100万円借りる方法を紹介!金利や目的別の借入れ先や注意点も解説

100万円借りる方法を紹介!金利や目的別の借入れ先や注意点も解説-アイキャッチ カードローンの審査について

「100万円を今すぐ借りたいんだけど、即日融資ができるとこってある?」

「できるだけ金利をおさえて100万円を借りたいけど、どこが良いのかな?」

怪我や病気、車の修理など不測の事態で急に100万円が必要になることもありますよね。

100万円を借りる目的はそれぞれですが、目的に合わせた借入先を選ぶことが大切です。

また、金利が高いと返済も大変になるので見ておきたいポイントですね。

しかし、自分に合った借入先が分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、100万円を借りる方法や、目的別におすすめの借入れ先を紹介します。

記事の後半では、100万円を借りる際の注意点やよくある質問もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

100万円を借りたい時の方法3選!

紹介する女性

では100万円を借りたい時に使える方法について以下の3つを紹介します。

特徴金利の目安
消費者金融のカードローン最短即日で借りられる
金利が高い
年18%程度
銀行カードローン金利が低い
審査が比較的厳しい
年14%前後程度
ろうきん金利が低い
即日融資はできない
年7.0%~8.5%程度

①消費者金融のカードローン

お金を借りようと思った時にカードローンを1番に思いつく方は多いのではないでしょうか。

カードローンには主に「消費者金融」と「銀行」の2種類があります。

消費者金融のカードローンは、銀行カードローンに比べて審査に通りやすいことや、即日融資可能なことが大きな特徴です。

また、消費者金融によって無利息期間があるなどお得に始められるのも嬉しいポイントですね。

消費者金融のカードローンのメリットは主に以下の通りです。

  • 銀行カードローンに比べて審査にとおりやすい
  • 最短即日融資可能
  • 無利息期間でお得に始められることもある

消費者金融のカードローンのデメリットは主に以下の通りです。

  • 金利が比較的高い
  • 総量規制の3分の1までの借入れが限度

消費者金融のカードローンの特徴は上記の通りです。

今すぐにお金が欲しいという方にはおすすめですが、金利を抑えたい方、年収の3分の1を超えて100万円を借りたい方は、他の方法を検討しましょう。

②銀行カードローン

銀行カードローンは、消費者金融のカードローンと比べて金利が低めの設定になっています。

そのため、金利を抑えてまとまったお金を借りたい方におすすめです。

銀行カードローンのメリットは主に以下の通りです。

  • 銀行カードローンに比べて金利が低い
  • 総量規制の対象外なので希望額を借入れられる可能性が高い
  • 銀行によるカードローンなので安心できる

銀行カードローンのデメリットは主に以下の通りです。

  • 消費者金融のカードローンに比べて審査が厳しい
  • 即日融資はできない
  • 保証会社の審査がある

銀行カードローンの特徴は上記の通りです。

そのため、金利を抑えて借りたい方や、総量規制を超えて100万円を借りたい方にはおすすめです。

しかし、今すぐにお金が必要な場合や審査に通りにくい条件がある方は、消費者金融のカードローンがおすすめですよ。

③ろうきん

ろうきんとは、労働組合や生協などが運営する福祉金融機関です。

大きい特徴としては、銀行や消費者金融のカードローンよりも低金利で100万円を借りられることがあります。

ろうきんの金利は、自分の住んでいる地域によって異なるので、事前に自分の地域のろうきんの金利を確認しておきましょう。

ろうきんのメリットは主に以下の通りです。

  • 低金利でお金を借りられる
  • 労働組合や生協に加入していると優遇されることも
  • 親権者の同意書で未成年も利用可能

ろうきんのデメリットは主に以下の通りです。

  • 比較的審査が厳しい
  • 即日融資はできない

ろうきんの特徴は上記の通りです。

そのため、低金利で借りたい方や労働組合に加入している方にはぴったりです。

しかし即日で100万円を借りたい方には向いていないので気をつけましょう。

即日融資を狙っている方には、消費者金融のカードローンがおすすめですよ。

目的によって利用するカードローンを考えよう!

人差し指をたてるスーツ姿の女性

上記では、100万円を借りる方法について紹介しましたが、目的によって借入先を考える必要があります。

100万円を借りる目的が明確に決まっているのであれば、銀行の「目的別ローン」がおすすめです。

目的は決まっていないけど100万円を借りたいのであれば、銀行の「フリーローン」が良いでしょう。

また、今すぐに100万円が欲しいのであれば消費者金融のカードローンを利用しましょう。

とにかく金利を抑えて100万円を借りたい方にはろうきんがおすすめですね。

ではそれぞれのローンについてより詳しく解説します。

資金使途が決まっているなら銀行の「目的別ローン」

100万円を借りる目的が明確に決まっているのであれば、銀行の目的別ローンを利用しましょう。

目的別ローンとは、特定の目的にのみ利用できるローンです。

目的別ローンの主な種類には以下があります。

  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • 教育ローン
  • ブライダルローン
  • ビジネスローン

上記のローンは利用している方も多い人気のローンなので、知っている方も多いのではないでしょうか。

目的別ローンは資金使途が決まっていますが、フリーローンやカードローンに比べて金利が低めに設定されています

そのため、100万円の使い道が決まっていて金利を抑えたい方には、ぴったりですよ。

しかし目的別ローンには「資金使途証明書」の提出が必要などの提出書類も多く、審査にも時間がかかります。

目的別ローンを利用する際は、融資までに余裕を持って申込み、事前に必要書類を用意しておきましょう。

資金使途が決まっていない方に銀行の「フリーローン」

銀行のフリーローンとは資金使途が決まっておらず、自由に使えるローンです。

そのため、車の修理や急な怪我や病気にも使えるので、便利ですね。

フリーローンは目的別ローンに比べると金利が高めになりますが、カードローンよりは金利が低い傾向があります。

資金使途は決まっていないけど、できるだけ金利を抑えたい方におすすめですよ。

しかし、フリーローンでは借入れは1回きりで全額返済しないと追加融資が受けられません。

余計に借入れをしないで済む一方で、融通が利かないので追加融資を受ける可能性がある方は、カードローンを利用しましょう。

また、審査期間がカードローンより長く、比較的審査も厳しくなるので、前もった申込が必要です。

即日融資を受けたい方には消費者金融のカードローン

どうしても100万円を即日融資して欲しいという方は、消費者金融のカードローンを利用しましょう。

銀行カードローンやろうきんでは、即日融資に対応していないので注意が必要です。

ちなみに最短即日融資に対応している消費者金融には以下があります。

  • アコム
  • プロミス
  • レイクALSA
  • アイフル
  • SMBCモビット

上記の中で、特にレイクALSAやアイフルは審査時間が短いですよ。

しかし最短即日融資に対応していても、申込の曜日や時間によっては翌日以降の扱いになるので、気をつけましょう。

即日での融資を希望している方はとにかく早めに申し込むことが大切です。

とにかく金利を抑えたいのであればろうきん

ろうきんは、消費者金融や銀行カードローン、目的別ローンに比べても金利が低いです。

また、ろうきんの融資は個人相手が中心なので、個人向けのローンが非常に充実しています。

ろうきんのローンの種類には以下のものがあります。

  • カードローン
  • 住宅ローン
  • 教育ローン
  • フリーローン

カードローンでも金利が低いので、具体的な使い道は決まっていないけど低金利で融資を受けたい方におすすめです。

また、銀行や消費者金融では未成年は基本的にローンを組めませんが、ろうきんでは親権者の同意があればローンを組めます。

そのため、未成年だけどお金を借りたいという場合はろうきんを利用しましょう。

しかし、ろうきんは比較的審査が厳しく審査時間も長いので、落ちる可能性や融資までの機関も考慮に入れる必要があります。

100万円を借りる際の注意点ってなに?

キャッシング-女性のはてな7

これまで100万円を借りる方法について、目的別のおすすめを紹介しましたが、借りる際に気をつけるべきポイントもあります。

100万円を借りる際は以下の点に注意しましょう。

  • 返済計画を確実に立てる
  • 希望借入額を高くしすぎない
  • 審査落ちする原因を把握しておく
  • ATMの限度額を確認する
  • 繰上げ返済で早期完済を心がける

返済計画を確実に立てる

100万円を借りる場合は、返済計画を事前に立てることが必要です。

まとまったお金なので、なんとなく返済を続けると思うように減らない可能性があります。

いくらずつ、いつまでに完済するのかを決めて、詳細な返済計画を立てましょう。

返済計画では、短期的、中長期的の計画を自分の無理のない範囲で立てることが重要です。

無理な返済計画を立ててしまうと、焦りや不安にも繋がり余計ストレスになるので、気をつけましょう。

また、事前に借入先ごとの返済シミュレーションをすることもおすすめです。

借入先によって金利が異なるので、最終的にどれくらいの返済額が必要になるかも大きく異なります。

高金利で借入れを行うと返済時に元本がなかなか減らず、想定外の負担になる可能性があります。

金利によって、最終的に支払う利息の合計額が2倍ほど変わることもあるので、できるだけ低金利での借入れがおすすめですよ。

借入先は、返済のことを考えて慎重に考えましょう。

希望借入額を高くしすぎない

100万円を借りる場合は、100万円超えて必要以上の希望借入額を記入しないようにしましょう。

希望借入額が高いと、審査に落ちる原因にもなります

お金を貸す機関からしても、借入額が高いと返済が滞ったときにリスクが高いです。

できるだけリスクを抑えて確実に返済ができると判断してもらうためには、借入れ希望額を低くすることが大切です。

審査に通りやすくするためには、100万円を借りたい場合でも借入希望額は数十万にして、審査に通った後に追加融資を受けるのも1つの手です。

まずは審査に通るように意識しましょう。

審査落ちする原因を把握しておく

借入れをするにはまず審査に通る必要があります。

借入先にもよりますが一括借入れしかできない場合は、最初に100万円の借入額を記入しますね。

100万円はまとまった金額なので、審査に落ちる可能性もあるでしょう。

審査にとおるために事前に審査落ちする原因を把握することが大切です。

主な審査落ちの原因には以下の事があります。

  • すでに他社からの借入れがある
  • 同時に複数の会社に申込をしている
  • 信用情報に傷がある
  • 収入が不安定
  • 申込情報に虚偽がある

特に消費者金融のカードローンでは、総量規制を超える借入れができません。

そのため、他社からの借入額の合計が年収の3分の1ぎりぎりだと審査に通らないので、まずは返済から始めましょう。

また、審査落ちを気にして一度に複数の会社に申し込むと、より審査に通りにくくなるので、申込は1社ずつ行うことが大切です。

引用元 : 信用情報とは

ATMの限度額を確認する

100万円を借りる場合は口座振込みが多いですが、口座からの引き出しには限度額があります。

ATMの引き出し限度額は、一般的に1日50万円となっています。

そのため、融資を受けた日に100万円を引き出したい場合は、ATMの設定を変える必要があります。

100万円が振込まれる前に、事前に引き出し限度額を確認し、設定しておきましょう。

ATMの限度額設定は忘れてしまいがちなので、注意が必要です。

繰上げ返済で早期完済を心がける

100万円を借りる場合は、繰上げ返済を積極的に行いましょう。

繰上げ返済とは、毎月の返済額よりも多めの額で返済することです。

通常の返済では利息分も返済額に入りますが、繰上げ返済では借金の元本に全て充てあれます。

そのため、利息の負担を減らせるので、利息と返済額を含めた最終的な返済額を少しでも少なくできますよ。

100万円借りるとなると長期間返済となりがちですが、借入先によっては想定外の利息がつくことがあります。

利息負担を減らし、お得に返済するには、繰上げ返済を積極的に行い早い段階で完済するように心がけましょう。

ボーナスや臨時収入を返済に充てることもおすすめですよ。

100万円の借入れに関するよくある質問

キャッシング-女性のはてな5

このトピックでは、100万円の借入れに関するよくある質問について以下の3つを紹介します。

  • 学生やフリーターでも100万円って借りられる?
  • 審査に落ちたらどうすれば良い?

学生やフリーターでも100万円って借りられる?

学生やフリーターが100万円を借りるには、方法も限られ審査に通るのも難しいです。

学生が借りられる学生ローンでも上限は50万円となっています。

学生で100万円を借りるには、学費を目的としているのであれば教育ローンなどで借入れが可能ですが、学費以外の目的だと基本的に難しいと覚えておきましょう。

また、フリーターの場合も安定した収入や勤続年数の長さが関係します。

総量規制に引っかからない年収があるのか、審査落ちする原因がないか、事前に確認しておきましょう。

引用元 : 賃金業法のキホン

審査に落ちたらどうすれば良い?

消費者金融や銀行のカードローンの審査に落ちた場合は、公的機関の借入れを検討しましょう

国が提供している公的融資では、定収入や無職などで生活が苦しい場合にお金を借りられます。

特に「生活福祉資金貸付制度」では、あらゆる目的で借入れが可能です。

公的融資には様々な種類があるので、自分に当てはまるものがあるか、一度調べてみましょう。

目的に合わせた方法で100万円を借りよう!

人差し指を立てる女

100万円を借りるには、自分の目的に合わせて借入先を考えることが重要です。

借入先によって利息も大きく異なるので、慎重に選びましょう。

100万円を借りる場合は、事前に無理のない返済計画を立てることが必要です。

借入先ごとの利息計算もしておくと、合計返済額が分かりやすくなるのでおすすめですよ。

また、100万円を借りた場合は、返済期日に遅れないように気をつけましょう。

利息負担を減らすためにも、繰上げ返済を積極的に行いできるだけ早く完済することがおすすめです。