三井住友銀行カードローンの返済方法とコツ

三井住友銀行カードローン豆知識

三井住友銀行カードローンの返済、皆さんはどうしていますか?
銀行カードローンは毎月の返済負担が少ないので、ただなんとなく返済を続けているとどうしても総返済額が膨らみがちです。

計画性のない返済で無駄な利息を支払うのはとてももったいないです。

三井住友銀行カードローンの返済方法や毎月の返済額をチェックして、効率のよい返済方法を見つけるお手伝いをしますので、ぜひ参考にしてください!

三井住友銀行カードローンにはこんな返済方法がある!

三井住友銀行カードローンの返済方法には、

  • ATMによる返済
  • インターネットバンキングによる振込返済
  • 口座振替による返済

の3種類があります。

ただし、インターネットバンキングによる振込返済と口座振替による返済を選択できるのは、三井住友銀行に口座を持っている場合に限られますので注意が必要です。

ATMによる返済

ATM返済は、三井住友銀行カードローンで借入している人なら誰でも利用できる返済方法です。

【三井住友銀行カードローンの返済に対応しているATM】

ATM 専用ローンカード キャッシュカード兼用カード
三井住友銀行ATM
コンビニATM
ゆうちょ銀行ATM ×
提携金融機関ATM × ×

※日曜日21:00~月曜日7:00はシステムメンテナンスのため取引できません

【利用できる時間帯】
三井住友銀行ATM8:00~23:00

  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • イーネットATM

などコンビニATM0:00~24:00
ゆうちょ銀行ATMは返済できる時間帯が設置場所によって異なるので要確認です。

三井住友銀行カードローンをATMから返済する場合は、手数料が全くかかりません。

「手数料がかからないATMはどれだったか」と気にせず返済できるのは嬉しいですね。

また、提携金融機関のATMは、三井住友銀行カードローンの借入や残高照会はできますが、返済には対応していませんので注意してください。

インターネットバンキングによる振込返済

インターネットバンキングによる振込返済は、三井住友銀行に口座を持っていてSMBCダイレクトに登録済みの人が利用できる返済方法です。

インターネットバンキングは、24時間いつでも好きなときにどこからでもスマホやパソコンで返済できますので、非常に便利な返済方法だといえます。

いつもATM返済をしていたけれども、わざわざATMまで出向くのも面倒だという場合には、返済方法をインターネットバンキングに変更してみてはどうでしょうか?
口座を開設してSMBCダイレクトに登録する手間はかかりますが、インターネットバンキングを利用できるようにしておくと後々かなり便利ですよ。

三井住友銀行カードローンを長く利用したいという人にはおすすめの返済方法ですね。

口座振替による返済

口座振替による返済も、三井住友銀行に口座を持っている場合に利用できる返済方法です。

あらかじめ決めておいた引き落とし日に三井住友銀行の普通預金口座から引き落としされますので、支払い忘れしにくい返済方法だといえます。

また、口座振替なら手数料がかからないのもうれしいですね。

ただ、返済日に口座の残高が返済額以下しかない場合には、決められた金額を返済するまでは追加で借入できません。

返済日前には返済額が引き落としできるだけの充分な残高があることを確認しておきましょう。

三井住友銀行カードローンの返済額はいくらくらい?

返済方法については大体わかりましたが、三井住友銀行カードローンの毎月の返済額はいくらくらいなのでしょうか?

三井住友銀行カードローンの返済額は借入残高によって決まる

実は、三井住友銀行カードローンは借入残高によって返済額がかなり細かく設定されています。

約定返済時の借入残高 最低返済額
1円~1,999円 借入残高全額
2,000円~100,000円 2,000円
100,001円~200,000円 4,000円
200,001円~300,000円 6,000円
300,001円~400,000円 8,000円
400,001円~500,000円 10,000円
500,001円~600,000円 11,000円
600,001円~700,000円 12,000円円
700,001円~800,000円 13,000円
800,001円~900,000円 14,000円
900,001円~1,000,000円 15,000円
1,000,001円~1,100,000円 16,000円
1,100,001円~1,200,000円 17,000円
1,200,001円~1,300,000円 18,000円
1,300,001円~1,400,000円 19,000円
1,400,001円~1,500,000円 20,000円
1,500,001円~1,600,000円 21,000円
1,600,001円~1,700,000円 22,000円
1,700,001円~1,800,000円 23,000円
1,800,001円~1,900,000円 24,000円
1,900,001円~2,000,000円 25,000円
2,000,001円~2,100,000円 26,000円
2,100,001円~2,200,000円 27,000円
2,200,001円~2,300,000円 28,000円
2,300,001円~2,400,000円 29,000円
2,400,001円~2,500,000円 30,000円
2,500,001円~2,600,000円 31,000円
2,600,001円~2,700,000円 32,000円
2,700,001円~2,800,000円 33,000円
2,800,001円~2,900,000円 34,000円
2,900,001円~3,000,000円 35,000円
3,000,001円~3,500,000円 40,000円
3,500,001円~4,000,000円 45,000円
4,000,001円~4,500,000円 50,000円
4,500,001円~5,000,000円 55,000円
5,000,001円~6,000,000円 60,000円
6,000,001円~7,000,000円 65,000円
7,000,001円~8,000,000円 70,000円

ここまで返済金額が細かく設定されている銀行カードローンはなかなか珍しいです。

三井住友銀行カードローンは毎月の返済額が低め

三井住友銀行カードローンの毎月の返済額は、借入残高に対してかなり低めに設定されています。

どのくらい返済額が低いかは、消費者金融のプロミス、アコムで借入をした場合と比べてみると分かりやすいです。

【毎月の最低返済額】

カードローン名 借入額10万円 借入額30万円 借入額50万円
三井住友銀行カードローン 2,000円 6,000円 10,000円
プロミスのカードローン 4,000円 11,000円 13,000円
アコムのカードローン 5,000円 13,000円 15,000円

三井住友銀行カードローンで10万円~30万円程度借り入れる場合、毎月の返済額は消費者金融の半分くらいで済むことが分かります。

月々の返済額はかなり低いですから返済自体が負担になることはなさそうですが、返済額が低ければ完済までの期間が長引きますし、当然その分利息負担も大きくなるということは覚えておかなければなりません。

借入残高が減っていくにつれ返済額も小さくなる!

また、三井住友銀行カードローンでは、返済時の借入残高減に応じて返済額が変わっていく返済方法が採用されています。

これは銀行カードローンによくみられる返済方法です。

借入残高が減っていくにつれて毎月の返済額も減っていきますから、返済が進むほど返済負担も小さくなります。

プロミスやアコムなどの消費者金融では、完済するまで追加借り入れをしなければ、基本的には借入時に決定した返済額をずっと支払い続けます。

ですから、両者を比べた場合、徐々に返済額が減少していく三井住友銀行カードローンの返済方法なら、返済が楽になっていくという大きなメリットがあります。

しかし、徐々に返済額が少なくなっていくということは、その分返済期間が長くなるということですよね。

返済期間が長期間に及べば利息負担が大きくなりますし、総返済額も増えます。

三井住友銀行カードローンを最低返済額のままで返済を続けていく場合は、その点をよく理解しておきましょう。

三井住友銀行カードローンを賢く返済するコツってある?

金利を計算する女性

三井住友銀行カードローンでの借入、できるだけ無駄な利息を払わずに済む効率のよい返済方法はないものでしょうか?

返済日を忘れてしまわない工夫をする

三井住友銀行カードローンに限らず、カードローンの返済では期日に遅れてしまうと大きく信用を落としてしまいますので、返済忘れをしないことが重要です。

返済忘れをしないためには、返済方法を口座振替にしておくのが効果的です。

実は三井住友銀行カードローンは、返済日を

  • 毎月5日
  • 毎月15日
  • 毎月25日
  • 毎月月末

の4つから指定できるんです。

ですから、もし返済忘れを防ぎたいのであれば、三井住友銀行の口座を給与振込口座に指定して、返済方法を口座振替にしてしまいましょう。

給料日後に一番近い日付を返済日に設定しておけば、うっかり返済日を忘れていても返済額をしっかり引き落としてもらえます。

ただ一つ注意したいのは、いったん設定した返済日は後から変更ができないという点です。

返済方法を口座振替にして給料日直後の日付を返済日に指定したのに、給料日が変更されたり転職して給料日が変わったりすると、返済に支障が出る可能性もあります。

余裕があるときには臨時返済や一括返済を利用する

先にも少し説明したように、三井住友銀行カードローンは毎月の返済額が少なめの上、返済が進むにつれて返済額も小さくなっていくという特徴があります。

そのため、最低返済額だけで返済を続けていくと利息負担が大きくなり返済総額も膨れ上がってしまうんですよね。

できるだけ利息負担を小さくして総返済額を抑えるためには、臨時返済や一括返済を上手に活用しましょう。

臨時返済をすれば全て元金の返済に充てられるので、効率よく元本を減らせますよ。

臨時返済はいつ返済してもいくら返済してもOKですので、余裕のある時にはどんどん支払うのが得策ですが、返済方法が口座振替の場合は臨時返済の引き落としには対応していませんので、ATMかインターネットバンキングで臨時返済してください。

三井住友銀行カードローンの返済をシミュレーションしてみると…

余裕があるときは臨時返済をすれば総返済額が減らせる、というのは何となく分かりますが、具体的にどのくらい総返済額が減るかをイメージするのはなかなか難しいでしょう。

そこで、三井住友銀行カードローンで臨時返済すると、どのくらい利息負担を抑えられるかシミュレーションをしてみたいと思います。

返済額によって総返済額と返済期間が大きく変わる!

例えば、三井住友銀行カードローンで10万円を金利14.5%で借り入れた場合で考えてみましょう。

毎月の返済額 総返済額 返済期間
2,000円(最低返済額) 154,259円 78ヶ月(6年6ヶ月)
5,000円 115,145円 24ヶ月(2年)
10,000円 107,227円 11ヶ月
20,000円 103,786円 6ヶ月

いかがですか?
毎月の返済額を2,000円から5,000円に増やすだけで利息は39,114円も減り、返済期間は4分の1に圧縮されました。

少し大変ですが、毎月の返済額を2万円まで増やすと利息は3,786円支払うだけで済み、三井住友銀行カードローンで借り入れた10万円は半年で完済できます。

自分の状況によって返済額を見直す

毎月の返済額を増やすだけでこれだけ総返済額が違ってくるのですから、臨時返済の効果は抜群だといえます。

三井住友銀行カードローンは毎月の返済額が低めだとお伝えしましたが、そこを上手く利用して柔軟に返済していくことができる点が大きなメリットでもあるのですね。

返済が苦しいときは最低返済額で支払いをしていき、少し余裕があるときは返済額を増やしてどんどん臨時返済をするといった具合にメリハリをつけることで、負担を感じることなく返済していけます。

三井住友銀行カードローンの返済に困った時の対処法・お金の調達方法

カードローンを利用する時は、誰でも必ず計画通りに返済していけるはずと見込んで借入をします。

しかし、何かのはずみで計画がくるって返済に困ってしまうということも実際にはあるものです。

そのような場合にどう対処したらよいのか、考えてみましょう。

三井住友銀行カードローンの返済に遅れるとどうなる?

しっかりと返済していくつもりで借り入れた三井住友銀行カードローンも、収入が減ってしまったり他の出費がかさんだりすれば、返済が困難になってしまうこともあるでしょう。

しかし、返済を延滞してそのまま放置してしまうと、

  • 利用停止
  • 遅延損害金が発生する
  • 信用情報に延滞履歴が記載される

などのペナルティを課せられてしまいます。

ですから、もし三井住友銀行カードローンの返済が苦しくなったとしても、決してそのまま放置してはいけません。

真摯な態度で相談すれば、返済額や返済期間について考慮してもらえる場合もありますので、返済期日までに返済するのが難しい場合は、すぐ三井住友銀行カードローンプラザに連絡を入れ、その旨伝えてください。

返済期日にどうしても間に合わない場合は、まず何よりも先にカードローン会社に連絡をするというのが鉄則です。

三井住友銀行カードローンの返済が苦しくなったら…

三井住友銀行カードローンの返済が苦しくなってきたら、どのようにお金を調達すべきでしょうか?

家族などに一時的に立て替えてもらう

三井住友銀行カードローンの毎月の返済額の負担が大きくて返済が苦しいのなら、家族などに正直に打ち明けて一時的にお金を借りることはできませんか?

カードローンの返済に困っているなどと家族に打ち明ければ、叱られるかもしれませんし、あきれられてしまうかもしれません。

しかし、返済を滞納してしまうよりはよほどましです。

三井住友銀行カードローン返済を滞納してブラックリスト入りしてしまえば、あなたの信用は大きく低下してしまい、一定期間はどこからもお金を借りることもクレジットカードを利用することもできなくなってしまいます。

可能であれば、家族などに一時的に返済を立て替えてもらいましょう。

どうしても返済が難しければ債務整理も考える

三井住友銀行カードローンの返済が苦しく延滞しがちだけど、どうしても家族などからお金を借りることは難しいという場合は、債務整理を検討すべきでしょう。

債務整理は、借金の返済が苦しくなった場合に法律に則って借金を減額する手続きです。

債務整理をするとブラックリスト入りは避けられませんが、返済額が少なくなり、場合によっては借金が免除されることもありますので、返済に対する精神的重圧からは解放されます。

三井住友銀行カードローンの返済に行き詰ってしまったら、一人で悩まずにできるだけ早く弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。

他のカードローンで借りて一時しのぎをするのは×

三井住友銀行カードローンの返済が厳しいからといって、他のカードローンで借り入れをしてそれを返済に充てることは避けましょう。

返済のために他のカードローンから借り入れをすれば、そのカードローンの返済にも必ず支障が生じます。

多重債務に陥ってしまわないためにも、返済のために借入をして一時しのぎをするのはやめておきたいです。

まとめ

カードローンで借りたお金は必ず返済しなければならないのですから、できれば借りる時点でしっかりと返済の計画まで立てておきましょう。

三井住友銀行カードローンには便利な返済方法があり、毎月の返済額も低く設定されていますから、利用者の状況に合わせた返済計画を立てやすいです。

無理のない返済で、三井住友銀行カードローンと上手く長くお付き合いしていってください。