山口銀行「マイカードやまぐち君」の審査は通りやすい?金利・返済・借入方法についても徹底解説

地方銀行カードローン

山口県下関市に本店がある山口銀行では、マイカードやまぐち君というカードローン商品があります。

山口銀行は山口県全域をはじめ広島県南部に多くの店舗を展開、愛媛・東京・島根・神戸・大阪・名古屋にも支店がある地方銀行の中では規模の大きな銀行です。

はたして山口銀行のカードローンは、どのような商品なのでしょうか。

こちらの記事では、山口銀行カードローンの審査・金利・返済・借入方法など、マイカードやまぐち君について徹底解説。

これから山口銀行カードローンを使おうと考えている人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

山口銀行カードローンの基本情報

まずは山口銀行カードローンの基本情報を紹介していきます。

山口銀行カードローンに興味がある人は、商品内容をしっかり把握しておきましょう。

山口銀行カードローンの商品詳細

資金の使い道 自由(ただし事業性資金をのぞく)
利用するための条件 次の条件を全て満たす個人で保証会社の保証が得られる方

(1) 申込時および契約時の年齢が満20歳以上65歳以下の方

(2) 安定して継続した収入のある方

融資額 30万円、50万円、70万円、100万円、150万円、200万円、250万円、300万円
金利 年4.50%~14.50%

※審査によって決定する

返済日 毎月1日
担保・保証人 原則不要

他のカードローンと違うポイントとしては、融資額が30万円~300万円と決められているところ。

1万円から融資OKという会社もあるので、最低融資額が30万円というのは少し高めですね。

ちなみに消費者金融の場合総量規制という制度があり、年収の3分の1までしか借りられないという決まりがありますが、銀行カードローンは総量規制の対象になりません。

しかし自己破産や多重債務が社会問題になっている昨今、年収が少ない状態であまり多くの金額が借りられるわけではありません。

あくまで目安ですが山口銀行カードローンの審査に通るためには、年収100万円は必要なのではないでしょうか。

山口銀行カードローンには他にも種類がある

こちらの記事ではマイカードやまぐち君というカードローン商品を紹介しますが、山口銀行にはそれ以外にも

  • ワイエムリリップカードローン
  • マイカードプレミアム
  • ミニカードローン

という3種類のカードローンがあります。

朝起きる時間やランチの金額を登録することでワイエムリリップカードローンは、かなり新しい種類のカードローンですね。

カードローンの返済ができなくなる人は生活習慣が悪く、それが原因で返済用のお金が用意できない傾向にあります。

それを防ぐために規則正しい生活をするとキャッシュバックが受けられるという、少し変わったカードローンですね。

月々の返済額が2,000円からと使いやすいカードローンでもあるので、興味がある人は他のカードローンも調べてみましょう。

フリーローンなどその他ローンも種類豊富

山口銀行にはカードローン以外にも

  • 住宅ローン
  • 借り換え・リフォームローン
  • UJIターン者向けローン
  • 学資ローン
  • カーローン
  • フリーローン

といった種類のローンがあります。

UJIターン者向けのローンがある銀行は珍しいので、地元山口県の活性化に力を入れていることがわかりますね。

他にも住宅ローン・学資ローン・カーローンという目的が決まっているローンもあり、地元の人と生涯お付き合いをしていこうという考えがわかります。

また金利は低いが借り入れができないフリーローンもあり、状況によってはカードローンよりフリーローンを選んだ方がいいケースもあります。

お金を借りたいからカードローン一択ではなく、他のローン商品も見比べたうえでベストな方法を選択しましょう。

山口銀行カードローンの申し込み方法

それでは山口銀行カードローンに申込みをするときは、そのような手順で申し込みをすればよいのでしょうか。

ここからは山口銀行カードローンの申込み方法について解説していきます。

申し込みに必要な書類

山口銀行カードローンを申し込むときには

  • 本人確認書類
  • 所得確認書類

が必要です。

本人確認書類として認められているのは運転免許証またはパスポートのみ。

マイナンバーカードなどは本人確認書類として認められないので、運転免許証がない人はパスポートを取得しなければなりませんね。

所得確認書類はサラリーマンの場合源泉徴収票(社員があるもの)または公的な所得証明書、自営業の場合納税証明書または税務署受領印のある確定申告書が必要です。

銀行によっては所得確認書類が不要のケースもありますが、山口銀行カードローンの場合最低融資額が30万円以上であることから、所得確認書類を提出必須にしているのでしょう。

融資額が50万円以上の場合所得確認書類を提出することが、法律で義務付けられています。

所得確認書類はあらかじめ用意しておくと、審査がスムーズに進んでいきます。

所定の所得確認書類を用意してから、申し込みをしましょう。

申し込みの手順

山口銀行カードローンの申し込みは、インターネットもしくは窓口で対応しています。

  1. インターネット・FAX・郵送で申込書と必要書類を送る
  2. 審査結果が電話で連絡される
  3. 必要書類を持って窓口に行って契約をする
  4. ローンカードを使って借り入れをする

山口銀行カードローンはこのような手順で契約がおこなわれます。

他のカードローンの違いとしては、契約時に来店が必要なことでしょうか。

郵送でローンカードを送って、融資は銀行振り込みでおこなう銀行が多いです。

審査に通過後来店しなければならないので、契約のための時間はしっかり確保しておきましょう。

場所によっては平日の日中しか契約できないところもあるので、注意が必要ですね。

不安な人は住まいのコーナーで相談しよう

山口銀行はローン利用が不安な人に対して、ローンの相談窓口である住まいのコーナーを設置しています。

住まいのコーナーは山口県の下関・小野田・宇部・山口市・小郡・防府・徳山・下松・岩口に設置されています。

住まいのコーナーは土日も営業しており、カードローンの申し込みだけでなく、今後の家計についての相談も受けられます。

カードローンだけでなく他のローン商品も踏まえたうえで相談にのってくれるので、不安な人は一度住まいのコーナーに行ってみてはいかがでしょうか。

山口銀行カードローンの審査について

山口銀行カードローンは、審査に通過しければ利用できません。

それでは山口銀行カードローンではどのような審査がおこなわれて、審査に通過するためにはどうすればいいのでしょうか。

ここからは山口銀行カードローンの審査について解説していきます。

収入が安定していることが必須条件

山口銀行カードローンの申し込み条件には、安定して継続した収入のある方という項目があります。

安定して継続した収入のある方とはイコール正社員ではなく、毎月収入がある人であれば対象になります。

つまりアルバイト・パート・年金受給者でも、山口銀行カードローンの審査に通過する可能性はあるということ。

ただし山口銀行カードローンの最低融資額は30万円なので、年収100万円くらいは必要でしょう。

年収100万円ということは毎月8万円ほどの収入が必要なので、アルバイト・パート・年金受給者でもいいので、その金額を超えているかどうかは確認しておきましょう。

年収100万円以下であれば、他のカードローンに申し込みをしたほうがいいかもしれません。

ローンの商品内容からも、山口銀行カードローンの審査は少し厳しいことが予想されます。

勤務先は大企業であるほど有利

カードローンの審査では年収も大切ですが、同じくらい勤務先が大切です。

カードローンの返済は数年かかることがほとんどで、その間会社を辞めることなく会社も倒産しなければ、完済できる可能性が高まります。

そのため長期間働いていると会社を辞める可能性が低いとみなされますし、公務員や大企業であれば会社が倒産するリスクが低いとみなされます。

特に勤務歴は非常に大切で勤務歴が3カ月以下の場合、カードローンの審査にはまず通過できません。

ある程度の期間勤務して今後も勤務し続けられることを、審査でアピールすることが大切ですよ。

信用情報について

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。

本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。
引用:CICホームページ

カードローンの審査では年収や勤務先といった支払い能力に関する項目以外に、信用情報の確認もおこなわれます。

信用情報には山口銀行カードローン以外にクレジットカード・カードローン情報も掲載されており、他社で返済遅れがあった場合審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。

他にも携帯電話の分割支払い情報も掲載されているので、日々の支払いをしっかりしていないと山口銀行カードローンの審査に落ちてしまいます。

信用情報は住宅ローンやカーローンの審査でも確認されるので、信用情報に遅延記録が多いと今後の生活がうまくいかない可能性もでてきてしまいます。

そのために信用情報に記録される取引は、期日通りに支払うようにしていきましょう。

山口銀行カードローンの返済方法について

続いては山口銀行カードローンの返済方法について解説していきます。

カードローンの審査に通過して融資を受けても、返済がすべて完了して完済するまでがカードローンです。

計画的に返済していくためにも、返済方法はしっかり把握しておきましょう。

毎月の返済は口座引き落としでおこなわれる

山口銀行カードローンの返済方法は、口座引き落としもしくはATMからの返済です。

山口銀行カードローンと契約するときは山口銀行の口座を作成しなければならず、毎月1日に規定の金額が引き落とされます。

これに加えてATMや指定口座への振り込みで、随時返済も可能。

随時返済分は毎月の返済にはカウントされないので、あくまでプラスアルファの返済です。

山口銀行カードローンでは毎月の約定返済額分が口座引き落としされるので、口座内にお金があれば遅延扱いになることはありません。

毎月の返済額は残高に応じて変化する

毎月口座から引き落とされる金額は、利用残高に応じて変化します。

毎月の返済額は以下のように決まっています。

前月末日の利用残高 返済額
1万円未満 前月末残高+利息額
1万円以上50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超200万円以下 3万円
200万円超300万円以下 4万円

このように利用残高が少なくなると、月々の返済額も少なくなっていきます。

規定の金額が口座引き落としできないと、数日後山口銀行から電話がかかってきます。

そのとき対応できれば大きな損害はありませんが、対応できないと遅延損害金の額も多くなり、信用情報にも遅延記録が残ってしまいます。

それでも電話に対応しないと最悪の場合裁判になる可能性もあるので、月々の返済は確実におこなうようにしましょう。

毎月の約定返済額分だけ返済していると完済まで時間がかかる

ただし毎月の約定返済額分だけを返済していても、完済までには時間がかかってしまいます。

例えば30万円の借り入れをした人が毎月の約定返済額である1万円ずつ返済をしても、完済までには3年ほどの時間がかかってしまいます。

その間ずっと利息が発生していますので、銀行に支払う利息もバカになりません。

そのためオススメの方法としては、お金に余裕があるときに随時返済をして、少しでも早く完済を目指すことです。

ボーナスなどの臨時収入があったときに随時返済ができれば、完済までの期間が短くなり銀行に支払う利息も少なくなります。

少しでも随時返済をするように意識していけば、長い目で見るといいことが多いですよ。

山口銀行カードローンを使う前に知っておくべきこと

ここからは山口銀行カードローンについて解説してきました。

最後に山口銀行カードローンを使う前に知っておくべきことを紹介していきます。

審査のハードルは他のカードローンに比べて高め

山口銀行カードローンは他のカードローンに比べると、審査ハードルが高めです。

山口銀行カードローンは最低融資額が30万円なので、他のカードローンに比べると最低融資額が高く設定されています。

カードローンに力を入れている会社は1万円から借り入れをOKにする、利息無料期間を設ける、アルバイトやパートでも借り入れOKと明記するなど、さまざまな工夫をしています。

しかし山口銀行カードローンはこれらの対応をしておらず、広告もあまり見かけません。

お客さんを積極的に集めている会社は審査のハードルも低くなる傾向にあるので、そうした点を考えると山口銀行カードローンの審査ハードルはやや高めであることがわかります。

そのため山口銀行カードローンの審査に落ちたとしても、他のカードローンであれば審査に通過できる可能性は十分にあります。

もし山口銀行カードローンの審査に落ちてしまっても、諦めず他社に申し込みをしましょう。

審査結果は2~3営業日程度で連絡される

山口銀行カードローンの審査に通過すると、2~3営業日程度で電話連絡されます。

これは地方銀行のカードローンの中では、比較的早い方ですね。

電話連絡後銀行窓口への来店が必要なので、来店して契約になります。

そのため早ければ2日ほどで、ローンが使えるようになるということ。

おそらくこれ以上借り入れまでの期間が短くなることはないでしょう。

2018年から銀行カードローンは、即日融資が実質的にできなくなりました。

そのため今後も山口銀行カードローンで、即日融資ができることはないです。

もし即日融資を希望しているのであれば、消費者金融に申し込みをしましょう。

消費者金融であれば最短30分で審査が終了する会社もあるので、早ければ1時間ほどでお金が借りられますよ。

審査落ちした場合自宅にハガキが郵送される

山口銀行カードローンを利用する上で注意しなければならない点は、審査落ちしたときの通知がハガキで郵送される点です。

ハガキは家族であれば確認できるので、家族に内緒で借り入れをする場合は山口銀行カードローンを利用しないほうがいいかもしれません。

消費者金融であれば自動契約機で契約ができるので、家族に知られることはありません。

家族に内緒でカードローンを利用したい人は、どの会社に申し込みをするかしっかり考えていきましょう。

山口銀行カードローンはうまく使いこなそう

ここまで山口銀行カードローンについて解説してきました。

山口銀行カードローンは審査が多少厳しいですが、審査にかかる時間は短いです。

山口銀行の口座を持っているのであれば、手続きも早く使いやすいカードローンですよ。