auじぶん銀行カードローン審査で在籍確認は必要です!職場にバレないための対策を紹介

じぶん銀行豆知識

「auじぶん銀行カードローンに申し込みをしようと思っているけど在籍確認が不安」

auじぶん銀行カードローンの審査において、申請者が申し込み情報に記載した勤務先への電話確認「在籍確認」は、確実に行われるので「基本的」に避けることはできません。

しかし一部在籍確認がどうしても難しい場合はauじぶん銀行に相談し、免除される可能性もゼロではないです。

仮に在籍確認が避けられなくても職場に電話がかかってくるわけですから、職場の人にカードローンの申請がバレてしまうのではないかと不安いなってしまいますよね。

こちらの記事では、そんな人に向けてauじぶん銀行カードローンの在籍確認について詳しく解説しています。

auじぶん銀行カードローンは、KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資したネットバンクなので信頼感もありますし、スマホで申し込みも完結することから、とても気軽に利用できるカードローンとして人気です。

しかしカードローンを利用するとき、在籍確認は避けて通れません。

はたしてauじぶん銀行カードローンでは、どのような在籍確認がおこなわれているのでしょうか。

目次

在籍確認ってなんで必要なの?

スマホを持って疑問を抱える女性

auじぶん銀行カードローンだけでなく、あらゆるカードローンの審査において避けることのできない審査の詰めの段階である「在籍確認」。

しかし在籍確認が何のために行われているのかわからないと、本当にこの審査過程は必要なのか?と腑に落ちないですよね。

カードローンを利用したことのある人でも在籍確認は審査の過程で必ず行われるものという認識だけはあっても、なぜ必ず必要になるかの理由までは理解していない人もいるのではないでしょうか?

auじぶん銀行の在籍確認についてお話する前に、なぜ在籍確認が必ず必要になるのかについて解説していきたいと思います。

申請者が申し込み内容の会社に本当に勤めているかは返済能力の有無の確認

auじぶん銀行だけでなく、他の銀行系カードローン、消費者金融が提供するカードローンを含めたすべてのカードローンの審査の最終フェーズとして申し込み内容に記載された勤務先に本当に就いているのかを必ず確認します。

この確認が「在籍確認」です。

すべてのカードローンの審査において最も重視されるのは「返済能力」です。

というよりもカードローンにおけるすべての審査は「返済能力」の有無を判断するために行われています。

申請した年収や職業、勤続年数、雇用形態などの様々な属性も結局は勤務先の確認ありきです。

飲み屋であった知らない人に「私はもう20年以上も弁護士やっていて年収は1000万円以上あります」というのは自由で、誰でもできますよね。

しかし証明してとなると事実確認が必要になります。

独立しているのなら事業所名、所属しているのなら会社に確認するしかありません。

独立しているなら代表者の名前が本人であったり、所属の確認が取れれば言ってた情報が本当であると証明になります。

「本当に申し込み内容に記載している会社から給料をもらっているのか」それを確認するのが在籍確認なのです。

所得証明書ではダメな理由

スマホを見つめて首を傾げる女性

「申請した会社から給料を本当に貰っているのか」を確認するのが在籍確認なら、申請した会社からの貰った給与明細ではだめなのかと思われると思います。

しかし給与明細の形式なんて会社によって違いますから定まってませんから偽造することも可能ですし、そもそも給与明細や源泉徴収では「今現在その会社に勤務しているか」を証明することはできませんよね。

給与明細を貰った後に会社を辞めている可能性もありますよね。

カードローンが求める返済能力は、「現在どれだけお金を持っているか」ではなく「安定的・定期的な収入があること」を評価します。

そもそも50万円を越える借り入れ希望額ではない限り、銀行にしても消費者金融にしても「所得証明書」の提出って基本的には求めないですよね。

カードローン会社にとって給与明細は「法律・ルール上必要な条件を満たす場合に必要になる書類」であって、そこまで重視する書類ではないんですよね。

全ては返済能力の有無

申請内容に嘘を書いたら落ちる…というのも、「嘘をつくような人にはお金を貸すことなんてできない!」というように人格で審査の通過を判断しているわけではありません。

「嘘をつくほどお金に困っている」から、返済能力が低いとみられて審査に落ちるのであって、人格的に落とされている訳ではありません。

仮にどんなに悪い奴でも返済能力が問題なければ審査には通過します。
※暴力団を名乗るような人はコンプライアンス的にも法律的にも流石にお金を貸すことはありませんが…。

auじぶん銀行カードローンでも在籍確認は避けられない

在籍確認が必要な理由について解説してきましたが、auじぶん銀行カードローンでも当然審査に必須の過程になります。

ネットバンクだからもしかして…と期待した人もいるかと思いますが、在籍確認はauじぶん銀行が行うのではなく、保証会社である「アコム株式会社」が行います。

そのためしっかりと在籍確認は行われます。

一部の銀行系カードローンではメインバンクとして口座を利用していると…

一部の銀行系カードローンでは、特定の条件を満たしている場合…該当する銀行の口座を勤務先からの給与の振り込み先(つまりメインバンクにしている場合)にしている場合は、在籍確認を免除される可能性があります。

というのも「申し込み内容記載の勤務先から給与の振り込み」履歴が銀行側から確認できるから…。

しかし基本的に銀行系カードローンには、auじぶん銀行で言うところの「アコム株式会社」のように、審査を他の会社に委託していますから真偽のほどは謎です。

ネット上の口コミなどでは稀に在籍確認が無かったと情報がある銀行系カードローンはあります。

みずほ銀行カードローンは特定の条件を満たせば電話での在籍確認をなしにできる?
みずほ銀行カードローンの審査には、申請者の勤務先へ電話での「在籍確認」があります。 「在籍確認」は、基本的にどこカードローン審査でも避けることはできません。 しかし自分の職場に銀行から電話が来るのって嫌ですよね。 申請者か...

auじぶん銀行カードローン申し込みに必要なもの

auじぶん銀行カードローンでは在籍確認が避けられない事はわかっていただけたかと思います。

それではじぶん銀行カードローンに申し込みをするとき必要なものはどのようなものになるのでしょうか?

解説していきます。

じぶん銀行カードローンの申し込み条件

アルバイトの青年

じぶん銀行カードローンに申し込みをするときの条件は以下の3つ

  • 契約時の年齢が満20歳以上70歳未満であること
  • 安定継続した収入があること(自営・パート・アルバイトでも可)
  • 保証会社であるアコムの保証が受けられること

安定継続した収入とは、毎月収入があることを示しています。

そのため正社員でなくとも、パートやアルバイトでも審査には合格します。

ただし収入がない無職や専業主婦の人は、審査には合格しません。

そうした方はアルバイトやパートでも構わないので、収入が得られるようになってからじぶん銀行カードローンに申し込みをしましょう。

じぶん銀行カードローンの必要書類

じぶん銀行カードローンに申し込みをするときは以下の書類が必要になります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書(借入可能上限額が50万円以上の人)

本人確認書類は運転免許証、健康保険証、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カードのいずれか1点。

収入証明書は源泉徴収票(前年度分)、住民税決定通知書(前年度分)、課税証明書のいずれか1点が必要です。

これらの書類がないと申し込みができないので、忘れずに用意しておきましょう。

じぶん銀行カードローンの審査について

申し込みをする条件を満たしてインターネットから申し込みをすると、じぶん銀行カードローン側で審査がおこなわれます。

審査でポイントになるのは「この人はお金を貸してもしっかり返済してくれるかどうか」という点。

auじぶん銀行カードローンの審査基準について解説している記事はこちら!

auじぶん銀行カードローンはauユーザーだと審査に通過しやすい!?審査基準を徹底解説
お金が無い時、急にお金が必要になってしまった時に、無保証・無担保でまとまったお金を借りることができる便利なツールのカードローン。カードローン毎に金利や特徴などが違います。例えばじぶん銀行カードローンは、auユーザーのみお得な金利優遇を受ける

そのため勤務している会社でどれだけ収入があるのか、会社をクビになる可能性はあるのか、過去に支払い遅れをした経験があるのかといった点がチェックされます。

支払い遅れについては、信用情報機関に問い合わせをされるので、他社で返済遅れをしていたら、審査でマイナスポイントになります。

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。
本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。
引用:CIC

これらの審査にクリアしたら、最後におこなわれるのが上記で説明してきた在籍確認です。

既に解説していますが、在籍確認は申込時に記載された勤務先で、その人が本当に働いているかどうか勤務先に電話して確かめます。

勤務先が嘘だった場合、収入が大きく変わってくることからカードローン会社としては必ずチェックしなければなりません。

勤務先に電話がかかってくると聞くと、心配する人も多いと思うのでどのような対応をされるのか詳しく解説していきます。

auじぶん銀行カードローンの在籍確認について

auじぶん銀行カードローンでは、在籍確認を避けることはできません。

それならせめて職場にバレることは避けたいですよね。

それではauじぶん銀行カードローンでは、どのように在籍確認をおこなっているのでしょうか。

在籍確認時に担当者が名乗るのは「担当者の個人名」

じぶん銀行カードローンの仮審査に合格すると、在籍確認の電話が職場にかかってきます。

勤務先に電話がかかってくるなんてバレてしまうのではないかと少し不安ですよね。

しかしその心配はいりません。

在籍確認の電話は「在籍確認を行う担当者の個人名」で行われます。

「私鈴木(在籍確認の担当者の個人名)と申しますが、〇〇さん(申請者名)はいらっしゃいますか?」

という個人名で電話がかかってきます。

その在籍確認の電話に対して
「はいおります。代わりますのでお待ちください」
「〇〇はただいま外出しております」

といった回答があれば、在籍確認がとれたことになります。

ちなみに本人に電話を代わった場合、生年月日などを聞かれて本人確認がおこなわれます。

在籍確認の電話自体は数分で終わりますので、想像以上にあっさり終わりますよ。

どちらで名乗ってもらうかは事前相談可能

握手する男性

じぶん銀行カードローンの在籍確認は、個人名もしくは銀行名で電話がかかってきます。

人によってはじぶん銀行と名乗られると嫌だといった人も、いるのではないでしょうか。

auじぶん銀行カードローンに問い合わせたところ、どちらで名乗ってもらうのかは事前に相談することが可能だそうです。

電話をかける時間についてもある程度相談可能とのことでした。

ただし架空の会社や、いつも電話がかかってくる取引先を名乗ることはできないとのこと。

嘘の社名を名乗って電話をしてトラブルになるケースもあるため、じぶん銀行カードローンとしてもそのリスクは背負えないのでしょう。

それ以外にも在籍確認で不安になることがあれば、事前に相談しておくといいでしょう。

会社名を名乗らない電話は現代では基本的にない

在籍確認時に名乗ってもらう名称を担当者の個人名かじぶん銀行と会社名を名乗らせるのことができると解説しました。

担当者の個人名で在籍確認をさせた時に一つ注意点があります。

担当者の個人名のみは、裏を返せば「社名や要件」なども言わないことになります。

考えてみてください。

会社にかかってくる電話は営業の電話でも社名や用件は言いますよね。

「鈴木(担当者の個人名)からの電話と言えばわかる」

と言わせたとしてもカードローンの在籍確認は担当者の個人名しか名乗らないことを知っている人なら「もしかして…」と思ってしまう可能性はあります。

職場バレしないための対応方法

「在籍確認で電話がかかってきたとき、職場の人にカードローンの利用がばれないか不安」
はじめてカードローンを利用する人の中には、このように考える人も多いと思います。

しかし在籍確認はしっかり対応すれば、職場バレしません。

ここからは在籍確認で職場バレをしないための対応方法について解説していきます。

事前に個人名で電話をかけてもらうように相談する

先ほど紹介したように、auじぶん銀行カードローンでは在籍確認時個人名で電話してもらうことを事前に相談可能です。

相談しなければ、担当者の判断で個人名で行うかじぶん銀行を名乗るかが決定されます。

相談せずにauじぶん銀行の名前で電話がかかってきたとして、クレジットカード作成のための電話と言うことはできます。

しかしわざわざ言い訳するのも手間という方は、あらかじめじぶん銀行カードローンに電話をして、個人名で電話をかけてもらうようにしましょう。

個人名で電話をかけてもらえば、知り合いから電話がきたなど対応方法はいくらでもあります。

auじぶん銀行カードローン側としても在籍確認のせいで職場バレをしてしまった!と申請者から責められて余計なトラブルになるのは防ぎたいはずです。

そうした事情から在籍確認についての相談にはのってくれますので、遠慮なく相談しましょう。

銀行名をあえて名乗らせるのもバレない手段として有効

「じぶん銀行の鈴木と申しますが、〇〇さんはいらっしゃいますか?」
こうした電話を受けた会社の人が、今の電話何だったと興味本位で聞いてくることがあります。

本来なら最も避けたいじぶん銀行を名乗る在籍確認…。

取引先でない会社から電話がかかってくることは珍しいので、ついつい聞いてしまうのでしょう。

この心理を利用してauWALLETクレジットカードを作ったと答えれば、灯台下暗し。

それ以上追及されることもありませんし、聞いた人の中でカードローンの線も消えやすくなります。

クレジットカード作成であればだれでもしますし、クレジットカードの審査で在籍確認がおこなわれることもあります。

auWALLETクレジットカードはじぶん銀行発行のクレジットカードなので、そのように回答すれば不審がられることもないでしょう。

カードローンの利用を職場の人にばれたくないという人も多いと思いますので、そうしたときの対応に有効な方法となります。

電話がかかってくる時間に在籍するようにする

また在籍確認の相談をするときには、電話がかかってくる時間もある程度指定できます。

他の人に電話対応してもらっても問題なければいいのですが、もっとも職場バレのリスクが低くなるのは、自分で電話対応をすること。

そのため自分が電話をとれるタイミングで電話をかけてもらい、自分が直接電話にでることで、在籍確認に対応しましょう。

アルバイトやパートの人も在籍確認はある?

ちなみにアルバイトやパートなど、社員でない人にも在籍確認はおこなわれます。

アルバイトの人に対して電話がかかってくることは珍しいので、ひょっとするとなぜ電話がかかってきたのか聞かれることがあるかもしれません。

そのときは先ほど紹介したように、クレジットカードを作成したと答えましょう。

カードローンを作成したというとバイト先の人にカードローン利用の理由などを聞かれて面倒…という場合は、クレジットカードと答えておいた方が無難でしょう。

職場バレのリスクは、できるだけ低くしておいた方がいいです。

在籍確認がどうしても難しい職場の場合

電話に嫌な顔で対応する男性

この記事でもカードローンを提供する会社にとって在籍確認がどれだけ重要か話してきました。

当然、在籍確認がうまくいかなければ審査には通過できずにカードローンの利用をすることはできません。

しかしどうしても電話での在籍確認が困難な職場存在しますよね。

在籍確認が難しい場合とその対策法について解説していきます。

徹底的に社員の個人情報の保護している会社

社員の個人情報を守る会社…一般的に見れば社員思いの魅力的な会社と言えます。

しかし在籍確認時はこの社員思いの一面が面倒な方に働いてしまいます。

在籍確認の担当者に「個人名のみ名乗るように」お願いしていた場合、電話に出た職場の人が怪しんで「私にはわかりかねます」「存じません」などと答えてしまう場合があります。
(社員教育のたまものですが、在籍確認においては邪魔ですね…。)

当たり前ですが、そのように答えられてしまうと在籍確認は完了しません。

この場合の対処法は「自分が電話に出ること」です。

上記で説明したようにauじぶん銀行カードローンの在籍確認は事前に「在籍確認電話をかける時間帯の指定」が可能です。

自分が電話に出れる時間帯を指定し、指定した時間が近づけば常に電話に気を張って応対してください。

大企業で社員数が多い・非正規雇用などで他の社員から把握されていない

大人数ビジネスマン

中小企業で社員数が100人前後なら社員の把握はそれほど難しくはないです。

しかし大企業でオフィス内に1000人以上の社員が働き、事業部ごとにフロアがわかれている…といった大企業では部署外の社員の把握は難しくなってしまいます。

また社員であれば、多少多くても把握されている可能性はありますが、非正規雇用ですと社員から把握されていない可能性はさらに上昇します。

仮に少人数が働く職場であれば非正規社員でも把握されている可能性もあります。

しかし工場などでライン作業を行う作業員の一人である…その場合は自分で電話に出ることもできませんよね。

電話応対する社員もライン作業を行う人のことまで把握しているとは考えにくいです。

そもそも工場のライン工や現場作業員宛てに電話がかかってくること自体普通ないですよね…。

自分が電話に出れる職種についていれば問題ないのですが、そうでない場合は時間帯を指定しても正直難しいですよね。

この場合は、もうどうしようもありません。

なので何度か在籍確認の電話をしてもらって確認できないようなら、auじぶん銀行カードローンに相談しましょう。

収入証明書やその他複数の勤務先関連の書類の提出をすれば、それをもって在籍確認の完了としてくれる可能性はあります。
※ただしやってくれるだろうと期待はしない方が良いです。

保証会社が在籍確認を行う時間帯に勤務先が営業していない・人がいない

在籍確認は電話で行う都合上、24時間対応していません。

居酒屋や一部営業時間を夜に限定している飲食店では、auじぶん銀行カードローンの保証会社である「アコム」の営業時間外の可能性があります。

仮に仕込み中や管理者がいても、営業時間外の「個人名のみの電話」は、不審に思われてしまいますよね。

なのでこの場合はauじぶん銀行に事前に相談して、在籍確認の電話時に「銀行名を名乗ってもらうように」しましょう。

事前に「クレジットカードの在籍確認がくる」ことを管理者の人に伝えておけば、カードローンの審査と怪しまれることもありません。

そもそも営業時間外には人がいない場合は、不可能なので、その旨をauじぶん銀行に相談しましょう。

auじぶん銀行カードローンは増額審査時にも在籍確認はある?

在籍確認は新規の借入時には基本的に必ず必要になる審査過程になります。

ですが増額審査時には必要はありません。

ただし「必要になる場合」もあります。

必要になる場合について紹介していきます。

新規でauじぶん銀行カードローンの審査に通過してから時間が経過している

新規で審査に通過してから長く時間が経っていると、現在も引き続き勤務しているのか確認のために在籍確認が行われる可能性があります。

特に新規借入時に申請内容で「勤続年数」が短かった場合は、可能性は高くなります。

auじぶん銀行カードローンの利用実績が少ない

そもそも一般的に増額審査は利用実績を積んでいないと審査に通過しにくいです。

auじぶん銀行カードローンからすれば、全然会ってなかった友人が急に遊ぼうといってきて、なんでだろうと思っていたら「お金貸して」と言ってくる感じです。

…という冗談はおいておくとして、

全然カードローンを利用してなかった人が急に増額申請をしてきたら、カードローン側は「もしかしたら前の会社をやめてお金に困ってるのではないか」と怪しみます。

なのでしっかりと安定的な収入を持っているか確認するために新規借入審査時と同じように在籍確認をおこなうのです。

転職して新規借入申請時と勤務先が異なっている場合

転職して新規借入時に申請していた勤務先と異なっている場合は、当然ですが在籍確認が入ります。

特に説明不要かと思います。

社名変更時も在籍確認が入る可能性も

レアケースですが、転職していなくても社名が変更になっている場合は在籍確認の電話が来るかもしれません。

ただこの場合、事前に社名が変更になった旨と会社のHPを見せれば在籍確認は行われないかもしれません。

auじぶん銀行カードローンを利用するメリット

通帳を見て喜ぶ男性

ここまでじぶん銀行カードローンの在籍確認について、解説をしてきました。

じぶん銀行カードローンの在籍確認は相談にものってくれるので、在籍確認で職場バレする可能性はかなり低いといえるでしょう。

最後にじぶん銀行カードローンを利用するメリットについて解説していきます。

在籍確認に不安がなくなったという人は、契約前にしっかりメリットを確認したうえで契約するようにしましょう。

月々の最低返済額が1,000円から

じぶん銀行カードローンを利用するメリット1つ目は、月々の最低返済額が1,000円からです。

カードローンでは、毎月約定返済額というものが決められており、その金額分だけ返済しておけば、返済遅れにはなりません。

月々の最低返済額はカードローン会社によって異なるのですが、じぶん銀行カードローンの場合以下のように定められています。

借入残高 借入利率9%以下のときの最低返済額 借入利率13%以下のときの最低返済額 借入利率13%超のときの最低返済額
10万円以下 1,000円 1,500円 2,000円
10万円超~20万円以下 2,000円 3,000円 4,000円
20万円超~30万円以下 3,000円 4,500円 6,000円
30万円超借入残高が10万円増すごとに 1,000円を追加 1,500円を追加 2,000円を追加

このように月々の最低返済額が1,000円から、じぶん銀行カードローンは利用可能です。

ただしはじめて利用するとき借入利率は13%以上に設定されることがほとんどなので、実際は2,000円以上の返済をすることが多いことを頭に入れておきましょう。

しかしそのことを考慮しても、月々の最低返済額はかなり低い部類に入ります。

月々の最低返済額が低いことは完済まで時間がかかるというデメリットもありますが、ピンチのときには助かりますよね。

ATM利用手数料が無料

じぶん銀行カードローンを利用するメリット2つ目は、ATM利用手数料が無料であるという点です。

じぶん銀行カードローンの返済方法は、

  • ATMで返済する
  • 口座振替で返済する(じぶん銀行の銀行口座を所有している人のみ)
  • 銀行振り込みで返済する

という3パターン。

オススメの返済方法は返済忘れをしにくい口座振替なのですが、これはauじぶん銀行の銀行口座を持っていなければなりません。

銀行口座をわざわざ作るのも手間な人は、ATMでの返済がオススメ。

じぶん銀行カードローンはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどコンビニATMから返済しても、利用時間・利用回数に関わらず手数料無料で利用できます。

他のカードローンや消費者金融は、ATMを利用するたびに手数料がかかる会社もあるので、とても嬉しいですよね。

利用明細書の郵送がない

じぶん銀行カードローンを利用するメリット3つ目は、利用明細書の郵送がない点です。

じぶん銀行カードローンは利用明細書を、すべてインターネット上で確認できます。

そのため郵送物によって家族にカードローンの利用がばれることがあるのは、ローン用カード郵送時のみ。

ローン用カードの郵送も本人限定郵便なので、受け取るときに気を付ければ問題ありません。

在籍確認の時と同様、カードローンの利用を他の人にばれないように配慮してくれています。

カードローンの利用を他の人にばれなくないのであれば、じぶん銀行カードローンを利用してみてはいかがでしょうか。

じぶん銀行カードローン

auじぶん銀行カードローンの在籍確認はしっかり対応しよう

ここまでじぶん銀行カードローンの在籍確認について解説してきました。

auじぶん銀行カードローンでは、事前に相談することで在籍確認に対していろいろ対応してもらうことが可能です。

そのため不安な点があれば、事前に相談して不安を解消しておきましょう。

auじぶん銀行カードローンはとても使いやすいカードローンなので、在籍確認にしっかり対応して、気持ちよく使い始めましょう。