最短即日融資が可能な『プロミス』
プロミス
おすすめポイント
  • Web申込なら最短1時間融資も可能
  • 2020年度オリコン顧客満足度ランキング1位
  • 郵送物なし!全て手続きをWeb申込みで完結可能
実質年率
4.5%〜17.8%
限度額
500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
無料審査申込みはこちらから

審査の甘いカードローン会社ってあるの?審査に通過しやすい消費者金融を一挙紹介

中小消費者金融をおすすめしてる女性 カードローンの審査について

自分の信用情報で審査に通るか心配…。

前に消費者金融でカードローンを申請したら審査に落ちたことがある…。

そういう方は、審査基準の甘いカードローン会社が無いか探してしまうと思います。

結論から申し上げます。

審査基準が甘いカードローン会社は存在しません。

年収や職業などから返済能力があるかどうかしっかりチェックはされますし、複数の消費者金融から借入をしている、現在借入している金額の総額、過去に返済を滞納した経験があるなどの信用情報は金融会社には丸わかりです。

カードローンの世界では比較的安い10万円前後でも、一般的に見れば、そこそこのまとまったお金ですよね。

お金の貸し借りに甘いなんてことは無い、というのが結論です。

しかし、審査の基準に独自のシステムを入れていたり、過去の信用情報の傷などに目を瞑って現在の返済能力で見てくれる柔軟な対応をしてくれる金融会社は存在します。

今回の記事では、そんな柔軟な審査基準を設けている消費者金融について紹介していきますよ。

そもそもカードローンの審査の基準はどのようなものなのか

カードローンの審査に通過するかどうかって具体的にどのような基準が設けられているのかを知っておくことは、審査を通過するにおいて重要なことです。

以下から、カードローンを提供している多くの金融機関で設けられている基本的な審査基準について紹介、説明していきますよ。

審査は申請者の属性によって判断される

スマホを持って悩む女性

審査は申請者の属性によって判断されます。

属性とは、わかりやすく言い換えればその申請者のステータスのようなものです。

審査に使われる具体的な属性について以下から書いていきます。

年収

審査の通過に年収が関係するというのは、なんとなく想像がついていたと思います。

年収とはほぼ収入に直結するものですから、そのまま返済能力として見られます。

最重要な審査項目で、審査の通過だけでなく、消費者金融や銀行がその人に最高いくらまでお金を貸せるかという借入限度額の設定にも影響します。

専業主婦やアルバイトをしていない学生、無職の方は基本的にカードローンの審査に通りません。

なぜなら収入がない=返済能力がないとみられるからです。

年収に関しては、審査項目に詳しくなくても、なんとなく想像がつきますね。

職業

職業も審査の通過に大きく影響する属性となります。

例えば、公務員とフリーターでは収入の安定感が異なりますよね。

公務員の経営者はいわば、市や県や国ですから早々潰れませんし、万が一の労災などもしっかりしていそうです。

一方でフリーターの方は、いつクビを切られても文句は言えませんし、もし身体を壊してしまったら収入は無くなるので収入の安定感はありません。

安定的な収入は安定的な返済と利息の回収に繋がりますから、高く評価されて審査も通過しやすくなります。

勤続年

勤続年数も審査の通過において重要視される属性の一つです。

勤続年数から見れるものは、職業に近いものがあります。

同じ職場で長く働いていればいるほど、安定的な収入があると見られるのです。

逆に転職などを繰り返していたり、勤続年数が短いと審査の通過に不利、通過はするかもしれませんが借入限度額が低く設定されてしまうなど不利になることがあります。

上述した年収、職業と併せて借入限度額の上限設定にも大きく関わる属性ですね。

カードローン限度額ってなんなの?最大借入限度額と借入限度額の違いに注意!
急にまとまった金額のお金が必要になることが多い人や衝動買いしてしまって給料日前に生活費がカツカツになってしまうという人には、カードローンはかなり便利なツールです。 しかし、カードローンをしようしたことのない人からすると借入限度額などの...

他の金融会社からの信用情報

現在カードローンの審査を申請している会社以外の金融会社で、

  • 借入している
  • 借入している場合、借入の未返済額
  • カードローンの同時期申請

上記を行っていると審査に大きな悪い影響を与えます。

友人の場合に置き換えて想像してみれば、わかりやすいかもしれません。

あなたにお金を貸してと言ってきた友人が既に他の友人からもお金を借りていて、しかも借りたお金を返していないとなれば貸す気になりませんよね。

同時期申請も良い印象を与えません。

複数の金融会社から一気にお金を借りるだけ借りて行方を暗ます可能性を金融機関は予想するからです。

上述した年収や職業、勤続年数などはどちらかと言えば、借入限度額の設定において必要になるものですが、こちらは審査の通過自体に大きく影響する属性です。

ちなみに大手から中小の消費者金融会社、銀行まですべての金融機関であなたの金融機関での借り入れ状況などは共有されていて、簡単に調べることができます。

申請時に黙っていてもバレないだろうと嘘の記載をすると余計に審査の通過が難しくなるので、正直に書いた方が無難です。

カードローンで嘘をついて審査に通過すると後でとんでもないことに…。詐欺罪で…
カードローンの審査を申し込みの際に少しでも通りやすくしようと思ったり、借入限度額をあげるために嘘の年収や職業、勤続年数などを記入して申請してしまう人がいます。 しかし、カードローンを提供する消費者金融会社も銀行も貸したお金の回収には全...

過去の信用情報

返済に焦る男性

上記のように他の会社から借入があるか、いくら借入金額があるか、現在の信用情報だけでなく過去にあなたが行った金融機関との取引も信用情報としてずっと残ります。

  • 過去に返済が滞った経験がある
  • 過去に嘘の記載をしてカードローンに申請しようとしたことがある

現在の返済能力や現在あなたに上記のようなことをする意思の有無に関わらず、過去にしてしまったことでカードローンの審査に通過しにくくなってしまいます。

このことを俗に「信用情報に傷がついている」と言います。

言い方は悪いですが現在がどうかより、過去に行ったことがあるかどうかでその人を判断するのです。

というより、大手消費者金融や銀行系カードローンなどは、基本的に審査は自動なので現在よりもこのような情報で判断するしかない、とも言えます。

他社借入情報はバレる?審査通過できる3つの極意
消費者金融のカードローンに申し込むときに、もっとも不安になるのは「審査にとおるかどうか?」という点です。 とくに他社金融機関で借り入れがある人が申し込む場合は、なおさらです。 ただ、他社に借り入れがあっても一定の条件をクリアして...

なぜ大手消費者金融会社や銀行系カードローンの審査に落ちるのか

大手消費者金融会社や銀行のカードローンの審査を申請して落とされたことがある…という方は、結構多いのではないでしょうか?

あの大手がだめならこっちの銀行、その銀行がだめならあっちの大手…という風に審査に通るまでいろいろな金融会社で審査を受けた人も中にはいるかもしれませんね。

なぜ、大手消費者金融会社や銀行系カードローンは審査に落ちやすいのか、その理由を書いていきます。

大手消費者金融や銀行系カードローンは審査を加点式の自動システム化している

アコムやプロミスなどの大手消費者金融会社や三井住友銀行カードローンなどの銀行系カードローンは審査を加点式のシステムに任せて自動で行っています。

その為、年収や職業、勤続年数などの属性や過去の信用情報などのデータのみを判断基準として、点数が一定のラインを下回った段階で自動的に審査に落ちるという仕組みを取っています。

大手消費者金融や銀行系は申請者も多く、いちいち手作業や目視で判断すると時間がかかってしまうことが理由です。

審査基準も軒並み似ていて、一つの大手に落ちてしまうと他の大手や銀行系も似た審査基準で判断されてしまう為、審査に落とされてしまうのです。

多くの人に融資を行う関係で融資許可のハードルを高く設定している

アコムやプロミスのように大手で信用度も高く、CMなども積極的に打ち出している大手の消費者金融には多くの人が審査の申請をします。

実際に内容も金利が低かったり、特徴的なサービスを展開していたりと使いやすいカードローンを提供しているのでそういった面でも人気です。

その分多くの人にお金を融資するので、一人当たりの回収のリスクを高めてしまうと仮にお金を回収できなかった場合、ビジネスとして成立しなくなってしまいます。

なので、しっかりと返済能力のある人にお金を貸すことで安定的に利息と融資分を回収するのです。

その分金利が安く設定されている

返済能力をしっかりと見極めて、一定基準を設けており、安定的に利息と融資分が回収できることから、金利を安く設定できたり様々なサービスや魅力的なキャンペーンを打ち出せるのです。

中小消費者金融は審査が柔軟で通過しやすい

OKサインをして嬉しそうなスーツの男性

上述してきたように大手消費者金融会社には、大手なりの理由やシステムがあり、審査が一定かつハードル高く設定されています。

一方で中小消費者金融の主なメインターゲットは、大手消費者金融や銀行系カードローンに落とされた人たちです。

審査基準を大手や銀行系と同じにしてしまっては、そのような人たちをターゲットにはできないでうよね。

通過しやすいというのは、「甘い」という意味ではないことは理解していただいたうえで、中小消費者金融のカードローンの審査が通過しやすい理由について書いていきますね。

中小消費者金融会社の審査は独自の基準

中小消費者金融は、大手とは違い審査の通過に独自の基準を設けてられていることが多いです。

流石に年収がない人などにはお金を貸しませんし、職業柄収入が不安定になる人や勤続年数が短い人には借入限度額を高く設定しません。

そういう意味では、甘くはありません。

しかし、過去に返済が滞ったことがあったり、嘘の記載を書いたことがあるなどの過去の信用情報には目を瞑ってくれたり、希望借入金額が低い場合などは現在、他の会社から借入があっても審査に通過する可能性があります。

過去がどうだったかではなく、今現在の返済能力を見てくれるのです。

中小消費者金融会社の審査は機械だけでなく、人によって行われる

大手消費者金融は審査のほとんどを機械で自動で行うという話をしました。

中小消費者金融は、全ての審査を自動にはせずに人の目を通して審査する項目もあります。

会社によって人の目での審査は様々でしょうが、もしかしたら申請者に店舗まで赴いてもらって、直接話をすることで見極めるということもあるかもしれません。

大手に勤めていなくても、その方は審査のプロです。

むしろ、直接自分の目で審査をしている分、大手の社員よりもよっぽど見極める力はあるでしょう。

その際は、嘘などをつくことはやめて正直に話した方が良い結果を得られるかもしれません。

中小消費者金融会社で借入するデメリット

上述した様に中小消費者金融は、審査に通りやすいということだけを見るとよいことしかないように思ってしまいますが、中小消費者金融から借入をするにはデメリットも存在します。

中小消費者金融会社は大手に比べると金利が高い傾向にある

上述したように中小消費者金融のメインターゲットは、大手消費者金融や銀行系カードローンの審査に通過しなかった人たちです。

言い換えれば、大手や銀行から返済能力が低い、信用に足りないと判断された回収リスクのある顧客ということになりますよね。

更に大手のようにバンバンCMをして知名度や企業ブランドを上げている訳でもなく、銀行のように社会的信頼感があるわけではないので、当然それらに比べて人が集まりにくいです。

大勢の人が集まり、顧客も回収リスクが低い人たちなので、金利が低くてもビジネスとして成り立ちます。

しかし、中小消費者金融は、知名度も企業ブランドもないので人が集まりにくいですし、顧客は大手の審査に落ちた回収リスクの高い人たちです。

回収リスクの高い属性の少ない顧客でビジネスとして成り立たせるには、金利を高く設定しなくてはなりません。

大手の様に低金利でお金を貸すことは難しいのです。

大手の様に申請から審査までを自動契約機やWEB上で完結できない

今や大手消費者金融や銀行系カードローンのほとんどが導入している無人自動契約機やWEB上で即日申請から融資までが完了するサービス。

これらを導入している中小消費者金融は少ないです。

申請から審査までを店舗に直接行って行わなくてはならなかったり、WEB上で申請はできても、審査結果は2日~3日後に郵送で送られてきたりします。

これらに対応している中小消費者金融もありますが、ほとんどが対応できていない状況です。

中小消費者の申請に利便性を求めるのは、間違いと言えるでしょう。

即日融資がない場合もあり、今日借りたい場合には使いにくい

上述のように中小消費者金融は、機械で自動的に審査する項目もあれば、人による判断で審査する項目もあります。

なのですべて自動で審査が行われる大手消費者金融よりも審査に時間がかかります。

即日審査、即日融資が対応可能なところでも人の手が加わる関係で、午前中などの早い時間の申し込みにのみ対応と決められている場合や直接店舗まで行かなくてはいけない場合もあります。

もし、即日融資を希望なのであれば予めホームページなどを見て必要な書類や即日融資の条件などをしっかり確認してから申し込みをしましょう。

闇金の可能性がある

お金を持って不敵に笑う男性

中小消費者金融の審査が甘い訳ではないといいましたが、闇金の審査はかなり甘いです。

更に大手より高めなんていう生易しいものではない、法律違反の法外な金利をかけています。

審査を甘くして貸したとしても、どんな手を使っても必ず法外な利息や融資分を回収するので審査を甘くしているのです。

どんな手でもというのは、犯罪的なものも含まれています。

中小消費者金融のデメリットというより、中小消費者金融に紛れている可能性があるので注意が必要、と言ったニュアンスが強いです。

お金の借入をする前に必ず金利を確認しましょう。

「闇金からお金を借りたい」と思っても絶対に借りてはいけません
貸金業者からお金を借りるためには、その業者の審査を受けて、借入れ資格があると認められることが必要になります。 しかし過去のキャッシング利用でトラブルを起こしていたり、何度もキャッシング審査に落ちているなどの実績があると、その後受ける審...

カードローンの審査に通過する為に絶対に知っておくべきテクニック

中小消費者金融を選ぶということ以外にもカードローン業界全体でカードローンの審査を通過しやすくするテクニックが存在します。

過信は禁物ですが、今後カードローンの審査をしようと考えているなら知識の一つとして持っといて損はないと思いますよ!

以下からカードローンの審査に通過しやすくなるテクニックについて紹介していきますね。

消費者金融には売上ノルマが存在する

消費者金融にも売上ノルマが存在します。

一週間ごとに設定されているのか、一月ごとに設定されているのか、そこらへんは会社によってくぁるでしょうが、ビジネスである以上、個人や店舗ごとに行っての売り上げノルマが設けられていると考えて間違いないでしょう。

売上ノルマが達成していない時期を狙えばいいのです。

では、売上ノルマを達成しにくい時期とはいつなのでしょうか。

以下からその時期について書いていきます。

消費者金融にも繁忙期と閑散期がある

カードローンの審査を通過するテクニックとして知っておいてほしいのが、消費者金融業界にも繁忙期とい閑散期が存在するということです。

繁忙期では、多くの申し込みがあり審査結果が出るのも遅れるうえに会社としても顧客がたくさんいるのでできるだけ回収リスクの低い人を選んで売り上げノルマを達成しようとします。

逆に閑散期であれば、店舗の人間も売り上げノルマの達成に必死になりますから、多少回収リスクが高い人でも審査を通過させる可能性が高くなるのです。

具体的な時期について紹介します。

月末

多くの会社の給料日は月末に設定されています。

給料が入ってすぐお金に困るということは中々ないですよね。

なので給料の入る月末は閑散期の一つとなります。

夏季、冬季などのボーナス月

上述した月末の給料日と同じです。

給料だけでなく、ボーナスも入るのですから消費者金融業界にとっては閑散期となります。

キャンペーンなどをしている時

積極的にキャンペーンなどをしている時も売り上げノルマが達成していない証拠です。

なぜ、顧客にお得になるキャンペーンをやるのかを考えたらわかりますよね。

それほど会社としてお金を借りてほしいということに繋がります。

つまり売上ノルマが達成できていないからキャンペーンを行っていると逆算できるのです。

おすすめの中小消費者金融会社

カードローン審査の通過をするなら中小消費者金融が良いということを書いてきました。

中小消費者金融は、全国各地に数多く散らばっています。

その中でもおすすめしたい中小消費者金融会社についていくつかピックアップして紹介していきますね。

フクホー

フクホーは中小消費者金融の特徴として上述した過去の信用情報ではなく、現在の返済能力で見る代表的な消費者金融会社です。

また、私自身、審査が柔軟な会社はあるが甘い会社はないと書いていますが、口コミなどによるとフクホーの審査はかなり甘いらしく、借入金額が10万円以下ならほぼ審査に通過してしまうらしいです。

もし、借入金額が10万円以下ならフクホーが間違いないかもしれませんね。

フクホー株式会社は闇金なのか?
中小消費者金融について多少知識がある人ならば「フクホー」の名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。 「大手消費者金の審査に落ちた」だとか、「信用情報にブラックな記録があるから審査に通らない」など、消費者金融の審査に不利な方でも審査...

セントラル

多くの中小消費者金融会社は、即日融資対応可能なところが少ないといいましたが、セントラルは即日融資が可能な数少ない中小消費者金融の会社です。

また、中小でありながら

  • 自動契約機
  • WEB申請
  • コンビニ申請

上記3つに対応しており、大手並みに申請から融資までの流れが簡易的な中小消費者金融です。

ただし、大手の様に全国展開しているわけではなく関東・関西が中心なので、そこの地域以外に住んでいる方は注意が必要です。

また、自動契約機、WEB申請ということで、審査の基準が大手並みに厳しいのではないかと思われる方もいますが、そこは安心して大丈夫です。

セントラルもあくまで中小消費者金融なので、大手の審査に落ちた人をメインターゲットにしていますから、審査基準は独自のものを用いています。

セントラルは即日融資に対応!即日借り入れるための条件は?
近年関東にも多く店舗を出店し、名前が徐々に知られてきた「セントラル」 アコムやアイフルといった大手消費者金融とは違った、細かなサービスから人気が出始めている会社です。 そんなセントラルですが、果たしてどのような会社で即日融資は可...

ライフティ

ライフティは借入希望額を1000円から設定できる関係で、希望借入金額によってはほぼ審査を通過すると考えていいでしょう。

流石にいきなり数十万円の借入は大手を落ちてきた方には厳しいかもしれませんが、ライフティで少額を借りて返済を続けていればいずれは信用度も上がり、借入限度額も上げてくれるでしょう。

また、ライフティのサービスとして初めて借入をする人に35日間無利息キャンペーンを展開しています。

大手のプロミスでも30日間なので、そこよりも5日間長い期間無利息で借入ができるということになります。

また、セブン銀行と提携しており、発行されるキャッシングカードで全国にあるセブン銀行ATMからキャッシングできる点も魅力的です。

ライフティは、中小消費者金融の中でもサービスに優れた会社と言えるでしょう。

ライフティは審査次第で高い限度額が可能?即日融資もできる消費者金融を紹介
ライフティは消費者金融としては規模が小さいものの、高額な借入に対応している会社です。 大手で審査に落とされた方も、ライフティで審査を受ければ大きな借入が期待できるかもしれません。 さらに提携しているATMのおかげもあり、色々な場...

まとめ

審査の甘い…もとい、審査基準が柔軟な金融機関が中小消費者金融であること、審査の通過のテクニックやおすすめの中小消費者金融をいくつか紹介してきましたが、いかがでしたか?

大手消費者金融や銀行系カードローンの審査に落ちたとしてもへこむことはありません。

現在のあなたの返済能力を見て、過去の信用情報より現在のあなたを信用してお金を貸してくれる会社もあるのです。

しかし、中小消費者金融は大手に比べると金利が高かったり、よく調べずにお金を借りてしまい闇金だったということがあるかもしれないので、注意が必要です。

今回紹介した消費者金融会社の他にも多くの会社が存在していますし、あなたの地元に密着した金融会社もあるかもしれません。

自分の属性や信用情報、WEBで完結できるのか即日融資に対応しているかなど、しっかりと調べて自分にあった金融会社を見つけましょう。

ただし、審査に通過しやすいからといって自分のキャパシティ以上のお金を借り入れるのは注意しましょうね。

今度は、中小消費者金融もお金を貸してくれなくなってしまうかもしれませんよ!