クレジットカードの支払い遅れが住宅ローンの審査に影響するのか

通帳を確認する女性 住宅ローン

クレジットカードはいまや、誰でも1枚は「持っていて当たり前」となりました。

そんな生活にがっちり密着したクレジットカードですが、クレジットカードを使えば使った分だけ利用料を支払う必要があります。

そしてクレジットカード利用代金の支払いが遅れるとその記録は信用情報に残ります。

信用情報はその後あらゆる審査に影響を及ぼすので、クレジットカード利用代金支払い遅れはその時点でブラックリスト行きとなります。

さて、これから住宅ローンでお金を借りようと考えている方が気になるのが、「クレジットカード支払い遅れが住宅ローン審査に影響を出すのか」ということですよね。

クレジットカードの支払い遅れに心当たりのある方は、住宅ローン審査に落ちないか心配になりますよね。

今回具体的に、クレジットカード支払い遅れと住宅ローン審査について細かく解説していきたいと思います。

住宅ローンの審査基準と住宅ローン審査に落ちてしまう理由
一戸建てやマンションを購入するためには、それだけ大金が必要になります。 その大金を用意するために必要になるのが「住宅ローン」です。 一戸建てやマンションなど住宅を一括で買えるほどの大金を手元に持っている人は、実際ほとんどいないの...

クレジットカードの支払い遅れが住宅ローン審査に影響を及ぼす

先に結論から申しますと、「クレジットカード代金の支払い遅れ」は住宅ローン審査に悪い影響を出します。

では、「どうして、どういった流れで住宅ローン審査に悪い影響が出るのか」から一緒に考えていきましょう。

クレジットカード支払い遅れは信用情報に記録される

記事のはじめで書いたとおり、クレジットカードの支払い遅れは信用情報に残り、信用情報を審査されることで住宅ローン審査に悪影響が出ます。

信用情報は「信用情報機関」という専門機関で管理されており、それぞれ信用情報機関によって扱う信用情報の種類が変わってきます。

CICのHPによると、記録されるのは主に、

クレジットカードの利用にまつわる記録は「CIC」で記録されます。

  • クレジットカードの申込情報
  • クレジットカード契約情報や支払状況
  • 利用記録

などです。

これらの記録を見ることで、住宅ローン審査において本人の支払い能力がすべて筒抜けになるということです。

クレジットカードの扱いには要注意が必要です。

信用情報に記録されるクレジットカードの記録とは

信用情報に記録される、「住宅ローン審査が不利になる記録」はどれか。

具体的に調べておきましょう。

延滞

延滞とは、クレジットカード代金支払の遅れです。

クレジットカード契約時指定された期日に支払いが行われなかった時点で、「延滞」となります。

住宅ローン審査で万全を期すなら、クレジットカード代金の支払いは遅れないことを注意しなくてはなりません。

どれくらいの延滞が、住宅ローン審査に悪い影響を出すのかは、また後ほど説明します。

<クレジットカード契約枚数/h4>
クレジットカード契約を結んでいる枚数も信用情報に記録されます。

一般的にクレジットカード契約枚数が多いほど、支払い能力が低いとされるので、クレジットカード契約枚数が多い人は住宅ローン審査への影響を要注意です。

必要ないなら、クレジットカード保有枚数は少しでも少なくするべきでしょう。

リボ払い・分割払いの状況

現在すでにリボ払い、分割払いを行っているとしたら、その支払状況にも要注意です。

分割払いなら、終わる時期がわかっていることもあり、真面目に支払っていれば終わるかもしれません。

しかしこれが「リボ払い」ともなると、なかなか終わりません。

そしてリボ払いを行っている間はずっと、信用情報に残ったリボ払いの記録によって住宅ローン審査に落ちやすくなってしまいます。

リボ払いは「クレジットカード代金支払い」と聞けば聞こえは良いですが、実際はキャッシング返済と大差ないのです。

クレジットカード支払い遅れの日数で住宅ローン審査結果が変わる

クレジットカード支払い遅れ、延滞の日数によって、住宅ローン審査に与える影響が変わります。

具体的にみていきましょう。

少し支払い遅れが合った場合

クレジットカード支払い遅れが1位日程度。

長くても2ヶ月程度の延滞ならば、一発で住宅ローン審査落ちということはありません。

もちろん、クレジットカードの延滞が1日でもあった時点で、信用情報に記録されてしまいます。

しかしクレジットカード延滞が3ヶ月というデッドラインを越えない限り、住宅ローン審査一発アウトということにはならないのです。

しかし、クレジットカードの延滞が毎月のように繰り返し合った場合、住宅ローン審査に落ちやすくなることだけ注意が必要です。

審査に落ちやすいのは、「返済能力が低い人」であることを考えると、繰り返し延滞を起こしているような人が、高い支払い能力を持っているわけがないですよね。

3ヶ月以上の支払い遅れが合った場合

信用情報に記録された延滞の記録が「3ヶ月以上」の場合、住宅ローン審査に通りません。

3ヶ月以上の延滞は、いわゆるブラックリスト入りという扱いになり、最大5年間は住宅ローン審査に悪い影響を出し続けます。

そしてブラックリストに載ってしまうと、住宅ローン審査ばかりか、カードローン審査やクレジットカード審査など、あらゆる審査に落ちてしまいます。

いつまでクレジットカードの遅れが住宅ローン審査に影響する?

クレジットカード遅延情報は信用情報機関に記録されます。

この記録される期間も、明確に定められています。

遅延情報の場合、住宅ローン審査に影響を出す期間は最大で24ヶ月間。

これが長期延滞になり、事故情報の扱いになると最大5年間は住宅ローン審査に通らない扱いをされます。

ちなみにクレジットカードの遅延情報ばかりか、カードローンの返済遅延記録など、他の金融商品における遅れも住宅ローン審査に影響します。

CICのほか、KSC、JICCの信用情報にも注意しながら、住宅ローン審査を受けるようにしてください。

クレジットカードの支払い遅れがわかった時

さて、誰しもクレジットカードの支払い遅れで、住宅ローン審査に落ちたいとは思わないはず。

それでは、クレジットカード支払いが遅れそうだとわかった時点で、クレジットカード利用者はどうすればいいのか。

「遅れがわかった時の対応策」も学んでおきましょう。

クレジットカード会社に相談する

まずいちばん最初にやるべきなのが、「クレジットカード会社への連絡」です。

カード会社に連絡を入れることで、入金日を改めて、入金方法も別の方法を指定されます。

「遅延」の記録は一時的に保管されますが、信用情報にその遅延記録は残りません。

カードの支払いが遅れそうならば、クレジットカード会社への誠意を持って連絡を入れることが、猶予をもたせてもらうためのコツです。

支払い方法を変える

一括払いは難しいとしても、別の方法でクレジットカード利用料を支払うことで、そのピンチを乗り切れる可能性があります。

ボーナス払いがおすすめ

支払い方法を変えるやり方ですが、可能なら「ボーナス払い」を行うのがおすすめです。

ボーナス払いなら、契約者にボーナスが入った段階での支払いとなるので、それまでの期間支払猶予が発生します。

その猶予が生まれた期間の間で、支払い代金を調達すれば良いのです。

お金がないときのおすすめ対処法をランキング形式で紹介
「お金がなくて月末の家賃やクレジットカードの支払いができない」 「このままいくと今月の生活がピンチになるかもしれない」 こちらの記事では、そんな人に向けてお金がないときの対処方法についてランキング形式で紹介していきます。 お金がな...

リボ払いだけはやめましょう

クレジットカードの支払い方法ですが、「リボ払い」を選ぼうかと考える方もおられるかもしれません。

しかしリボ払いだけは絶対にNGです。

リボ払いを行うと、毎月無駄な「手数料」の支払いに追われて、支払いの負担は増すばかりです。

毎月少額ずつ仕払うリボ払い。

このリボ払いが終わるまでの間は、ずっと住宅ローン審査に不利な状況が続くと思って良いです。

リボ払い残高が減らない!リボ払い返済生活から抜け出す工夫
今更説明するまでもなく、リボ払いは危険です。 そのカードローンの返済かのような、「元金の支払い+利息」の支払いは、永遠に続くのでは…と錯覚するほど地獄です。 →実は危険なリボ払い…リボ払いがあなたの生活を破綻に追い込むポイント ...

「自転車操業」はやめましょう

時折クレジットカードの支払いを、キャッシングで手に入れたお金で行う方もおられますが、これもやめてください。

これは、借金を別の借金で返済する「自転車操業」と何も変わりません。

お金がないという問題の解決には、まったく至ってないのです。

クレジットカードの支払いが遅れそうでも、問題の根本解決を目指すところから始めてください。

クレジットカード遅れが住宅ローン審査に影響するのか まとめ

今回は、クレジットカードの支払い遅れが、住宅ローン審査に悪影響を及ぼすのか。

ということを詳しくお話しました。

クレジットカードの支払い遅れは、信用情報に記録されるので信用情報を審査されると、住宅ローン審査に悪い記録が残るというお話でした。

特にクレジットカードの支払い遅れが3ヶ月以上など長期延滞になればなるほど、住宅ローン審査は厳しくなっていきます。

できるだけ速やかにクレジットカード代金支払を心がけてください。