アコムの借金は踏み倒すことができるのか?返済を延滞しているとどうなる?

アコム

アコムからの借金を抱えていると、返済で手一杯になって返済の目処を見失う、なんてことも多いです。

借金返済に追われる人の中において多くの人が、返済に窮して他社キャッシングで得たお金を返済にあてる、自己破産するなど、極端な対処を行います。

ここで脳裏をよぎるのが、「アコムからの借金返済は踏み倒すことができるのか?」ということです。

返済の催促を無視し続けて、返済することなくアコムとの付き合いが終われば、それに越したことはありません。

たしかに借金返済には時効が存在しますが、時効を成立させるまdねいは多くの苦労がつきまといます。

そんな簡単に時効をばんばん成立させていては、アコムとしても商売あがったりです。

今回は、「そもそもアコムからの借金は時効があるのか」「時効が成立するまでにはどんな関門をクリアしなくてはいけないのか」を調べていきます。

アコムの借金を踏み倒せるのか

まずそもそも、アコムからの借金自体を無視して返済を踏み倒すことができるのか?

結論から言ってしまうと、「不可能ではない」というレベルです。

踏み倒すまでには多くの時間が必要で、踏み倒すまでには待てばいいだけでなく、裁判所からの勧告を上手にスルーする必要があるのです。

ただでさえ時効が成立するまでに長い時間が必要で、その間まともにキャッシングしたり、大手を振ってまともに生活できないストレスを思えば、私は真面目にコツコツアコムへの返済を行うのが一番確実だと思っています。

借りたものはきちんと返すのが礼儀です。

カエサルのものはカエサルに、アコムから借りたお金はアコムに返しましょう。

アコムの借金を踏み倒すには

それでは具体的に、アコムの借金返済を踏み倒すまでの条件を調べていきましょう。

時効が成立するまでに必要な期間は5年

消費者金融からの借金の時効成立までにかかる時間は5年です。

民事債権と呼ばれる借金の時効は10年ですが、営利目的の団体からの借金は商事債権と呼ばれるもので、時効成立にかかる時間は5年と定められています。

つまり何もなくアコムへの返済を5年間止めれば、それで踏み倒しは完成するわけですが、それほど踏み倒しが簡単に成立するわけがありません。

時効は簡単にストップする

5年間という時効ですが、このカウントダウンは簡単な条件ですぐにストップします。

まず、アコムからの「催告書」が送られてくることで、カウントは中断します。

催告書とは「返済が遅れている、返済してほしい」という連絡の手紙です。

内容証明郵便の形で催告書が届くので、「届いていない」としらばっくれるのは通用しません。

そして、6ヶ月待てば、また借金の時効までのカウントダウンがはじまる…と思いますが事実はそう簡単ではありません。

裁判所から返済が遅れているという連絡が「訴状」という形で届くと、その時点で時効はストップ。

裁判が終了するまで時効のカウントは進みません。

さらに、債務者が1円でも返済するなど、借金を認める行動「債務の承認」を行うことでも、時効のカウントがリセットされます。

たとえ4年と10ヶ月時効のカウントが進んでいるとしても、債務の承認だけで再び時効までのかかる時間は5年に逆戻りというわけです。

どれほど時効を迎えるまでの条件が難しいかわかるでしょうか。

アコムの借金返済が遅れると何が起こるか

アコムへの返済が滞っていると、当然ですがアコムから返済を催促する旨の連絡が頻繁に届きます。

この連絡を無視し続けて、アコムへ連絡しない…という状態が続けいているとどうなるのか?

アコムへ返済しないと起こりうる事態について、ここで考えていきましょう。

返済遅延が信用情報に残る

一番の問題は「返済遅延が信用情報に残る」ということです。

信用情報はキャッシング審査などの際見られる専門機関に記録されている個人の記録です。

信用情報に悪い記録があると、審査結果に悪影響を及ぼします。

つまり、信用情報にアコムの返済遅延記録が残っていると、その後受けるあらゆる審査で落ちやすくなるということ。

これは消費者金融の審査だけでなく、銀行から借りる目的別ローンの審査、クレジットカードの審査でも関係します。

短期間の軽い返済遅延ではなく、長期間の悪質な返済遅延の記録となると、この記録が消えるまでに多くの時間を要します。

借入額が高額な場合は「差し押さえ」もあり得る

アコムからの借入額が50万以上など高額なものだった場合、裁判所からの命令で差し押さえも十分ありえます。

差し押さえに加えて時効も中断されるなど、高額借り入れには多くのリスクがあるので、高額の借り入れはやめておいたほうが無難です。

アコムの借金を返済するコツ

ここからは現実的な話をします。

アコムからの借り入れを返済せず時効を待つのではなく、その返済を進めて借金の返済を完結させるための現実的な方法についてここでは考えていきましょう。

他社キャッシングをおまとめローンで一本化

アコムからの借り入れを踏み倒そうなんて考えている方のことですから、きっとアコム以外の消費者金融、クレジットカードのキャッシングなどでお金を借りているはず。

そして多数に散らばった借り入れの返済は難しいです。

方方で借りたお金に、高い金利がつき、高額の利息が発生します。

それなら一社からの借り入れ一本にしぼって、一社への返済のみにすることで、返済の負担を軽くするべきなのです。

一社からおまとめローンでお金を借りて、アコムをはじめ散らばったキャッシングをまとめるところから、返済をスタートするべきです。

アコムのおまとめローンってどうなの?審査は厳しいの?
消費者金融数社からキャッシングをしている場合、毎月の利息の支払いが大きな負担としてのしかかってきます。 そのような時には、自力で各社の借入を返済するのも一つの方法ですが、おまとめローンで借金を一つにまとめることをおすすめします。 ...

浮いたお金はすべて「繰り上げ返済」

生活していると、金銭的に自由が効くお金が出てくるはずです。

つい返済に追われた生活をしていると、自由になったお金で多少遊んだり好きな買い物をしたくなるものですが、そのお金は引き続き返済にあてるべきです。

予定を繰り上げて返済する「繰り上げ返済」を行うことで、返済完結がグッと近づきます。

負担の予定通りの約定返済では、利息と元金を同時に返済するのですが、繰り上げ返済で返したお金はすべて元金の返済にあてられます。

債務整理で返済額をへらす

おまとめローンは、返済する元金そのものに影響はありません。

あくまで、適用金利を下げて、支払う利息を引き下げるのが狙いです。

しかし債務整理なら、返済する元金そのものが減るので、返済総額がガクッと減ります。

返済するお金が多くて困っているなら私は債務整理するべき、と思っています。

債務整理には個人再生や任意整理、そして借金返済を免責する「自己破産」など方法が多岐にわたります。

アコムの踏み倒しは不可能ではない!踏み倒し成功談

アコムからの借金を踏み倒すのは難しく、踏み倒すことは現実的ではありません。

しかし決してアコムの借金を踏み倒すのは不可能というわけでもありません。

実際に借金返済を踏み倒した成功談を見てみましょう。

アコムへの返済が無理だと判断

私はアコムへの返済期間が長くなっており、あと少しで返済完結というところには来ていました。しかし返済額が50万円を切ったあたりで身体を壊して、これ以上収入から1円でも借金返済にお金を当てるのは無理だと判断しました。

そうして私は、「踏み倒し」を覚悟しました。

これからは1円もアコムにお金を返さないことを決意したのです。

アコムはたくさん連絡してくるだろうし、取り立ても来るかもしれない。でもこれ以上返済するのは、その頃の私には不可能だったのです。

まず振替返済を停止

普通アコムへの返済って毎月決まった日に、指定した口座から自動で引き落とされるのですが、これを私はATMから返済する設定に変えました。

勝手にお金が引き落とされるのでは意味ないですから…。

まあその時は当然、ATMからお金を返す気なんてさらさらなかったですけど。

勤め先を辞めたことを連絡

その後はアコムに勤め先の仕事を辞めたことを連絡しました。取り立てとかを警戒したことが大きいです。

そして会社ではたらていてないとなると、返済能力が無くなったことの表明にもなるかなと。意外とアコムのコールセンターで仕事を辞めたことを伝えても、あまりとやかく言われることはありませんでした。

実際私はその時休職していて、まともに働けてなかったので、あながち遠い嘘でもなかったのです。

連絡を無視して数年が経過

何度も連絡が来ましたがすべて無視。1円も返さない生活を続けました。家に取り立てが来ることも覚悟しましたが、意外と取り立てもなかったです。アコム以外にまたお金を借りたらどうなるかわかんないですけど、とりあえずそれから平和な生活を送っています。

踏み倒しはおすすめできません

やっぱり、アコムからの借り入れを踏み倒そうとするのはおすすめできません。返済する余裕があるなら、なんとか返せる方向性で考えるべきでしょう。返済しないことでお金の余裕は出るかもしれないけど、メンタル的に厳しい生活になりますから…。

アコムへの返済踏み倒しまとめ

いかがだったでしょうか。

アコムからの借り入れを返済せず、その借金を踏み倒すという選択について今回は学んでいきました。

しかし説明した通り、アコムからの借金を返済せず踏み倒すのはかなり大変です。

真面目に返済するか、債務整理するのが現実的でおすすめです。