5万円借りたいときのオススメ方法7選!無職が審査なしで5万借りるには?

5万円借りたいときのオススメ方法7選!無職が審査なしで5万借りるには? ライフ

「5万円借りたいんだけど一体どうすれば…」
「審査なしで5万借りる方法ってないかな…」

などなど、お金が不足して”5万円”を借りたいとお思いの方もいますよね。

クレジットカードの引き落とし、家賃支払い、その他急な出費などがあって、工面できずお困りのことでしょう。

今回はそんな方に向けて、5万円を借りたいときにオススメの方法を厳選して紹介します。

記事後半では「審査なし」「無職OK」の方法も紹介しますから、ぜひ最後までお読みください!

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

5万円借りたいときにオススメの消費者金融系カードローン6選!

5万円であればさまざまな方法で借りられますが、なかでも今回は「消費者金融系カードローン」の利用をおすすめします。その理由は以下の通りです。

■「消費者金融系カードローン」の利用をおすすめする理由

  1. 最短即日融資を受けられる
  2. スマホでのWeb申込ができる
  3. 無利息サービスがある
  4. 返済の自由度が高い
  5. 正規業者なため安心して利用できる

融資スピード、申込のしやすさ、返済のしやすさ、安心面など、さまざまな観点でおすすめできます。

上記理由をもとに、今回は次の7社を紹介します。

■おすすめの消費者金融系カードローン7選

サービス名金利利用限度額融資時間申込方法借入方法
①プロミス
プロミス-ロゴ
4.5%~17.8%1万円~500万円最短即日Web・電話・店舗・郵送・自動契約機振込、提携ATM、プロミスATM、プロミスコール(電話)、店頭窓口
②アコム
アコム-ロゴ
3.0%~18.0%1万円~800万円最短即日Web・電話・店舗・郵送・無人店舗振込、提携ATM、アコムATM、店頭窓口
③アイフル
アイフル-ロゴ
3.0%~18.0%1万円~800万円最短即日Web・電話・アプリ・無人店舗振込、提携ATM、アイフルATM、スマホアプリ
④SMBCモビット
SMBCモビット-ロゴ
3.0%~18.0%1万円~800万円最短即日Web・電話・郵送・ローン契約機振込、提携ATM
⑤オリックスマネー
オリックスマネー-ロゴ-20220329
2.9%〜17.8%10万円〜800万円最短即日Webインターネット振込・スマホATM
⑥レイクALSA
レイクALSA-ロゴ
4.5%~18.0%1万円~500万円最短即日Web・電話・自動契約機振込、提携ATM、セブン銀行ATM、新生銀行カードローンATM、電話、自動契約機
⑦ダイレクトワン
ダイレクトワン-ロゴ
4.9%~18.0%1万円~300万円最短即日Web・電話・店頭窓口ATM、銀行振込、店頭窓口

1つずつ見ていきましょう!

①プロミス

プロミス

金利4.5%~17.8%
利用限度額1万円~500万円
融資時間最短即日
申込方法Web・電話・店舗・郵送・自動契約機
借入方法振込、提携ATM、プロミスATM、プロミスコール(電話)、店頭窓口

消費者金融系のカードローンを使って5万円借りたいのであれば、まずはプロミスがおすすめ。

Web申込で最短30分での借入ができ、スピード面では申し分ありません。

また初回利用なら利用の翌日こあら30日間利息が0円になるため、返済計画を立てやすいのもポイントですね。

\WEBなら最短30分で借り入れ可能!/

②アコム

アコムバナー-300×250

金利3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
融資時間最短即日
申込方法Web・電話・店舗・郵送・無人店舗
借入方法振込、提携ATM、アコムATM、店頭窓口

アコムもWeb申込で最短即日融資のできる、消費者金融系カードローン。申込んだその日に5万円の借入も可能です。

最短30分での審査回答により、お急ぎの方でも安心して利用できます。

さらに延べ1,000万人以上の利用実績がありますから、多くの人に信頼されているカードローンともいえますね。

\はじめてなら最大30日間利息ゼロ円/

③アイフル

アイフル-300_250

金利3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
融資時間最短即日
申込方法Web・電話・アプリ・無人店舗
借入方法振込、提携ATM、アイフルATM、スマホアプリ

アイフルも同じく最短即日融資のできる消費者金融系カードローンで、Web申込だと最短25分での融資も可能。

スマホ一つで完結でき、Web完結申込なら郵送物なしで利用できますから、他の人に知られることなく5万円を借りられます。

またこちらも初回利用で最大30日間利息0円のサービスがあるため、計画的な返済を進めやすいですね。

\柔軟な審査で話題!今日借りるならアイフル/

④SMBCモビット

SMBCモビット-200_200

金利3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
融資時間最短即日※
申込方法Web・電話・郵送・ローン契約機
借入方法振込、提携ATM

SMBCモビットも最短即日融資※に対応していて、今すぐ5万円を借りたいときにオススメ。

申込をWeb完結で進めれば電話連絡をなしにできますから、他の人にカードローンの利用を知られたたくない人にもオススメできますね。

またカードレスでも利用できるため、スマホだけでカンタンに入出金ができるのも魅力です。

\Web完結なら電話連絡なし!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

⑤ORIX MONEY(オリックスマネー)

オリックスマネー-20220221-アイキャッチ画像

金利2.9%〜17.8%
利用限度額10万円〜800万円
融資時間最短即日融資
申し込み方法Web
借り入れ方法インターネット振込・スマホATM

ORIX MONEY(オリックスマネー)も最短即日で融資を受けられるカードローンで、お急ぎの方には特におすすめ。

Web完結での申し込みができるため郵送物をなしにでき、早くて申し込んだその日に融資を受けられますよ。

⑥レイクALSA

レイクALSA広告-20211101

金利4.5%~18.0%
利用限度額1万円~500万円
融資時間最短即日
申込方法Web・電話・自動契約機
借入方法振込、提携ATM、セブン銀行ATM、新生銀行カードローンATM、電話、自動契約機
お急ぎならば、24時間365日受付で、最短60分融資のできるレイクALSAもおすすめ。

カードレスでの利用もできるため、カード紛失の心配がなくスマホからカンタンに口座振り込みができるのもポイント。

また初回利用ならWeb申込だと60日間無利息利用ができるサービスもあり、おトクに活用できるのも魅力ですね。

⑦ダイレクトワン

ダイレクトワン

金利4.9%~18.0%
利用限度額1万円~300万円
融資時間最短即日
申込方法Web・電話・店頭窓口
借入方法ATM、銀行振込、店頭窓口
ダイレクトワンも最短即日融資のできるカードローンで、今すぐにでも5万円を借りたい人におすすめ。
初めての利用なら55日間利息0円にできるため、返済を進めやすいのも魅力です。
借入限度額は最大300万円とやや低めですが、そのぶん未然に使いすぎを防ぎやすくなりますね。

\はじめての方は55日間無利息!/

5万円を借りたいときのオススメ方法7選!

では消費者金融系カードローンを含めると、他にどんな方法で5万円を借りられるのか。おすすめの方法は以下の通りです。

■5万円を借りたいときのオススメ方法

  1. 消費者金融系カードローンで借りる
  2. 銀行カードローンで借りる
  3. 信販系カードローンで借りる
  4. 学生ローンで借りる
  5. 親・知人から借りる
  6. 質屋で借りる
  7. 給料の前借りをする

①消費者金融系カードローンで借りる

誰にも気兼ねなく借りられて、手続きも簡単なのが「消費者金融カードローン」です。

消費者金融カードローンなら、友達に気を使うこともありませんし、給与の前借り制度を導入していない企業に勤めている場合でも、5万円程度なら簡単に借りられます。

消費者金融を利用するメリットとしては、以下の点があげられます。

  • 無人契約機やスマホからの申し込みで手続きが完結するので、内緒でお金が借りられる。
  • 審査に問題がなければ、申し込みから1時間前後で現金が手に入る。
  • 無利息キャッシングのサービスを使えば、30日間無利息でキャッシングできる。
  • カードローン契約後は、振り込みキャッシングやコンビニでのキャッシングで24時間借り入れ可能

具体的にどの消費者金融カードローンを利用するのがいいのかは、このあと詳しくお伝えします。

②銀行カードローンで借りる

消費者金融と同じく、比較的簡単にお金が借りられるのが「銀行のカードローン」です。

三井住友銀行のカードローンや、三菱UFJ銀行のバンクイックなどは、銀行に無人契約機があるので消費者金融と同じく、内緒でキャッシングができます。

ただし、銀行のカードローンは即日融資ができない…という点や、契約書類やキャッシング用のカードが必ず自宅に郵送されるというデメリットがあります。

そのため、家族に内緒でキャッシングしたいという方にはおすすめできません。

その一方で、金利は消費者金融よりも3~5%程度低いため、多額のお金を長期で返済する場合には最適な借り方と言えます。

③信販系カードローンで借りる

消費者金融や銀行以外だと、信販会社でもカードローンを提供しています。

信販会社とは販売信用(消費者の商品代金支払いを立替える)をメイン事業とする会社で、平たくいえばクレジットカードを発行する会社です。

この信販会社が提供するカードローン、5万円を借りられるわけです。

信販系カードローンで借りるメリットとしては、利息が低めだったり融資枠にゆとりがあったりと使い勝手の良い点が挙げられます。

④学生ローンで借りる

その他には学生ローンで借りる方法もあります。

学生ローンはその名の通り、学生をターゲットにした貸金業者のこと。

学生向けなだけあって審査は緩い傾向にあり、融資が早かったり親にバレにくかったりと、こちらも使い勝手の良さがポイントですね。

⑤親・知人から借りる

10万円以上の大金ならともかく5万円程度なら、まずは自分のまわりにいる身近な人から借りることをおすすめします。

このあとご紹介しますが、消費者金融などで借りると利息もかかりますし、万一審査落ちしてしまうと信用情報機関のデータにも傷を付けることになります。

ただ、身近な人からお金を借りるときには、きちんとした誠意を見せることも大切です。

たとえば、親から借りる場合でもきちんと返済日を約束し、返済時にはお礼のプレゼントなどを添えるのがマナーです。

また、友人から借りる場合は「お金が原因で友情関係にヒビが入った」と言われないように、以下のルールを守るようにしてください。

<友人からお金を借りる場合のルール>
・お金を借りるときは、簡単な借用書を作って返済日を約束する。
・返済日には年率で5%程度の利息を付けて返す(5万円の5%は1年間で2,500円)
・約束した返済日には絶対に遅れないようにする。または返済期日よりも少し前に返済する。

⑥質屋で借りる

質屋を活用すれば、審査なしで5万円を借りられます。

ブランドバッグや宝飾品、ネックレス、時計など所持品を査定してもらって、5万円近くの換金を見込めます。

身分証明書と商品があれば借りられるため、カードローンと違て審査がなく在籍確認・信用情報の確認もありません。

ただ質屋を装った違法業者(偽装質屋)があるため、間違って依頼しないよう注意してくださいね。

⑦給料の前借りをする

「できることなら親や友人からお金を借りたくない」というなら、勤務先で給与の前借りができないか、一度確認してみてください。

個人が経営しているようなお店や会社なら社長の一声で給与の前借りが可能ですし、大手企業に勤務している場合でも、会社に「給与前借り制度」があるかもしれません。

給与前借りが可能なアルバイト先

飲食業界などでは昨今の人材難を受けて福利厚生の充実が図られていて、福利厚生の一環として「給与前借り制度」を導入している企業がたくさんあります。

たとえば、きらぼし銀行が取り扱っている「前給制度」を導入している会社に勤めているなら、勤務先が決めた上限金額までは「上司の承認無し」「審査無し」「無金利」で給料の前借りができます。

ただし、当たり前の話ですが前借りした翌月の給与からは、前借り分の金額が差し引かれますので、その点だけは注意するようにしてください。

参考までに、前給制度を導入している企業をいくつかご紹介します。

<前給制度導入企業の一例>

株式会社松屋フーズ株式会社すかいらーくアリさんマークの引越社
株式会社銀座ルノアール日本マクドナルド株式会社株式会社KDDIエボルバ
サトフードサービス株式会社株式会社モンテローザりらいあコミュニケーションズ株式会社

参考:きらぼし銀行 前給制度

5万円を借りられるがオススメできない方法2選

手でばつを示す女性

5万円となるとさまざまな方法で借りられますが、なかにはオススメできない方法もあります。

なかでも次の2つでは、5万円借りられてもオススメができません。

■5万円を借りられるがオススメできない方法

  1. 闇金から借りる
  2. クレジットカードの現金化

①闇金から借りる

闇金は貸金業登録のない違法業者で、悪質な手口でお金おを搾り取る業者。

法外な金利で融資をしたり、悪質な取立てをしたりするため、利用すると高確率でトラブルに巻き込まれます。

一度使えば借金の返済地獄に陥り、なかなか抜け出せなくなってしまいます。

間違っても闇金からは借りず、正規業者からの真っ当な方法で融資を受けてくださいね。

②クレジットカードの現金化

クレジットカードの現金化といって、クレジットカードを使って買った商品を転売して現金化する方法があります。

なかには「5万円を手に入れるにはちょうど良い」とお考えの方もいますが、決しておすすめはできません。

というのもクレジットカードを現金化目的で使うとカード会社の規約違反になり、強制解約のおそれがあるからです。

さらに現金化を装った詐欺被害も後を絶たず、トラブルに巻き込まれやすい点も挙げられます。

ちなみに「現金化行為ってバレないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、セキュリティを徹底している会社だと発覚する可能性はあります。

たとえばいつもとは異なる地域での買い物を繰り返していたり、換金性の高い商品(チケットなど)を大量購入していたりすると、バレてカード利用停止に陥りやすいです。

「5万円借りたい」と思っても、闇金の利用やクレジットカードの現金化は避けましょう…。

5万円の審査通過率がもっとも高い消費者金融

さきほど「5万円を借りるおすすめのカードローン」として、プロミスやアコムなどの大手消費者金融をご紹介しましたが、審査落ちせずに確実に借りたい…という場合は、中小の消費者金融をおすすめします。

中小の消費者金融は大手消費者金融と比較すると、若干審査が甘い傾向があります。

そのため「審査落ちで無駄な時間を使いたくない」という方には、特におすすめです。

フクホーで99,000円以下を借りる

数ある中小消費者金融のなかでも特におすすめなのが、大阪にある「フクホー」という消費者金融です。

フクホーのローンは、一般的なカードローンとは異なり「証書貸付」という方式で融資され、ローン契約後は返済専用のローンとなります。

そのため、カードローンのように「借りたり返したり」ということはできません。

フクホーのローンの特徴は「初回融資の多くが9.9万円になる」という点です。

利息制限法では10万円未満の融資上限金利は20%と決められており、フクホーはこの法律にのっとって20%の金利を適用するために、初回限度額を10万円以下の9.9万円としています。

「20%」という高い金利を適用することで、万一利用者が返済不能になってもフクホーは利益がでるようになっています。

それだけ高い金利を取るということは、ある程度返済不能リスクがあっても融資してくれる可能性がある…ということになりますので、大手消費者金融よりも審査通過率は高いと言えます。

5万円を借りた場合の利息

大手消費者金融の無利息キャッシングを利用するならともかく、通常のカードローンで5万円を借りた場合、当然金利手数料がかかってきます。

ここでカードローンの金利手数料の計算方法をご紹介しておきます。

金利計算の仕方

カードローンの金利計算は、返済方式によって若干変わってきますが、おおよそは以下の計算式に当てはめるだけで金利が計算できます。

借り入れ金×実質年率(%)÷365日×借り入れ日数=金利手数料(利息)

たとえば、5万円を金利18%で借りると金利手数料は以下のとおりです。

5万円×18%÷365日×30日=739円

毎月5万円の収入を増やす方法も考えよう

最後に「5万円を稼ぐ方法」についてもご紹介しておきます。

日払いバイト

手っ取り早く5万円を稼ぐなら、日払いバイトを検討してみてください。

ただし、募集要項に「日払い」と書いてあっても給料は翌月払いというケースがありますので、「即日で給与が支払われるか?」ということを確認してから応募することをおすすめします。

日払いバイトでは以下の職種が頻繁に募集されていますが、拘束時間によっては日給1万5千円程度稼げますので、週一回のバイトでも5万円は十分稼げます。

<日払いバイトでよく募集される仕事の一例>
・コンサートスタッフ
・工場スタッフ
・警備員
・交通量調査スタッフ

治験バイト

治験バイトとは、製薬会社で作られる新薬のテストとして自分の体を提供する仕事です。

薬の種類によっては、投薬後2~3日病院に泊まるケースもありますので、案件次第では5~10万円程度稼げる場合もあります。

クラウドソーシングで稼ぐ

おもにフリーランスが利用する「クラウドソーシング」でも5万円程度なら簡単に稼げます。

クラウドソーシングサイトしては、大手のランサーズやクラウドワークスなどが有名ですが、入力作業やWEBサイトの記事作成など、自宅に居ながらでも作業ができて1ヶ月5~10万円程度の報酬が得られます。
ランサーズ
クラウドワークス

まとめ~5万円を借りたいときの方法を押さえよう~

今回は5万円を借りたいときの方法について、詳しく解説してきました。改めて詳細をまとめると、以下の通りです。

■5万円を借りたいときのオススメ方法

  1. 消費者金融系カードローンで借りる
  2. 銀行カードローンで借りる
  3. 信販系カードローンで借りる
  4. 学生ローンで借りる
  5. 親・知人から借りる
  6. 質屋で借りる
  7. 給料の前借りをする

さまざまな方法があるなか、一番おすすめなのは「消費者金融系カードローン」で借入です。

正規方法なのはもちろんスピード面に強みがあり、早ければ申し込んだその日に5万円を借りられます。

ですが5万円を借りたいと思っても、闇金の利用やクレジットカードの現金化などは避けてくださいね。