお金がかかるのか?

子供ができた時かかるお金を、ざっくりとですが算出してみたいと思います。

先にネタバレしておくと、妊娠から出産までにかかるお金はおよそ50万円~100万円かかると言われています。

妊婦健診など病院代

まず「子供ができた」と思った時は妊婦健診を受けたり、その後もエコー検査などを受けることになります。

子供ができたら、その後実際に産まれてくるまで、お母さんは病院に通い詰めになるのです。

そこでは当然お金がかかります。

妊娠は保険適用外なので、妊娠自体に多くのお金がかかってしまうのです。

妊婦健診も初診は5000円くらいかかってしまうのです。

しかし大丈夫です。

検診を受ける時使える補助券が自治体から14枚も支給されるのです。

これがあれば、妊婦が検診を受ける際の負担をかなり減らすことができるはずです。

そして実際に出産する前は1ヶ月ほど入院することになりますが、この入院費も保険が効かないのでこの負担は数十万円にもなる場合があります。

この負担は高額医療費制度によって以下月の医療費上限が決まるので負担をへらすことができます。

出産費用

出産費用は平均で48万円かかると言われています。

この費用は地域やタイミングで変わりますが、病院のサービスで費用が減ることが多いです。

また、旦那さんの健康保険に入っていれば、出産一時金で42万円支給されます。

分娩予約金

病院で出産する予約を入れた際は、別途「分娩予約金」として出産費用を前払いしなくてはいけないことが多いです。

分娩予約金も高額になる場合が多いです。

あらかじめ出産にかかる費用を調べておいてください。

ベビー用品

当然ですが、市販のマタニティ用品やベビー用品は保険が効きませんので、全額自己負担です。

人生でそう何度もない出産、そして何よりかわいい我が子のためにかわいいベビー用品を揃えたい気持ちはわかります。

しかしベビー用品はピンキリ。

ここでお金を使ってしまうと、自由に使えるお金がかなり減ってしまいます。

なんとかメルカリやリサイクルショップを駆使して、ここにかかるお金の負担を減らしてください。

お金ないのに妊娠でお金がやばいなら国の制度を利用して

お金ないのに妊娠してしまった妊娠のために、負担を減らせる国の制度もあります。

妊娠、出産にかかる費用をすべて自分で用意していると、どれだけ貯金があったとしても足りません。

貯金で足りたとしても、貯金は一気に減ってしまうでしょう。

なんとか国の制度を利用して、妊娠、出産費用を減らしましょう。

出産一時金で入品費用や出産費用を賄う

出産育児一時金制度で、妊娠中と出産にかかる資金を工面することができます。

社会保険や国民健康保険に加入している人や、旦那さんが社会保険に加入しており、旦那さんの扶養内に入っている人ならば、赤ちゃん一人につき最大で42万円の補助を受けることができます。

条件があえば、出産一時金でかなり負担を減らすことができます。

通院している病院が、産科医療補償制度に加入しているか確認して、出産一時金で負担を減らしましょう。

どうしても足りないなら出産費用貸付制度で借りる

色々手を尽くしても、妊娠、出産にかかるお金を用意することができない人も多いでしょう。

そんな妊婦さんにおすすめしたいのが「出産費用貸付制度」です。

出産費用貸付制度を利用すれば最大で33万円まで、無利子で保険からお金を借りることができます。

無利子で多くのお金を借りることができますが、ここで借りたお金は生活費などに使わないで、妊娠や出産の費用のみで使うようにしてください。

出産費用貸付制度を申請するには、自分の保険証下部に書かれた保険者名称に記載されている協会支部へ必要書類提出が必要になります。

あらかじめ公式ホームページからダウンロードして、出産貸付制度の申込書の準備を行いましょう。

妊娠中のお母さんを助けるサービスを利用する

妊娠中にはお金がかかります。

ここでかかるお金の負担を減らすために、妊娠中の妊婦が利用できるサービスをフル活用して、このお金のピンチを乗り切りましょう。

子育てパスポートで優待を受ける

母子手帳と同時にもらえる子育て支援パスポートを活用すれば、

子育て支援パスポートを利用することで、出産育児支援をしている企業や店舗で、プレゼントや割引などの優待特典を受けることができます。

協賛店舗は全国に多数あります。

協賛店舗を知りたい方はこちらから→子育て支援パスポート事業 全国共通展開参加自治体リンク集

日本交通の陣痛タクシー

妊娠中に具合が悪くて病院に行きたい時、お腹が大きくなって動けないときなどは、日本交通株式会社の陣痛タクシーを利用してください。

陣痛タクシーはその名の通り妊婦専用のタクシーなので、予め登録してある病院に迅速な送迎を行ってくれます。

陣痛タクシーのメリットは多く、運賃が安い24時間365日電話対応しているだけでなく、車のシートを汚してもクリーニング代を請求されない、病院に向かう前に経由地を指定できるなど、とても便利なタクシーサービスです。

妊娠は「授かりもの」お金がなくても絶対産むべき!

たしかに「お金ないのに妊娠」は結構ピンチです。

妊娠、出産には通常、多くのお金がかかるからです。

しかし、「お金がないから子供を産まない」のは悲しいです。

確かに日本は全体的に貧しています。

だからこそ、少子化に歯止めがききません。

しかしせっかく授かった命、しっかり産んで、幸せに育ててあげたいです。

国の制度、病院のサービスなどをフルに使って、妊娠、出産の費用を賄いましょう。

お金ないのに妊娠 まとめ

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

妊娠、出産する人の多くが、「お金ないけど妊娠」という状況になっています。

確かに妊娠、出産するのはお金がかかります。

しかし国の制度や子育て支援パスポートを利用して受けられるサポートを活用すれば、お金ない状況でも十分出産することができます。

未来のお母さんとお父さんと子供が、幸せに暮らせる世界が来ますように…。