「プロミスでお金を借りたらヤバいですか?」の疑問に実際の体験談を通して検証

プロミス

プロミスを始めとする大手消費者金融。

どうしても「借金」には悪いイメージがつきもので、借金に対して嫌なイメージを持っている人はどうしても、「プロミスからお金を借りたらヤバイのでは」と思ってしまうものです。

結論から言うと、プロミスからお金を借りるとヤバいケースもあれば、やばくないケースもあります。

争点となるのは、「プロミスからいつ借りるか?」「プロミスからどう借りるか?」「きちんと返済できるか?」ということ。

プロミスからお金を借りてヤバい状況になる人は皆、あまり考えなしでお金を借りたあげく、そのお金を返しきれず自滅していく人です。

今回は、実際にプロミスからお金を借りた人の体験談をもとに、プロミスからお金を借りたらどうなるのか?

プロミスからお金を借りるとヤバい目に合うのか?

詳しく検証していきたいと思います。

プロミスから即日融資!今日お金を借りるための方法
「どうしても今日お金が借りたい」 「プロミスから即日融資が受けたいが可能なのか」 こちらの記事では、そんな人に向けて書いていきます。 普段の生活の中でお金が足りなくなることは急に訪れます。 そんなとき便利なのが消費者金融。 ...

目次

プロミスはヤバいのか?借り入れ体験談からそこを紐解く

プロミスからお金を借りたらヤバイのか?

そこのところを確かめるためには、やはり実際にプロミスからお金を借りた人がヤバイ目にあってるかどうか、そこを聞いてみるのが一番です。

様々な状況下において、実際にプロミスからお金を借りた人の体験談を聞いてみることにしましょう。

24歳 社会人 男性 O・N


私がプロミスからお金を借りたのは2年ほど前のこと。

社会人なりたての私は、ひどいブラック企業で働いていました。

給料は安く休みもない。

ボロボロでお金もなかった私は、ほとんど考える力も残ってないまま、プロミスのカードローンでお金を借りました。

プロミスでお金を借りたらヤバいのか?

なんて考える余裕はなかったです。お金がないとIQが下がるというのは本当の話のようです。

生活が安定するまで1年ほど借り続けたがやばくはなかった

その後いまの仕事に転職するまでの1年ほどは、ずっとプロミスからお金を借りていました。

幸いプロミスから大金を借りていたわけではないこと、プロミスへの最低返済額は少額だったことなど、返済の負担を小さかったこともあり生活が破綻してしまうほどではありませんでした。

プロミスからもっと多くのお金を借りていたら、ぼろぼろになって本格的に「ヤバい」と思うような状況になっていた可能性は十分ありますけどね…。

40歳 社会人 男性 K・K


私がプロミスから借りたのは、「お小遣いがほしかったから」です。

もう結婚して、子供もいる私は自由に使えるお金に飢えていました。

決して収入が少ないわけではないものの、家計の管理をしているのは妻…。

自由にお金を使うことができなかったのです。

そこで私は、「妻に内緒で借りられる」との触れ込みを信じて、プロミスからお金を借りることにしました。

プロミスからの借り入れが増え続けるのが「ヤバい」と思ってストップ

プロミスからお金を借りるのってすごく簡単なんですよね。

審査もそれほど厳しくないし。

私は最終的に限度額が100万円までいっていたのですが、必要に応じて何度もプロミスからお金を借り続けていると、借り入れ額がどんどん増えていって…。

このままだとさすがに妻にバレると思い、プロミスからお金をかりるのはやめました。

プロミスのカードローンは、まるで自分のお金を使ってる気分になるので、際限なくお金を借りてしまいそうなのが「ヤバい」と感じました。

28歳 パート 女性


私がプロミスから借りたのは「生活費が足りないから」でした。

結婚間もないころとても貧乏で…。

今も貧乏ですが…。

夫の稼ぎと私のパート収入だけでは、とても子供の世話までお金が回らなくて。

ほとんど縋るように、プロミスのカードローンでお金を借り入れました。

はじめての借金でしたが、あくまで「生活費の補填」という気持ちだったので、特に後ろめたさとかはなかったですね。

今でもたまにプロミスから借りてます

一度本当に家計がピンチになって、そのときはプロミスから最高で30万円ほど借りてて。

その頃はさすがに「ヤバい」と思いましたが、それよりあとはだんだん生活も安定してきました。

プロミスは借り方さえ気をつけていれば、本格的にヤバい状況にならないのでは…なんて思ってます。

44歳 パート 女性


私がプロミスから借りた理由を正直にいうと「買い物依存症」が原因でした。

昔から給料は全部使ってしまうほど買い物がやめられなかったのですが、ひどい時期はホストとかにも通っていて…。

クレジットカードのリボ払いでは飽き足らず、プロミスのカードローンにも手を出した…という感じでしたかね。

その時は買い物だけが、私のメンタルを安定させるための手段だったのです。

最後は結局自己破産

借金地獄の最後はひどいものでした。

どこからいくら借りてるのか、もはやわからない状況。

もうこうなったら闇金しかない…。

と思っていたところ、兄弟から止められて自己破産を進められました。

その後はたまに訪れる散財の衝動を上手に飼いならして生きてます。

だから、プロミスがヤバいとは思いませんが、プロミスがきっかけにヤバい状況になる人もいるかもな、と思っています。

どんな人が借金地獄に苦しむのか?借金地獄体験談と借金地獄を抜け出す秘訣

25歳 正社員 男性

プロミスから借りた男性
収入が上下する仕事をしていた私は、ちょうど収入が下がってしまったタイミングでプロミスからお金を借りました。

確かに軽率でしたが、あのときはあれ以外に選択肢がなかったです。

消費者金融からの借金が悪いことだとは思っていましたが…。

プロミスのカードローンは借りやすいのも、プロミスからの借金ハードルを下げる一つの要因かなと思っています…。

「ヤバい」と思ったのはその後でしたね。

プロミスからお金を借りる生活が続く

その後もしばらく収入が安定せず、生活のためにプロミスから借金する生活が続きます。

なんとかプロミスの返済は順調だったので、プロミスから「限度額増額案内」が届いて、限度額が上がった分またお金を借りて…。

そんな生活でした。

いつからかプロミスから遊ぶ金も借りたりしてました。

「プロミスからいくら借りてるのか?」

なんてその時に考える余裕はありませんでしたね。

今思えばあの時の精神状態もかなりやばかったなと…。

最終的には親に泣きつくことに

最終的に私は、その時仲が悪かった親に泣きついて助けてもらうことになってしまいました。

結果的に親から借金することになったんですが、まあ消費者金融から借金するよりましかな…と。

親からは死ぬほど怒られましたけどね。

その時の経験をバネに、いまではがんばっています。

その甲斐あっていまではプロミスと無縁の生活を送っています。

なんとか借金と無縁の生活を安定して送りたいですが…。

33歳 サラリーマン 男性 K・K


私がプロミスから借りていたのは、単純にカードローン地獄の最中でした。

5社のカードローンで借りていたなかの一つがプロミスだっただけの話です。

プロミスがヤバいって言うよりは、単純に私の生き方とか考え方がやばかった感じです。

今でこそ笑い話にできますが、当時の生活は本当に苦痛に満ちたものでした。

プロミスはすでに4社のカードローンを利用していた私でも、問題なく審査に通して、限度額30万円を設定しました。

私はこれで「30万円手に入った」錯覚になったのは、我ながらヤバいと思いますが…。

他社借入があっても審査に通すプロミスのヤバさ

当時私がどれくらい借りていたか、今でははっきり思い出せません。

しかしそれなりに、結構多くのお金を借りていたのは確かです。

そんな状態の私が審査に通ってしまうのは、私のような状況の人を増やす要因になると思うのですが…。

確かに私は正社員で、それなりの会社で働いていましたが。

結局自己破産で切り抜けた

私は結局、プロミス含むカードローン借入で苦しんで、最終的に自己破産を行うまでになりました。

自己破産で債務をチャラにする以外に、現状を打破する手段が思いつかなかったのです。

プロミスのスペックは他のカードローンと変わらないとは思いますが、プロミスからの借り入れが自己破産の最後のひと押しになったもの確かです。

今後プロミスからお金を借りる予定のある方は、くれぐれも返済計画を立てた上でお金を借りるべきだと思います。

まあ、カードローンは追加でどんどん借りられるからそれも難しいと思いますが…。

21歳 フリーター 女性 M・I


私がプロミスからお金を借りたのは今から3年前の春ごろ。

私は実家にいるのが本当にイヤで…。

親が典型的な毒親だったんです。

不当に罵られるわ、因縁をつけられるわ…。

そんな母親をみても何もしてくれないどころか、たまに性的な目線でみてくる父親もすごく嫌いでした。

あの頃父親は私に手を出す度胸がなかっただけで、もう少しあの家にいたらどうなっていたかわかりません…。

しかし私は片田舎から抜け出すためのお金があるわけもなく、それでプロミスから借りました。

プロミスがヤバいっていうより、あの頃は私の家がやばかったですね。

プロミスから最初に言い渡されたのは限度額10万円

私はその時ほそぼそとアルバイトで収入を得ている程度。

田舎のバイト収入なんて本当に大したことない額です。

そんな収入でそもそも審査に通るのか不安いっぱいでしたが、問題なく審査自体には通りました。

しかし言い渡された限度額は10万円。

正直少ないと思いましたが、文句は言えません。

私はプロミスから10万円いっぱい借りて、それまで貯金してたお金も持って、東京に夜行バスでいきました。

その後の生活がどうなるかとか考える余裕はなかった。

私はただ、早くあの家から逃げ出したかっただけです。

その後東京に行ってプロミスへの返済を継続

東京にいってからは、シェアハウスに住みながらバイトバイトの毎日でした。

自由に使えるお金も時間もなかったですが、その時の私は間違いなく充実してました。

ここにはあの母親も父親もいない。

東京に行ってからは一度もプロミスから借りてません。

たまに「限度額上げるから借りてくれ」っていう連絡も来ましたが無視しました。

お金借りてもやりたいことなかったし。

その後はプロミスの返済を続けながら、バイト先で正社員として働くことになりました。

プロミスは節度と目的を持って借りればヤバくない

プロミスがなかったら私の人生はもっとひどいものになってかと思うと、プロミスには頭が上がりません。

プロミスの返済がヤバいって言っている人は、考えなしでお金をどんどん借りてる人じゃないかなと思います。

私みたいにしっかり最初から借り入れ目的を自分のなかで決めて、その状態でプロミスから借りれば絶対にヤバい状態に追い込まれることはないと思いますね。

プロミスがヤバいといわれる所以

ではどうして、プロミスがヤバいと言われるのか?

具体的にどこがどのようにヤバいのか?

プロミスが持つやばさについて、詳しく調べておきましょう。

カードローンは限度額まで何度でも再融資を受けられる

そもそも、カードローンの持つ特性が少しヤバいです。

カードローンは、審査で言われた限度額に達するまで、何度でも再融資を受けられるローンです。

フリーローンのように、一度お金を借りたら返すだけ、というローンではないのです。

この「何度でも借りられる」のがヤバいです。

お金がなくなるたびに、プロミスのカードローンでお金を借りることができるので、借金が気軽になりすぎてしまうリスクがあるのです。

過去多くの人が消費者金融からの借り入れで生活を破綻している

プロミスがヤバいと思われがちなのは、プロミスから昔借りていた人が影響しています。

今よりプロミスの金利が高かった頃はなおのこと、プロミスからの借り入れを原因に生活を破綻させてしまう人が多かったです。

そうしたプロミスからお金を借りることで何らかの被害を被った人の残した体験談が、「プロミスからの借金」に対して悪いイメージを植え付ける一つの要因になってしまったというわけですね。

テレビドラマや映画の闇金イメージ

借金のイメージは、やはりメディアのが作ったイメージも否定できません。

テレビドラマや映画のイメージで、闇金を扱うものが多く、そうしたフィクションはえてしたたいてい登場人物がひどい目にあってしまいます。

そうしたドラマや映画のイメージで、「借金はヤバい」ひいては「プロミスからお金を借りたらヤバい」に転じていることも否定できないはずです。

後の人生に悪影響が出る?

プロミスからお金を借りたら、その借金した記録によってあとの人生に悪影響を及ぼすのでは…。

なんてことを考えて「ヤバい」と考える人も多いようです。

確かに、プロミスからお金を借りると、その借入記録が「信用情報」という個人情報として記録されます。

しかし、基本的にプロミスから借りたくらいでは、その記録が悪い効力を発揮することはありません。

プロミスにしっかり返済できていれば「やばくない」

プロミスの借り入れ記録が残り、その記録が悪い記録として扱われるのは、「返済遅延」などトラブルを起こした場合です。

プロミスからお金を借りても、そのお金を期日内にしっかり返すことができれば、それは「良い記録」として扱われます。

むしろその後受けたキャッシングやクレジットカードの審査において「有利」に働きます。

カードローン利用者は増加傾向に

まずそもそも、カードローンでお金を借りるなんて自分はヤバいやつなのではないか…。

そんなことを考えている方もいるかもしれません。

しかしまず安心してほしいのが、プロミスをはじめ消費者金融のカードローンを使ってお金を借りている人の数は増加傾向にあるということです。

正確なカードローン利用者数統計はありませんが、ここ数年は毎年1000万件以上の信用情報紹介が行われています。

つまりそれだけ、カードローンやキャッシング審査を受ける人の数が多いということです。

一番ポピュラーな利用目的は「生活費」

カードローンを利用する人の中で、一番多い借り入れ目的が「生活費の借り入れ」です。

つまり、生活苦を理由にプロミスからお金を借りる人がいたとしても、それはおかしくもなんともないということです。

そして借り入れ目的第2位が「娯楽・レジャー目的」ということで、遊ぶお金を借りるためにプロミスから借りる方も安心ですよね。

「遊ぶ目的でプロミスからお金を借りる」としても、ヤバくもなんともないということです。

ほとんどの利用者がカードローンに肯定的な意見を残している

そして、プロミスをはじめ消費者金融などのカードローンを使ってお金を借りた人のほとんどが、カードローン利用に後悔していないのも心強いです。

カードローンでお金を借りても、「カードローンがあってよかった」という意見を残しているのは、やはりプロミスをはじめカードローン利用者が手厚いサービスを多く提供しているからにほかなりません。

プロミスはきちんと借りてしっかり返済できれば「やばくない」

ここまで、プロミスから借りた体験談と、プロミスがヤバイと言われる要因について調べてきました。

ここまでで薄々わかっている方もいるかもしれませんが、基本的にプロミスは、借り方と返し方をしっかり考えて利用すればやばくないのです。

ここからは特にヤバいと思われがちな要因である「返済」について調べてみましょう。

プロミスは「初回借り入れ30日間無利息」

プロミスは、はじめてプロミスから借りる人に向けて「30日間無利息」のサービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)を提供しています。

このサービスを利用して借り入れることで、最終的に返済するお金から30日分の利息を差し引かれるということです。

もしも30日間でプロミスの返済を完結できた場合には、プロミスに返済する利息はなんと0円ということです。

これなら「ヤバい」と警戒している人でも安心ですよね。

プロミスの返済額は?

具体的に、プロミスの借入残高に応じて変わる、プロミスの最低返済額を調べておきましょう。

残高 返済額
10,000円 1,000円
50,000円 2,000円
100,000円 4,000円
150,000円 6000円
500,000円 13,000円
1,000,000円 26,000円
1,500,000円 30,000円
2,000,000円 40,000円

先にプロミスの返済額を把握しておけば、プロミスの借り入れがヤバいと思う要因を減らすことができるのではないでしょうか。

金利は法定内

プロミスからの借り入れを「ヤバい」と警戒する人の多くが利息を警戒しているのではないでしょうか。

しかし、プロミスの利息を決める「金利」の設定は金利法で定められた常識内の設定となっています。

プロミスから実際にどれくらいお金を借りたら、どれくらいの利息を返済することになるのか、前もって知りたい方はプロミスの「返済シミュレーション」を参考にしてください。

プロミスの「30日間無利息」を頼りに借りるとヤバい

今やプロミスだけではないですが、大手消費者金融はどこもはじめて利用する人に向けて「30日間無利息サービス」など、期間限定で利息が発生しないサービスを展開しています。

無利息ということは、期間限定とはいえ金利0%でお金を借りられるということ。

お金を借りる側としては、これほどありがたい話もありません。

しかし、プロミスからの借り入れでヤバい状況になる人の多くが、この無利息サービスに起因して状況を悪化させています。

プロミスが「30日間無利息サービス」を展開する意図を読み解けば、このサービスの危険性が見えてくるはずです。

30日間無利息サービスによってプロミスからの借り入れハードルが下がる

無利息サービスの一番の効果は「無利息なら…」とついついお金を借りてしまうことでしょう。

カードローンを利用する人の多くが「返済」の心配をしています。

30日間の無利息サービスがあれば、この返済ストレスを軽減することに繋げることができるのです。

なにかほしいものがあった時、払わなくてはならないものがあったとき、この「無利息サービス」があればつい借りてしまうというわけです。

プロミスから借りる癖がつくと中々治らない

プロミスからお金を借りる癖が一度ついてしまうと、なかなか治りません。

お金に困ったら、「プロミスから借りればいい」の思考回路ができてしまうと、ずっとダラダラ借りてしまいかねないプロミスのカードローンから抜け出せなくなるのです。

カードローン地獄というのも、こうした気の緩みから堕ちてしまうものなのです。

30日間無利息は明らかにプロミスの罠

30日間無利息サービスをプロミスが提供しているのはなによりその「借り入れハードルを下げる」という目的があるはずです。

「一度借りてしまえば、その後ずるずる借りるだろう」というプロミスの目論見、まんまとハマってしまう人も多いでしょう。

確かに30日間無利息サービスは便利です。

しかし、無利息サービスが終わった後もプロミスを借りる癖がついていると、本格的にヤバい状況になるのです。

「プロミスで借りたらヤバい?」を金額別に検証

「プロミスから借りたらヤバいのでは」と心配している皆さんのために、プロミスからお金を借りるシミュレーションを金額別に行っていきましょう。

当然ですが、大金を借りれば借りるほど、プロミスへ返済する負担は大きくなります。

プロミスから安全にお金を借りたいと思っている方はぜひ、なるべく少額借入を意識してください。

プロミスからの借金がくせになってしまうと、あなたの未来には「借金地獄」が待っています。

どんな人が借金地獄に苦しむのか?借金地獄体験談と借金地獄を抜け出す秘訣

プロミスから10万円借りたらヤバい?

多くの人が、プロミスから少額借入を行うはずです。

プロミスから借り入れるのが10万円程度なら、利息を計算すると10万円×0.178÷365日で1,463円。

総返済額は4,000円です。

この返済額が高いか安いか、それは個人の価値観によりけりですが、プロミスからもっと高額借りたら…とシミュレーションした場合と比べるとはるかに返済の負担は小さいです。

プロミスから100万円借りたらヤバい?

続いて桁が増えて、プロミスから100万円借りたらヤバいのか?を考えていきましょう。

プロミスから100万円借りたら、返済期間12ヶ月としたら1ヶ月の返済総額は「90,000円」。かなり高い返済額ですね…。

これが返済期間24ヶ月だったとしても、毎月の返済額はおよそ5万円とかなり高額。

さすがにプロミスから100万円借りたらヤバい状況になるということですよね。

プロミスから200万円借りたらヤバい?

プロミスから借りたらヤバいか?についても考えていきましょう。

しかしそもそも、総量規制の設定もあり、プロミスから200万円借りるためには最低でも年収600万円が必要となります。

そうなると、プロミスから200万円借りるのは少し難しいですよね。

しかし、「もしプロミスから200万円借りたら」という想定で考えましょう。

プロミスから200万円借りたら、24ヶ月の返済期間を設定したら月々の返済額はおよそ10万円。

返済期間を36ヶ月に伸ばしても7万円ほど返済することになります。

しかも恐ろしいのは、プロミスのカードローンは返済が進んだ分だけ再び借入可能になることです。

返した分だけ借りる…。を続けていると、プロミスの返済と永遠に付き合っていくことになってしまいます。

プロミスから借りてもヤバくない借り入れガイド

プロミスは、借り方、返し方によってやばくも安全にもなります。

ここでは、プロミスからお金を借りてもヤバくならない、プロミスから安全に借りるための借り入れ方をご紹介します。

申込時に返済目処を立てる

まず、プロミスから借りる前に、しっかりと返済計画を立てるなど、「返済に目処」を立てておくことをおすすめします。

最初からピンチに対してしっかり備えができていれば、あとからプロミスの借り入れが「ヤバい」なんて自体にはならないはず。

何かの行動で失敗する人はいつも先行きの見通しが甘いです。

返済が遅れそうなら「プロミスに相談」

どれだけ大丈夫だと思っていても、プロミスの返済を行っている途中、返済が遅れてしまうこと、返済ができないと思う場面があるはず。

その時は、どの状態をじっと見守るのではなく、しっかりと正直にプロミスへ「返済が遅れそう」な旨を伝えてください。

プロミスだって鬼ではありません。

「それなら…」と返済日を遅らせる、利息分だけ返済することで許してくれるなど、代替案を提示してくれるはず。

ヤバい状況になってしまう前に、プロミスに連絡を入れて、返済をスムーズに行うために行動してください。

プロミス返済のために他社借入はヤバい

たまにいるのが、「プロミスの返済のためのお金を別の消費者金融から借りる」人です。

この、「返済の自転車操業」がはじまってしまったら、もう地獄です。

くれぐれも、プロミスに返すためにお金を借り入れることはしないでください。

プロミスの返済が追いつかないと思っても、なんとか自分の収入の中から返済を。

それができないなら、いっそ債務整理でもしてしまったほうが懸命です。

個人再生の手続きってどんな流れ?費用はどれくらいかかる?

余裕ある時に「繰り上げ返済」

プロミスへ返済を行っている時、余裕があるなら最低返済額以上の額を「繰り上げ返済」することをおすすめします。

プロミスに最低返済額返していても、利息の支払いが進むばかりで、「元金の返済」が一向に進みません。

もし予定以上の額を「繰り上げ返済」したなら、その繰り上げ返済分はすべて元金の返済に充てられるので、一気に返済完結が近くなるのです。
h2>プロミスから借金するとその後の人生がヤバい?

キャッシングにあまり詳しくない人なんかは、プロミスからお金を借りると、それだけでその後の人生に悪影響が出る…。

なんてことを言う人がいます、

果たして本当に「プロミスからお金を借りるだけでヤバい状況になる」のでしょうか…。

なんてまどろっこしい言い方をするまでもなく、そんなことはありません。

プロミスからお金を借りたくらいでは、その後の人生がヤバい状況になることはありません。

プロミスからお金を借りると信用情報に残るが…

確かにプロミスのカードローン契約、カードローン借り入れ、それらすべての記録は信用情報に残ります。

しかしその信用情報に残った記録だけでは、後の人生に悪い影響はありません。

問題はプロミスの借り入れでトラブルを起こした場合です。

なぜなら、プロミスから借り入れて起きたそのトラブルもまた、信用情報に記録されてしまうからです。

プロミスから借りるとクレジットカード審査に通らない?

プロミスからの借り入れは、後のクレジットカード審査に悪影響が出る…。

と思っている方も多いですが、そんなこともありません。

プロミスへの返済が遅れていた記録が信用情報にあると、その記録でクレジットカード審査に落ちやすくなるのは確かです。

しかしプロミスへの返済が滞りなく進んでいた場合、クレジットカード審査に悪影響が出るどころか、時にはいい影響が出ることも。

プロミスからの借り入れによって、クレジットカードの審査がヤバい…ということはないということですね。

プロミスから借りると将来住宅ローン審査に落ちる?

プロミスから借りると、将来住宅ローンを組む時、審査に悪影響が出てヤバい…なんて思っている方も多いのでは。

しかしこれも、プロミスの返済が滞りなく進んでいればまったく問題ありません。

住宅ローン審査でも、利用者の信用情報が審査されるわけですが、この信用情報の審査で悪い記録が見つからなかったとしたら、住宅ローン審査に落ちる要因はありません。

プロミスから借りたくらいでは、後の住宅ローン審査がヤバいことになることはありません。

プロミスからの在籍確認がヤバい?

プロミスは審査の最終段階で「在籍確認」を行います。

在籍確認とは、プロミスから申し込んだ人の会社にかかってくる電話連絡のこと。

在籍確認を行うことでプロミスは、申し込んだ人が実際に申込み通りの会社で働いているか確認するのです。

しかし誰しも、在籍確認がかかってくることで、プロミスからお金を借りていることが同僚にバレてしまうのではないか。

そんな危機感を覚えるはずです。

しかしプロミスの在籍確認はまったくヤバくありません。

プロミスの在籍確認内容と対策について-電話連絡なしにはできない?

プロミスの返済が遅れると取り立てが来るからヤバい?

借金がヤバいと聞くと思い浮かぶのが「取り立て」です。

実際昔は武富士やアイフルなどが暴力的な取り立てを行うことで、一時社会問題にもなりました。

果たして現在もプロミスは、返済が遅れた利用者に対して暴力的な取り立てを行うのでしょうか。

消費者金融からの取り立ては法律で禁止されている

心配いりません。

プロミスどころか、日本のすべての消費者金融は、貸金業法21条にて取立行為は細かく規制されています。

このルールをまもらないのは、法律を無視したキャッシングを運営する「ヤミ金」くらいのものです。

ヤミ金の取立は容赦ありません。

ときにはお金を借りている人の友人、家族、同僚にもその手が及ぶことも。

闇金の取り立ての手口はどんなものがある?闇金に関わると人生が狂います

プロミスは取り立てない!

つまりプロミスは取り立てを行わないということ。

貸金業法にて、以下のように取り立ての規制が入っているからです。

  • 正当な理由がないのに、午後9時~午前8時に債務者に電話をかけたり、FAXを送ったり、自宅を訪問すること
  • 正当な理由がないのに、債務者の勤務先やその他 自宅以外の場所へ電話をかけたり、FAXを送信したり、訪問したりすること
  • 債務者から、訪問に対して退去するように意思表示されたにもかかわらず、退去しないこと
  • 張り紙や立て看板やその他の方法で債務者の借入れに関する事実や私生活に関する事実を債務者以外に明らかにすること
  • 債務者に対して、債務者以外の者からの借入れ等の方法で返済資金を調達するように要求すること
  • 債務者以外の者に対して、債務者に代わって返済するよう要求すること
  • 債務者が債務の整理を弁護士等に依頼した旨の通知をうけたにもかかわらず、債務者に対して返済を要求すること

プロミスをはじめとする消費者金融の取り立てには、かなり細かいルールで規制が入っていることがわかります。

ですから、私達がイメージするような怖いおじさんが取り立てに来る…なんてことはありえないということですね。

プロミスから借りるとカードローン地獄に落ちるからヤバい?

プロミスからの借り入れによって、返済が滞って、カードローン地獄に落ちる…。

そんな最悪なケースを思い浮かべている方もいるでしょうか。

確かに、プロミスへの返済が滞り、カードローン地獄で苦しんでしまう人は多いです。

しかし、そういったプロミス利用で生活がヤバい状況になる人には特徴があります。

プロミスで借金地獄落ちになる人の特徴を、先んじて知っておきましょう。

カードローン地獄にはまるのはこんな人!カードローン地獄から抜け出すためには?

「なんとかなるでしょ」が口癖

プロミスで借金地獄に落ちる人のほとんどが、結構なピンチになっても「なんとかなるでしょ」なんて言って過ごしています。

借金してしまっている時点で、お金に困ってしまっている時点で「なんとかなる」状況とは程遠いです。

なんとかなるではなく、現在の状況を「なんとかする」くらいの気持ちでいないと、プロミスで地獄落ちは避けられません。

お金の管理がずさん

当然ですが、お金の管理をしっかりしている人ならプロミスからお金を借りません。

収入と、自分の支払った金額のバランスが取れていれば、そもそもプロミスからお金をかりることはないはず。

まして、カードローン地獄、借金地獄に落ちてしまうことなんてないはずです。

しっかりお金を管理した上で、自分の経済状況の立て直しをしっかり行いましょう。

そうすれば、自然とプロミスからお金を借りる必要もなくなってくるかもしれません。

趣味にお金をかけすぎ

プロミスからの借り入れで悩んでいる人の多くが、趣味など自分の好きなことのためにお金をかけすぎです。

趣味に使うお金を減らすか、そもそもお金のかからない趣味に楽しみをシフトして、生活を守りましょう。

お金のかからない趣味はこんなにある!節約につながる趣味10選

プロミス利用が家族にバレるからヤバい?

プロミスからお金を借りることで、家族にそのカードローン利用がバレてしまうからヤバいと思っている方も多いはず。

それなら、プロミスからなるべくバレないための対策を知っておき、「ヤバくない」状況を作っておきましょう。

まずプロミスに相談しておく

何はともあれ、まずはプロミスに申込む際「在籍確認が困る」という連絡を入れておきましょう。

プロミスもせっかく申し込んでくれた案件、なるべく穏便に、希望にそった形で在籍確認を行ってくれるはず。

とはいえ、プロミスは在籍確認なしにはできません。

プロミスのカードローン契約のためには必ず、なんらかの手段での在籍確認が必要になります。

その点はまず把握しておきましょう。

借入希望額を少なくしておく

プロミス申込みの際は、借入希望額の申請をできるだけ少なくしておきましょう。

借入希望額が少なければ少ないほど、プロミスの審査は甘くなり、在籍確認の電話連絡なしにする可能性が上がります。

なぜなら、少額の借り入れなら、お金を貸し付けるリスクが少なるのです。

少額借り入れで利用者が返済不能になる可能性は低いですからね。

必要ないなら、10万程度の借入希望額でプロミスへの申込みを行って下さい。

在籍確認の電話連絡の代わりになる書類を用意しておく

在籍確認の電話なしでお金を借りるためには、会社に在籍していることを証明できる書類の写真データをプロミスに送る必要があります。

例えば社員証、または社会保険の保険証など、社名と氏名が確認できる書類を用意しましょう。

自分の顔写真が確認できる書類だとなお良いかもしれませんね。

リボ払いとどっちがヤバい?

扱いを間違うとヤバいものといえば、カードローンだけでなく「リボ払い」があります。
リボ払いがどうしてやばいのか?リボ払いがやばい要素を体験談も交えて紹介

リボ払いの支払いも、月々一定額をカード会社に支払っていくもの。

収入の中から、リボ払いのための一定額を捻出するのは結構苦しいです。

プロミスのカードローン返済、リボ払いの支払い、はっきり言ってこじれるとどちらもヤバいです。

リボ払いとカードローン返済はよく似ている

リボ払いも、支払いが進んでも再び支払額が戻る危険性があるという意味ではよく似ています。

ですが、より借金っぽさがあるという点では、プロミス。

クレジットカードの買い物支払いということで少し気が楽なのが「リボ払い」という違いがあるでしょうか。

また、リボ払いは、利用者にポイントが付与されたりするのもかなり危険です。

どちらも支払いが終わらないリスクがあるのに、一見ヤバくないという意味でリボ払いのほうがヤバいかもしれません。

リボ払いもプロミスのカードローンもどちらも「節度」が大切

リボ払いの支払いでも、プロミスのカードローン利用でも、利用で失敗する人の特徴は似通っています。

それは、利用に節度がないことです。

自分の中で、しっかり「ここまで」という取り決めを予め持っておけば、ヤバい状況にはならないはず。

何も考えないでプロミスのカードローン利用を行う人、またはプロミスのカードローン返済を行う人が、やばい状況に追い込まれていくのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

プロミスからお金を借りたらヤバいのか?

という疑問で頭がいっぱいなあなたも、今回の説明で多少疑問を払拭することができたでしょうか。

プロミス、というか消費者金融からの借金は、生活が破綻してヤバい状況になってしまう要因が潜んでいます。

しかし、しっかり考えて、借り入れと返済を行えばプロミスからお金を借りてもヤバい状況にはならないはずです。